サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

アメリカ

トランプ政権、コロナ治療薬米国内で大量生産へ 米社と3.5億ドル契約

1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/05/20(水) 02:15:45.51 ID:M2+eYqp79

5/20(水) 2:06
ロイター

トランプ政権、コロナ治療薬国内生産へ 米社と3.5億ドル契約
トランプ米政権は新型コロナウイルス感染症の治療薬などのほか、供給が不足している一部医薬品の国内生産に向け、米バージニア州に本社を置くフロウに4年間で3億5400万ドル支払う契約を締結した(2020年 ロイター/LEAH MILLIS)
[19日 ロイター] - トランプ米政権は新型コロナウイルス感染症の治療薬などのほか、供給が不足している一部医薬品の国内生産に向け、米バージニア州に本社を置くフロウ(Phlow Corp)に4年間で3億5400万ドル支払う契約を締結した。

フロウは新型ウイルス感染症(COVID-19)の治療に使われる20種類以上の医薬品のほか、医薬品の原料物質の生産をすでに開始。トランプ政権は医薬品の外国への依存度低下を進めているが、今回の契約はこうした動きの一環となる。

トランプ政権で通商政策を担当するナバロ大統領補佐官は声明で「最も重要な医薬品、および医薬品の有効成分について、米国は長きにわたり外国の製薬会社と供給網に依存してきた。これにより、米国の医療保健、安全、国家安全保障は深刻なリスクにさらされている」とした。

政府との契約により、フロウは新型ウイルス感染症患者の治療に利用される主要医薬品のジェネリック(後発薬)5種類について、160万回の処方分を直ちに国家戦略備蓄に供給できるようになった。

フロウはシビカRx、アムパック・ファイン・ケミカルズ、メディシンズ・フォー・オール・インスティチュートなどと提携して医薬品を製造。製造は全て国内で行う。

フロウはこのほか、重要医薬品の国内生産に向け、主要な有効成分の長期的な国内備蓄を構築していることも明らかにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-00000010-reut-asia



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1589908545/続きを読む

新型コロナ、世界の感染者500万人超に 5月21日は増加数過去最多

1: 夜のけいちゃん ★ 2020/05/21(木) 22:37:27.30 ID:4A/idH609

 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によると、新型コロナウイルスの世界の感染者が日本時間21日、累計500万人を超えた。

 世界保健機関(WHO)によると、過去24時間での増加数は10万人超と過去最多を記録。欧米で勢いが鈍化する中、中南米で深刻化している。

 4月初めに100万人に達した世界の感染者は、1カ月半余りで5倍に膨れ上がった。米国(約155万人)が最も多く、ロシア(約31万人)、ブラジル(約29万人)、英国(約25万人)と続く。スペイン、イタリアも20万人台に上る。

 世界の死者は32万8000人超。国別で米(約9万3000人)、英(約3万6000人)、イタリア(約3万2000人)の順に多い。


5/21(木) 11:16配信
ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/c52cea2a329b9e292afd420d978dcfaaa2d4f017



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590068247/続きを読む

米国民の25%、新型コロナワクチンに無関心 安全に懸念

1: 首都圏の虎 ★ 2020/05/22(金) 02:21:58.49 ID:/FeTo4829

調査は5月13─19日

[21日 ロイター] - ロイター/イプソスが21日に公表した調査によると、約4分の1の米国民が新型コロナウイルスのワクチン接種に興味を持っていない。かつてないほどの速さで開発が進んでいることで安全性が問われるとの不安の声もあった。

医療専門家が通常の生活に戻るためにはワクチンが必要と唱える中、調査はトランプ政権に対する不信感がある可能性を示唆する。トランプ政権は既に、新型ウイルスのパンデミック(世界的大流行)中の安全指導が矛盾することが多いとの批判を浴びている。

回答者の36%は、トランプ米大統領がワクチンが安全と述べた場合、「ワクチンを接種する気がなくなる」とした。「接種する気になる」との回答者は14%だった。調査は5月13─19日に実施し、米国の成人4428人が回答した。

大半の回答者は 米食品医薬品局(FDA)による指導や、ワクチンの安全性を示す大規模な科学的調査があれば考えが大きく影響されると述べた。

ワクチンに「非常に」もしくは「いくぶん」興味を持っているとの回答は3分の2を下回った。新型ウイルスの関心の高さや、米国だけで9万2000人超が死亡したことを踏まえると、興味を持っている人はもっと多いと予想していたと専門家は言う。

米バンダービルト大学医療センターのウィリアム・シャフナー教授(予防医学・感染症)は「新型ウイルスの注目度を踏まえると、予想より少し少ない」と述べる。「75%辺りとみていた」と語った。

14%がワクチン接種に「全く興味」がないと回答。10%は「あまり興味がない」とした。11%は「分からない」と答えた。

専門家は、ワクチン接種もしくは以前の感染により最低70%の米国民が免疫を持っていない限り、いわゆる「集団免疫」を獲得することはできないとしている。集団免疫は、ウイルスに対する抗体を持った人が増え感染が拡大しにくくなる状態を指す。

トランプ大統領は年末までにワクチンを開発すると公約している。ワクチンを開発し、安全性や効果を確かめるためには通常10年以上かかる。多くの専門家は完全に試験を終え政府が承認したワクチンが広く接種可能になるのは早くとも21年半ばとみている。

世界中で100以上のワクチン候補が開発段階にある。臨床試験を開始しているものもある。バイオ医薬大手の米モデルナ(MRNA.O)は今週初め、新型ウイルスワクチンが参加者8人という小規模な初期段階の治験で有望な結果を示したと発表した。

ワクチンにあまり興味がない、もしくは全く興味がないとした回答者のうち半分近くが、開発の速さを不安視していると述べた。40%超が、新型ウイルス感染症よりもワクチンの方がリスクが高いとの見方を示した。

トランプ政権はワクチンの開発を「ワープ・スピード(超高速)作戦」と名付けている。政権が開発の速さを重視していることで安全性が犠牲になっているとの不安が漂っている可能性があると専門家は指摘する。

調査からは、パンデミックの見解について国が二極化していることが浮き彫りとなった。ワクチンに興味がないと回答した共和党派は5分の1近くと、民主党派の2倍以上に上った。共和党のトランプ大統領は危機のさなか、矛盾するメッセージを発信してきた。パンデミックの深刻さを軽視し、自身の政権が出した外出自粛勧告に対する抗議活動をあおる局面もあった。

トップニュース2020年5月22日 / 02:07 / 13分前更新
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-vaccine-poll-idJPKBN22X2A2?il=0



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590081718/続きを読む

新型コロナワクチン、米ファイザーが秋にも拡大治験へ

1: 太郎 ★ 2020/04/29(水) 07:35:44.51 ID:P5OF3jdv9

米製薬大手ファイザー(PFE.N)は28日、開発中の新型コロナウイルスワクチン候補薬について、10月までに拡大臨床試験に移行する見通しだと明らかにした。
(中略)
ファイザーはバイオ医薬ベンチャーの独ビオンテック(22UAy.F)と共同で新型コロナワクチンの開発を行っているが、秋までに緊急的な使用や認可加速が可能になる拡大臨床試験に移行する見込みだと表明。
ただ、専門家はワクチンの安全性や効果が判明するには1年以上かかるとしている。

https://jp.reuters.com/article/amp/idJPKCN22A34V



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1588113344/続きを読む

【悲報】世界最強アメリカCDC、コロナ封じ込め失敗

1: nita ★ 2020/04/14(火) 06:23:38.45 ID:Z+jTgArO9

4/14(火) 5:00配信
朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスの被害で、米国は感染者、死者の数で世界最悪になった。疾病対策センター(CDC)による封じ込めは失敗し、収束の兆しは見えない。「世界最強」と言われたCDCに何が起きたのか。

 「へき地の村から始まったアウトブレーク(疾病の発生)が、36時間であらゆる大陸の大都市に届いて、世界危機を引き起こすことだってある。国境を越えなくても米国の経済に打撃を与える」

 米疾病対策センター(CDC、本部ジョージア州アトランタ)で世界保健担当上級顧問だったジョーダン・タッペロ氏が2017年に記した言葉だ。

 感染症対策の世界で「世界最強」の機関とされるCDCは、「国境に到達する前に疾病と闘う」ことを21世紀の使命の一つに掲げる。全米と世界各地に医師や研究者など1万4千人以上の職員を抱え、「米国の安全保障のため、世界中の新たな病原体や疾病に立ち向かう」としている。

以下略 続きはソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-00000004-asahi-sctch



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1586813018/続きを読む

米国立感染症研究所の所長ファウチ博士が語る、新型コロナが「史上最悪」の伝染病である理由

1: ごまカンパチ ★ 2020/04/03(金) 07:48:55.36 ID:IFyrn7oa9

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200402-00033562-rolling-ent
 米国立アレルギー・感染症研究所所長のアンソニー・ファウチ博士が、2020年3月26日、コメディアンのトレバー・ノアがホストを務めるテレビ番組
『The Daily Home Distancing Show』に出演し、コロナウイルスとその感染方法にまつわる誤解について解説した。

インタビューの冒頭でファウチ所長は、彼自身がこれまで経験してきたあらゆる医療的な緊急事態と今回のCOVID-19との違いと、
彼が日々取り組んでいる伝染病との共通点について説明した。
「(COVID-19は)呼吸器の疾患で人から人へ感染しやすく、罹患率も致死率も高い。不幸なことに同種のウイルスの中でも史上最悪な部類に入る」。

ファウチ所長曰く、コロナウイルスは感染拡大しやすく「知らない間に進行する」ウイルスのため、人との距離を取り(ソーシャル・ディスタンシング)、
こまめに手を洗い、頻繁に触れる場所を消毒することの重要性を繰り返し主張した。
さらに所長が強調したのは、梱包材やパッケージは問題ないということ。
つまりそれらの表面でウイルスはそう長く生存しないようなので、スーパーで中国製品に触れても心配する必要がない、ということだ。

その他にファウチ所長は、最近ドナルド・トランプ大統領が強調している(所長自身は具体的に大統領を名指しした訳ではない)、危険性を含んだ2つの問題を挙げた。
まずはコロナウイルスに有効とされる治療の話で、例えばトランプはマラリア治療薬のクロロキンをさかんに勧めたものの、多くの科学者は屈辱的な気持ちでその様子を見ていた。
もうひとつは、パンデミックの状況を見直して15日以内に国民を通常の生活に戻そうとしている点だ(トランプ大統領は、4月12日のイースターまでに経済活動を再開させたいとしている)。

ファウチ所長によると、今のところ「コロナウイルスに対する安全、効果的かつ直接的な治療方法はない」といい、
クロロキンなどの薬が効くなどという都市伝説だけが独り歩きしていると警告した(所長は、効果的な治療方法を見出すためのさまざまな試みが今正に実施されている点を指摘している)。

今後の展開についてファウチ所長は、伝染病次第だと述べている。
「2週間経過すればOKだという声も聞かれるが、実際は感染拡大の速度論の問題だ」といい、
「ひとつのサイクルを経験した他国の状況を見てみると、例えば中国では上昇して下降に向かうまでに8週間かかっている」と加えた。

インタビューの最後に所長は、米国政府と役所が力を合わせてパンデミックを乗り越えるためのさまざまな道がある、と指摘した。
「国や地方レベルでさまざまな取組が実施されている。米国が上手く機能していることの現れだ。連邦政府はまとめ役、サプライヤー、サポーターとして
物ごとを推進していくべきだ。そうすれば、当初からこれまで上手くできていなかった点を補えるだろう。まとめ役としての連邦政府と、
現場で実際に行動するサポーターとの、国と地方レベルでの緊密な連携が最も重要だ」。



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1585867735/続きを読む

新型コロナワクチン開発最前線、Covid-19の抗体治療の進捗を発表:米国

1: 猪木いっぱい ★ 2020/03/26(木) 02:04:54.08 ID:1UH0tev49

Vir Biotechnologyは水曜日に、臨床検査により、2種類の抗体薬がCovid-19を引き起こすコロナウイルスを中和するようであり、ヒトでの検査を追求すると発表した。

同社によると、医薬品の人間による試験は3~5か月で開始され、抗コロナウイルス抗体を生産するための他の2つの取り組みとほぼ一致するとしている。

ニューヨーク州タリータウンに拠点を置くRegeneronは、その抗体は初夏までに試験に入る可能性があり、その治療法は、それが効果的であることが証明されれば、秋には一部の用途に利用できる可能性があると述べています。

バンクーバーのバイオテクノロジーであるAbCelleraで抗SARS-CoV-2抗体を開発しているEli Lilly氏は、4か月以内に人体試験を開始することを望んでいると語った。

「この病気を止めるには、予防と治療のアプローチを組み合わせる必要があります」とVirのCEO、ジョージ・スキャンゴスは声明で述べた。

「Virでは、既存の抗体プラットフォームがCOVID-19に対抗する絶好のスタートを切ってくれたことを幸運に思います。また、複数のアプローチに取り組むための社内およびパートナーの機能があります。」

Virは、Scangosが以前にCEOを務めたバイオテクノロジー企業Biogen、マサチューセッツ州ケンブリッジ、および中国を拠点とする製造組織であるWuxi Biologicsと協力しています。

抗体は、製薬会社が病気の治療法として兵器化することを学んだ免疫システムの一部です。

SARS-CoV-2に対する抗体薬は、非常に重篤な患者の感染を治療するか、感染を予防する可能性があります。これは、研究者がCovid-19に対して試みている多くの手法の1つです。

VirはRegeneronとは少し異なるアプローチを取っています。Regeneronは2つの抗体を一緒に使用することを選択する予定ですが、Virは単一の抗体を選択しました。しかし、Virは2つの異なる方法でそれを変更し、結果として得られた2つの実験薬を並行してテストしています。

最初の変更により、抗体が体内でより長く持続するはずであり、両方の候補に対して行われています。

2つ目は、動物モデルでは、ワクチンと同様に、長期的な免疫につながる可能性のある白血球の長期的な生成につながります。

これが効果的であることが判明した場合、抗体を使用して感染を防ぐことができます。

Vir氏はまた、異なる働きをする他の抗体も特定しているため、テスト対象の2つの抗体と組み合わせることができると述べています。そして、血液中の抗体やSARS-CoV-2を生き延びた患者を探し続けています。

google翻訳
https://www.statnews.com/2020/03/25/vir-biotechnology-reports-early-progress-in-antibody-treatment-for-covid-19/
SARS-COV-2ウイルスに感染したアポトーシス細胞のカラー走査電子顕微鏡写真。
no title


15: 名無しさん@1周年 2020/03/26(木) 02:16:58.93 ID:0O4WbIRl0

>>1
治療薬
https://answers.ten-navi.com/pharmanews/17853/

米国の臨床試験登録サイト「CrinicalTrials.gov」や中国の同「Chinese Clinical Trial Registry(ChiCTR)」によると、現在、COVID-19を対象に世界で臨床試験が行われているのは、▽抗ウイルス薬レムデシビル(米ギリアド・サイエンシズ)▽抗HIV薬ロピナビル/リトナビル配合剤(米アッヴィの「カレトラ」)▽抗インフルエンザウイルス薬ファビピラビル(富士フイルム富山化学の「アビガン」)――など。

国内でもこれら3種類の薬剤を投与する観察研究が国立国際医療研究センターを中心に行われているほか、▽喘息治療薬シクレソニド(帝人ファーマの「オルベスコ」)▽皮膚エリテマトーデス/全身性エリテマトーデス治療薬ヒドロキシクロロキン(仏サノフィの「プラニケル」)▽膵炎治療薬ナファモスタット(日医工の「フサン」など)――なども治療薬の候補に挙がっています。

レムデシビル(米ギリアド)
ギリアドは2月26日、COVID-19を対象にレムデシビルの臨床第3相(P3)試験を始めると発表しました。試験は、重症患者400人を対象としたものと、中等症患者600人を対象としたものの2本で、日本を含むアジアを中心に診断例が多い世界各国の医療機関が参加。いずれも、レムデシビルを5日間または10日間、静脈内投与し、発熱と酸素飽和度を指標として有効性を評価します。

レムデシビルはすでに、中国(中日友好医院主導)と米国(国立アレルギー・感染症研究所=NIAID主導)で臨床試験が始まっており、ギリアドによる企業治験はこれらの試験データを補完するものになるとみられています。中国での試験は4月に結果が得られる見通しです。

レムデシビルはもともと、エボラ出血熱の治療薬として開発されていた核酸アナログ。これまでの研究では、コロナウイルスが引き起こすMERS(中東呼吸器症候群)やSARS(重症急性呼吸器症候群)への効果が示唆されており、ギリアドは2月3日に発表した声明で「今回の新型コロナウイルス以外のコロナウイルスで得られているデータは希望を与える内容だ」としています。

ロピナビル/リトナビル配合剤(米アッヴィの「カレトラ」)
ロピナビルはウイルスの増殖を抑えるプロテアーゼ阻害薬で、リトナビルはその血中濃度を保ち、効果を増強する役割を果たします。これらの配合剤であるカレトラは、日本では2000年にHIV感染症に対する治療薬として承認されています。

In vitroや動物モデルを使った研究でMERSへの有効性が示されており、COVID-19に対してもバーチャルスクリーニングで有効である可能性が示唆されています。CrinicalTrials.govによると、COVID-19患者にロピナビル/リトナビルを投与する複数の臨床試験が中国で実施中です。

ファビピラビル(富士フイルム富山化学の「アビガン」)
ファビピラビルは2014年に日本で承認された抗インフルエンザウイルス薬。新型インフルエンザが発生した場合にしか使用できないため、市場には流通していませんが、新型インフルエンザに備えて国が200万人分を備蓄しています。



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1585155894/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!