サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

心理学

イカ「夕食に出る大好物のために昼食をセーブする」と考えているらしいことが判明

1: みつを ★ 2020/02/06(木) 02:45:50.25 ID:IgpjtY0o9

https://news.livedoor.com/article/detail/17771189/


イカは「夕食に出る大好物のために昼食をセーブする」と判明
2020年2月5日 12時10分


その日の夕食のメニューが大好物だったり、楽しみな外食を控えていたりする時は、「お昼は腹八分目にしておこう」と思う人は多いはず。なんと海の軟体動物であるイカも、同様に大好物を食べるために昼食をセーブすることが可能だということが、実験で確かめられました。


将来を予測して我慢するというのは、実は高度な知能による自制心が必要な行動です。例えば、1970年にスタンフォード大学で行われたマシュマロ実験では、4歳の子どもに「マシュマロを1つあげるけど、食べるのを15分間我慢したら後でもう1つマシュマロをあげる」と伝えましたが、実際に我慢できた子どもは全体の3分の1ほどでした。

また、2020年1月に発表された「カラスのマシュマロ実験」では、野生のカラスも3歳~5歳の子どもとほとんど同じ自制心を発揮できることが確認され、専門家たちを驚かせました。

そんな中、ケンブリッジ大学心理学部のポリーン・ビヤール氏らの研究チームは、実験を通して「イカも将来を予測して採餌行動を最適化することが可能」だということを発見しました。研究チームは最初に、ヨーロッパに広く分布するヨーロッパコウイカの好物を確認するために、「カニとエビ」を等間隔で配置して与える実験を5日間行って、イカがどちらに食いつくかを観察しました。その結果、実験に使う29匹のイカの全てが「エビが好物」だということが分かったとのこと。
(リンク先に続きあり)

no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1580924750/続きを読む

「ストレスが白髪を生み出すメカニズム」が解明される

1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/01/25(土) 19:38:35.54 ID:CAP_USER

2020年01月23日 15時00分00秒

フランス革命で処刑されたマリー・アントワネットが、処刑の前日に一夜にして白髪になったという逸話のように、「ストレスが髪を白くする」とする話が多数伝えられていますが、そのメカニズムは長らく不明でした。アメリカのハーバード大学とブラジルのサンパウロ大学の合同研究チームが、マウスを使った動物実験によって、そのメカニズムを解明しています。 

Hyperactivation of sympathetic nerves drives depletion of melanocyte stem cells | Nature
https://www.nature.com/articles/s41586-020-1935-3
How the stress of fight or flight turns hair white
https://www.nature.com/articles/d41586-019-03949-8
Scientific evidence found for role of stress in hair whitening | EurekAlert! Science News
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2020-01/fda-sef012120.php
Stress speeds up hair greying process, science confirms | Science | The Guardian
https://www.theguardian.com/science/2020/jan/22/stress-speeds-up-hair-greying-process-science-confirms

研究チームが行った実験は、マウスにストレスを与えて体毛への影響を測定するというもの。実験に用いられたマウスは、注射によって痛覚を科学的に活性化させる「苦痛」、ケージを傾けられたり光のオンオフを素早く変更されたり寝床をぬらされたりする「心理的ストレス」、そして1日4時間も体を固定される「拘束」の3種類の苦痛をそれぞれ与えられました。以下の画像の下側が実験後のマウス。上側のストレス実験を受けなかったマウスに比べて、体毛が白くなっていることが明らかです。

当初、研究チームは「ストレスが毛の色素を産生する細胞であるメラニン細胞(メラノサイト)に対する免疫攻撃を引き起こす」と推定して実験を行っていました。しかし、免疫細胞を持たないマウスにおいても実験後に体毛が白くなるケースが確認され、この説は否定されました。次に唱えられた説は、「ストレスによって分泌が亢進されるコルチゾールが白髪に関係している」というものでしたが、コルチゾールを持たないマウスの体毛も白くなったことから、この説もまた否定されました。
紆余曲折の末、研究チームがたどり着いた結論は、「ストレスを受ける際に交感神経系が放出するノルアドレナリンがメラニン細胞に影響を与える」ということでした。毛を作り出す毛包の中には、他の細胞を生み出す働きをする幹細胞が存在しています。新しい毛が作られるたびに幹細胞の一部がメラニン細胞に変化して、新たに生み出されたメラニン細胞が髪の色を変化させるわけです。
しかし、交感神経系に対する神経伝達を阻害する働きを持つグアネチジンをマウスに投与すると、通常ならば体毛が白くなる「苦痛」実験の後もマウスの体毛の色がそのままであることが判明。研究チームはこの結果から、ノルアドレナリンが白髪の原因であることを突き止めたとしています。また、ノルアドレナリンを皮膚に注射するという追試験によって、注射部位の周囲の毛が白くなることも確認したとのこと。
研究チームによると、ノルアドレナリンが毛包に流れ込むと膨大な数の幹細胞がメラニン細胞に変換されます。この過程で生み出された過剰なメラニン細胞は、毛包から遊離した直後に崩壊を始めるとのこと。メラニン細胞に転じる幹細胞は減ることはあっても増えることはないため、以上のようにメラニン細胞を「浪費」した後は、毛包では新たにメラニン細胞を作るための幹細胞が枯渇し、それ以降に生えてくる毛は白くなります。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://gigazine.net/amp/20200123-stress-speeds-up-hair-greying-process/


続きを読む

「ネコ好きは無神論者」「神に求めるものをネコで代用している」という研究結果 オクラホマ大

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/01/17(金) 03:37:29.67 ID:4NmmKk7D9

世界中で愛されるネコに関する研究はさまざまありますが、新たに宗教関連の研究に特化した学術誌・Journal for the Scientific Study of Religionで、「無神論者はネコをペットとして飼うケースが多い」という研究論文が発表されました。

How Religion Predicts Pet Ownership in the United States - Perry - - Journal for the Scientific Study of Religion - Wiley Online Library
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jssr.12637

Atheists put their faith in ‘godlike’ cats | News | The Times
https://www.thetimes.co.uk/article/atheists-put-their-faith-in-godlike-cats-8twtx5c7g

‘Godlike’ Cats Are the Preferred Pets for Atheists, Study Finds
https://www.vice.com/en_in/article/pked8y/godlike-cats-are-the-preferred-pets-for-atheists-study-finds

オクラホマ大学で社会科学・宗教学などについて研究しているサミュエル・L・ペリー氏が率いる研究チームが、2000人のアメリカ人を対象にペット所有に関する調査を実施しました。調査の結果、週に1回以上教会へ行き礼拝すると回答した「宗教に熱心な」人は、平均して1.4匹のネコを飼っていることがわかりました。それに対して、教会へ礼拝に行く習慣のない「無宗教」な人は、平均2匹のネコを飼っていたそうです。

ペリー氏はイギリスメディアのThe Timesに対して、「ペットを飼うのは、ペットそのものと、ペットたちと行う特別なやり取りが大好きだからです。また、いくつかの点においては、ペットが人間同士の相互作用における人間の代用になることも示唆されています」とコメントしました。

ペリー氏によると、教会に足繁く通う熱心な人は、活動の中で適切な社会的相互作用を得るそうです。それに対して、無宗教な人は社会相互作用に飢えているため、手間のかかるネコを好む傾向にあるとのこと。



ネコは他のペットよりも飼い主に素っ気ない態度をとりがちなため、飼い主がネコを必死に追いかけて愛情を注ごうとする傾向があるという点もペリー氏は指摘。実際に、研究チームは犬とネコの飼い主に対する態度を調査し、犬は「飼い主を神のようにあがめる生き物」であるのに対して、ネコは「自分自身を最上と位置づけがち」であることも確認したそうです。

そのため、宗教的なシンボルを持たないような無神論者は、「無意識のうちにネコの世話に時間を費やして社会相互作用を得ようとしがちになる」とペリー氏ら研究チームは論じています。これらの傾向から、ペリー氏ら研究チームは「平均的なアメリカ人は宗教から求めるものを、ペットで代用しようとする傾向にある」と結論づけています。
no title


https://gigazine.net/news/20200116-cats-preferred-atheists/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579199849/続きを読む

AIで宿泊客がサイコパスかどうか見分ける技術をAirbnbが開発

1: 樽悶 ★ 2020/01/09(木) 22:55:02.35 ID:MecbaBKy9

宿泊施設でのトラブルは、日々オーナーたちを悩ませています。予約客が善良な人に思えても、宿泊した途端に裏の顔が出てきて、施設を破壊したり乱暴なパーティーを開いたりして迷惑をかけることがあるからです。

そこで世界最大級の宿泊予約サイト「Airbnb」は、宿泊客が反社会的な人格の一種「サイコパス」かどうか予約前に診断できるAIを開発しました。このAI によって、宿泊客はオンライン上の性格が明らかになるとのこと。

The Evening Standard はAirbnbがこの新しい技術をについて特許を申請したことを報告しています。

Booker beware: Airbnb can scan your online life to see if you’re a suitable guest
https://www.standard.co.uk/tech/airbnb-software-scan-online-life-suitable-guest-a4325551.html

■AIによるユーザースコア判定

開発されたAIは、サイト上で予約してきた客がインターネット上ではどのような人物なのかを調べ、ネット上のデータに基づいてユーザースコアを算出します。スコアが低いユーザーは「トラブルを起こす可能性が高い」と判断されるわけです。

AIの調査によって次の点が明らかになった場合、ユーザースコアがダウンするとのこと。

①偽のネットワークプロフィールとの関連性が明らかになった場合や、プロフィールを捏造した場合
②ユーザーに関連するキーワードや画像、動画などに、麻薬やアルコール、反政府、セックスワークなどが含まれている
③ポルノに関係している人
④ネガティブな言葉でオンラインコンテンツを作成した人
⑤犯罪に関係している人

■関連情報の収集

AIはユーザースコアを算出するだけでなく、対象に関連する情報をさらに深く集めることもできます。

ユーザーのトラブルリスクが高いと判断されるなら、機械学習と予測分析によって疑わしい動きが発生する前に調査を始めてくれます。

ユーザーに関するネット上のニュース記事をスキャンして、犯罪に関係しているようであれば、より「危ない人」であると判断します。

また、ユーザーがブログやニュースウェブサイトへどのような投稿をしているかも考慮されます。表面的には善良な人として振舞っていても、ネット上での「本当の性格」がバレてしまうのです。

このAIの働きによって宿泊客によるトラブルは軽減されるでしょう。今後、同じようなAIシステムは増えていくかもしれません。たとえ、ネット上であっても「善良な人」であるよう心掛ける必要がありそうです。

2020/01/07
https://nazology.net/archives/50122
no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1578578102/続きを読む

【心理学】男性は容姿が悪いとどれだけ性格が良くても女性やその父親から評価されないという研究結果

1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/20(金) 01:41:41.49 ID:tjZ9HLQF9

1000万件を超える科学文献をまとめたオンラインプラットフォーム・SpringerLinkにて発表された最新の進化心理学関連の論文によると、身体的(容姿)な魅力はパートナーよりもその父親に対してより有効に働く可能性があるとのことです。また、女性やその父親は、自身の交際相手が最低限度の身体的魅力を有していることを期待していることも明らかになっています。

容姿と性格がパートナーやパートナーの親に対してどのような評価を与えるのかについて調査したのは、イースタンコネチカット州立大学で社会心理学の教授を務めるマドリン・A・フジェール氏。同氏は大学で新入生とその両親に同時に話しかけた際に、「容姿と性格が与える影響」に興味を持ったそうです。

フジェール氏が同様の研究論文が過去に公開されていないか調べたところ、同じように「人間の容姿」に着目した研究は存在するものの、そのほとんどがアンケート調査による自己申告をベースとした研究結果だったそうです。なお、自己申告ベースの研究では、相手と付き合う当人よりもその親にとって「身体的な魅力(容姿の魅力)」は重要度が低いものとなる、と一貫して評価されています。

しかし、フジェール氏はこれまでの自己申告ベースの研究結果とは異なり、相手と付き合うこととなる当人よりもその親こそが、パートナーの容姿を重要視するのではないかと考えたそうです。その理由について、フジェール氏は「進化論に基づけば、身体的魅力は良い遺伝的品質の指標となるものであり、これは親こそが意識的に重要視するものなのではないかと推論しました」と語っています。

そこで、フジェール氏は女性とその父親が「男性にとって重要なポイント」としてどのような点を重視しているのかを、身体的な魅力と性格特性の両方を合わせて測定するという調査を実施。調査では86組の女性とその父親に対して、男性の写真を提示して、「非常に魅力的な男性」「やや魅力的な男性」「魅力のない男性」のいずれかで評価してもらいました。調査では写真と一緒に男性の性格特性がわかるプロフィールもチェックしてもらったそうです。

調査の結果、女性とその父親の両方が「最も望ましい性格特性」を持つ男性を好む傾向が明らかになっていますが、それは男性自身が「非常に魅力的である場合のみ」だそうです。それに対して身体的に魅力のない男性、つまりは容姿が魅力的でない男性の場合、最も魅力的な性格特性を持っている男性であっても、「容姿が中程度で性格特性は望ましくない男性」よりも低く評価されてしまうことが明らかになりました。

この結果について、フジェール氏は「パートナーの身体的な魅力は、女性とその両親が自覚しているよりも重要なものかもしれません」と、心理学および神経科学に関するニュースを報じるPsyPostに語っています。

さらに、フジェール氏は「自己申告の場合、常に自分の好みを正確に報告するとは限りません。我々の実験は、娘とその父親の両方が、性格特性が身体的魅力よりも重要であると考えていることを示しています。しかし、父親が娘の潜在的なパートナーとして男性を選ぶ場合、身体的魅力が性格特性よりも大きな役割を果たすことが示唆されています」とコメント。

加えて、女性とその父親は約48%の割合で「最高の男性」として同じ男性を挙げたそうです。なお、娘と父親の挙げた男性が一致しない場合、娘の方は「より身体的な魅力」を男性に求め、父親の方は性格特性を優先することが明らかになっています。

なお、フジェール氏は「母親が娘の潜在的なパートナーを検討する際に、男性の身体的な魅力を重要視する」という過去の研究をベースに、今後はより進んだ研究を行うとしています。

2019年12月19日 23時00分  gigazine
https://gigazine.net/news/20191219-importance-physical-attractiveness/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576773701/続きを読む

睡眠時間が短くても平気な「ショートスリーパー」は遺伝子の突然変異が原因だった

1: 樽悶 ★ 2019/09/01(日) 19:13:17.28 ID:FT3K1CJD9

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/25/Pons_image.png

睡眠時間が7時間を下回るとさまざまな病気の発症リスクが高まるといわれていますが、中には7時間よりはるかに短時間の睡眠でも健康でいられる「ショートスリーパー」という人たちが存在することが知られています。そんな中、10年にわたるショートスリーパーの研究から、ついにショートスリーパーの遺伝子の秘密が解明されたとの論文が発表されました。

A Rare Mutation of β1-Adrenergic Receptor Affects Sleep/Wake Behaviors: Neuron
https://www.cell.com/neuron/fulltext/S0896-6273(19)30652-X

After 10-year search, scientists find second 'short sleep' gene - Neuroscience News
https://neurosciencenews.com/short-sleep-gene-14814/

Natural Short Sleepers: Mutated Gene Is Linked to Only Needing 6 Hours | Inverse
https://www.inverse.com/article/58846-natural-short-sleepers-have-mutated-genes

ショートスリーパーの遺伝子を特定することに成功したのは、カリフォルニア大学で睡眠の研究を行っているYing-Hui Fu教授率いる研究チームです。実は、Fu教授は2009年にもショートスリーパーにまつわる遺伝子「DEC2」を発見しています。

当時のFu教授の研究やDEC2遺伝子についての詳細は以下の記事に詳しく記載されています。

極めて短時間の睡眠しか必要としない人々は普通の人と何が違うのか? - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20150709-people-need-very-little-sleep/

Fu教授はこの発見により、カフェインなどの作用や生活習慣によらない「先天性ショートスリーパー(NSS)」が、特定の遺伝子の変異に起因していることを突き止めましたが、DEC2の変異は極めて希少なケースだったため、全てのNSSを説明するには至っていませんでした。

そこで、Fu教授らは3世代にわたりショートスリーパーを輩出している家系に着目して遺伝子の解析を行いました。その結果、DEC2は検出されなかった一方で、「β1アドレナリン受容体遺伝子(ADRB1)」という遺伝子の新しい変異型が発見されたとのこと。Fu教授はADRB1の変異がもたらす特性が家族の間で受け継がれていくことから、今回発見されたタイプのショートスリーパーを「家族性NSS(FNSS)」と名付けました。

研究チームは、ADRB1の変異がどのように振る舞うのか調べるため、ADRB1の変異型遺伝子を保有するマウスの脳を調べました。その結果、ADRB1の変異型遺伝子は脳幹の一部である橋背側という部分で特に高いレベルで発現していたことが分かりました。

橋背側は睡眠や覚醒のメカニズムに関与しているとされている部位です。

研究チームが、マウス脳内のADRB1が発現したニューロンを刺激してみたところ、深い睡眠状態であるノンレム睡眠中だったにもかかわらず、マウスはすぐに覚醒して活動を開始したとのこと。また、追加の実験により、ADRB1の変異型遺伝子を保有するマウスは、覚醒状態を促進するニューロンの数が普通のマウスよりも格段に多いことも判明しています。

今回の研究により、FNSSの短時間睡眠の原因となる遺伝子が特定されましたが、未解明の謎も残されています。Fu教授によると、FNSSたちは単に睡眠時間が短いだけでなく、楽観的かつ精力的な性格で、マルチタスクも得意だとのこと。さらに、FNSSの人たちは痛いと認識される刺激の最低値である疼痛閾値が高く、時差ぼけとも無縁な上、長生きである可能性すらあると見られています。こうした特徴はADRB1だけでは説明がつかないことから、Fu教授や共著者のルイス・プターチェク教授は、FNSSの健康を支える別の遺伝子があるのではないかと考えています。

Fu教授は「マイナスの影響を受けずにショートスリーパーでいられる遺伝子を見つけることができれば、睡眠障害に苦しむ人々を救うことができるだけでなく、あらゆる人々に健康的で効率的な睡眠をもたらすことができるはずです」と述べて、さらなる研究への意欲をのぞかせました。

GIGAZINE 2019年08月29日 20時00分
https://gigazine.net/news/20190829-natural-short-sleepers-genes/
カラパイア 2019年09月01日
http://karapaia.com/archives/52278876.html



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1567332797/続きを読む

「働いた後のビールはうまい」玉川大学脳科学研究所が脳内メカニズム発見

1: ごまカンパチ ★ 2019/08/22(木) 06:38:15.03 ID:NbjE8Zs59

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000070-it_nlab-sci
 玉川大学脳科学研究所は8月20日、世界で初めて「働いた後のビールはうまい」と言われていた現象の脳内メカニズムを発見したと発表しました。
また実験により、「努力したほうが学習は進む」ことが明らかになったとのこと。

 研究を行ったのは、玉川大学脳科学研究所の坂上雅道教授、田中慎吾特別研究員(新潟大学助教)、John P. O’ Doherty客員教授(カリフォルニア工科大学教授)。
同研究では、ニホンザル2頭を使い、報酬を得るためのコスト(努力)がその報酬の価値を高めるのかどうか、ハイコストvs.ローコスト課題でそれぞれの反応時間を調査。
すると、サルはハイコスト試行を嫌うことがわかりますが、努力後の報酬刺激に対する反応時間は、ハイコスト試行の方が有意に早く、
ハイコスト試行の報酬の方(※報酬量は同じ)を好んでいることがわかったとのこと。

 また上記の課題遂行中に、サルのドーパミンニューロンから電気信号を記録・解析。
すると、ドーパミンニューロンの報酬予測誤差応答は、ハイコスト試行での報酬の方が価値は大きいという反応を示したとのこと。

※ドーパミンニューロン……中脳にあるドーパミンを神経伝達物質として放出する神経細胞。報酬に基づく強化学習に重要な役割を果たしていると考えられている。

 さらに続く実験で、サルが課題を学習することとコスト有り無しの関係を調査したところ、コストがある方が有意にこの学習を促進することがわかったとしています。
発表では同現象の発見について、「社会や家庭、学校での教育のあり方を再考する契機となりうるものと思われる」と考えを述べています。

今回の研究成果は、科学雑誌「Nature communications」に掲載されています。



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566423495/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!