サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

エタノール

北里大学、次亜塩素酸水は新型コロナウイルスを完全には不活化できないと発表

1: サーバル ★ 2020/09/03(木) 00:56:41.92 ID:JjsBdRx79

プレスリリース
2020年9月1日
報道関係各位 新型コロナウイルスに対する消毒薬の効果を検証 日常生活における SARS-CoV-2 感染予防に有用な製品を評価
北里大学大村智記念研究所 ウイルス感染制御学I研究室戸高玲子研究員、芳賀慧特任助教、澤田成 史助教、片山和彦教授は、2020 年 4 月 17 日に公表したプレスリリース「医薬部外品および雑貨の新 型コロナウイルス(SARS-CoV-2)不活化効果について」に続き、市場に流通している医薬部外品・雑 貨および医療現場で使用されている消毒剤の、新型コロナウイルス不活化検証試験を行い、その効果を 調査、発表しました。本研究成果は、医療現場及び日常生活における SARS-CoV-2 の感染を抑え、感 染制御を確実に実行する指針となることが期待できます。
本研究は、専門雑誌『感染制御と予防衛生』(メディカルレビュー社)に 2020 年 9 月 1 日掲載され ます。

(略)

研究結果
1.市販雑貨品の SARS-CoV-2 不活性化効果(表 1)
市販雑貨品の SARS-CoV-2 不活性化効果について調査しました。市販のアルコール系消毒剤は、ア ルコール濃度 50%以上の製品であれば 30,000 個の新型コロナウイルスを完全に消毒することが可能 でした。またハンドソープ系、台所洗剤類、お掃除並びにふき取り系製品においても、製品の使用方法 に従って使用すれば、新型コロナウイルスを完全に消毒することが可能であることが明らかになりまし た。
一方、二酸化塩素系、次亜塩素酸水系の製品は、製品の劣化がないことを確認してから、試験を実施 しましたが、30,000 個の新型コロナウイルスを完全に消毒することができないことが明らかになりま した。


以下ソース
https://www.kitasato.ac.jp/jp/news/20200901-01.html


no title


※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599052238/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1599062201/続きを読む

【インド】アルコール依存症のサルが人間を襲撃 1人を殺害、249人に怪我

1: 首都圏の虎 ★ 2020/06/19(金) 00:22:59.36 ID:D9AtsVPo9

インドでアルコール依存症のサルが人間に襲い掛かり、1人を殺害、249人の顔に牙を突き立て怪我を負わせた。サルがアルコールが切れたために狂暴化した。サルの元飼い主は生前、サルにアルコールを与え、肉食の餌を与え続けていたが、飼い主の死後、サルには酒を飲ませる人はいなかった。デイリーメールが報じている。

殺傷事件を起こしたのは6歳のカルアという名のサル。死んだ飼い主はオカルト主義者でアルコール度の高い酒をサルによく飲ませていた。飼い主の死後、サルは外に出て、人間に襲い掛かり、牙をたてるようになった。被害にあった中には女性や女児も多く含まれている。

サルは捕獲され、カーンプルにある動物園に送られた。飼育係によれば、サルの問題はアルコール依存症だけでなく、野菜を一切受け付けないことがわかった。おそらく肉食ばかり与えられていたため、狂暴化し、人間を襲うまでに至ったと考えられている。サルは他のサルにも暴力的な態度を示しており、特にメスに対して激しい態度に出ている。

とうとうサルは1匹用の檻に移され、一生そこに閉じ込められることになった。

2020年06月18日 23:41
https://jp.sputniknews.com/incidents/202006187550578/
no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1592493779/続きを読む

「アルコール飲めば新型コロナを治療できるぞ!」イランでデマ拡散 → 実践した218人が入院、27人が死亡

1: 1号 ★ 2020/03/10(火) 02:09:38.58 ID:d4SXArHY9

【3月10日 AFP】イランで、アルコールを摂取すれば新型コロナウイルス感染症の治療の一助になるとうわさされた後、メタノール中毒により27人が死亡した。国営イラン通信(IRNA)が9日、報じた。

 IRNAによると、南西部のフゼスタン(Khuzestan)州で20人、北部のアルボルズ(Alborz)州で7人が、密造酒を飲んだ後に死亡したという。

 フゼスタン州の州都アフワズ(Ahvaz)にあるジュンディーシャープール(Jundishapur)医科大学は、中毒症状を示した218人が入院したと発表。中毒が発生したのは「アルコールを飲めばコロナウイルスの治療に効果があり得るとのうわさ」が原因だったとしている。

 一方でアルボルズ州の検察当局者もIRNAに対し、犠牲者らは「インターネット上の情報にだまされ、コロナウイルスと闘って治療しているのだと思い込んで」メタノールを飲んだと話している。

 メタノールを大量摂取すると、失明や肝臓障害を引き起こし、死に至ることもある。

 イランでは、イスラム教徒以外の宗教的少数派を除き、アルコールの摂取は禁じられているが、地元メディアは密造酒による死亡事件をたびたび報じている。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/amp/3272464



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1583773778/続きを読む

精神科医が挙げる健康に最も有害なお酒はビール 最も有害性の低いのは辛口の赤ワイン

1: みずいろの雨 ★ 2020/02/06(木) 05:41:55.50 ID:rVgMPGCF9
健康にとって最も危険なお酒は、ビール。精神科医で薬物依存症専門医のダニール・ポクロフスキー氏が発表した。

ポクロフスキー氏は、ビールを禁止するべきだと考えており、ビールは最も危険な飲み物だと指摘している。なお、ビールに含まれるアルコールは、最も有害性の低い成分だという。

ポクロフスキー氏によると、味、色、泡を与えるその他のビールの成分は、健康にとって非常に有害な金属コバルトを含む化合物。

容量375mlのビールのボトルには、その1人あたりの1日摂取上限量が含まれている。

ポクロフスキー氏は、コバルトを用いた塗料を使って仕事をしていた中世の画家を例として挙げた。このような画家たちは、コバルトの毒性により長生きしなかった。ポクロフスキー氏は、ビール好きの人たちもコバルトの害毒を受けるおそれがあると説明している。

なおポクロフスキー氏によると、最も有害性の低いお酒は、辛口の赤ワイン。辛口の赤ワインは、ビタミン、微量元素、抗酸化物質が豊富だという。

https://jp.sputniknews.com/science/202002057076734/
no title

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1580935315/続きを読む

飲酒運転疑われた男性「自動醸造症候群」だった 体内で勝手にアルコール醸造

1: みつを ★ 2019/10/29(火) 04:37:11.44 ID:52qIujem9

https://www.cnn.co.jp/fringe/35144532.html

飲酒運転疑われた男性、「腸発酵症候群」だった 体内でアルコール醸造
2019.10.28 Mon posted at 13:10 JST


(CNN) 米ノースカロライナ州で飲酒運転の疑いがあるとして警察に車を停められた男性が、体内でアルコールが醸造される「ビール自動醸造症候群(ABS、別名「腸発酵症候群」)と診断された。

男性は一貫して飲酒を否定し続けていたが、当初、警察はその言葉を信じなかった。

男性は当時40代後半で、呼気検査を拒んだために病院へ連れて行かれ、検査の結果、血中から0.2%のアルコールが検出された。これは許容量の約2.5倍、1時間にアルコール飲料10杯を飲んだ量に匹敵する。


男性は絶対にアルコール飲料は飲んでいないと言い張ったが、医師にも信じてもらえなかった。

しかし米リッチモンド大学医療センターが調べた結果、男性の言葉は本当だったことが分かった。男性はビールもカクテルも飲んでいなかったにもかかわらず、消化器官の中に酵母が存在していて、その作用で食品の糖分からアルコールがつくられていた。

つまり、体内でビールを醸造していたような状態だった。
研究チームは消化器病学会誌にこの症例を発表した。

腸発酵症候群は、消化管に酵母があって、摂取した食品の糖分から体内でアルコールがつくられる症例。この作用は一般的に、胃と小腸の一部で構成される胃腸管の中で起きる。
(リンク先に続きあり)



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1572291431/
続きを読む

飲み過ぎても二日酔いにならない合成アルコールが5年以内に販売予定、イギリス

1: しじみ ★ 2019/04/07(日) 18:50:11.72 ID:CAP_USER

お酒は、ほどよく適量ならばストレス解消にもなるかもしれないが、つい飲みすぎてしまうこともある。

 へべれけに酔っ払って二日酔い。残されたのは激しい頭痛と後悔のみ。なんて経験をした人もいるだろう。

 だが、どんなに飲んでも二日酔いにならず、肝臓にもダメージがないという合成アルコールが現在開発中で、5年以内に販売予定だそうだ。

 その奇跡のお酒は「Alcarelle」――開発者は、イギリスの神経精神薬理学者デビッド・ナット教授である。

■アルコールの危険性

 ナット教授は、アルコールが「高純度のコカインよりも社会的に有害」であることを懸念して、合成アルコールの開発を決意したのだという。

 決して毎日お酒を好きなだけのみたいからではない……多分。

 同教授は英ガーディアン紙でその危険性について語りつつ、「もし今日発見されたとすれば、食品としては規制されるだろう」と話す。

 食品の安全基準に照らすなら、安全なアルコール摂取量は、年にグラス1杯のワイン程度なのだそうだ。

no title


■酩酊感はあるが二日酔いをしない合成アルコール

ガーディアン紙が「分子の聖杯」と表現するこのアルコールの代替物は、アルコールとまったく同じに、脳内のGABA受容体を刺激する。

 すると本物のお酒のように脳が沈静化し、ふんわりとした酩酊感が味わえるのである。

 だがそれでいて、肝臓にも脳にも負担がかからず、翌日の二日酔いを引き起こすこともない。いくら飲んでも安心ってことだ。

 まさに奇跡のようなAlcarelleだが、まだ安全性の確認がきちんと行われていない。ナット教授によると、今後5年でこの点をクリアにして、一般で販売できるようにしたいそうだ。

 今やノンアルコールビールなどもあるが、もしその安全性が実証されれば、ほろ酔い気分を楽しめつつ、二日酔いにならず、体を壊す心配もないお酒が誕生しそうだ。

 味の方はどうなのかはよくわからないが、お酒を飲む嗜好のある人にとっては興味深い商品となるだろう。

References:Could ‘alcosynth’ provide all the joy of booze – without the dangers?/ written by hiroching / edited by parumo
https://www.theguardian.com/science/2019/mar/26/an-innocent-drink-could-alcosynth-provide-all-the-joy-of-booze-without-the-dangers

http://karapaia.com/archives/52272845.html



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1554630611/続きを読む

「1本でちゃんと酔える」 ストロング系、初の女性向け缶チューハイ発売 サッポロ

1: ばーど ★ 2018/01/19(金) 13:28:56.43 ID:CAP_USER9

no title


アルコール度数の高いストロング系としては、初の女性向けです。
サッポロビールが発売するのは、アルコール度数8%のフルーツビネガーを使った缶酎ハイです。女性好みの果汁と酢を使い、アルコール臭さを軽減する工夫をしています。

帰宅後も家事で忙しく、ゆっくりお酒を飲む時間がない働く女性から「1本でちゃんと酔える」商品を求める声があったということです。
「ビール離れ」が進む一方、酎ハイなどの市場は去年、7%伸びていて、アルコール度数が高い手軽に安く酔える商品に人気が高まっています。

2018/01/17 17:20
テレ朝ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000118874.html


続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!