サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

2019年08月

お台場の海に"茶色"の泡が出現 水質改善アピールイベントのスタッフ「プランクトンの死骸であり無害です」

1: ガーディス ★ 2019/08/26(月) 07:26:43.60 ID:N17GU0ER9

2019年08月26日取材
「正直臭いです。トイレのような臭さ......」

8月11日、東京・お台場海浜公園で行なわれたオープンウォータースイミングの五輪テスト大会に出場した選手が漏らした言葉だ。

さらに、17日のパラトライアスロンのテスト大会では、前日の水質検査で大腸菌の数値が国際トライアスロン連合が定める基準値の上限の2倍を超えたため、スイムが中止。

騒動の最中、本誌記者は現地を訪れた。通常は遊泳禁止だが、水質改善をアピールする港区主催のイベントが開催中で、一部が開放されていた。

時折、風に乗ったトイレ臭が鼻をくすぐる。目を見張ったのは、オレンジ色のブイで区切られた遊泳エリアのすぐ外側に堆積した、謎の黄色い泡だ。同イベントのスタッフに聞くと、「プランクトンの死骸が溜まったもので、無害」というが、不気味極まりない。

東京の下水処理問題に取り組む港区議会議員は、「雨量が一定量を超えると未浄化の汚水が海に放流される」と明かす。この海で世界各国の選手をオモテナシしていいのか? 8月26日(月)発売の『週刊プレイボーイ36号』活版特集「東京湾『うんち水』本誌記者が漬かって検証!」では、東京都の下水処理の実態を調査、さらに東京五輪までに水質改善は可能か、専門家に意見を聞いている。
https://wpb.shueisha.co.jp/news/society/2019/08/26/109593/
画像閲覧注意
no title

no title



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566772003/
続きを読む

暗闇で発光する新種の小型ザメ、メキシコ湾で発見【なんとなく可愛い画像あり】

1: 一般国民 ★ 2019/08/10(土) 11:45:54.41 ID:CAP_USER

暗闇で発光する新種の小型ザメ、メキシコ湾で初の発見
https://www.cnn.co.jp/fringe/35140222.html
2019/7/22 Mon posted at 15:50 JST
CNN.co.jp,https://www.cnn.co.jp

【科学(学問)ニュース+、記事全文】

(写真)発光する液体を分泌して獲物をおびき寄せる新種のサメが見つかった/Mark Grace/NOAA
no title

CNN) 暗闇に潜み、発光する液体を分泌して獲物をおびき寄せる珍しい種類のサメがメキシコ湾で見つかった。米テュレーン大学の研究チームによると、メキシコ湾でこうしたサメが見つかったのは初めてだという。

見つかったのはヨロイザメの一種のフクロザメで、体長約14センチ。2010年、研究チームがメキシコ湾でマッコウクジラの調査を行っていた時に、小さなオスのサメに遭遇した。その後2013年に米海洋大気局の研究者マーク・グレース氏が、あまり発光しない種の中にいる1匹を発見した。

グレース氏によると、フクロザメが捕獲または目撃されたのは、1979年に太平洋東部で見つかって以来、わずか2度目だった。それぞれ別の海にすむ別の種で、両方とも極めて希少だという。

論文によると、フクロザメは前ビレ付近にある袋から発光する液体を分泌する。この光で獲物をおびき寄せて捕食すると思われる。

暗闇で発光する海洋生物はそれほど珍しくない。NOAAの推計によれば、海洋生物の約90%は生物発光する。ただし深海の生物について詳しいことは分かっていない。

スミソニアン国立自然史博物館によると、生物の発光には繁殖の目的や天敵を寄せ付けない目的、餌をおびき寄せる目的がある。



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1565405154/
続きを読む

「卵は1日何個まで食べていいのか」論争がついに決着!? 米大学が最新論文を発表

1: 一般国民 ★ 2019/08/09(金) 15:44:53.54 ID:CAP_USER

「卵は1日何個まで食べていいのか」論争がついに決着!? 米大学が最新論文を発表
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190721-00012933-bunshun-life
2019/7/21(日) 11:00配信
YAHOO!JAPAN NEWS,https://news.yahoo.co.jp
文春オンライン,https://bunshun.jp

【科学(学問)ニュース+、記事全文】

 卵は体にいいのか悪いのか――。

 豊富な栄養素を持ち「完全食」と呼ばれる卵だが、健康に与える影響には賛否両論があり、長らく「1日何個まで食べていいのか」という “卵論争”が繰り返されてきた。

 卵にはコレステロールが多く含まれることもあり、子どもの頃に親から「1日1個までにしなさい!」と教えられてきた人も多いのではないだろうか。

毎日3個の卵を食べて117歳まで生きた女性
 その一方で、2017年に117歳で亡くなったイタリア人女性、エマ・モラノさんが90年にわたり1日3個の卵を食べていたことから、「卵を多く食べると長寿に繋がる」などと紹介されることもあった。

 だが今年3月、こうした“卵論争”に一石を投じる最新研究がアメリカで発表された。ノースウエスタン大学が世界の5大医学雑誌のひとつ「JAMA」に発表した論文には次のように綴られている。

卵を1週間に3~4個食べる人は……
〈卵を1週間に3~4個食べる人は全く食べない人に比べて心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高く、早死にする危険性がある〉

 この研究論文に対し、「この研究は現時点では最も信頼性が高いものです」と語るのはUCLA医学部助教授の津川友介氏だ。  

  津川氏は内科の臨床医として経験を積んだ後、ハーバード大学で統計学を学んだビッグデータの専門家だ。昨年発売され、わずか10日間で10万部のベストセラーとなった『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』の著者でもある。

 今回の研究は、約2万9000人のアメリカ人を平均で17年半追跡した6つの研究を「統合」して導き出されたことに加え、その分析も精緻に行われているという。

「この研究では、他の食事から摂るコレステロールや生活習慣などの要因を厳密に取り除いた上で、卵に含まれるコレステロールが心筋梗塞や脳梗塞、さらには死亡率に悪影響を及ぼしていることが明らかになりました」

結局、何個まで食べていいのか?
 津川氏はこれまで、卵の摂取量と心不全のリスクを評価した研究結果を元に「1週間に6個まで」と説明してきたが、改める必要が出てきたという。

「この研究では、『何個までは大丈夫』とする上限値は示されていません。つまり、摂取量が少なければ少ないほど病気になるリスクは低くなると考えられます。よって今は、卵は控え目にした方がいいと説明しています」

 ただし、津川氏によれば、卵の摂取量は栄養状態やそれ以外の食事内容、年齢などによっても変わる可能性があるという。とくに栄養が不足しがちな高齢者や育ち盛りの子どもなどは必ずしも「卵は控えた方がいい」とはいえないようだ。

「文藝春秋」8月号 に掲載した津川氏の論考「血管を守る『卵、肉、魚』の食べ方」では、卵以外にも肉や魚、大豆など、健康にいいタンパク質の摂り方について詳述している。

「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2019年8月号
最終更新:7/29(月) 14:42
文春オンライン
https://news.yahoo.co.jp/media/bunshun



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1565333093/
続きを読む

【JAXA】人工クレーター愛称は「おむすびころりん」に 周辺2岩に「イイジマ岩」「オカモト岩」と命名

1: すらいむ ★ 2019/08/22(木) 15:42:58.39 ID:+FwqkJlf9

人工クレーター愛称は「おむすびころりん」 はやぶさ2、地下物質採取

 探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」の地表に作製した人工クレーターに「おむすびころりんクレーター」の愛称をつけたと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が22日、発表した。

 おとぎ話の「おむすびころりん」にちなんだもの。クレーターに隣接するおにぎりのような形の岩が、クレーター内に転がり落ちそうな様子から考えたという。

 はやぶさ2は7月に2回目の着地に成功。おむすびころりんを作製した際に掘り出された地下の物質を採取できたとみられている。

 このほか、周辺にある2つの岩に、はやぶさ2計画に貢献した2人の故人にちなんで「イイジマ岩」「オカモト岩」と名付けた。

産経新聞 2019年8月22日 15時32分
https://news.livedoor.com/article/detail/16964703/



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566456178/
続きを読む

「働いた後のビールはうまい」玉川大学脳科学研究所が脳内メカニズム発見

1: ごまカンパチ ★ 2019/08/22(木) 06:38:15.03 ID:NbjE8Zs59

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000070-it_nlab-sci
 玉川大学脳科学研究所は8月20日、世界で初めて「働いた後のビールはうまい」と言われていた現象の脳内メカニズムを発見したと発表しました。
また実験により、「努力したほうが学習は進む」ことが明らかになったとのこと。

 研究を行ったのは、玉川大学脳科学研究所の坂上雅道教授、田中慎吾特別研究員(新潟大学助教)、John P. O’ Doherty客員教授(カリフォルニア工科大学教授)。
同研究では、ニホンザル2頭を使い、報酬を得るためのコスト(努力)がその報酬の価値を高めるのかどうか、ハイコストvs.ローコスト課題でそれぞれの反応時間を調査。
すると、サルはハイコスト試行を嫌うことがわかりますが、努力後の報酬刺激に対する反応時間は、ハイコスト試行の方が有意に早く、
ハイコスト試行の報酬の方(※報酬量は同じ)を好んでいることがわかったとのこと。

 また上記の課題遂行中に、サルのドーパミンニューロンから電気信号を記録・解析。
すると、ドーパミンニューロンの報酬予測誤差応答は、ハイコスト試行での報酬の方が価値は大きいという反応を示したとのこと。

※ドーパミンニューロン……中脳にあるドーパミンを神経伝達物質として放出する神経細胞。報酬に基づく強化学習に重要な役割を果たしていると考えられている。

 さらに続く実験で、サルが課題を学習することとコスト有り無しの関係を調査したところ、コストがある方が有意にこの学習を促進することがわかったとしています。
発表では同現象の発見について、「社会や家庭、学校での教育のあり方を再考する契機となりうるものと思われる」と考えを述べています。

今回の研究成果は、科学雑誌「Nature communications」に掲載されています。



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566423495/続きを読む

【オーパーツ】サラマンカ大聖堂の宇宙飛行士の謎が解決

1: 猪木いっぱい ★ 2019/08/20(火) 21:33:39.18 ID:cCoatStA9

世界には数多くの謎があり、サラマンカの宇宙飛行士の大聖堂もその1つです。
サラマンカ大聖堂は、実際には2つの教会が結合されており、1つは12世紀から13世紀に遡り、新しい教会は16世紀に遡ります。

建築の驚異としての栄光に加えて、2つの教会は神秘的なもの、つまり壁に宇宙飛行士の彫刻があることでも知られています。

その彫刻のほとんどは独特ですが、誰もが凝視しているものがあり、それが宇宙飛行士の姿です。 しかし、12世紀に建てられた大聖堂に刻まれた現代人の最高の業績の1つをどのようにして実現できるのでしょうか。

多くの人がエイリアンがこれに関与している、またはそれが実際にタイムトラベラーの仕事であると主張していますが、謎はすぐに明らかにされ、結局のところそれほど神秘的ではありません。

報告によると、宇宙飛行士の彫刻は最近になって組み込まれました。 実際、それらは1992年にのみ含まれ、12世紀または16世紀には含まれませんでした。

サラマンカの大聖堂の新しい部分は、その間に改修工事を経て、大聖堂に取り組んでいるアーティストの1人が20世紀の宇宙飛行士の作品で参加することを決めたようです。

もちろん、誰もが非常に興奮し、すぐに陰謀説を信じ始めましたが、いや、それはデマです。

アーティストはアイスクリーム、オオヤマネコ、雄牛、コウノトリ、ウサギ、ザリガニを食べるドラゴンの姿さえ含めたので、それだけではありません。

ですから、スペイン旅行中に偶然そこに行っても驚かないでください。そして、この想定される謎についてあなたに話す人を正してください。

google翻訳
https://timesofindia.indiatimes.com/travel/destinations/mystery-of-cathedral-of-salamancas-astronaut-figure-is-now-solved/as70749848.cms
参考画像
no title



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566304419/
続きを読む

【北海道】また札幌でクマの被害 トウモロコシやプラムを食い荒らす ふんや足跡を確認、警戒を呼びかけ

1: かばほ~るφ ★ 2019/08/20(火) 18:05:57.60 ID:cizbF19R9

また札幌でクマの被害 トウモロコシやプラム食い荒らす ふんや足跡確認 警戒呼びかけ 北海道
8/20(火) 17:18配信

札幌で、またクマの被害です。
西区の分譲農園で、クマがトウモロコシなどを食い荒らしました。

「山に囲まれたこの畑で、クマはトウモロコシやプラムを食い荒らしたということです」(記者)

無残になぎ倒されたトウモロコシ。
20日朝、札幌市西区小別沢の分譲農園の所有者から
「畑のトウモロコシやプラムが食い荒らされている」と警察に通報がありました。

警察によりますと、近くにクマの足跡や、ふんが確認されたということです。
これを受けて区は、クマへの警戒を呼び掛ける看板を設置しました。
小別沢地域では4年ほど前からクマの目撃や食害は確認されておらず、
警察は当面の間、パトカーで付近の警戒を続けるということです。

8/20(火) 17:18配信 HBC
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000007-hbcv-hok



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566291957/
続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!