サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

はやぶさ

はやぶさ2、カプセル内から”ガス”回収 有機物採取に期待が高まる

1: あずささん ★ 2020/12/07(月) 18:51:59.14 ID:v8AWbQR49

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日、探査機「はやぶさ2」がオーストラリア南部の砂漠に着陸させた小惑星リュウグウの試料が入ったとみられるカプセルから、ガスを回収したと発表した。岩石の破片などの試料から生じた可能性があり、リュウグウでの試料採取が成功した公算が大きくなった。

AXAの現地チームが日本時間7日午前、カプセルに針状の装置を刺して回収した。簡易分析を行ったが、ガスの量や成分は明らかにしていない。岩石の破片などが入っているかどうかも公表していない。

リュウグウは約46億年前に太陽系が誕生した頃、惑星に成長できなかった小天体の残骸で、生命をつくる材料である有機物や水を多く含むとみられる。有機物はガスを発生させるため、生命の成り立ちの解明につながる有機物が採取できた可能性も高まった。

カプセルは7日夜、チャーター機でオーストラリアを出発、8日に相模原市のJAXA宇宙科学研究所に到着する。その後は地球の大気に触れない厳重な密閉装置内で開封し、試料の有無を確認。入っていれば現地で採取したガスとともに詳細な分析を行う。

ソース/産経新聞社
https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/201207/lif20120717310028-n1.html



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1607334719/続きを読む

【JAXA】はやぶさ2のカプセル地球帰還が正式決定、12月6日豪州に着陸。本体は次の探査へ

1: 記憶たどり。 ★ 2020/08/19(水) 11:39:55.17 ID:Lf2wZYQx9

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/19/news076.html

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8月19日、小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載したカプセルの
地球帰還について、着陸予定地を管轄する豪州政府から着陸許可が発行されたと発表した。
許可の発行は8月6日で、10日に連絡を受けたという。

これにより、はやぶさ2のカプセルが今年12月6日、豪州ウーメラ立入制限区域に着陸することが正式に決まった。

はやぶさ2は同日、地球の上空(200キロ以上)に到達し、カプセルを分離した後、本体は新たな探査に向かう予定だ。

はやぶさ2は4月、リュウグウの表面に金属の塊をぶつけ、人工クレーターを作成。
その際に舞い上がった物質をカプセルに収納しており、何らかの物質が採取できたとみられている。

JAXAの山川宏理事長は「12月の回収ミッション成功に向け、より一層豪州との連携を深めながら、準備を進めていく」
とコメントしている。

no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1597804795/続きを読む

はやぶさ2、小惑星での任務終了 近く地球へ向け出発予定

1: ガーディス ★ 2019/10/28(月) 18:02:30.55 ID:t1iFAing9

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、探査機はやぶさ2が3日未明に小惑星りゅうぐう表面に向かって放出した小型ロボット「ミネルバ2」が狙い通りに着陸したと発表した。落下時の様子から小惑星の重力の分布を調べる。はやぶさ2は小惑星での任務を全て終え、予定通り11~12月にりゅうぐうを離れる。

 出発日について、プロジェクト広報担当の久保田孝教授は「全ての任務をやり遂げたと思うが、やり残したことがないかを最終確認して決めたい」と話した。

 りゅうぐうの高度1キロで放出されたミネルバ2は約22時間で小惑星を1周弱して表面に落ちたとみられる。
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019102801002070.html



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1572253350/
続きを読む

JAXA、はやぶさ2 タッチダウン直後の画像を公開

1: しじみ ★ 2019/02/22(金) 15:01:29.40 ID:CAP_USER

■小惑星探査機「はやぶさ2」第1回目タッチダウン成功について

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ2」を小惑星Ryugu(リュウグウ)へ接地(タッチダウン)させ、リュウグウの試料を採取する運用を実施しました。

 「はやぶさ2」から送られてきたデータを確認した結果、サンプル採取のためのプロジェクタイル(弾丸)の発射を含む「はやぶさ2」のタッチダウンのためのシーケンスが実施されたことが確認できました。「はやぶさ2」の状態は正常であり、今般、リュウグウへのタッチダウンを成功させることができました。

no title


http://www.jaxa.jp/press/2019/02/20190222a_j.html



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1550815289/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!