サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

国内 政治経済

世界初“宇宙ゴミ除去”の人工衛星開発へ スカパー「シミ取りと同じ」

1: ごまカンパチ ★ 2020/06/11(木) 21:29:13.01 ID:jIhj5Vgk9

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200611-00000221-nnn-soci
※リンク先に動画あり

通信衛星事業、最大手のスカパーJSATはJAXA(=宇宙航空研究開発機構)などと連携し、
宇宙ゴミをレーザーを使って取り除く、世界初の人工衛星を設計・開発すると発表しました。

今回開発する人工衛星は、ロケットの部品や使い終わった人工衛星など、地球を回っている宇宙ゴミにレーザーを照射し、
噴き出すガスの力で地球の大気圏に落下させて燃え尽きさせるもので、早ければ3年後に打ち上げることを目指しています。

宇宙ゴミは、いま使われている人工衛星に衝突すると故障の原因になることから、JAXAは除去するための技術開発を進めており、
民間企業のビジネスとして育てることを目指しています。

これまで、機械のアームや磁石を使って除去する人工衛星の開発が進められていましたが、レーザーを使う方式は世界で初めてだということです。

別ソース
宇宙ゴミ、レーザーで掃除 スカパー「シミ取りと同じ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/ea10cca944d546addf0e5290e1705671f115ee67



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1591878553/続きを読む

専門家「インフルエンザで3325人が亡くなったが、コロナによる死亡者数は891人。冷静な対策を」

1: 影のたけし軍団 ★ 2020/06/04(木) 07:27:57.64 ID:jdIhCUGt9

枩村 秀樹 : 日本総合研究所 調査部長・チーフエコノミスト

第2波では緊急事態宣言を避けて冷静な対策を


新型コロナ第1波の経験を振り返ると、明らかになったことが2つあると思う。
1つ目は新型コロナの本当の危険度が見えてきたことである。

5月31日時点で新型コロナによる日本の死亡者は891人。これは世界的にみると非常に少ない。

憲法上の問題もあって、米欧のような厳しい都市封鎖(ロックダウン)を行わず、
国民の自発的協力に依拠した活動自粛策にとどまった。

つまり、人の移動を完全に制限することはできず、新型コロナによる死亡者は米欧諸国に比べて圧倒的に少ない。

この理由としてさまざまな仮説が出されており、本当の原因はいまだ不明である。
感染率が低いのか、感染したときの致死率が低いのか、それさえもわかっていない。
ただ、日本の死亡率が極めて低いことは紛れもない事実である。

新型コロナの死亡者は米欧諸国に比べて少ないだけでなく、毎年流行する季節性インフルエンザによる死亡者をも大きく下回っている。
50歳代まではほとんど亡くならず、高齢化に伴い死亡率が急上昇するという年齢パターンは両者同じだが、全体的に新型コロナの死亡率のほうが低い。

2018年にはインフルエンザで3325人が亡くなったが、新型コロナによる死亡者数はその4分の1という規模だ。
こうした情報から判断すると、新型コロナは決して脅威のウイルスというわけではなさそうだ。

もちろん、高齢者での死亡率は比較的高いため、感染予防や重症化対策は不可欠だが、
データを見るかぎり、若年層にとって新型コロナはリスクの低いウイルスといって差し支えない。

国民にとっていちばん重要な情報は、死亡者の動向である。

一般的に、「死亡者数=人口×感染率×致死率」という算式が成り立つため、
本来、感染者は最終目標である死亡者の最小化を達成するための中間目標という位置付けである。

しかし、新型コロナでは不顕性感染が多いため、感染者数は中間目標としての役割をまったく果たしていない。
それなのに、感染者数に基づいて新型コロナ対策を決めるのは、国民の厚生に資するものと言いがたいのではないか。

5月31日時点の新型コロナによる死亡者は891人。これが社会的に許容される範囲内かどうかが問題なのに、
この点がほとんど議論されていないように思われる。結果から言えば、新型コロナ第1波による死亡者は、季節性インフルエンザよりもかなり少なかった。

さまざまな死亡リスクと比較考量しつつ、新型コロナによる死亡者数の臨界値を決め、感染者偏重の新型コロナ対策から脱却すべきである。

死亡者が許容範囲内に収まっているのであれば、信頼性に乏しい感染者数を重視する必要はなく、過度の活動制限も不要である。
かえって他の要因による死者数を増やしてしまう可能性があるからだ。
https://toyokeizai.net/articles/-/354197
no title

no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1591223277/続きを読む

もし富士山噴火なら首都機能まひ 政府が被害想定

1: 首都圏の虎 ★ 2020/04/23(木) 03:32:08.61 ID:qywALkst9

富士山が江戸時代と同じような大噴火を起こすと、東京をはじめ首都圏の機能が長期間まひする危険がある――。政府の中央防災会議作業部会は3月末にそんな被害想定をまとめた。火山灰の影響で鉄道や道路などの交通、電気、水道といったインフラが停止。大地震以上の被害につながるかもしれないという指摘だ。

火山の噴火というと、まず連想されるのが赤く焼けた溶岩、そして時速100キロメートルを超えるスピードで山腹を下る…

2020/4/23 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58350930S0A420C2TJN000/?n_cid=SNSTW001



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1587580328/続きを読む

新型コロナ軽症者から感染、収束は困難…結核予防会理事長 桜山豊夫氏

1: ばーど ★ 2020/03/31(火) 06:48:31.33 ID:9QZpefh39

<桜山豊夫氏の目>

ザ・ドリフターズのメンバーでタレントの志村けんさんが29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなった。志村さんの訃報を受け、医師で作家の鎌田實さん(70)が、身近に迫った命の危険について警鐘を鳴らした。東京都結核予防会理事長の桜山豊夫さんも今できる感染防止について緊急提言した。

   ◇   ◇   ◇

日本では幸いにもまだ、武漢やイタリア、スペインのような状況にはなっていません。この疾患の特徴は非常に感染力が強いこと。軽症者や無症状感染者が約8割と言われています。重症患者は2割。うち命に関わるのが5%以下です。

恐ろしいことは恐ろしい。だけど、元気な人は自分が感染してると気が付かないまま治る。軽症者が次から次へと感染させていくので、完璧に収束させるのが難しいです。

対策は長期間にわたることを覚悟した方が良いです。持続可能な感染拡大を防ぐ方策を取らなければいけません。例えば手洗いうがい、マスク、三密を避けることなどがあります。

主な感染形態は、接触感染、飛沫(ひまつ)感染です。小池都知事が発表した週末の外出自粛要請で、ある程度感染拡大を防ぐことはできますが、あまりにも危機感を持たない方々が多すぎることが問題です。

今は、医療体制を守ることが一番の課題です。現在は医療崩壊には至っていませんが、感染爆発の瀬戸際に立っています。ベッド数や、人工呼吸器には限りがあります。きちんとした医療を提供していけば、死亡率は減らせます。

皆さんの手洗いうがいの効果で、今シーズンのインフルエンザ感染者数は減っています。自分の健康を守ることによって、人にうつす可能性が低くなります。努力の積み重ねで、社会を守ることができます。最終的には1人1人が協力することを目指していかないと、長期戦は乗り切れません。(東京都結核予防会理事長)

◆桜山豊夫(さくらやま・とよお) 1952年5月9日生まれ。大学卒業後、公衆衛生を専攻。東京都八王子保健所長、健康安全室長などを歴任。都結核感染症課長時代にはO157対策を担当。09年の新型インフルエンザ発生や、11年の東日本大震災発生の際には福祉保健局技監として対応にあたる。18年より東京都結核予防会理事長。

3/31(火) 5:33
日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-23300641-nksports-soci



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1585604911/続きを読む

日本のコロナの謎、検査不足か健闘か、欧米が注視

1: みつを ★ 2020/03/25(水) 07:14:37.91 ID:x6/Gz7iu9

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032400768&g=int


「日本のコロナの謎」 検査不足か健闘か、欧米注視
2020年03月25日07時08分

 【ベルリン時事】日本の新型コロナウイルスの感染者数が統計上は先進国中で圧倒的に少ないことをめぐり、感染が急増中の欧米のメディアは、日本は検査不足で実態が反映されていないのか、それとも感染抑止で「健闘」しているのか注視し始めた。一方、世界保健機関(WHO)は単純に検査数で是非を判定するのには慎重な姿勢だ。


 独誌ウィルトシャフツウォッヘ(電子版)は21日、「日本のコロナの謎」という記事を掲載。欧州と違い多くの店舗が開いているのに、日本の感染者数は少ないと指摘。検査数の少なさへの批判と、疑いが強い例に絞り効率的に検査をしているとの両論を併記した。

 米通信社ブルームバーグも、検査数の少なさを指摘しつつ、検査数が多いイタリアより致死率が低いことも紹介。握手やハグの少なさ、手洗い習慣などを肯定的な要素として挙げた。

 英オックスフォード大研究者らのデータベース「アワー・ワールド・イン・データ」が不完全としつつ公開している統計によると、英時間20日までの集計では、日本のPCR検査件数は約1万5000件と、韓国の31万件超、イタリアの20万件超と比べて大幅に少ない。

 ただ、WHO幹部のマリア・ファンケルクホーフェ氏は23日の記者会見で、日本の検査数の少なさを問われ、「インフルエンザなど既存の疾患発見の仕組み」が機能しており、新型ウイルス検査の前に別の疾患が判明する場合もあると回答。検査徹底が最重要とする一方、検査数に表れない対策もあるとの認識を示した。



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1585088077/続きを読む

国立感染症研究所が抗議の声明 コロナウイルス検査報道に対して

1: みつを ★ 2020/03/02(月) 05:03:10.86 ID:7kNELojN9

【わざと検査数抑えてません!】国立感染症研究所が抗議の声明 1日

https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2484-idsc/9441-covid14-15.html

新型コロナウイルス感染症の積極的疫学調査に関する報道の事実誤認について


PUBLISHED: 2020年3月01日
市民の皆様へ

新型コロナウイルス感染症の積極的疫学調査に関する報道の事実誤認について
2020年3月1日
国立感染症研究所
所長 脇田隆宇

今般、北海道における新型コロナウイルス感染症に関する一部の報道において、国立感染症研究所(以下、本所)職員の発言趣旨に関して事実と異なる報道がございましたので、ここでご説明いたします。

1.前提:積極的疫学調査について

感染症が流行した際には、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」第15条に基づき、「積極的疫学調査」が実施されます。

「積極的疫学調査とは、感染症などの色々な病気について、発生した集団感染の全体像や病気の特徴などを調べることで、今後の感染拡大防止対策に用いることを目的として行われる調査」です(厚生労働省ホームページより)。

積極的疫学調査は、都道府県・政令市・特別区の業務であるとともに、感染症の発生予防・まん延防止のために緊急の必要がある場合には、国が都道府県等の行う疫学調査について必要な指示を行うとともに、国自らも積極的疫学調査を行うことと定められています。また、地方公共団体等の調査体制を強化し、連携するため、都道府県等は、調査のため他の都道府県等に対して職員の派遣等の協力を求めることができることとなっています。

今般の新型コロナウイルス感染症においても、感染の急速な拡大を防止するために、本所をはじめ、公的な機関の職員らが連携して、全国各地で実施されています。

2.国立感染症研究所の職員による積極的疫学調査について
(リンク先に続きあり)



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1583092990/続きを読む

【コロナ】小規模の集団感染を把握、大規模な感染拡大はまだ認められてはいない。重症者死亡者の発生を食い止める 専門家会議

1: ばーど ★ 2020/02/25(火) 06:45:04.32 ID:Lvo5mduf9

※ソース抜粋

国内の感染状況について、政府の専門家会議は16日に「発生早期」と位置付けていた。基本方針案では「一部で小規模の集団感染が把握されているが、まだ大規模な感染拡大は認められてはいない」との認識を示し、対策の柱に「患者の増加スピードを可能な限り抑制し、流行の規模を抑える」「重症者死亡者の発生を食い止める」を掲げた。

毎日新聞2020年2月24日 21時26分(最終更新 2月24日 22時24分)
https://mainichi.jp/articles/20200224/k00/00m/040/164000c



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1582580704/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!