サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

セロトニン

セロトニン「多幸感感じます、ないとイライラします、ないと感情抑えられません」←軽視されてる理由

1: 風吹けば名無し 2020/10/20(火) 16:37:53.99 ID:LC1dXtOW0

なに??


5: 風吹けば名無し 2020/10/20(火) 16:39:03.81 ID:N7F0cvU5a

ワイは日光浴してるで


7: 風吹けば名無し 2020/10/20(火) 16:39:26.55 ID:LC1dXtOW0

>>5
めちゃくちゃ大事やね



引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1603179473/続きを読む

花粉症になると鬱病と自殺率と深刻な精神病になる率が4倍以上になることが判明

1: 風吹けば名無し 2018/02/20(火) 05:36:16.75 ID:jQjUlJRwM

エキサイトニュース

毎年、花粉症に悩まされているみなさんに驚きの新事実です。
最近の研究で、花粉症患者が極度のうつ病になる割合が、ふつうの人の4倍、自殺率は30%も高いということがわかったのです。

辛くて嫌な花粉症が、うつ病や自殺のリスクにまで関係しているとは驚きです。「たかが花粉症……」と侮らずに、きちんと治療をしたほうがいいかもしれませんよ。

■くしゃみも長期に渡れば精神病に発展する可能性が

花粉に対するアレルギー反応は、体じゅうの血管や組織に炎症反応を引き起こします。これが長い期間続くと、脳にまで悪影響を及ぼすと考えられています。

たとえば、よくある「炎症」のひとつである「くしゃみ」は。花粉のようなアレルギーの原因を、体が追い出そうとして起こるものです。

たかがくしゃみ、と思われるかもしれませんが、このような低レベルの炎症でも、花粉症のように数ヶ月単位の長期間続く場合は、中年以降に深刻な精神病になる可能性が高まるというデータがあるのです。



続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!