サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

イギリス

英国UCL、200個近いコロナウイルスの突然変異を発見

1: サンダージョー ★ 2020/05/07(木) 06:02:49.03 ID:HexzTnnO9

2020年05月07日 03:05
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202005077427069/

新型コロナウイルス感染者7500人超のデータを調べた英ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンは、ウイルスのゲノムに198個の突然変異を発見した。遺伝学雑誌「感染症の遺伝学と進化」に研究結果が公表された。

研究報告には「突然変異が繰り返されていることから、SARS-CoV-2は人間の新たな宿主への適応をし続けていることがわかる」と書かれている。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1567134820300447

ウイルスの7666例の遺伝子サンプルの研究から英ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンは、COVID-19のパンデミックはおよそ昨年2019年10月6日から12月11日の間に始まったという説を確証した。この他、研究データから「地域的な感染」はその地域に「大量のウイルスが様々な経路で入ったことで呼び起こされた」ことが示された。
※前スレ
【研究報告】英UCL、200個近いコロナウイルスの突然変異を発見 [サンダージョー★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1588791753/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1588798969/続きを読む

イギリス、オックスフォード大が開発したコロナワクチンを今週にも治験開始

1: 的井 圭一 ★ 2020/04/22(水) 04:06:02.61 ID:NaQiZgV29 BE:511393199-PLT(15100)

sssp://img.5ch.net/premium/1051729.gif
そーす
イギリス保健相会見

会見動画
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1252653004597202945/pu/vid/900x720/9HB5tcU8vx0svHCO.mp4

April 21, 2020 at 2:12 p.m
Oxford University coronavirus vaccine to begin human trials on Thursday as U.K. ‘throws everything’ at vital breakthrough - MarketWatch
https://www.marketwatch.com/story/oxford-university-coronavirus-vaccine-to-begin-human-trials-on-thursday-as-uk-throws-everything-at-vital-breakthrough-2020-04-21



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1587495962/続きを読む

【コロナ訃報】英数学者ジョン・ホートン・コンウェイ氏、コロナで死亡 82歳 ライフゲーム考案、超現実数の発明などで知られる

1: みつを ★ 2020/04/15(水) 04:14:51.90 ID:roH3ZqDm9

【コロナ訃報】英数学者ジョン・ホートン・コンウェイ氏、コロナで死亡 82歳 ライフゲーム考案、超現実数の発明などで知られる


https://www.cnn.com/2020/04/14/us/john-conway-death-obit-trnd/index.html


John H. Conway, a renowned mathematician who created one of the first computer games, dies of coronavirus complications
By Anna Sturla, CNN

Updated 2:52 PM ET, Tue April 14, 2020


no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1586891691/続きを読む

世界大学ランキング 日本勢は上位200に2校のみ 36位東大 65位京大

1: KingFisherは魚じゃないよ ★ 2019/09/12(木) 22:15:00.96 ID:tiUvFLKR9

英教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は11日、今年の世界大学ランキングを発表した。

日本勢は米国に次ぎ2番目に多い110校が計約1400校の最終調査対象にランク入りしたが、上位200校には東京大、京都大の2校しか含まれず、上位進出の点で「不十分な結果にとどまっている」と指摘された。

今年は92カ国の約1400校を対象に、教育体制の充実度や研究内容、国際化の度合いなどを総合的に評価。

日本勢の首位は東大の36位で昨年の42位から順位を上げたが、アジアでは5位にとどまった。京大は昨年と同じ65位だった。

全体の首位は英国のオックスフォード大で、上位12校は英米の大学が独占した。

アジアの上位は中国の清華大(23位)、北京大(24位)、シンガポール国立大(25位)など。(共同)

(ランキング)
no title

(全文)
https://www.sankei.com/life/news/190912/lif1909120018-n1.html



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1568294100/
続きを読む

イギリス古代王子の墓室、道路脇で発見 「ツタンカーメン王の墓」になぞらえる専門家も

1: しじみ ★ 2019/05/11(土) 08:41:23.31 ID:CAP_USER

【5月10日 AFP】
英イングランド南東部エセックス(Essex)州の道路脇の茂みにあったわずかな隆起の下から古代の墓室が見つかったと、調査に当たっていた考古学者チームが9日、明らかにした。英国としては、エジプトのツタンカーメン王(King Tutankhamun)の墓に匹敵するくらいの発見だという。

【編集部おすすめ】色鮮やか、2300年前のミイラ8体を発見 エジプト・ダハシュール

 墓室は、ロンドン北東に位置するエセックス州サウスエンド(Southend)近郊プリトルウェル(Prittlewell)のパブと安売りスーパーの近くを走る道路脇で見つかった。英国の研究チームは2003年、この場所を発見していたが、当初はさほど重要なものには見えなかったという。

「非常に不思議だったのは、何かが出てきそうには見えなかったことだ」。ロンドン考古学博物館(MOLA)のソフィー・ジャクソン(Sophie Jackson)主任研究員は、当時をそう振り返る。

 それでもMOLAの考古学者40人で構成されるチームは、調査を進めることを決断。長年かけて注意深く掘り進め、放射性炭素年代測定を行い、アングロサクソン人の王子の墓室だと結論付けるに至った。このような墓室が英国で見つかったのは初めてだという。

 この墓室は1400年前のものとみられ、キリスト教徒のアングロサクソン人の王族の埋葬地としては最古と考えられるという。

 墓室全体の広さは約4メートル四方で、深さは約1.5メートル。墓室には、複数の金貨や、現在のシリアからもたらされたとみられるガラスと木で作られた色鮮やかな杯などが丁寧に配置されている。装飾品の一部は、今も墓室の壁に掛けられている。

 発見されたものの中には、欧州民族の間で人気を集めたハープに似た楽器リラの一部もあり、これはアングロサクソンの彩色された木工作品としては英国最古の可能性もあるという。

■誰の墓か──戦士? 王の兄弟?

 ジャクソン氏は、「これは、ツタンカーメンの墓に匹敵すると思います」「キリスト教は(英国に)少しずつ浸透していきました。墓室に納められた品々を見ると異教徒の埋葬方法に見えますが、十字架も一緒に納められているため、この時代はその過渡期であった可能性があります」と語った。

 今回発見された墓室は、ツタンカーメンの墓に比べて経年数ではその半分にも満たない。また副葬品や遺物を見ると、埋葬されていた人物は、ツタンカーメン王よりもはるかに地位が低かったと考えられるが、それが誰なのかについては今のところ謎に包まれている。

 だが遺体が置かれていた枠の長さは1.72メートルもあり、当時としては並外れて高身長だったとみられる。

 ジャクソン氏によると、この人物は王子であり戦士でもあったと考える専門家もおり、同氏自身は、サベルト王(King Saebert)の兄弟であるサークサ(Seaxa)の可能性が最も高いと考えているという。

 サベルト王は、エセックスを12年間統治した後、616年に死去した。この地域で初めてのキリスト教徒の国王だったと歴史家らは考えている。

 調査および科学的な年代測定によると、墓室の男性は575~605年の間に死亡したと考えられるという。(c)AFP/

no title

no title


https://www.afpbb.com/articles/-/3224351



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1557531683/続きを読む

音楽を聴きながらの作業は創造力が損なわれるという研究、イギリス

1: ばーど ★ 2019/03/05(火) 08:22:33.67 ID:yreRE//w9

仕事や勉強のときに音楽を聴くことが習慣になっている人も多いはず。しかし、環境音は妨げにならない一方、音楽を聴くことは創造性に大いに害を与える可能性があるという研究結果が報告されています。

Background music stints creativity: Evidence from compound remote associate tasks - Threadgold - - Applied Cognitive Psychology - Wiley Online Library
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/acp.3532

How listening to music “significantly impairs” creativity | Lancaster University
https://www.lancaster.ac.uk/news/-how-listening-to-music-significantly-impairs-creativity

Listening to music may be damaging your creativity
https://newatlas.com/listening-music-damaging-creativity/58668/

セントラル・ランカッシャー大学のエマ・スレッドゴールド主任研究員率いる研究チームは、同大学に所属する英語を母国語とする成人男女数十人を対象に3回の実験を行いました。それぞれの実験で参加者にはCRATと呼ばれる創造性を計る単語パズルを解いてもらい、スコアを計測しています。実験では静かな環境でCRATを行った後、(1)外国語の歌が入った曲、(2)歌の入っていない曲、(3)母国語の歌が入った曲、という3種類の曲を聴きながら再びCRATを解いてもらっています。3つの実験から、どのような種類の音楽を聴いていても、音楽を聴かない場合の方がCRATのスコアが高くなる、つまりは創造性が豊かになることが判明しています。

3回の実験全てにおいて、静かな環境でのCRATの結果に比べ、音楽を聴きながらCRATを行うと、歌の有無や聞き取れる歌詞かどうかにかかわらず被験者のスコアは著しく低下しました。また、母国語の歌が入った曲を聴きながらCRATを行った被験者が「音楽のおかげで調子が良い」と主張した場合であっても、歌を聞かずにCRATを行った際の方がスコアは高かったそうです。

さらに、「Quiet(静かな環境)」「Music(母国語の歌が入った曲を聴きながら)」「Library Noise(タイピング音やコピー機の音などの環境音がする場所)」でテストを行ったところ、CRATのスコアは以下のグラフのようになりました。スコアは数字が大きいほど結果が良いということを示しています。母国語の音楽を聴きながらテストを行った場合、静かな場所や環境音の中でテストを行うよりも明らかにCRATのスコアが低くなっており、つまりは創造性に悪影響が出ていることがわかります。

no title


論文では、「実験によると、有声無声、好きな曲か嫌いな曲かに関わらず、静かな環境に比べるとBGMを聴きながらのCRATの結果は悪くなることが明らかになっています。この結果は音楽を聴くことは創造力を損なうという証拠になり得ます」と述べられています。

2019年03月04日 08時00分
GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20190304-listening-music-damage-creativity/



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1551741753/続きを読む

イギリスの洞窟内で数百の「魔よけ」発見、数・種類ともに過去最多か

1: しじみ ★ 2019/02/18(月) 18:12:04.96 ID:CAP_USER

(CNN) 英イースト・ミッドランズにある洞窟「クレスウェル・クラッグス」の壁に数百もの「魔よけ」が刻まれていることがわかった。専門家からは、見つかった魔よけの数は英国でも最多との見方が出ている。

魔よけがあることが判明したのは昨年10月。それ以来、調査が進められていた。

いつごろ作られたものなのかは不明だが、一部の魔よけについては、1550~1750年ごろに建設された家屋で発見されている。

専門家によれば、似たような魔よけは、教会や家屋、他の洞窟にも刻まれており、病気や死、不作を退けるために使われたという。

中には、対角線や迷路、箱などの形も見えるが、これらは悪魔を「罠(わな)で捕らえる」ために使われたとみられる。

今回の発見は、これまで英国で発見された中でも最も集中して見つかったものである可能性がある。また、数や種類の多さについても過去に例がないという。

英レスター大学の専門家、アリソン・ファーン氏は、今回発見された魔よけの数は国内でも最多となる事例ではないかとの見方を示す。

魔よけは、縁起を担ぐ地元の人々が洞窟から出てくるものを懸念して刻んだ可能性がある。

クレスウェル・クラッグスでは2003年、約1万3000年前にさかのぼるとみられる壁画も見つかっていた。

no title

no title


Witches' Marks
https://youtu.be/-5j3JKGZtHs



https://www.cnn.co.jp/fringe/35132853.html



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1550481124/
続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!