サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

ノーベル賞

日本だけが論文数が減る超異常事態 小手先の政府とマスコミが科学技術立国壊す

1: すらいむ ★ 2020/10/13(火) 11:30:55.80 ID:CAP_USER

小手先の政府とマスコミが科学技術立国壊す:大改革の担い手は無く、日本衰退は決定的に

 安倍退陣への英ネイチャー誌論説に刺激され日経新聞が「科技立国 落日の四半世紀」を始めて連載が続きません。
 大学院重点化で始まる文科省の詐欺行政批判視点が無く、若手研究者を守れの主張くらいでは弱すぎです。
 そもそも2017年の英ネイチャー誌3月特集が「日本の科学力は失速」と明確に打ち出したのに、日本のマスメディア、マスコミは理解できなかったのです。
 それから3年、日経ばかりか朝日も「若手」をキーワードにして重箱の隅をつつく改善を社説にしました。
 しかし、世界で日本だけが研究論文数が減り、論文注目度がどんどん下がっている超異常事態には、劇的な大改革しか立ち向かえません。
 本来なら学者の集まり、いま話題の日本学術会議あたりが抜本的な政策転換を言い出すべきながら、実際は大学教授たち既得権益層で固められており全く期待できません。
 日本衰退の未来しか見えません。

 昨年の拙稿、第622回「迫るノーベル賞枯渇時代、見えぬ抜本政策転換」で掲げた全米科学財団(NSF)サイトのデータをもとにしたグラフを再掲しました。
 2006年と2016年の国別科学論文数を上位15カ国で並べ、日本だけが12.6%の減少という超異常ぶりが現れています。
 科学技術政策の担当閣僚・官僚はこのグラフを見せられたら国を誤らせた責任が問われ、本来は切腹ものの衝撃を感じるべきです。
 でもそんな硬骨の士はもう存在しません。
 思い付き政策でその場の点数稼ぎをして逃げてしまいます。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

団藤保晴 | ネットジャーナリスト、元新聞記者 10/13(火) 7:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/dandoyasuharu/20201013-00202695/



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1602556255/続きを読む

イグノーベル賞を日本人が14年間受賞し続けるワケ 「真面目」×「馬鹿」に眠る究極のクリエイティビティ

1: すらいむ ★ 2020/10/08(木) 10:54:32.17 ID:CAP_USER

「ノーベル賞より難しい」イグノーベル賞を日本人が14年間受賞し続けるワケ

----------
 10月の第一週は「ノーベルウィーク」と呼ばれ、どの研究者がノーベル賞を受賞するのか、世界中から注目が集まる。
 しかし研究の世界には、「ある意味ノーベル賞よりも受賞するのが難しい」と言われるユニークな賞があった。
 漫画『いぐのべる』の原作者でもあるbiki氏が、そんな「イグノーベル賞」の魅力を紹介する。
----------

■「ワニにヘリウムを吸わせる」研究

 毎年9月になると、日本の科学界に明るいニュースが飛び込んでくる。
 それは他でもない、「裏のノーベル賞」とも称される「イグノーベル賞」の発表があるからである。

 今年の授賞式は新型ウイルスの関係で、異例のオンライン開催となったが、例年通り日本人の受賞者が出た。
 京都大学霊長類研究所の西村剛准教授が国際研究で音響学賞を共同受賞。
 これで14年連続、日本人がイグノーベル賞を受賞したことになる。

 ではまず、西村准教授が受賞した研究について解説しよう。
 受賞理由は「ワニをヘリウムガスに満ちた空間に入れ、ドナルドダックのような声で鳴かせたこと」。
 一見、何がすごいのか分からない “馬鹿げた” 研究だが、実に意義深い内容となっている。

現代ビジネス 10/8(木) 6:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/aace14c7ab59201387def9ed58c9afecbf234248


19: 名無しのひみつ 2020/10/08(木) 11:47:33.18 ID:qv9c7rX5

>>1
イグノーベル賞が権威ある賞みたいな扱いで草


引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1602122072/
続きを読む

「スイスのノーベル賞」受賞者決まる…球充填の問題を8次元と24次元空間でも解を導出

1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2020/09/23(水) 23:55:27.81 ID:HHCpJG6M9

スイスのノーベル賞と呼ばれる今年の科学賞「マルセル・ブノワ賞」に、細胞内のたんぱく質研究の第一人者で連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)、チューリヒ大学のルドルフ・エーベルソルト教授(システム生物学)が選ばれた。

40歳以下が対象の「スイス・ラティス賞」は、ウクライナ出身の数学者で連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)のマリナ・ヴィヤゾフスカ教授(36)が受賞した。

合同授賞式は11月にベルンで行われる。

エーベルソルト氏は、細胞内に発現するたんぱく質を解析する「プロテオミクス」分野の創設者の1人。マルセル・ブノワ賞が今年で100回目を迎えるのを記念し、この分野に長年貢献してきた同氏を選んだ。

主催のマルセル・ブノワ財団は声明で、エーベルソルト氏は新しい質量分析法を用いて、これらのたんぱく質の観察・測定手法に「革命をもたらした」と評価。細胞が環境変化にどう反応するかを観察しやすくなり、得られた結果はがんの早期発見などに役立つという。

24次元
ヴィヤゾフスカ氏は、互いに重なりあわない球を並べて空間を満たす「球充填」の難題について、多大な成果を挙げたとして選ばれた。

「球充填」の問題は、16世紀末に英国の探検家ウォルター・ローリー卿が「船倉に最も高密度に砲弾を積み重ねる方法は」と考えたのがきっかけ。その後、多くの数学者がこの難題解明に心血を注いできた。

この問題は1998年、大規模なコンピューター計算を用い3次元空間では解決済みだった。だがヴィヤゾフスカ氏は「独創的で驚くほど単純な」計算によって、より複雑な8次元と24次元空間でも解を導き出した。

同氏の研究結果は結晶構造の分析のほか、携帯電話、宇宙探査機、インターネット接続の信号伝送におけるトラブルシューティングなど、日常の技術にすでに浸透している。

エーベルソルト氏には25万フラン(約2800万円)、ヴィヤゾフスカ氏には10万フランが賞金として贈られる。

swissinfo 2020/09/21 14:30
https://www.swissinfo.ch/jpn/-%E3%B9%E3%A4%E3%B9%E3%AE%E3%8E%E3%BC%E3%99%E3%AB%E8%B3%9E-%E5%8F%E8%B3%9E%E8%85%E6%B1%BA%E3%BE%E3%8B/46047528



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1600872927/続きを読む

【新型コロナ】ノーベル賞を受賞した日本発の治療薬「イベルメクチン」が救世主に?

1: 首都圏の虎 ★ 2020/04/08(水) 23:43:14.85 ID:qeIts2xh9

寄生虫感染症の「ワンダードラッグ」と称賛されるイベルメクチン(Ivermectin)は、2015年のノーベル医学生理学賞を受賞した大村智氏が土壌の微生物から分離したアベルメクチンという物質からできた薬だ。今回、オーストラリアの研究グループにより、イベルメクチンが新型コロナウイルスの増殖抑制に効果的という研究結果が発表された。

土の中からワンダードラッグ
 北里研究所にいた大村智氏が、静岡県伊東市川奈の土壌から採取した放線菌の一種(Streptomyces avermitilis)にアベルメクチンという物質を作り出す能力があるのを発見したのは1979年のことだ(>>1�。この物質がマウスに寄生した線虫を殺す作用があることがわかり、当初はウシなど家畜の寄生虫感染症に効く薬として開発された。

 その後、アベルメクチンから開発されたイベルメクチンが発展途上国の人々を苦しめていた河川盲目症(オンコセルカ症、ブヨにより感染)という寄生虫感染症にも効果があることがわかり、ヒト用のイベルメクチンが開発されることになる。

 そしてイベルメクチンは、象皮病にもなるリンパ系フィラリア症(カにより感染するフィラリアという蠕虫による寄生虫感染症)、世界で数千万人が感染しているとされる糞線虫症(糞線虫が消化器官に寄生する寄生虫感染症)、などにも効果があるということがわかり、特に熱帯・亜熱帯地域の発展途上国で多くの人を救ってきた(>>2�。

 新型コロナ感染症が世界的に猖獗を極めている。治療薬の開発は喫緊の課題だが、このウイルスに対してはこれまで抗インフルエンザ薬のアビガン、抗エイズウイルス薬のカレトラ、エボラ出血熱の治療薬のレムデシビルなど様々な医薬品が試されてきた。

 今回、そうした候補薬に名乗りを上げたのがイベルメクチンだ。オーストラリアのビクトリア感染研究所の研究グループが、イベルメクチンを試したところ、新型コロナウイルスの増殖を抑え、ウイルス数を劇的に減少させる可能性があることを発表した(>>3�。ちなみに、世界で最初に新型コロナウイルスを培養したのもオーストラリアの研究グループ(メルボルン大学ドハーティ研究所)だ。

新型コロナウイルスを99.98%も抑制
 本来、イベルメクチンは寄生虫感染症の薬剤だが、HIV-1(ヒト免疫不全ウイルス)のタンパク質生成を阻害することが確認され、インフルエンザウイルスなどのRNAウイルス、狂犬病ウイルスなどのDNAウイルスの感染を防ぐことが実証されているようだ。

 重要なのは、米国のFDA(食品医薬品局)にも承認されているように、イベルメクチンが約30年間に渡ってヒトの寄生虫感染症の薬剤として広汎に使用されてきたことだろう。特に、河川盲目症やリンパ系フィラリア症の薬剤として多くの発展途上国で使われてきた。

 もし、イベルメクチンが新型コロナウイルスの増殖を抑えることができれば、各国の薬事承認の過程を省くことが期待され、ストックも大量にある上に生産ラインもすでに整備され、特許も切れている(大村智氏は特許を放棄した)ことから大きな可能性があることがわかる。また、イベルメクチンの安全性は、妊娠中の使用に関してはっきりとわかっていないものの、システマティックレビュー研究で有害事象の報告はないとしている(>>4�。

 同研究グループは、新型コロナウイルスとよく似たSARSウイルス(SARS-CoV)が1本鎖のRNAウイルスであることから、イベルメクチンも新型コロナウイルスに効くのではないかと考え、細胞を使った試験(in vitro)をしてみたという。

 すると、イベルメクチンを使ってから24時間後に新型コロナウイルスのRNAが93%減少し、48時間後には99.98%減少したことを観察した。また、イベルメクチンによる毒性作用は見られなかったという。

 これは、イベルメクチンが新型コロナウイルスのタンパク質生成を阻害し、増殖を強く抑制したことを意味する。同研究グループは、まだ細胞を使った実験室内の結果であり、さらなる研究が必要としている。

 新型コロナ感染症には、一刻も早いワクチンと治療薬の開発が待たれている。イベルメクチンという日本発の治療薬に期待したい。

4/8(水) 8:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20200408-00172075/
no title



引用元: http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1586356994/続きを読む

【ノーベル賞】吉野彰氏「固定電話に『コングラチュレーション』と来ましたので、あっ来たなと思いました」  

1: Toy Soldiers ★ 2019/10/09(水) 20:41:10.21 ID:JW+PDMnX9

 ノーベル化学賞が9日、スウェーデン・ストックホルムで、スウェーデン王立科学アカデミーから発表され、旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)ら3人が受賞した。

吉野氏は携帯電話、パソコンに使用されている「リチウムイオン2次電池」の開発者の1人だ。
「先ほど、電話で家内の方に電話いたしました。時間が取れないから『決まったぞ』とだけ伝えました。腰を抜かすほど驚いていました」と笑った。

自身がどのような研究者か? と聞かれると「難しい質問。頭の柔らかさと、真逆のしつこくしつこく諦めないこと。バランスが難しい。大きな壁にぶち当たった時、何とかなるよねという柔らかさが必要」と語った。

ようやくの受賞か? と聞かれると「ノーベル化学賞は裾野が広いので、リチウムイオンのようなデバイス系は順番が遅い。取るタイミングが来たら取りますと言っていた」と笑みを浮かべた。

受賞を知ったタイミングについて聞かれると「発表の30~1時間前に電話が来ますと言っていたが、ストックホルムの方は僕の携帯は知らない。
でもきちんと調べたのか、固定電話の方にかかってきて『コングラチュレーション』と…来たなと思った」と電話がかかってきたことを明かした。

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201910090000676.html



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1570621270/
続きを読む

【速報】ノーベル化学賞に旭化成の吉野彰さん リチウムイオン電池を開発

32: ばーど ★ 2019/10/09(水) 18:53:59.18 ID:ownk00O19

>>1 ソース

ノーベル化学賞に「リチウムイオン電池」開発の吉野彰さん

ことしのノーベル化学賞の受賞者に、スマートフォンやパソコンなどに広く使われている「リチウムイオン電池」を開発した大手化学メーカー「旭化成」の名誉フェロー、吉野彰さん(71)が選ばれました。日本人がノーベル賞を受賞するのはアメリカ国籍を取得した人を含めて27人目、化学賞では8人目です。

2019年10月9日 18時51分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191009/k10012119571000.html?utm_int=all_contents_just-in_001
no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1570614657/続きを読む

【ノーベル物理学賞】太陽系外惑星の発見など宇宙の理解を前進させた3氏に

1: みつを ★ 2019/10/09(水) 00:23:23.02 ID:Rkc4bgHm9

https://www.cnn.co.jp/world/35143706.html

ノーベル物理学賞、宇宙の理解を前進させた3氏に
2019.10.08 Tue posted at 19:27 JST

(CNN) スウェーデン王立科学アカデミーは8日、今年のノーベル物理学賞について、ジェームズ・ピーブルズ、ミシェル・マイヨール、ディディエ・ケローの3氏に贈ると発表した。3氏の研究が、宇宙についての理解を前進させたとたたえた。

ピーブルズ氏は、現代宇宙論における理論的な発見の業績で、賞の半分を受け取る。マイヨール氏とケロー氏の2氏が、太陽型の恒星を周回する太陽系外惑星を発見した業績に対して、残りの半分を受け取る。



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1570548203/
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1570529004/
続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!