サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

シーシェパード

【🐳】湾内でクジラ放し飼いへ 学術研究と観光で和歌山県太地町

1: イレイザー ★ 2018/03/07(水) 19:16:36.29 ID:CAP_USER9

 和歌山県太地町は6日、森浦湾での小型鯨類の放し飼いに向け、2018年度に湾内に浮き桟橋のような遊歩道を兼ねた仕切り網を設置する工事に取り組む計画を発表した。町は、事業費1億9500万円を盛り込んだ一般会計当初予算案を12日開会予定の町議会3月定例会に提案する。

 同町では、森浦湾をクジラの学術研究や観光振興に活用することを計画。これまで周辺整備や環境調査などの準備に取り組んでおり、新年度は湾の一部を区切るため、総延長約380メートルの仕切り網を設置する。

 同町では現在、町立くじらの博物館などがバンドウイルカやハナゴンドウなど68頭をいけす内で飼育しているが、仕切り網完成後は、適性を見ながら湾内で放し飼いにする予定で、近くを泳ぐ小型鯨類を海上遊歩道から見ることができるようになる。県の許可が下りれば今夏から工事を始め、来年3月の完成を目指すという。

 記者会見で三軒一高町長は「『クジラの学術研究都市をつくる』という30年計画を立てて取り組んでおり、現在中期に入り、当初計画した以上にスムーズに進んでいると考えている。仕切り網を設置することになれば、クジラが湾内を自由に泳ぎ、海岸のすぐ近くまで近づいて来る姿を見ることができるので、計画がさらに皆さんに分かりやすいのではないか」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00348450-agara-l30
no title



続きを読む

タコを飲み込もうとしてイルカが窒息死~普通は振り回して食べやすくするが、あわてて丸飲みした悲劇

1: しじみ ★ 2018/01/19(金) 06:15:37.16 ID:CAP_USER

「一度に食べきれる分だけ口に入れなさい」とイルカのギリガンに教えてくれる人はいなかったようだ。

 タコを飲み込んで窒息死したオスのミナミハンドウイルカが初めて確認され、
解剖結果が学術誌「Marine Mammal Science」に掲載されている。

 このイルカは「非常に食いしん坊で、タコをまるごと飲み込んでやる、と思っていたようです」。
オーストラリア、パースにあるマードック大学の病理学者ナヒード・スティーブンス氏はそう話す。

 パースから2時間ほど南下したバンバリーの海岸で発見されたオスのイルカが、
解剖のためにスティーブンス氏の研究室に運び込まれたのは2015年8月のことだ。
マオリタコの体の一部がまだイルカの口からはみ出している状態だった。

 イルカがタコを食べることは知られていたので、スティーブンス氏は解剖を行って何が起こったのかを探ろうとした。
ギリガンと名付けられたこのイルカの健康状態は非常に良好だったからだ。
スティーブンス氏はまず、タコを取り除くところから始めなければならなかった。

「本当に巨大なタコでした。引っ張っても引っ張ってもまだ出て来る、という感じでした」。
触手の長さは1.3メートル近かったという。

 解剖を進めたところ、
ギリガンが最後の食事となったタコを飲み込もうとした時に問題が起きたことが明らかになった。

 イルカは、喉頭蓋(喉頭から噴気孔へつながるふた)を開けて喉を開くことによって、
大きな食べ物を飲み込むことができる。

 重さ2キロを上回るタコの触手が喉に張り付き、喉頭蓋が閉じて呼吸できなくなった結果、
ギリガンは死に至ったとスティーブンス氏はみている。「タコは死んでいたと思われますが、
それでも吸盤は機能していたようです」。このような状況ではどちらも勝って生き残れないものの、
「タコが最後の抵抗を見せたのでしょう」と言う。

続きはソースで

画像:オーストラリアのバンバリーにあるストラサムビーチで発見されたイルカのギリガン。口からはタコの触手が出ている。
no title

画像:喉に張り付いたタコの様子が解剖で明らかになる。
no title


ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/011800071/


続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!