サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

2020年04月

東京海洋大学など、東京湾浦安沖でメタンの採取に成功

1: 七波羅探題 ★ 2020/04/22(水) 07:26:22.21 ID:V3CdH1FY9

東京海洋大学と東京大学大気海洋研究所、筑波大学は千葉県浦安市沖の東京湾で海底ガスの採取に成功した。分析したところ、96.8%がメタンで、東京湾北部の海底下数メートルから数十メートルにメタンが広く分布している可能性が高いとみている。
東京海洋大学によると、東京湾北部では過去にガスの発泡現象がしばしば確認されてきた。浦安市沖では2017年、東京海洋大学の練習艇「ひよどり」が海底下約7メートルに存在するガス層を見つけていたが、ガスの組成は明らかになっていなかった。
そこで、東京大学大気海洋研究所、筑波大学と共同で潜水して海底ガスを採取、分析したところ、主成分がメタンであることが確認された。練習艇「ひよどり」のその後の観測では、千葉県の浦安市沖や船橋市沖など広範囲にガスが層状に分布していることも明らかになった。
東京海洋大学は地震時にガスが大量に湧出する事態を否定できないとみており、メタンの高い温室効果と強い可燃性を考慮すれば、環境への影響や災害面で大きなリスクになるとしている。
このリスクを回避するためには、海底からメタンを除去する必要があるという。メタンは貴重なエネルギー資源として首都圏で利用することができる。
東京海洋大学などは今後、さらに詳しくガス層の分布を調べるとともに、メタンガスの生産方法について技術開発を進める。

詳細はリンク先のPDFで

大学ジャーナル 2020.4.22
https://univ-journal.jp/31778/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1587507982/続きを読む

もし富士山噴火なら首都機能まひ 政府が被害想定

1: 首都圏の虎 ★ 2020/04/23(木) 03:32:08.61 ID:qywALkst9

富士山が江戸時代と同じような大噴火を起こすと、東京をはじめ首都圏の機能が長期間まひする危険がある――。政府の中央防災会議作業部会は3月末にそんな被害想定をまとめた。火山灰の影響で鉄道や道路などの交通、電気、水道といったインフラが停止。大地震以上の被害につながるかもしれないという指摘だ。

火山の噴火というと、まず連想されるのが赤く焼けた溶岩、そして時速100キロメートルを超えるスピードで山腹を下る…

2020/4/23 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58350930S0A420C2TJN000/?n_cid=SNSTW001



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1587580328/続きを読む

JAXAの水星探査機 スイングバイに成功 水星へ順調飛行

1: 雪子姫 ★ 2020/04/21(火) 19:56:33.42 ID:ilx6E0K+9

太陽に最も近い惑星である水星の探査機「みお」について、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、地球に接近して重力で進路を変える「スイングバイ」に成功し、水星に向けて順調に飛行していると公表しました。

「みお」は、ヨーロッパ宇宙機関と共同で行う水星探査のために開発されたJAXAの探査機で、ヨーロッパの探査機と連結した形で打ち上げられ、今月10日に地球に接近して重力で進路を変える「スイングバイ」を行い、JAXAなどはデータを分析して計画どおり実施されたか確認していました。

その結果「スイングバイ」で探査機は、地球までおよそ1万2700キロの距離に接近して進路を変え、計画どおりの軌道に入ったことが確認され「スイングバイ」は成功したと公表しました。

探査機は現在、地球から370万キロ余りの位置にあって、秒速4キロの速さで遠ざかっていて、水星に向けて順調に飛行しているということです。

探査機「みお」は今後、さらに金星などの重力も利用して8回進路を大きく変更し、5年後の2025年に水星を周回する軌道に入る予定です。

過去に水星を調査した探査機はアメリカの2機だけで、探査機「みお」は、水星の磁場を調べるなどして誕生の過程などを調べることにしています。

no title

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200421/k10012399201000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_018



引用元: http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1587466593/続きを読む

イギリス、オックスフォード大が開発したコロナワクチンを今週にも治験開始

1: 的井 圭一 ★ 2020/04/22(水) 04:06:02.61 ID:NaQiZgV29 BE:511393199-PLT(15100)

sssp://img.5ch.net/premium/1051729.gif
そーす
イギリス保健相会見

会見動画
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1252653004597202945/pu/vid/900x720/9HB5tcU8vx0svHCO.mp4

April 21, 2020 at 2:12 p.m
Oxford University coronavirus vaccine to begin human trials on Thursday as U.K. ‘throws everything’ at vital breakthrough - MarketWatch
https://www.marketwatch.com/story/oxford-university-coronavirus-vaccine-to-begin-human-trials-on-thursday-as-uk-throws-everything-at-vital-breakthrough-2020-04-21



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1587495962/続きを読む

アフリカの新型コロナ感染、3─6カ月で1000万人=WHO試算

1: 首都圏の虎 ★ 2020/04/17(金) 01:36:35.85 ID:GL+lw0ZP9

[ナイロビ 16日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は16日、アフリカ地域の新型コロナウイルス感染者数は向こう3─6カ月で1000万人に膨れ上がる恐れがあると警告した。

ただ、WHOのアフリカプログラムの緊急対応責任者、マイケル・ヤオ氏は記者会見で、こうした予測は暫定的なもので、感染動向は今後変化する可能性もあると指摘。エボラ出血熱の感染が拡大した際は人々が行動を変えたため最悪のシナリオは回避できたことに言及し、「公衆衛生面での措置が完全に実施されれば実際に効果が出るため、長期的な見通しを提示するのは難しい」と述べた。

アフリカ地域の新型ウイルス感染件数はこれまでのところ約1万7000人、感染による死者数は約900人と、世界の他の地域と比べると抑制されている。

ただWHOのマシディソ・モエティ・アフリカ地域事務局長は、感染は連日拡大しているとし、「地域的な感染拡大を懸念している」と述べた。

モエティ氏はまた、トランプ米大統領がWHOへの資金拠出の停止を決めたことについて、ポリオ、マラリア、HIV感染症など他の疾病への対応が阻害されるとし、「ポリオウイルス根絶などに大きな影響が及ぶ」と述べた。

4/17(金) 1:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00000004-reut-m_est


続きを読む

【米国有人宇宙飛行】宇宙船「ドラゴン」、5月27日に初の有人飛行試験

1: 孤高の旅人 ★ 2020/04/18(土) 05:25:34.42 ID:jYFmJqeI9

米宇宙船「ドラゴン」、5月27日に初の有人飛行試験
2020/04/18 04:23
https://www.yomiuri.co.jp/science/20200418-OYT1T50142/

 【ワシントン=船越翔】米航空宇宙局(NASA)は17日、宇宙企業スペースX社が開発する有人宇宙船「ドラゴン」について、5月27日に宇宙飛行士を乗せた初の飛行試験を行うと発表した。スペースシャトルが退役した2011年から途絶えていた米国の有人宇宙飛行が、9年ぶりに再開することになる。


49E36B22-8C98-4424-BCBF-F966923044A3


引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1587155134/続きを読む

「オナラがウイルス感染拡大の可能性」オーストラリアの医師の主張が物議、日本の絵巻物「屁合戦絵巻」を引用

1: ごまカンパチ ★ 2020/04/20(月) 07:43:12.69 ID:TBnty+TK9

https://article.yahoo.co.jp/detail/4de9ceb917b67813ec3c4eea570791697bfa8ffe
新型コロナウイルスの収束に向けて各国で様々な調査や研究が行われているが、このほどオーストラリアの医師が
「オナラによって感染が拡大している可能性がある」と主張し物議を醸している。
この医師はTwitterで日本の絵巻物「屁合戦絵巻」を引用し「オナラは日本の江戸時代に武器として使われていたくらいなんだ」とも記しているのだ。
『Daily Star』『The Sun』などが伝えた。

過去にも何人かの医師が「オナラを介して他人にウイルスがうつるのではないか」という説を語っていたが、オーストラリアのメルボルンに拠点を置く
アンドリュー・タッグ医師(Dr. Andrew Tagg)は猛威を振るっている新型コロナウイルスもオナラによって拡散されている可能性があると主張した。
タッグ医師は今年の初め頃、新型コロナウイルス感染者に一連の検査を行ったが、そのうち55パーセントの糞便に新型コロナウイルスが検出されたという。

この検査結果について、タッグ医師は
「糞便内で新型コロナウイルスが検出されたのですが、無症状の患者の糞便でも用を足してから17日間もウイルスが存在することが分かったのです」と明かしている。

まだタッグ医師はかつて、ベビーパウダーを使った実験によりオナラがかなりの距離まで飛ぶことを突き止め
「ウイルスを運ぶ、目に見えない微粒子の糞便がオナラに含まれている」と警告していた。
そのことを踏まえたうえで、「もっと検証が必要ですが、おそらくオナラの噴射力によってウイルスは拡散すると思われます」と語った。

しかし一部の医師から、オナラによって新型コロナウイルスに感染する可能性は著しく低いと指摘があったようだ。
また2001年には、オーストラリアのカール・カルゼルニッキ医師(Dr. Karl Kruszelnicki)と微生物学者のルーク・テネント氏(Luke Tennent)が共同で
オナラが病原菌を拡散するかどうかの実験を行っている。
2人は同僚の協力のもと、お尻から5センチほどの距離にシャーレを置き、ズボンをはいた状態でオナラをしたものと
下着など何もつけない状態でオナラをしたものを比較したのである。

一晩経つと2つのシャーレに異なる結果が現れた。
ズボンをはいていたものは大きな変化はなかったが、何も身に着けないでオナラをしたほうのシャーレにはバクテリアが繁殖していたという。
ただしバクテリアは有毒性のものではなかったそうだ。

なおこの実験について、中国北京市通州区の中国疾病予防管理センターでは
「オナラによる新型コロナウイルス感染は、ズボンをはいている限りその心配をする必要はありません。
しかし感染者がズボンなどをはかないまま一度に大量のオナラを放出し、その近くにいた人が直接嗅いでしまった場合は感染しないとも言いきれません」と話している。

no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1587336192/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!