サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

バッタ

【蝗害】バッタ大量発生の中央アジア6カ国 日本が駆除支援へ 殺虫剤など提供

1: ブギー ★ 2020/08/16(日) 08:15:37.28 ID:cOxqcT8r9

バッタが世界各地で大量発生し、農作物を食い荒らしている問題で、日本政府は月内にも中央アジアなど6カ国への支援を始める。バッタ駆除の殺虫剤や噴霧器、発生場所のデータを収集・共有するための全地球測位システム(GPS)の受信機を提供する。各国間の連携も促し、被害低減を目指す。

 支援するのは、ウズベキスタン▽カザフスタン▽キルギス▽タジキスタン▽トルクメニスタン▽アフガニスタン――の6カ国。いずれも農業が基幹産業だ。日本政府は7月、国際的なバッタ被害対策を主導し、6カ国でも関与する国連食糧農業機関(FAO)に最大7億9800万円を支出することで合意した。今後、日本で開発した機材を提供し、現地担当者向けの研修を始める。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で人の移動が制限されているため、研修はオンライン形式で行う予定だ。

 バッタによる農作物の被害は「各国が公表に消極的で全容は分かっていない」(外務省担当者)というが、各地で食糧不足や貧困層増加の原因となっている。国境を越えて移動するバッタに対応するため、日本は2015年からキルギス、タジキスタン、アフガニスタンの3カ国の連携強化の支援に取り組んできた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5d62291fd1fd2d9889ee88e6001304d304935a62



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1597533337/続きを読む

【蝗害】中国南部雲南省でバッタ被害拡大 ラオスから飛来 異常気象により中国各地で在来種バッタも大量発生

1: ごまカンパチ ★ 2020/08/08(土) 11:40:10.54 ID:tTYgzhuC9

https://www.epochtimes.jp/p/2020/08/60497.html
 中国南部の雲南省政府は8月4日、ラオスから飛来したバッタ「黄脊竹蝗(黄色角竹バッタ)」による農作物の被害が拡大していると警戒を呼び掛けた。
バッタの群れは省都の昆明市に近づいているという。

省政府は同日、省林業・草原局の情報を引用し、8月2日まで省内の普洱市、シーサンパンナ・タイ族自治州、紅河ハニ族イ族自治州を含む4州・市と9県47村で、
バッタが発生したと公表した。
各地では、竹やバショウ、トウモロコシ畑が食い尽くされた。
被害面積は15万5834畝(約1万389ヘクタール)。
8月は「黄色角竹バッタ」の繁殖期であるため、農作物への被害が拡大しそうだ。

今回のバッタは6月末にラオスから飛来した。雲南省の地元紙によると、7月15日、省内元江県で初めてバッタの大群が観測された。
21日時点では、普洱市など3州・市と7県の13万3809畝の農地が被害を受けた。
さらに、28日になると、被害面積が14万3400畝に拡大。

一部の中国メディアは8月3日、現在バッタ被害を受けている雲南省玉渓市から昆明市までの距離はわずか100キロ余りだと報道した。
中国人ネットユーザーが海外ツイッターに、雲南省のバッタの巨大群が映った写真や映像を投稿し、被害状況が政府公表より深刻だと訴えた。

中国農業農村部(省)はこのほど、外来種バッタの侵入が「常態化になる」と強調した。
しかし、中国各地では、異常気象により在来種バッタも大量に発生している。

今年6月、広西チワン族自治区にある全州県では、在来種バッタの密度が1平方メートル当たりで、最多180匹となった。
同月、湖南省寧遠県では、在来種の「越北腹露蝗」の群れが見つかり、密度は1平方メートル当たり100匹以上だった。
東北部の黒龍江省と吉林省でもバッタ被害が確認されている。



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1596854410/続きを読む

【蝗害】4千万匹のバッタ、アルゼンチンを南下 農作物に被害 1日で3万5千人分の食料に相当する農作物を食い荒らす

1: ごまカンパチ ★ 2020/06/25(木) 00:41:21.25 ID:jK/nYl7i9

https://news.yahoo.co.jp/articles/41edb8ac016bb2ae54ca039e3c40b3dbf61aff5e
 南米アルゼンチンの政府機関は23日、バッタの大群が同国北部に押し寄せ、農作物に被害が出ていると発表した。
地元紙によると、大群は4千万匹ほどで、1日で牛2千頭分、3万5千人分の食料に相当する農作物を食い荒らしているという。

アルゼンチンの農畜産品衛生管理機構(SENASA)の発表によると、バッタの大群は隣国パラグアイで発生、その後アルゼンチン北部に侵入し、風に乗って南下を続けている。
地元農業専門紙によると、大群の帯は長さ10キロ、幅8キロほどに及び、毎日100キロほど移動。
キャッサバ、サトウキビ、トウモロコシなどを食い荒らしている。

今後、周辺国のウルグアイやブラジルでも広がる恐れがあるといい、警戒感が広がっている。
アフリカでも数千億匹とも言われるバッタが大量発生。
収穫前の農作物を食べ尽くし、食料危機の懸念が高まっている。

no title



引用元: http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1593013281/続きを読む

【蝗害】大量発生したバッタを飼料に、1kg13円報酬で一晩20トン集まり予算終了

1: 納豆パスタ ★ 2020/06/11(木) 05:21:03.87 ID:RoS/Yv1u9

大量発生したバッタを飼料に 食料危機直面パキスタンの試み
2020年6月10日 17:26 発信地:ラホール/パキスタン [ パキスタン アジア・オセアニア ]
https://www.afpbb.com/articles/-/3287600
https://www.afpbb.com/articles/-/3287630

動画
https://players.brightcove.net/5615997992001/default_default/index.html?videoId=6162931331001

no title

パキスタン・パンジャブ州ピプリパハール村に大量発生したバッタを追い払おうとする農民(2020年2月23日撮影)。(c)ARIF ALI / AFP
no title

パキスタン・バルチスタン州ピシン県で、バッタ駆除のため殺虫剤を散布する農業当局の作業員(2020年5月14日撮影)。(c)Banaras KHAN / AFP
no title

パキスタン・パンジャブ州ピプリパハール村で、トラクターから殺虫剤を散布する農業局の職員(2020年2月23日撮影)。(c)ARIF ALI / AFP
no title

パキスタン・パンジャブ州ピプリパハール村に大量発生したバッタの死骸(2020年2月23日撮影)。(c)ARIF ALI / AFP

【6月10日 AFP】バッタの大群による被害で食料供給危機に直面するパキスタンで、対策の一環としてバッタを養鶏の飼料とする試みが行われている。

 パキスタンのイムラン・カーン(Imran Khan)首相は、穀倉地帯パンジャブ(Punjab)州での実証実験の拡大を承認している。

 過去25年で最悪とされる蝗害(こうがい)に見舞われた同国では、
農業の中心地で農作物が壊滅的な被害を受けており、農家らは収入の確保に奔走している。

 バッタを飼料として利用するプロジェクトは、
食糧安全保障・研究省のムハンマド・クルシード(Muhammad Khurshid)氏と生物工学学者のジョハール・アリ(Johar Ali)氏が始めたもので、
紛争で荒廃したイエメンで飢餓対策にたんぱく質豊富なバッタを食べるよう推奨した取り組みを参考にしている。

 実験では村人たちが集めたバッタを当局が買い取り、乾燥して粉末状にし、飼料に混ぜる。
場所は、バッタが飼料用に適さなくなってしまう殺虫剤を農家が使用していなかったことから、
パンジャブ州オカラ(Okara)地域が選ばれた。

 クルシード氏はAFPに対し、「まず自分たちでバッタの捕獲方法を学び、地元住民に教えた。網は使い物にならない」と説明した。
バッタは夜になると木や植物に群れをなして止まっており、日が昇るまでの涼しいうちは動かないため捕まえやすい。

 バッタ1キロ当たり20パキスタン・ルピー(約13円)が支払われたため、地元住民らは夜通しバッタを採集した。
20トン集まった時点で当局の予算が尽き、プロジェクトは一時中止されることになった。

 食糧安全保障・研究省はこのほど、2月に行われたこの実証実験の結果を公表した。
また、他の地域にもこの実験を広げる準備を進めているという。

 集められたバッタは、同国飼料生産最大手ハイテク・フィーズ(Hi-Tech Feeds)に送られる。
同社は養鶏飼料に使われている大豆の10%をバッタで代用している。

 このプロジェクトがバッタの大群による農作物被害を解決するわけではないが、大打撃を受けた農家に新たな収入源を提供すると同時に、
バッタ駆除のための殺虫剤散布に頭を悩ませていた当局に対する圧力も軽減することができる。

 バッタの大群は今年、アフリカ東部やアラビア半島(Arabian Peninsula)一帯、インドの一部にかけて発生し、農作物に被害をもたらしている。
専門家らは、今月から始まるモンスーンでの降雨によってバッタの数が爆発的に増える恐れがあると懸念している。
(c)AFP/By Kaneez Fatima, with Ashraf Khan in Karachi



関連
【食】千葉でコオロギの養殖事業始まる~未来のタンパク源~★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547391039/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1591820463/続きを読む

エチオピアのバッタ被害で100万人の食糧危機

1: みつを ★ 2020/04/15(水) 04:57:54.31 ID:roH3ZqDm9

【2020年、もうやめて!】エチオピアのバッタ被害で100万人の食糧危機

https://sputniknews.com/africa/202004141078953839-2020-please-stop-one-million-people-face-food-crisis-in-ethiopia-following-invasion-of-locusts/

2020, Please, Stop! One Million People Face Food Crisis in Ethiopia Following Invasion of Locusts


AFRICA
18:37 GMT 14.04.2020
(updated 18:59 GMT 14.04.2020)

no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1586894274/続きを読む

バッタ大量発生 食料を食い荒らす アフリカ東部で食料危機

1: みつを ★ 2020/02/03(月) 05:59:11.06 ID:5NlutXuq9

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200203/k10012270121000.html


バッタ大量発生 食料を食い荒らす アフリカ東部
2020年2月3日 5時49分

アフリカ東部では、バッタが大量に発生して農作物を食い荒らす被害が広がり、国連は、人道危機を引き起こすおそれがあると警告しています。
FAO=国連食糧農業機関の発表によりますと、ケニアやソマリア、それにエチオピアなどのアフリカ東部では、先月から害虫のサバクトビバッタが大量に発生して農作物や牧草を食い荒らす被害が相次ぎ、この地域の1200万人が影響を受けるおそれがあるとしています。

このうちケニアでは、この70年間で最悪の被害となっていて、映像では、空が黒く覆われるほどバッタが大量に発生している様子がわかります。

現地では、被害が深刻な地域で上空から農薬を散布し、バッタの駆除に追われています。

サバクトビバッタは、小さな群れでも1日で3万5000人分に相当する食料を食い荒らすことができるということで、今後、繁殖が進めば被害がさらに深刻化することが懸念されます。

産業の乏しいアフリカ東部では多くの人々が農業で生計を立てていて、FAOでは、食料不足などによる人道危機を引き起こすおそれがあると警告しています。


no title


続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!