サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

インドネシア

インドネシアはなぜ首都を移転するのか 各国の事情

1: みつを ★ 2019/08/28(水) 23:39:59.32 ID:OYMP2/v29

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-49492671

2019/08/28

なぜ首都を移転するのか インドネシアと5つの国の事情
4時間前

インドネシアがこのほど、交通渋滞のひどいジャカルタからカリマンタン島東部へ首都を移す計画を明らかにした。ジョコ・ウィドド大統領は16日に議会で移転計画を打ち出しており、今後、動きが加速していく模様だ。

首都移転の理由はあちこちにある。ジャカルタは湿地に位置しており、毎年平均1~15センチ沈んでいる。今では街の半分近くが海抜ゼロメートル地帯だ。
交通渋滞もひどい。2016年の調査によると、ジャカルタは世界で最も交通混雑の激しい都市だった。政府高官は車で移動の際、警察の誘導に頼らなければ会議に間に合わない。

ジャカルタの都市圏には3000万人が暮らしている。処理されている下水は全体の2~4%に過ぎない。
一方、首都を移転させようと考えた国はインドネシアが初めてではない。ここにいつくかの面白い事例を紹介する。

1. カザフスタン
(リンク先に続きあり)

ジャカルタは湿地に位置しており、毎年平均1~15センチ沈んでいる
no title



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1567003199/
続きを読む

スマトラ島で巨大花「ラフレシア」発見、花びらは通常より多い7枚

1: しじみ ★ 2018/01/18(木) 21:54:59.83 ID:CAP_USER

【1月18日 AFP】
インドネシア・スマトラ(Sumatra)島ブンクル(Bengkulu)州パダングチ(Padang Guci)で、
7枚の花びらを持つ巨大な「ラフレシア・アーノルディー(Rafflesia Arnoldii)」が見つかった。

 主にスマトラ島の熱帯雨林で咲く巨大な花、ラフレシア・アーノルディーは、
キャベツのような見た目のめずらしい花で、通常の花びらの数は5枚。
英国の行政官スタンフォード・ラッフルズ(Stamford Raffles)と
植物学者ジョセフ・アーノルド(Joseph Arnold)にちなんで命名された。(c)AFP


画像:インドネシア・スマトラ島のパダングチで見つかった巨大な花「ラフレシア・アーノルディー」
no title

no title

no title


AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3159010


続きを読む

‪꧁꧂←コイツを倒した時にドロップしそうなアイテム

1: 風吹けば名無し 2018/01/03(水) 13:32:27.44 ID:yAO89eON0

ナニ?



続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!