サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

エネルギー

CO2からジェット燃料を生成する研究 実用化すれば航空機のCO2排出大幅削減にも可能性

1: すらいむ ★ 2021/01/05(火) 10:30:03.88 ID:CAP_USER

オックスフォード大、CO2からジェット燃料を生成。実用化すれば航空機のCO2排出大幅削減にも可能性

 英オックスフォード大学の研究者らがCO2排出削減方法の研究から二酸化炭素をジェット燃料に変える実験プロセスを考案しました。
 もし大規模にこのプロセス反応を用いる施設を作ることができれば、燃料を作るだけでなく、気候変動問題解決への大きな可能性があると研究者は述べています。

 われわれは普段使っている石油や天然ガスと言った化石燃料は、燃焼によってそのなかにある炭化水素(OH)からエネルギーを取り出し、水と二酸化炭素(CO2)を放出します。

 オックスフォード大学の研究によるOrganic Combustion Method(OCM)と称する方法では、クエン酸と水素を熱してそこに二酸化炭素を加え、鉄/マンガン/カリウムを触媒に反応させることで、ジェット燃料になる成分を生成することができたとのこと。

 もちろんこれは実験室で行われたの実験での話であり、生成できたのはわずか数グラムの液体燃料でした。
 しかし、研究者はこの反応が水素を水を使って燃料を作り出す反応よりも使用する電力量が少なく、低コストに実現できると主張しています。
 CO2を大量に排出する鉄鋼やセメント製造工場、石炭火力発電所に、この反応を利用する施設を併設すれば、排出ガス中のCO2からジェット燃料を”回収”できるようになるとしています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Engadget 日本版 2020年12月28日 16時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/19454127/



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1609810203/続きを読む

「鉄」でクリーンなエネルギーを生み出す技術が開発中、オランダ

1: すらいむ ★ 2020/11/07(土) 16:22:26.54 ID:CAP_USER



化石燃料の代わりに「鉄」でクリーンなエネルギーを生み出す技術が開発中

 化石燃料に代わる再生可能エネルギーを見つけ出すことに対し世界中の企業が注力していますが、太陽光・風力・地熱・潮力・水力といったものからエネルギーを生み出し、産業レベルで利用可能にするには、多くの課題が存在します。
 そんななか新たに、「鉄の粉を燃焼させることでエネルギーを生み出す」という技術を、オランダの学生チームが開発。
 実際にビール醸造所で「全てのエネルギーを鉄粉による循環型エネルギーシステムでまかなう」という試みがスタートしました。

 SOLID - A compact and clean fuel
 https://teamsolid.org/

 World first: Dutch brewery burns iron as a clean, recyclable fuel
 https://newatlas.com/energy/bavarian-brewery-carbon-free-renewable-iron-fuel/

 鉄が燃料としてどのように使われるのかは以下のムービーを見るとよくわかります。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine 2020年11月06日 23時00分
https://gigazine.net/news/20201106-brewery-burns-iron-recyclable-fuel/



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1604733746/続きを読む

世界人口、2050年には97億人に 国連予測

1: 一般国民 ★ 2019/06/18(火) 17:17:43.17 ID:CAP_USER

世界人口、2050年には97億人に 国連予測
https://www.afpbb.com/articles/-/3230488
2019年6月18日 10:35
AFP,AFP NN NEWS

 【6月18日 AFP】国連(UN)の経済社会局(DESA)は17日、現在77億人の世界人口が、2050年には97億人に達するとの見通しを明らかにした。サハラ以南アフリカの人口は現在の2倍に増えると予想されている。

 国連の報告書「世界人口予測(World Population Prospects)」最新版によると、世界人口はさらに2100年までに110億人に達するという。

 報告書によると今後、少数の国では平均寿命の伸びにより人口の増加が見込まれる一方で、世界全体の人口増加率は出生率の低下により鈍化する。

 2050年までに増える世界人口の半分以上は、インド、ナイジェリア、パキスタン、コンゴ民主共和国、エチオピア、タンザニア、インドネシア、エジプト、米国の9か国に集中する見通し。

 現在世界で最も人口の多い中国では、2019年から2050年の間に約3140万人減り、2.2%の人口減少が予測されている。

 また、ベラルーシ、エストニア、ドイツ、ハンガリー、イタリア、日本、ロシア、セルビア、ウクライナでは死亡数が出生数を上回るが、人口減少は移民の流入によって相殺されると予想される。

 1人の女性が生涯に産むと見込まれる子どもの数を示す合計特殊出生率は、世界全体で1990年には3.2だったが、2019年には2.5に減少。2050年にはさらに2.2まで下がる見通しだという。

 人口移動がなかった場合、人口維持に必要な合計特殊出生率は最低でも2.1だといわれる。
 (c)AFP



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1560845863/続きを読む

ビットコイン採掘の年間エネルギー消費量、デンマークの年間消費量よりも大きい!「隠れ環境コスト」に警鐘

1: みつを ★ 2018/11/07(水) 03:51:14.01 ID:CAP_USER9

http://www.afpbb.com/articles/-/3196261?cx_part=latest

ビットコイン採掘の年間エネ消費量、デンマークよりも大 「隠れ環境コスト」に警鐘
2018年11月6日 11:31 
発信地:パリ/フランス [ フランス 英国 中国 中国・台湾 デンマーク ヨーロッパ ]

【11月6日 AFP】インターネット上でビットコイン(bitcoin)などの仮想通貨を1ドル分「採掘(マイニング)」するために消費するエネルギー量は、金(きん)1ドル分を掘り出す場合の3倍に上ると、米国の研究者らが5日発表した。仮想通貨の採掘には実物の貴金属の採掘以上のエネルギーを要することが示された形で、2018年にビットコインの採掘に使われるエネルギー量はデンマーク一国の年間消費量を上回る見通しという。

 オンライン誌「ネイチャー・サステナビリティー(Nature Sustainability)」に掲載された論文の主執筆者である米オークリッジ科学教育研究所(Oak Ridge Institute for Science and Education)の研究員、マックス・クラウス(Max Krause)氏はAFPの取材に対し、仮想通貨産業は「年間のエネルギー消費量が多くの国よりも多いまったく新しい産業だ」と指摘した。

 論文によると、デンマークが2015年に消費した電力量が314億キロワット時だったが、ビットコインの採掘には今年、7月1日時点ですでに約301億キロワット時の電力が消費されている。クラウス氏は取材に「2018年に、ビットコインはデンマーク以上のエネルギーを消費する見通しだ」と述べた。

 英ケンブリッジ大学(University of Cambridge)の報告書によると、今では数百種類の仮想通貨が存在し、その発掘のために世界各地で多数の企業が24時間体制でサーバーを稼働させている。こうした仮想通貨採掘向けサーバー事業者の半数以上は中国にあるとされる。

 仮想通貨の採掘には隠れた環境コストがかかっているということだが、このコストはほとんど計算されておらず、考慮もされていない。仮想通貨の情報サイト「コインマーケットキャップ(coinmarketcap.com)」によると、上位100位の仮想通貨の時価総額は計約2000億ドル(約23兆円)に上り、その半分超をビットコインが生み出している。

 クラウス氏は「仮想通貨採掘の潜在的な環境コストについて広く知ってもらいたい」としている。(c)AFP



img_6

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1541530274/
続きを読む

ごみを丸ごとエタノールに変換 世界初の技術、積水化学など開発

1: 名無しさん@涙目です。(佐賀県) [DE] 2017/12/06(水) 13:56:23.22 ID:2NEqCiSB0 BE:498464405-PLT(13611) ポイント特典

ごみを丸ごとエタノールに変換 世界初の技術、積水化学など開発 - ITmedia NEWS

 積水化学工業は12月6日、米LanzaTechと共同で、ごみを丸ごとエタノールに変換する生産技術の開発
に世界で初めて成功したと発表した。ごみ処理施設に収集されたごみを分別することなくガス化し、微生
物によってこのガスを効率的にエタノールに変換できたという。熱や圧力を用いることなくごみをエタノール
化でき、「まさに“ごみ”を“都市油田”に替える技術」だとアピールしている。

 収集されたごみは雑多で、含まれる成分・組成の変動が大きい。ごみを分子レベルに分解する「ガス化」
の技術は確立されており、微生物触媒を使ってこのガスを分解する技術もあるが、ガスにはさまざまな夾
雑物質(余計な物質)が含まれるため、そのままの状態では、微生物触媒の利用が難しかった。

 両社は今回、ガスに含まれる夾雑物質を特定し、その状態をリアルタイムでモニタリングする制御技術
を開発。また、ごみに含まれる成分や組成の変動に応じて微生物の生育状態を調整し、活性を一定に維
持する技術も開発した。これにより、ガス内の夾雑物質を除去・精製した上で、微生物触媒によって効率的
にエタノールを生産できるようになったという。

 同社は、埼玉県内のパイロットプラントで2014年から3年間、実際に収集したごみを、極めて高い生産効
率でエタノール化することに成功したという。

 2019年度に実用プラント稼働を目指し、以降、各地のごみ処理施設の更新タイミングでの本技術の普及
を目指す。同技術の普及に向け、国などに広く説明していくとともに、各自治体やごみ処理関連企業等の
パートナー候補を幅広く募っていく。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/06/news079.html
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1712/06/l_yx_eta_01.jpg
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1712/06/l_yx_eta_02.jpg

続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!