サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

アルミニウム

天然の青色食用色素が発見される キャベツのアントシアニン由来

1: ぐれ ★ 2021/04/14(水) 05:10:31.54 ID:bUQ8mFHK9

※Newsweek 2021年4月13日(火)18時20分

<米カリフォルニア大学デービス校、名古屋大学などの研究によって、安定的に青を発色する天然色素が発見された......>

食品着色料は、食品や医薬品、化粧品の分野で広く用いられてきた。近年は、健康への影響のおそれや製造工程での持続可能性などの観点から、化学的に合成された「合成着色料」に代わって、植物の花や葉、実など、自然界にある物質を原料とする「天然着色料」への需要が高まっており、その市場規模は2027年までに32億ドル(約3520億円)に達すると予測されている。

とりわけ、青色着色料は、黄色と混ぜて緑にするなど、調色において重要な色素だ。しかし、安定的に青を発色する天然色素はこれまで見つかっておらず、現時点では、食用タール色素「青色1号」が主に使用されている。

赤キャベツのアントシアニンに含まれる青色の天然着色料を発見
米カリフォルニア大学デービス校、米菓子メーカー大手マースリグレー、仏アヴィニョン大学、名古屋大学らの国際研究チームは、10年にわたる研究期間を経て、赤キャベツのアントシアニンに含まれる青色の天然着色料を発見し、2021年4月7日、オープンアクセス科学ジャーナル「サイエンス・アドバンシス」でその研究成果を発表した。

赤キャベツの色素は10種以上のアントシアニンからなり、現在、赤や紫の天然着色料として広く用いられている。研究チームは、これらのアントシアニンを単離し、それぞれに金属イオンを加えて発色と安定性を調べた。その結果、「P2」と名付けたアントシアニンにアルミニウムイオンを加えると、青色1号とほぼ同じ色を示し、安定であることがわかった。アルミニウムイオン1個の周りに「P2」の分子3個が集まるプロペラのような構造になると、鮮やかな青が発色するという。

「P2」は、赤キャベツに含まれるアントシアニン全体のわずか5%未満にすぎない。そこで、研究チームは、赤キャベツに含まれる他のアントシアニンを青色の化合物に変換する方法を考案。「特定の酵素にさらすことで、赤みをもたらすアントシアニンが『P2』のように青くなるのではないか」との仮説を立て、膨大なタンパク質配列を検索し、赤キャベツに含まれるアントシアニン「P6」、「P7」、「P8」を「P2」に変換する酵素を特定した。

保存安定性も優れていた
さらに研究チームは、この酵素を改変し、「P2」への変換をより効率的に促すことにも成功している。酵素によって変換した色素をアイスクリームやチョコレートのコーティングに用いたところ、青色1号と同様の色が得られ、保存安定性も優れていた。

研究論文の責任著者でカリフォルニア大学デービス校のジャスティン・シーゲル准教授と筆頭著者で同校の修士課程に在籍するパメラ・デニシュ研究員は、スタートアップ企業「ピークB」を創設し、今後、この技術の実用化をすすめていく方針だ。



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1618344631/続きを読む

ネコ用アルミホイル、爆誕

1: 風吹けば名無し 2020/09/27(日) 01:21:13.31 ID:xuSsdgIl0

no title


ええんか…


2: 風吹けば名無し 2020/09/27(日) 01:21:26.86 ID:xuSsdgIl0

no title


131: 風吹けば名無し 2020/09/27(日) 01:34:47.14 ID:MdkTjYuGa

>>2
かわヨ



引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1601137273/続きを読む

エジプトで発見された隕石「ヒュパティア」、太陽系内に存在しない化学組成だった

1: しじみ ★ 2018/01/13(土) 20:07:06.14 ID:CAP_USER

エジプト南部で1996年に発掘された隕石に関する最新の研究結果が公表されているのですが、
この隕石、地球外から来たことは明らかなのですが、なんとこれまで人類が発見してきた隕石や
小惑星のどれとも組成が大きく異なっていることが明らかになりました。

通常の隕石の多くは大部分が珪素で多少の炭素を含むという、地球の組成に似た組成を持っているのですが、
「ヒュパティア」と名付けられたこの隕石はまったく真逆でした。

ヒュパティアは極めて多くの炭素化合物を含んでおり、
それらのほぼ全てがミクロサイズのダイヤモンドでした。
また、炭素化合物の一部は多環芳香族炭化水素という宇宙塵の主成分が含まれており、
純粋なアルミニウムまで含まれていたのです。

研究の主筆者であるヨハネスブルク大学のGeorgy Belyanin博士は
「化合物ではなく純粋な金属の形でアルミニウムが含まれてた。
これまでに金がこのような形で隕石から発見されたことはあるが、アルミニウムは一度もなかった。
人類の科学が知る限り、これは地上でも太陽系内でも極めて起こりえないことだ」としています。

これに加えて隕石にしか見られないモアッサン石が予期せぬ形状で発見され、
微量の鉄が結びついたニッケルリンというこれまで地球上で見つかったことのない物質も発見されています。
これらの事からヒュパティアは私たちの住む太陽系の構成物とは考えにくく、
太陽系の起源を知るための大きな手がかりとなるとも考えられています。

研究を主導するJan Kramers教授によると「ヒュパティアは-196度以下の極低温下で生成されたと考えられる」とのこと。
教授は「私たちは太陽系を離れた外宇宙の物質の化学組成についてはほとんど知らない。

今後の研究はヒュパティアがどこから来たのかを探ることだ」としています。
去年は太陽系外からの天体オウムアムアが人類史上初めて観測されたことが大きな話題となりましたが、
もしかするとこのヒュパティアもそうした外宇宙からの訪問者なのかもしれません。
だとすれば人類史上に残る大発見ということになります。

ちなみにこの隕石の名前の由来となったヒュパティアは3~4世紀にエジプトのアレクサンドリアで哲学者、
数学者、天文学者として活躍した女性の名前。
彼女はアレクサンドリアの新プラトン主義哲学校の校長となった人物なのですが、
415年にローマ皇帝テオドシウス1世の異教徒・異端派の迫害方針の下、
アレクサンドリア総司教キュリロスの部下の修道士らの手によって学園に向かう馬車から引きずり下ろされて裸にされ、
生きたまま牡蠣の貝殻で肉を骨から削ぎ落とされて惨殺された後に焼却されました。

関連ソース画像
no title


livedoorニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14148417/


続きを読む

引きこもりの兄がついに自室の壁にアルミホイル貼り始めて草

1: 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 21:04:54.53 ID:9Xv5bChS0

いや草じゃないわ
おそろしいわこんなん


IMG_12

続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!