サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

天文学・宇宙

世界初!宇宙エレベーター実験 静岡大学衛星が宇宙へ

1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/02/21(日) 22:03:58.26 ID:xPPJoMA19

テレビ静岡

2021年2月21日 日曜 午後6:00

成功すれば世界初です。宇宙と地球を結ぶエレベーターの実現に向け、静岡大学の開発した超小型衛星が21日未明、宇宙へ飛び立ちました。
日本時間の21日未明、アメリカ・バージニア州にあるNASAの施設から、静岡大学の開発した超小型衛星を積んだロケットが打ちあがりました。
衛星「STARS‐EC」は、一辺10センチの立方体の衛星が3つ並んでいて、愛称は県の鳥「三光鳥」にちなんで「三光」と名付けられました。
宇宙では、両端の衛星がそれぞれ11メートルのロープを伸ばし、その間を中央の衛星が行き来することでエレベーターの動きを再現します。
静岡大学の能見公博教授は「宇宙で移動できれば世界初になる。絶対に成功させたい」と話しています。

https://www.fnn.jp/articles/-/147057



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1613912638/続きを読む

スペースX、世界初の民間人のみの宇宙飛行計画を発表 地球を数日周回

1: ボラえもん ★ 2021/02/02(火) 14:16:36.64 ID:R7spJzsz9

 米宇宙企業スペースXは1日、新型宇宙船クルードラゴンで10月以降に民間の4人が地球を数日周回する宇宙飛行を行うと発表した。
米国の富豪が4人分の座席を購入し、自分の他の3人を招待する。
このうち1人は関係者に内定済みで、残る2人は米国の著名な子ども病院への寄付などを条件に公募する。

 1月に米企業アクシオムスペースが、来年1月にも民間の4人がクルードラゴンで国際宇宙ステーションを訪ねると発表していたが、
民間チームの宇宙飛行としてはそれよりも早く実現する見通し。スペースXは「乗員が全て民間人の宇宙飛行は世界初」としている。

 発表によると、飛行を契約したのは米クレジットカード関連企業創業者のジャレド・アイザックマン氏(37)。
公募を通じ、自身の1億ドル(約105億円)と合わせた計2億ドルを子ども病院に寄付する方針。

 クルードラゴンには昨年11月に野口聡一さん(55)が搭乗。今年4月20日にも星出彰彦さん(52)が打ち上げの予定。(共同)

https://www.sankei.com/world/news/210202/wor2102020021-n1.html



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1612242996/続きを読む

銀河同士が衝突→ブラックホールが冬眠? 東大など発表

1: 蚤の市 ★ 2021/01/26(火) 05:51:09.65 ID:Mz9yDBuL9

 銀河同士が衝突すると、銀河の中心にあるブラックホールは活動が活発になると考えられてきたが、活動を止めて冬眠状態になる場合もあるという研究結果を、東京大などのチームが発表した。普通は周りにあるガスをのみ込んで高速のガスを噴出したり、電磁波を放ったりするが、衝突の仕方によってはガスがはぎ取られ、ガス欠状態になることがあるらしい。

 東京大情報基盤センターの三木洋平助教らがスーパーコンピューターで銀河を繰り返し衝突させたところ、通常の衝突ではブラックホールは活発になったが、大きい銀河の中心を小さい銀河が突き抜けた場合は、大きい銀河の中心にあるブラックホールはガスがはぎ取られて冬眠状態になった。三木さんは「急激に活動を停止した兆候のあるブラックホールも見つかっており、さらに詳しく調べたい」と話している。論文は26日付の英科学誌ネイチャー・アストロノミー(https://www.nature.com/articles/s41550-020-01286-9別ウインドウで開きます)に掲載された。(小川詩織)

朝日新聞 2021/1/26 1:00
https://www.asahi.com/sp/articles/ASP1T6SJBP1TULBJ00Q.html?iref=sp_new_news_list_n



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1611607869/続きを読む

飛行機からロケットを発射して人工衛星を軌道に乗せることに成功、Virgin Orbit

1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/01/20(水) 10:41:12.24 ID:CAP_USER

2021.01.20 10:05
author Jody Serrano - Gizmodo US [原文] ( たもり )

no title

2019年7月、落下試験中に初めてLauncherOneを空中で分離させるCosmic Girl Image: Virgin Orbit/Greg Robinson


商業分野での宇宙開発競争がさらに激化しそうです。

リチャード・ブランソン氏が率いるVirgin Galactic(ヴァージン・ギャラクティック)社の姉妹会社、Virgin Orbit(ヴァージン・オービット)社が初めてロケットの軌道到達に成功しました。さらには同時にNASAのペイロードである小型衛星の投入にも成功しています。





コストを削減しつつ衛星を打ち上げられる手法

現地時間の日曜、Virgin Orbit社はLauncherOne(ランチャーワン)ロケットの2度目のテスト飛行を実施。これには型破りな発射システムが使われました。ロケットは地上にある発射台からではなく、「Cosmic Girl(コズミック・ガール)」と名付けられた改造ボーイング747の翼下に懸架され、あらかじめ決められていた場所で投下されたのです。放たれた後は、エンジンを点火して軌道へと推進しました。

ロケットは飛行機から空中発射されるため、the Vergeで説明されているようにVirgin Orbit社の発射システムはそれほど大きなロケットや多量の燃料を必要としません。コストを低く抑えられるので、財政的な観点から見ればこれはありがたいこと。そのうえ同社のシステムは恐らく競合他社のそれよりも柔軟なので、理論上は747が離着陸できる場所ならどこからでも衛星を打ち上げられるとも書かれています。

ブランソン氏は日曜に出したプレスリリースの中で「Virgin Orbitは大勢が不可能だと思っていたことを成し遂げた」と語っていました。「特別に改造したVirgin Atlantic 747であるCosmic GirがLauncherOneロケットを軌道へと送る姿にはとても感激した。このすばらしいフライトは長年の努力の集大成で、新世代のイノベーターを呼び込むだろう」とのこと。

昨年5月に行なわれた最初のテスト飛行は失敗に終わりましたが、今回の打ち上げ成功で汚名返上を果たせました。同社は失敗の原因は推進剤ラインにあって、ロケットのエンジンが点火された数秒後に破損したとのちに語っていました。

https://www.gizmodo.jp/2021/01/virgin-s-launcherone-rocket-reaches-orbit.html



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1611106872/続きを読む

「宇宙の色は何色?」そんな疑問に対する一つの答え

1: すらいむ ★ 2021/01/01(金) 14:58:09.49 ID:CAP_USER

「宇宙の色は何色?」そんな疑問に対する一つの回答

 みなさんは「宇宙の色」は何色だろうかと考えてみたことはあるでしょうか。
 真っ暗な背景に星が散りばめられた夜空からは黒が思い浮かぶかもしれませんが、もしもさまざまな色の光を放つ星々の輝きで空が埋め尽くされたとしたら、それは何色に見えるのでしょうか。

 そんな疑問に対する一つの回答は「ベージュ」。
 ウェブカラー(ウェブサイトで用いられるカラーコード)での表記は「#FFF8E7」で、研究者が開催した命名コンテストの結果「Cosmic Latte」(コズミックラテ、宇宙のラテ)と名付けられています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

sorae 2020-12-31
https://sorae.info/astronomy/20201231-space-color.html



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1609480689/続きを読む

8年1ヶ月間うっかり露光されていた世界最長露光時間の天体写真

1: すらいむ ★ 2020/12/22(火) 13:19:47.92 ID:CAP_USER

8年1ヶ月間「うっかり」露光されていた、世界最長時間露光の天体写真が発見される

 そこに写されていたのは星々の営みそのものでした。詳細は以下から。

 暗いところで長い時間(数秒から数時間)シャッターを開けて撮影する「長時間露光」という写真技法があります。
 星が線になっている天体写真はこの技法によって撮影されています。
 no title


 それ以外にも水や火、光をこのような独特な風合いで写し出すこともでき、また夜の風景を昼のような明るさで表現することもできるため、広告や写真作品などで見たことがある人もいるかもしれません。
 (画像省略)

 この技法の世界最長記録は写真家のMichael Weselyさんの4年8ヶ月というものだったのですが、この記録が「うっかり」破られていたことが判明しました。

 イギリスのハートフォードシャー大学のベイフォードベリー天文台で、同大学の美術学修士課程に通っていたRegina Valkenborghさんは2012年、ビールの空き缶を用いたピンホールカメラを設置して撮影を開始したものの、そのまま忘れてしまいます。

 それを2020年9月、David Campbell技術担当主任が発見。
 このカメラは当初からずっとこの天文台の望遠鏡のひとつに取り付けられたままだったのです。
 そこで写されたのがこの写真です。
 no title


 Valkenborghさんは「写真が無事に保全されていて本当にラッキーだった。このまえに2度試していたけれど湿気や印画紙の湾曲でダメになっていたから」と述べています。

 この写真に写っているのは2953回にもわたる太陽の軌跡です。
 毎年変わることなく昇っては沈み、地球の公転と共にその高さを日々変えてゆく様子が克明に刻み込まれてます。

BUZZAP 2020年12月21日21:35
https://buzzap.jp/news/20201221-longest-exposure-photo-ever/



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1608610787/続きを読む

はやぶさ2、カプセル内から”ガス”回収 有機物採取に期待が高まる

1: あずささん ★ 2020/12/07(月) 18:51:59.14 ID:v8AWbQR49

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日、探査機「はやぶさ2」がオーストラリア南部の砂漠に着陸させた小惑星リュウグウの試料が入ったとみられるカプセルから、ガスを回収したと発表した。岩石の破片などの試料から生じた可能性があり、リュウグウでの試料採取が成功した公算が大きくなった。

AXAの現地チームが日本時間7日午前、カプセルに針状の装置を刺して回収した。簡易分析を行ったが、ガスの量や成分は明らかにしていない。岩石の破片などが入っているかどうかも公表していない。

リュウグウは約46億年前に太陽系が誕生した頃、惑星に成長できなかった小天体の残骸で、生命をつくる材料である有機物や水を多く含むとみられる。有機物はガスを発生させるため、生命の成り立ちの解明につながる有機物が採取できた可能性も高まった。

カプセルは7日夜、チャーター機でオーストラリアを出発、8日に相模原市のJAXA宇宙科学研究所に到着する。その後は地球の大気に触れない厳重な密閉装置内で開封し、試料の有無を確認。入っていれば現地で採取したガスとともに詳細な分析を行う。

ソース/産経新聞社
https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/201207/lif20120717310028-n1.html



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1607334719/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!