サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

がん

「液体のり」放射線治療でも期待の星 マウスの実験でがん細胞 ほぼ消失「根治に近いレベルを実現」

1: ばーど ★ 2020/01/23(木) 06:53:00.46 ID:wjJQ54AZ9

がん細胞に薬剤を取り込ませておき、中性子をあててがん細胞を壊す放射線治療で、薬剤に液体のりの主成分を混ぜると治療効果が大幅に高まることを東京工業大のチームが発見し、23日発表した。薬剤が理科の実験でつくったスライムのようになり、がん細胞にとどまりやすくなるらしい。マウスの実験では大腸がんがほぼ消失したという。

この放射線治療は、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)。国内10カ所弱の施設で臨床試験が進んでいる。ホウ素化合物の薬剤を注射してがん細胞に取り込ませておき、外から中性子を照射して破壊する。正常な細胞へのダメージが少ないことから、次世代の放射線治療として期待されている。

「液体のり」を白血病研究に…仰天アイデアなぜ生まれた

しかし、ホウ素化合物ががん細胞から流出しやすいのが課題だった。チームは、ホウ素化合物に液体のりの成分であるポリビニルアルコール(PVA)を混ぜると、スライムをつくるのと同じ原理で分子が長くなることを応用。がん細胞が薬剤を取り込みやすい形にした。

その結果、がん細胞の中に入るホウ素化合物の量は約3倍に。とどまり続ける時間も長くなるのが確認できた。大腸がんのマウスで試したところ、がん細胞がほとんど増えなくなり、「根治に近いレベルを実現」できたという。

東工大の野本貴大助教は「PVAを混ぜるだけなので製造しやすく、実用性は高い。人の臨床応用につなげたい」と話している。

この成果は米科学誌サイエンス・アドバンシズに発表された。(合田禄)

2020年1月23日 4時00分 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASN1Q6GZJN1QULBJ00H.html
no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579729980/続きを読む

【細胞】ヘンリエッタ・ラックス 半世紀以上前に亡くなった女性から無断採取で医学に貢献、遺族に還元ゼロ

1: みつを ★ 2019/12/01(日) 23:15:39.91 ID:3lTeN5LN9

https://www.asahi.com/articles/ASMCV43SWMCVUHBI015.html


利用された細胞 無断採取で医学に貢献、遺族に還元ゼロ
香取啓介2019年12月1日18時00分


 人工的に培養され、無限に増え続ける「不死細胞」ががん治療や製薬などの研究に用いられている。元をたどれば、米国で半世紀以上前に亡くなった女性から採取された細胞だ。現在も世界各地で重宝されているが、価値観や技術の変化に伴う課題もある。


 米首都ワシントンから車で4時間のバージニア州クローバー。舗装道から外れ、雑木林に向かうタイヤのわだちをたどると、視界が開けた。そこには20ほどの墓石が並んでいた。
 「ヘンリエッタ・ラックス(HeLa)、ここに眠る。彼女の不死の細胞は永遠に人類を助け続けることでしょう」
 本をかたどった真新しい墓石には、こう書かれていた。

■埋葬、墓石すらなく
(リンク先に続きあり)



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575209739/続きを読む

「線虫」でがん検査、ついに商用化へ 1万円で来月から

1: 水星虫 ★ 2019/12/18(水) 06:36:04.89 ID:te3JBWHS9

線虫使ったがん検査が実用化

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukuoka/20191217/5010006407.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

すぐれた嗅覚をもつ「線虫」という生物に、ヒトの尿のにおいをかがせて
がんを早期に発見する技術が実用化され、来年から検査を受けることができるようになります。

技術を開発した企業によりますとわずか1滴の尿で検査ができるということで、
がん検診の受診率の向上が期待されています。

技術を開発した東京のベンチャー企業、「HIROTSUバイオサイエンス」が、
17日、福岡県庁に小川知事を訪ね、報告しました。
実用化されるのは、体長1ミリほどの「線虫」と呼ばれる生物を使ってがんを早期に発見する検査技術です。
「線虫」は、目がない代わりに嗅覚が発達していて、がん患者の尿のにおいに集まる特性があります。

技術を開発した東京のベンチャー企業によりますと、この特性を利用してわずか1滴の尿から
ステージ「0」から「1」の早期のがんでもおよそ85%の確率で見つけることができるということです。
1回の検査でかかる費用は1万円ほどで、尿を採取してから結果が出るまでは2週間ほどだということです。

早ければ来年1月から国内の医療機関で検査を受けることができ、
医療機関は今後、企業のホームページで公開するとしています。

「HIROTSUバイオサイエンス」の広津崇亮代表取締役は
「がん検査の受診率の向上にこの新技術が役立つことを期待しています」と話していました。

12/17 21:03



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576618564/続きを読む

伝染性のがん、世界各地のムール貝で見つかる

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2019/11/27(水) 00:52:20.64 ID:QxwSMI9W9

■北米、南米やヨーロッパにも、複数種のムール貝に同じがんを発見、最新研究

はるか昔、北半球のどこかで、ムール貝の仲間であるキタノムラサキイガイ(Mytilus trossulus)が、白血病に似たがんにかかった。たった一つの細胞の変異から始まったがんは、増殖を繰り返し、貝類の血液にあたる血リンパに乗って体中に広がった。

 ここで意外なことが起こった。どういうわけか、がんが水を伝って他のキタノムラサキイガイに感染したのだ。新たな宿主の中でさらに増殖を繰り返したがん細胞は、次々と他の貝へ感染していった。

 さらに不思議なことに、がんの広がりはキタノムラサキイガイにとどまらなかった。フランスなどに生息するヨーロッパイガイ(Mytilus edulis)と、チリやアルゼンチンに生息するチリイガイ(Mytilus chilensis)の2種でも同じがんが発見されたのだ。この2種の生息域は、互いに地球の反対側と言っていいほど遠く離れている。

 この発見は、2019年11月5日付けで学術誌「eLife」に発表された。伝染性のがんに関する研究は近年増えており、今回の論文もその一つだ。

「別の2種に伝染していたのは、なかなか驚きです」と話すのは、英ケンブリッジ大学で伝染性がんを研究するエリザベス・マーチソン氏だ。「同時に、危機感を抱かせる成果でもあります」。生態的な危機であると同時に、ムール貝は世界各国で好まれる食材だからだ。ただし、がんにかかった貝を食べると、人の健康に影響が及ぶという証拠は存在しない。

■伝染するがんが見つかる

 伝染性のがんの存在が確認されたのは、ここ数十年のこと。2種の陸生動物で見つかったのが最初だ。

 1つは、オーストラリアの絶滅危惧種タスマニアデビルにまん延する「デビル顔面腫瘍性疾患」。2006年に、これが伝染性のがんだとわかった。お互いの顔を噛むという、彼らにとってごく一般的な行動によって感染する。この疾患と、さらに別のよく似た伝染性がんによって、80%以上の個体が亡くなり、深刻な絶滅の危機に直面した。(参考記事:「絶滅危機のタスマニアデビル、「死の病」克服の兆し」)

 同じく2006年には、イヌがかかる「可移植性性器腫瘍(CTVT)」が、伝染性のがんだと確認された。他の伝染性がんと同じように、この疾患のがん細胞はすべてクローンであり、その起源は1万1000年前に生きていた1頭のイヌだという。

no title


https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/111200655/?rss



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1574783540/続きを読む

がんゲノム医療 6月1日から保険適用に 当初は年間1万人程度が見込まれる

1: 孤高の旅人 ★ 2019/05/30(木) 03:07:57.11 ID:Tw38fWTe9

がんゲノム医療 6月1日から保険適用に
5/29(水) 10:58配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000024-mai-soci

 厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)は29日、がん患者の遺伝子変異を解析して効果的な治療薬を選ぶ「がんゲノム医療」に必要な「遺伝子パネル検査」について、公的医療保険の適用を了承した。6月1日から保険が使えるようになる。1回当たりの費用は56万円。対象となるのは、手術や放射線治療などで効果がなかった患者らで、保険適用当初は年間1万人程度が見込まれる。



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1559153277/続きを読む

ノーベル賞の本庶教授、対価めぐり小野薬品工業と対立 がん免疫治療薬「オプジーボ」

1: しじみ ★ 2019/04/19(金) 20:22:46.00 ID:CAP_USER

 がん免疫治療薬「オプジーボ」につながる研究で2018年にノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授と、薬を販売する小野薬品工業が、特許の対価をめぐって対立している。隔たりはなぜ生まれたのか。

 本庶さんは10日、京都大で会見を開き、対価をめぐる交渉の詳細を初めて明らかにした。「公正な産学連携のモデルをつくらないと日本のライフサイエンスがだめになる。若い研究者がやる気を失ってしまう」

 本庶さんは1992年、免疫のブレーキ役となる分子「PD―1」を突き止め、その後、がん免疫治療に応用できる可能性を示した。この成果を元に03年、小野薬品と共同で特許出願した。

 その後、同社は米製薬大手ブリストル・マイヤーズスクイブとオプジーボを共同開発。米調査会社によると、同様の薬も含めた市場規模は世界で17年に1・2兆円まで成長。24年に4・5兆円と予測されるほど、がん治療を大きく変えた。

 だが、本庶さんは当初の契約の説明が不十分だったとし、対価を受け取っていない。代理人弁護士によると、小野薬品は06年の契約に基づき、本庶さんへの対価約26億円を法務局に供託したが、宙に浮いたままだ。

 代理人は①小野薬品の売り上げ②ブリストルから入る権利使用料③同様の薬を開発した別企業から入る使用料、の3種類のお金の一部を本庶さんが受け取るべきだと主張。本庶さんへの対価を仮に試算すると、現時点で約830億円になるとし、「今後さらに増える」と強調する。対価の一部は若手研究者を支援する基金に投じる予定だ。

 本庶さんは当初の契約に自ら署名しており、「裁判で契約を覆すのは難しい」(特許法の専門家)とみられる。そのため、代理人は「社会の声を聞きながら進めたい」と話し、世論を味方につけたい考えだ。

 だが、小野薬品も、がん免疫治療の有効性が確立していなかった段階で、オプジーボ製品化に数百億円を投資。契約にないお金を支払うことを株主に説明するのは難しい状況にある。広報担当者は「(本庶さんの主張と)乖離(かいり)が大きく、話し合いを続けていく」という。

 一方、巨額の対価を得た研究者もいる。15年にノーベル医学生理学賞を受賞した大村智・北里大特別栄誉教授は、家畜用に普及した抗寄生虫薬イベルメクチンの開発に貢献。得た対価は200億円以上になる。

 12年にiPS細胞でノーベル医学生理学賞を受賞した京都大の山中伸弥教授は大学の支援で、iPS細胞作製法の多くをカバーする特許を成立させた。山中さんはiPS細胞普及のため料金は安くする方針だが、権利使用料の一部を受け取る決まりになっている。

no title


朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM4F0BRCM4DPLBJ00M.html



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1555672966/続きを読む

アルコールとがんの関係性は? 最新の研究でわかったこと

1: しじみ ★ 2018/01/04(木) 18:53:41.22 ID:CAP_USER

〈アルコールとがんの関係性〉

ハンク・グリーン氏 最近の健康に関するニュースに注目していれば、アメリカ臨床腫瘍学会が、
アルコールとがんに関する公式声明を発表したことをご存知かもしれません。
見出しの中には、「健康を気にするのであれば今すぐにでも飲酒をやめるべきだ」というようなものもありますが、
そんなに極端なものではありませんし、これらはあまり新しい情報というわけでもありません。
基本的に、その発表は過度のアルコールは長期的に見て、健康に悪いという証拠が増えてきたことを報告し、
かなり筋が通っているように思えます。そして、もっと明確に言えば、たまに冷たいビールを友人と飲むくらいであれば、
慌てる必要はないのです。

科学者たちは、長年にわたってがんに関する危険要因を研究してきました。
そして、科学的声明は単に専門家のグループが多くの研究を集めて、より深い研究に役立つ疑問を指摘しながら、
概要を公表したということなのです。
アメリカ臨床腫瘍学会はこの勧告をするのに、 多くのメタ分析や統合分析を含む何十年にも及ぶがん研究のデータを使いました。

これらは、研究者が症例研究や実験研究などのような他の論文の結果を用い、傾向を探し出すために、
そのデータを統計的モデルに当てはめたものです。
例えば2007年には、研究者はアルコール摂取は口や食道などの部分のがんの重大な要因であることを発見しました。
この発見は2009年の世界保健機関の支部によって裏付けられました。
肝臓がんと大量のアルコールは強い結びつきがあると、2014年の世界がん研究基金のレポートで立証されています。
そして、2017年の概要では更年期障害の前の乳がんの危険性は、1日1杯の飲酒で5パーセントほど高まると言われています。
これらは研究の一部の例です。

問題は、飲酒したときに体がそのアルコールをどうするかということです。
エタノールはアセトアルデヒドと呼ばれる分子に変わり、それがDNAに影響して、
細胞を突然変異させて癌を引き起こします。

ネズミなどによる動物実験ではこの仮説も立証されていて、
動物はエタノールやアセトアルデヒトの入った水を飲むと腫瘍を生じる傾向にあります。
これらの多くの報告は、一夜の外出で4杯か5杯以上を摂取する過度の飲酒や大量飲酒に対する証拠を提示し、
どのような種類のアルコールでも、この危険性は高まります。
しかし、この発表が非常に明確であるにもかかわらず、全体像は複雑なものになっています。
私たちはいまだに、どれくらいの量のアルコール摂取が単独でがんの危険性に影響するのかを解明できていないのです。
喫煙や人が飲酒する量は社会学的な要因にさえ影響されています。
ですから、この発表は私たちの知識には多くの空白があり、
もっと研究をすることでのみで補えるということを指摘しています。
しかし、今のところは、がんに結びついているベーコンや他の食べ物の危険性を理解した上で、
ただ、賢明な選択をして生活しなければならないことがおわかりでしょう。

続きはソースで

関連動画(英語)
Should You Worry About Alcohol Causing Cancer? https://youtu.be/D7SieWV78Zg



ログミー
http://logmi.jp/257387


続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!