1: 野良ハムスター ★ 2018/03/16(金) 21:41:48.16 ID:CAP_USER

東京農工大学は、細胞の様な鋳型を用いて1/100mmスケールのミクロなゼリー球を作製し、そのゼリー球の硬さを測ることにより、ゲル化させる際の鋳型のサイズによってゼリーの硬さが大きく変化することを発見したと発表した。

同研究は、東京農工大学大学院工学研究院先端物理工学部門の柳澤実穂テニュアトラック特任准教授、大学院生の酒井淳氏、村山能宏准教授、慶應義塾大学理工学部生命情報学科の藤原慶専任講師、九州大学先導物質化学研究所の木戸秋悟教授らの研究グループによるもので、同研究成果は、3月15日付でアメリカ化学会誌「ACS Central Science」オンライン版に掲載された。

ゼラチンからなるミクロなゼリー(以下、ミクロゲル)は、食品や化粧品、医薬品など、日用品には欠かせない物となっている。それらの食感や質感、強度などの機能を強く支配する力学的性質は、ミクロゲルが分散した水溶液や大きなゲルに対してはよく知られているものの、ひとつのミクロゲルが示す力学的性質は測定が困難で、詳細な解析が渇望されていた。

同研究では、非常に細いマイクロキャピラリーを用いてミクロゲルを引っ張ることにより、ひとつのミクロゲルの硬さを測定することに成功した。そして、ゼラチンがゲル化する際に、脂質膜で覆われたマイクロメートルサイズの空間に閉じ込められていることで、ゲル化後の硬さが通常の大きなゲルに比べて10倍程度上昇することが見出された。さらに、このミクロゲルの分子構造を調ベたところ、通常のゼラチンが作る三重らせん構造だけではなく、βシート構造と呼ばれるユニットが連なった構造も同時に作っていることがわかり、この構造変化によってゲルが硬くなっていることが明らかになった。

ミクロゲルは、細胞を支える骨格としても機能していることから、同成果は細胞内の生体高分子ゲルの特性解明に貢献できると期待される。また、ゲルの硬さを利用した機能性材料の設計に新しい視点を与え、今後の食品・医薬品・化粧品として活用されるミクロゲル材料の創成へ応用されることが期待されるということだ。

no title

no title

https://news.mynavi.jp/article/20180316-601028/


2: 名無しのひみつ 2018/03/16(金) 21:42:20.53 ID:PviG+KsA

トムと


35: 名無しのひみつ 2018/03/17(土) 21:22:27.36 ID:yv7YWM5k

>>2
ゲル


4: 名無しのひみつ 2018/03/16(金) 21:44:25.74 ID:dWc95fAf

ゼリー弾丸の完成である


5: 名無しのひみつ 2018/03/16(金) 21:48:51.25 ID:rVj50vsH

水+食塩+PVA洗濯のり → スーパーボール


6: 名無しのひみつ 2018/03/16(金) 21:48:52.86 ID:L/GhOmpK

量子レベルだと


7: 名無しのひみつ 2018/03/16(金) 21:50:45.59 ID:aeJsWnKE

これはモンドセレクション金賞受賞だわ


9: 名無しのひみつ 2018/03/16(金) 21:52:58.39 ID:zMgqkmGs

ゼリーは小さいほど硬くなることを発見
  

  _ノ乙(、ン、)ノ ミクロの話なら、当たり前に思うんだけど


11: 名無しのひみつ 2018/03/16(金) 21:54:08.53 ID:3T/HZ5e4

消しゴムだって小さかなればなるほど
硬くなるんだよなぁ


15: 名無しのひみつ 2018/03/16(金) 22:13:35.33 ID:eC0WxKtp

でかいプリン作ると自重でつぶれるのと同じじゃね?


17: (,,゚д゚)さん 頭スカスカ 2018/03/16(金) 23:08:48.92 ID:l4HH20Bv

そうか..もっとコアセルベートのサイズを小さくして
1億年ほど待とう....


18: 名無しのひみつ 2018/03/16(金) 23:45:11.58 ID:aIBS49zZ

モーメントとかの話だろうか


20: 名無しのひみつ 2018/03/17(土) 00:00:08.23 ID:7IYGRKHi

βシートといえば狂牛病や認知症だな
薬学への応用を待ってるぜ


21: 名無しのひみつ 2018/03/17(土) 00:23:49.96 ID:UHAdVBv/

大きいほど柔らかいのは当たり前じゃん
プルンプルンするじゃん


27: 名無しのひみつ 2018/03/17(土) 07:34:06.61 ID:puauRpMS

>>21
つまり貧乳大敗北か


25: 名無しのひみつ 2018/03/17(土) 03:35:37.03 ID:5vgEBKYy

建築物に支柱が必要なのと似てる?


26: 名無しのひみつ 2018/03/17(土) 04:51:56.38 ID:Ie9JMO+G

特定空間にゼラチン分子が一個しかないと他のゼラチン分子と合わさって巨大分子群を構成できないんじゃないかな
そのときより密度が高いβシート構造をとるじゃなかろうか

例えるなら100個くらい連なった鎖を100本絡まった状態で箱に積めると隙間が多く少しなら動かせる状態になる
これをほどいて一本ずつ丁寧に巻き取り箱にみっちり積めていくと隙間が出来ず動かす余地がなくなる


28: 名無しのひみつ 2018/03/17(土) 10:23:26.03 ID:7GLIRKWz

こんな方法で小さな粒ゼリーを作る発想がすごいよ


29: 名無しのひみつ 2018/03/17(土) 12:34:03.64 ID:Ie9JMO+G

>>28
細胞内のゼラチンを再現ってことだろ
特に奇抜な発想とは思わん

ポイントはスケールサイズの違いが物性に影響する可能性に気付いたところじゃないかな


34: 名無しのひみつ 2018/03/17(土) 20:25:13.33 ID:jdqYDGXg

比表面積で強度が決まるのかな


管理人コメント

マイクロキャピラリで微細なミセルやゲルつくるの流行ってますよね

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1521204108/