サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

2018年01月

山中氏「論文不正防げず無力感」の背景 生命科学に取り憑いた“悪魔”の誘惑

1: しじみ ★ 2018/01/27(土) 13:45:25.85 ID:CAP_USER

「このような論文不正を防げなかったことに、本当に無力感を感じている」──1月22日、
京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長が、
同研究所内の助教が行った論文不正について会見を行った際に語った言葉だ。

 不正を行ったのは、同研究所に所属する山水康平助教。
さまざまな種類の細胞になれる「iPS細胞」から脳の血管に関する細胞を作製し、
機能を調べた論文だったが、論拠となる主要なグラフのデータが捏造、改ざんされていた。

山中氏の「無力感」。これは単純に、今回の1件の不正のみに抱いたものなのだろうか。
これは筆者の私見であるが、
「生命科学に取り憑(つ)いた“悪魔”を払拭できなかった」ことへの感情の吐露ではないかと考えている。
生命科学の分野で何が起きてきたか、振り返ってみよう。

 なお、山中氏は所長の立場であり、助教を直接指導する立場の教授は別にいる。
問題となった論文の筆頭・責任著者は助教であり、共著者の中にも山中氏の名前はないことを断っておく。

〈「STAP細胞」だけではない、生命科学の論文不正〉

 2014年に起きた「STAP細胞」事件は、多くの人が覚えている生命科学分野の論文不正事件であろう。
理化学研究所の小保方晴子研究員(当時)らが、
刺激によって細胞が多能性を獲得する「STAP現象」を論文として発表し、
iPS細胞よりも安全で効率が高いなど報道されたことから、研究者を含め世間から注目を集めた。
しかし、論文自身への疑義や不正が指摘され、理研が検証実験を行ったが再現できなかった。
小保方氏は依願退職、上司で共著者の笹井芳樹氏は自殺という最悪の結末になった。

 この騒動はメディアが大々的に報道したが、
生命科学の分野で起きている論文不正としては氷山の一角にすぎない。
STAP細胞事件の前年である13年には、
東京大学分子細胞生物学研究所(分生研)の加藤茂明教授(当時)の研究室関係者が発表した論文5報に
不正行為があったことが発覚(指摘自体は12年)。
調査の結果、「加藤氏が研究室における不正行為を大きく促進していた」と東京大学は結論付けている。

 加藤氏は、
日本分子生物学会が主催する研究倫理に関する若手教育シンポジウムで司会を務めるなど中心的に活動していた人物だった。
同学会は06年に研究倫理委員会を立ち上げているが、
それは学会の役員や年会長を歴任した大阪大学の杉野明雄教授(当時)が助手の研究データを改ざんし、
論文投稿した事件を受けてのものだった。改ざんを指摘した助手は、毒物を服用し自殺した。

 業界の重鎮が起こした論文不正を契機に立ち上げた委員会から派生した、
若手向けの研究倫理教育を主導する立場の人間が論文不正をしたのだから学会としては頭が痛かろう。
当時の学会理事長であった東北大学の大隅典子教授は「この事実は大変に重いもの」と述べている。

 さらに、17年には東大分生研の渡邉嘉典教授と当時の助教が発表した論文5報に不正が認められた。
中には加藤茂明事件後である15年に出版された論文も含まれており、
指摘を行った匿名グループ「Ordinary_researchers」は
告発文の中で「あ然とする」「分生研が研究不正を抑止できない構造的な問題を抱えている」とのコメントを出していた。

画像:数値の改ざんが行われた論文グラフの一部
no title

画像:匿名グループ「Ordinary_researchers」の告発文(一部抜粋)
no title


ITmedianews
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1801/26/news082.html

続く)


3: しじみ ★ 2018/01/27(土) 13:45:49.50 ID:CAP_USER

続き)>>1

〈研究不正を抑止できない構造的な問題〉

 生命科学分野では、このように論文不正が度重なってきた現状がある。
山中教授は前述した研究倫理委員会の若手教育ワーキンググループで、
論文不正をどのように防ぐか加藤氏とも議論していた。

 それだけに、「論文不正を防ぐためにさまざまな取り組みをしてきたつもりだった」
「私たちがやってきたことが不十分だったと分かった」と会見で話す山中教授の言葉は、
この業界全体に対する嘆きとも取れる。

 確かに論文不正自体を防ぐには至らなかったが、
今回の論文不正の発覚は、研究所に設置した相談室へ内部から指摘を受け、調査し発覚したものだという。
一方、東大分生研の加藤氏や渡邉氏の論文不正、STAP細胞事件はいずれも外部の匿名からの告発があって
初めて調査がなされたものだった。これらに比べれば
、不正を見つけた内部の者による「自浄作用」は働いていると考えられる。

 今後の対策として、iPS細胞研究所では「実験ノート管理の強化」「論文データの管理の強化」
「研究公正教育の徹底」を挙げているが、これらが論文不正の根本的な解決になるだろうか。

 研究者個人の問題としては、「研究予算のプレッシャー」が不正の根底としてこれまで挙げられてきた。
分かりやすい成果を出せなければ、次回からの自身の研究に割り当てられる予算がなくなるため、
芳しい成果が出ない状況に“魔が差して”グラフやデータの改ざんや捏造を行ってしまうというものだ。
今回の論文不正でも、調査委員会の聞き取りに対して山水助教は「論文の見栄えを良くしたかった」と話しているという。

 組織としての問題もある。岡山大学の田中智之教授は、
日本の大学や研究機関を取り巻くさまざまな問題を議論する「ガチ議論」というWebサイトの中で、
「わが国のガイドラインなどを調べると、
研究公正の推進に対して研究機関に十分なインセンティブが与えられていない」と指摘する。
研究不正を認定すれば、外部評価が下がり、経費の削減にもつながる可能性があるなど、
「不正を認定すれば不利益を被るという、利益相反の状況に置かれている」という。

 京大は「大学と研究者の両方から意識を造成していくよう、議論し、
アクションを起こしていきたい」としている。

 生命科学のデータ改ざんは、Excelの数値書き換えや、Photoshopでの画像加工など、
やろうと思えば容易にできる。

 「少しいじれば来期の予算も安泰だ」──こんなことを囁く“悪魔”に、
これまで何人もの研究者が取り憑かれてしまってきたのではないだろうか。
悪魔に耳を貸さずとも、研究者が純粋に研究に打ち込める土壌作りを急がねばならない。

ITmedianews
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1801/26/news082.html


続きを読む

【🚬】たばこ税、8年ぶり増税へ 主要銘柄はワンコイン超に? 紙巻きだけでなく加熱式も

1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/28(日) 10:04:29.67 ID:CAP_USER9

http://www.asahi.com/articles/ASL1V3VPBL1VULFA00T.html

2018年度の税制改正では、たばこ税も8年ぶりに増税されることが決まった。

 たばこ税は現在、紙巻きたばこ1本あたり約12・2円。これを18年10月に1円引き上げた後、消費増税が予定される19年10月は据え置き、20年10月と21年10月に1円ずつ引き上げる。1箱(20本)あたりでは、計60円の増税になる。

 では、たばこはどれぐらい値上がりするのか。

 日本たばこ産業(JT)の代表…

残り:807文字/全文:985文字
no title


続きを読む

IQが高すぎるリーダーは低く評価されることが調査で判明、低評価になるIQのボーダーラインは?

1: しじみ ★ 2018/01/26(金) 02:00:42.64 ID:CAP_USER

IQ(知能指数)の高さは一般的に「成功」を導きやすいと言われていますが、
近年は「IQが高い子どもよりも『動機付け』がうまくできている子どものほうが人生で成功を収めやすい」という研究結果や、
認知能力に加えて「クリティカルな考え方」が重要になってくる、という報告も上がっています。
特にグループを率いるリーダーは、「個人としてのパフォーマンスの高さ」とは別の能力が必要と言われていますが、
新たな研究で「IQがある一定ラインを越えると、周囲からのリーダーの評価は低くなる」ということが示されました。

Can super smart leaders suffer from too much of a good thing? The curvilinear effect of intelligence on perceived leadership behavior.
http://psycnet.apa.org/doiLanding?doi=10.1037%2Fapl0000221

Why People Dislike Really Smart Leaders - Scientific American
https://www.scientificamerican.com/article/why-people-dislike-really-smart-leaders/

これまでに行われた研究の中には
「優れたリーダーによって構成されるグループは客観的基準から見てよりよいパフォーマンスを記録する」と
結論づけるものもありますが、一方でカリフォルニア大学デービス校の心理学者であるディーン・サイモントン氏は、
数十年前から「頭脳明敏なリーダーの言葉は人々の頭を素通りする。
彼らの解決案は実行するには複雑すぎ、リーダーの下にいる人々はそれらと自分とを関連づけるのが難しいのだ」と主張していました。
そんなサイモントン氏の新しい研究がJournal of Applied Psychologyで発表されています。

サイモントン氏ら研究チームは世界30カ国のビジネスリーダーである男女379人を対象に調査を実施しました。
このとき、調査の対象となった人々は銀行・小売業・テクノロジーを含む、さまざまな分野で活躍する男女でした。

調査ではまず、被験者らにIQテストを受けてもらい、その後、
各人は平均8人の職場の仲間から彼らのリーダーシップのスタイルと効力の評価を受けました。
すると、確かにIQはリーダーの効力・戦略形成・ビジョンといった特性に関連していましたが、
関連が認められるのは一定のラインまででした。評価がピークとなるのはIQ120で、
それ以上になると、評価は低くなっていくのです。

研究者らは「理想のIQは、その分野において技術的なスキルが評価されるのか社会的スキルが評価されるのかによって高低差があります」と語りました。

研究に参加していないミネソタ大学の経営学教授であるポール・サケット氏はこの研究について「非常に興味深い」「私にとっては、ということになりますが、
この研究結果の正しい解釈は、『IQの高いリーダーが行う行動のうち、職場仲間に低く評価されるのは何か』ということの理解です。
決して『IQの高いリーダーを雇うな』ということではありません」と語りました。

サイモントン氏と協力して研究を行ったスイスにあるローザンヌ大学のジョン・アントナキス教授は、
「バラク・オバマ大統領のように、リーダーは周囲の人々を説得するクリエイティブな隠喩を生み出すためにその知能を利用すべき」と語っており、
「賢い人々が自分の知能を適切に示し、それでいてつながりを持つためにはカリスマ的な方法で話すことが唯一の方法だと私は考えます」と主張しています。

なお、カリスマ性を身につけるための方法は以下の記事から読むことができます。

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180122-people-dislike-smart-leaders/


続きを読む

科学論文数、日本はインドにも抜かれ6位に低下…米抜き中国がトップに

1: すらいむ ★ 2018/01/25(木) 17:25:40.32 ID:CAP_USER9

科学論文数、日本6位に低下…米抜き中国トップ

no title

 【ワシントン=三井誠】科学技術の研究論文数で中国が初めて米国を抜いて世界トップになったとする報告書を、全米科学財団(NSF)がまとめた。

 中国を始めとする新興勢力が研究開発費を大幅に増やして力をつける一方、日本はインドにも抜かれ、存在感を低下させている。

 報告書は各国の科学技術力を分析するため、科学分野への助成を担当するNSFが2年ごとにまとめている。
 2016年に発表された中国の論文数は約43万本で、約41万本だった米国を抜いた。
 日本は15年にインドに抜かれ、16年は中米印、ドイツ、英国に続く6位。
 昨年、文部科学省の研究機関が公表した13~15年の年平均論文数では、日本は米中独に次ぐ4位だった。

(ここまで302文字 / 残り321文字)

Yomiuri Online 2018年01月25日 15時13分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20180125-OYT1T50061.html

★1が立った日時 2018/01/25(木) 15:29:01.17
前スレ http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516861741/


続きを読む

たばこに続いて「香り付き柔軟剤」が「香害(こうがい)」 頭痛やめまい広がる

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [EU] 2017/11/19(日) 10:55:45.26 ID:iL1Ldvif0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
香りに害と書いて「香害(こうがい)」――。今、香水などの香料による体調不良を訴える人が増えている。

洗濯物の香りの相談が最多
「家の窓を開けると、隣の家に干している衣服から柔軟剤のにおいがして、頭痛が長時間続いた」「電車やエレベーターに乗ると、
隣の人の衣服から柔軟剤のにおいがしてせきが止まらなくなった」

日消連にはこうした相談が213件寄せられた。

https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/life/toyokeizai-197898.html
no title



続きを読む

「ゾンビ鹿病」が人間にも感染する恐れありと専門家が懸念

1: ごまカンパチ ★ 2018/01/26(金) 18:27:29.32 ID:CAP_USER9

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0125/kpa_180125_4795221658.html
 北アメリカに生息する鹿が神経系を侵す謎の病によって命を落としている。
専門家は、この謎の病気が人間にも感染するようになるのではないかと懸念している。

【ゾンビ鹿病(慢性消耗病)とは?】

 慢性消耗病(CWD)、またの名を”ゾンビ鹿病”というこの病気に感染した鹿は、脳みそがスポンジ状になり、体重が減る。
感染して2年ほどすると、目がうつろになる、よだれが出る、肋骨が浮き上がる、頭や耳がうなだれる、
同じところを繰り返し歩行するといった症状が現れ始める。

 このような症状は数日間で終わることもあれば、1年以上続くこともあるが、最後には死んでしまう。

【プリオンを介して感染。感染経路は直接接触以外にも】

 慢性消耗病は1976年にコロラド州フォートコリンズで初めて確認された。
以降、アメリカ24州、カナダ、韓国、ノルウェーにおいて野生での感染症例が認められた。

 この病気はプリオンを介して動物同士で感染する。
プリオンとは、誤って折りたたまれた状態(ミスフォールド)のタンパク質で、他のタンパク質にもミスフォールドを引き起こす。
プリオン病は特定の種にしか感染しない傾向があるが、進化によってそうした制限を克服することもある。

 プリオンの感染経路は直接接触によるものばかりではない。ニューヨークタイムズによると、患畜と死骸が植物や土壌を汚染し、
プリオンはそこで数年あるいは数十年も留まる。

【霊長類にも感染することを確認】

 この病気が人間に感染したという報告はなく、感染した肉を食べることで人間に感染するという証拠も見つかっていない。
このことから、人間と鹿の間には”種の障壁”が存在することが窺える。

 しかし、最近の研究はこれについて警鐘を鳴らしている。
米コロラド州立大学プリオン研究センターのマーク・ザベル博士らは、慢性消耗病に感染したマカク(オナガザル科)を発見し、
肉を介して霊長類にも感染することを初めて確認した。

【プリオンの進化により人間が感染する可能性も】

 「ほとんどの研究は、種の間には強固な障壁が存在することを示していますが、最近の研究は、その障壁がこれまで考えられていたほど
強固ではない可能性を明らかにしています」とNPRのインタビューで慢性消耗病同盟の主催者マット・ダンフィー氏はコメントした。
またザベル博士のチームは、ゾンビ鹿病に関連するプリオンが現在でも進化している可能性が高いことを発見。
このことから人間に感染するプリオンが出現するのも時間の問題だという。
 
 例えば、やはりプリオン病である狂牛病は羊に感染するスクレイピーに由来する。
スクレイピーの原因となるプリオンが牛に感染した場合に発症するのが狂牛病である。
 人間が狂牛病を発症している牛の肉を食べると、それは人間の脳でプリオンを作り出す。
アメリカ食品医薬品局によると、2016年、この症状で231人が死亡している。

 ザベル博士の考えでは、鹿のプリオンを排除するには計画的に野焼きを行うしかないという。
しかし、病気について不明な点が多々あるという。
コロラド・パークス・アンド・ワイルドライフのマイケル・ミラー氏によると、鹿の検査依頼は2017年末に3倍以上にも増加しており、
コロラド州では今後もこの状況が続くと見られている。

 過去21年、ゾンビ鹿病の発症率は増加したが、それによって人の健康が害されたことはなかった。だが今後どうなるかはわからない。
もし近隣で、ハンターの仕留めた鹿肉が陽性だった場合には、その付近にいた別の鹿の肉を口にするべきではないと専門家らは警告している。


続きを読む

中国には既に改造人間が CRISPR/Cas9を用いて中国では86人の遺伝子改変が行われたことが判明

1: しじみ ★ 2018/01/24(水) 20:06:36.81 ID:CAP_USER

人間の遺伝子を改変する技術に対しては倫理面での問題が指摘されており、
アメリカでは2017年にゲノム編集によるヒト受精卵の遺伝子改変がようやく実施されたのに対して、
中国ではすでに3例の前例が報告されていました。
しかし、実際には中国はもっと先を行っていて、
2015年以降、86名に対してゲノム編集が施されていたことが明らかになりました。

China, Unhampered by Rules, Races Ahead in Gene-Editing Trials - WSJ
https://www.wsj.com/articles/china-unhampered-by-rules-races-ahead-in-gene-editing-trials-1516562360
no title


China sprints ahead of the US in DNA dabbling with over 80 CRISPR patients and rising – BGR
http://bgr.com/2018/01/22/crispr-trials-china-gene-editing-research/

「CRISPR/Cas9」で遺伝子改変ができるということは2012年に確認されました。
中国では安徽柯頓生物科技有限公司という新興企業が2015年から病院と組んで試験を開始。
no title


前述のように、
2017年にアメリカ・オレゴン保健科学大学の研究チームが初のゲノム編集を行った時点で、
中国ではすでに3例の実施例が報告されていましたが、ウォール・ストリート・ジャーナルによると、
これまでに中国では86名の被験者に対するゲノム編集が行われているとのこと。

他国では倫理的問題などによってヒトに対するゲノム編集には厳しい制限があるのですが、
中国では当局による規制が行われていないどころか、2016年からは国の五カ年計画の中に「ゲノム編集」が組み込まれており、
むしろ推進する方向にあるようです。
実際、この五カ年計画が打ち出されて以降に実施例が急増しています。

有効な治療法の見つかっていない疾病に対して、ゲノム編集による打開が期待される一方で、
大きな不利益を被る可能性も考えられるため、科学者たちは懸念を示しているとのことです。

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180123-china-gene-edit-crispr/



続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!