サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

【ギフハブ】統合失調症の一因解明、鹿児島大など共同研究

1: oops ★ 2021/03/03(水) 23:47:45.93 ID:BEc2a8oW9

鹿児島大学、理化学研究所、東京慈恵会医科大学、東京大学の共同研究グループは3日夜、統合失調症の発症に神経伝達を調節するLDB2という遺伝子が関与する仕組みを解明し、この調節機能が低下すると精神疾患発症につながる可能性があると発表した。グループは「薬剤開発や治療の有効なアプローチになる」と期待する。

統合失調症は脳や神経系の活動の不調和で起きる疾患で、幻覚や妄想、意欲の低下など多様な症状がある。100人に1人弱が発症するとされ、環境や遺伝が要因と言われている。

グループの一員で、鹿大大学院医歯学総合研究科の城山優治助教(49)=生体機能制御学=によると、血縁関係にある複数の統合失調症患者には、同じ染色体異常とLDB2という遺伝子が放出するタンパク質が通常より少ないという共通点があり、染色体異常がLDB2遺伝子の働きに関与していることが分かった。

マウスの脳を調べると、LDB2タンパク質は、認知機能を担う大脳皮質や海馬、情動機能を担う扁桃体(へんとうたい)に分布していた。恐怖を感じて動きを止める習性を生かし、音を流して電気ショックを与える実験をすると、通常のマウスは多くが音を聞いて動きを止めた。LDB2遺伝子のないマウスは変化がなく、過活動など精神疾患と似た行動が見られた。

LDB2遺伝子のないマウスの扁桃体では、神経活動の効率を下げるタンパク質が過剰に作られていた。

城山助教は「一部の症例から得られた知見だが、双極性障害(そううつ病)など他の精神疾患の解明にも応用できる」と語った。研究成果は同日夜、欧州の科学雑誌「EMBO Molecular Medicine」オンライン版に掲載された。

https://373news.com/_photo/2021/03/20210303D203000-OptimizedCNTS2021030300771-20210303202829-1.jpg
城山優治・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科助教

2021/03/03 23:00
https://373news.com/_news/?storyid=133702



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1614782865/続きを読む

湖上のテントで一酸化炭素中毒死か ワカサギ釣りの男性(50)

1: 水星虫 ★ 2021/03/04(木) 05:31:29.39 ID:2SqP987d9

ワカサギ釣り一酸化炭素中毒死か

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/20210303/6040010094.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

3日午前、盛岡市の岩洞湖で、ワカサギ釣りに来ていた50歳の男性が、
テントの中で死亡しているのが見つかりました。
警察は、現場の状況などから、締め切ったテントの中で火を使ったことで、
一酸化炭素中毒を起こしたとみて詳しく調べています。

3日午前10時20分ごろ、盛岡市藪川の岩洞湖で、「凍った湖面に張られたテントの中で、
男性が座ったまま動かなくなっている」と漁協の監視員から警察に通報がありました。
駆けつけた警察官が、市内に住む団体職員、加藤夏彦さん(50)が、死亡しているのを確認しました。

警察によりますと、加藤さんは1人でワカサギ釣りに来ていたということです。
警察は、テントの中に、ガソリンを燃料とするアウトドア用のバーナーがあり、
加藤さんに外傷がないことなどから、締め切ったテントの中でバーナーを使ったことで、
一酸化炭素中毒を起こしたとみて詳しく調べています。

警察は、テント内で火を使う際には、ファスナーを締め切らないほか、こまめに換気をするよう呼び掛けています。

03/03 19:40



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1614803489/続きを読む

学術誌の引用数値至上主義の弊害、研究者の少ない分野への縮小圧力、談合で相互引用も

1: みの ★ 2021/03/02(火) 08:37:46.57 ID:F/hoGxrj9

 数値を用いた成果至上主義が科学研究の現場に混乱を引き起こしている。図書館で購入する学術誌を決める際の参考指標だった「インパクト・ファクター(IF)」もそのひとつ。誤った利用が広がって弊害が目立ち始め、異を唱える声が高くなっている。

「IFの弊害を分析した論文が最近、次々と発表されている。間違った使い方を放置すれば、科学という活動の根幹を揺るがしかねない」。

…続きはソースで。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGG22BFA0S1A220C2000000/
2021年3月1日 2時00分



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1614641866/続きを読む

札幌の寿司屋「はんだごて使ってイカ炙ったろ」保健センター「鉛でなく鉄のみ使用と聞いた。問題ない」メーカー「想定していない」

1: 和三盆 ★ 2021/03/01(月) 22:03:07.71 ID:Z51DLc/u9

札幌市中央区内の寿司店が、接合部分を加熱して使う工具「はんだごて」でイカなどをあぶっていたとして、ツイッター上で物議を醸している。

工具のメーカーでは、食品への使用は想定していないと言うが、札幌市中央保健センターでは、「鉛でなく鉄のみ使用と聞いた。それならば、問題ない」と話している。

メーカー「食品を想定しておらず、こんな使い方に正直驚いた」
まな板の上に乗せた白いイカに、寿司職人がはんだごてを使って線状に火入れしていく。こて先からは白い煙が立ち上り、イカに焼きの跡がくっきり付いて...。

この動画は、グルメ情報を発信しているツイッターアカウントが2021年2月26日に投稿した。人気の寿司店を紹介するのが目的だったが、はんだごてを使った異色の調理法が次第に話題になった。2000件ほどもリツイートされており、その調理法に疑問も出ている。

はんだごてと言えば、かつては接合用に鉛のはんだが使われていたことから、寿司店が使っているものもそうではないのかとも疑われたからだ。鉛を使わない最新のはんだごてでも、食品に使われるのは珍しいことから、衛生面でどうなのか健康への影響を心配する声が出ている。

はんだごてを使っていた寿司店は、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さん(48)が2016年10月にブログで紹介したこともある「鮨ノ蔵」と姉妹店の「弐ノ蔵」だ。

それぞれの店のフェイスブックによると、鮨ノ蔵では、少なくとも4年前からはんだごてを使っており、弐ノ蔵は20年10月にオープンした。鮨ノ蔵のフェイスブックには、イカ以外のネタにはんだごてを使う写真もアップされていた。

動画で見られたはんだごてのメーカー「太洋電機産業」(広島県福山市)は、自社製品が調理に使われていることについて、営業部の担当者がこう話した。

「食品を想定して作っているわけではないので、こんな使い方をされているのかと正直驚きました。食品については、初めて聞いたからです」
店長は「保健所に話を聞いて下さい」
太洋電機産業によると、10年ぐらい前までは鉛をはんだに使っていたが、それ以降の製品は、すずや銀、銅の無鉛はんだを使っている。鉛は、ごく微量含まれているが、国際的な基準は満たしているという。こて先の先端部分は、銅に鉄メッキをしてある。

「新品ならはんだが乗っており、高温で溶けてしまい、体内に入ると金属が蓄積される恐れがあります。何度も使っていれば、はんだがなくなり、それ以外は溶けませんので、調理するときに先端をやすりがけして、はんだを落としているのかもしれません。しかし、ガスバーナーであぶるのとは違って、はんだごてがネタに直接触れていますので、控えていただきたいとは思っています」
鮨ノ蔵の店長は3月1日、J-CASTニュースの取材に対し、「保健所に話を聞いて下さい」とだけ答えた。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19776738/
no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1614603787/続きを読む

アレフ(びっくりドンキー)、廃食用油でハンドソープ製造へ

1: 和三盆 ★ 2021/02/28(日) 17:03:25.55 ID:MRsT/1/I9

ファミリーレストラン「びっくりドンキー」を運営するアレフ(札幌)は10日、リサイクル事業を手掛ける浜田化学(兵庫)と協力し、自社店舗で発生する廃食用油などを原料に製造したハンドソープを店内トイレで利用する取り組みを始めると発表した。廃食用油の再利用を進めて環境負荷の低減につなげたい考え。

 浜田化学は、アレフが一部店舗で回収している家庭用油も引き取り、不純物を取り除くなどしてハンドソープを製造する。アレフは子会社を通じてハンドソープを買い取り、2月から道内16店を含む全国75の直営店で利用を始め、全店舗での導入も検討する。

 アレフはこれまで廃食用油を主にバイオディーゼル燃料に再利用してきた。
https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/amp/article/510314



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1614499405/続きを読む

5人に1人は「寒さを感じず寒さに強い」突然変異を持っていた

1: すらいむ ★ 2021/02/20(土) 19:21:05.90 ID:CAP_USER

5人に1人は「寒さを感じない」突然変異を起こしていた

 新しい研究では、寒さに強い人の遺伝子は変異している可能性があると指摘されています。
 
 スウェーデン・カロリンスカ研究所に所属する生理学者ホーカン・ウェスターブラッド氏ら研究チームは速筋繊維に影響を与えるACTN3遺伝子が変異すると、人は耐寒性を獲得すると発表したのです。

 そして現在、世界中の5人に1人は、変異したACTN3遺伝子をもっています。

 詳細は、2月17日付けの科学誌『American Journal of Human Genetics』に掲載されました。

目次

筋肉に瞬発力を与える遺伝子の変異
一部の人間は、遺伝子変異によって寒さに強くなっていた

■筋肉に瞬発力を与える遺伝子の変異

 人の筋肉は、速筋繊維と遅筋繊維に分かれています。

 速筋繊維は瞬発力を生み出す筋肉であり、短距離走に有利です。
 対して遅筋繊維は持久力に優れた筋肉であり、長距離走に有利です。

 そしてこれまでの研究では、速筋繊維の収縮に「α-アクチニン3タンパク質」が役立つと分かっています。

 ちなみにα-アクチニン3タンパク質は、「スピード遺伝子」として知られる「ACTN3遺伝子」によって作り出されます。

 しかし現在、世界の約15億人、つまり5人に1人はACTN3遺伝子が変異しており、α-アクチニン3タンパク質を生産していません。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー 2021.02.20
https://nazology.net/archives/83397



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1613816465/続きを読む

北海道の地下から「硫酸で呼吸する新種」の細菌が発見される 日本の陸域では初

1: すらいむ ★ 2021/02/20(土) 17:20:47.49 ID:CAP_USER

北海道の地下から「硫酸で呼吸する新種」の細菌が発見される! 日本の陸域では初めて

 地球の地下には、まだ人類の知らないさまざまな微生物が潜んでいます。

 今回、北海道幌延(ほろのべ)町の深部地下の水から、なんと硫酸で呼吸する新種の細菌が発見されました。

 この研究は微生物新種記載の上で最も権威ある科学雑誌「International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology」にて、2月16日に発表されています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー 2021.02.20
https://nazology.net/archives/83415



引用元; http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1613809247/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!