サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

プログラミング

【脳科学】プログラムのコードを読む時に活性化される脳領域は言語処理と同じではない

1: すらいむ ★ 2020/12/17(木) 14:54:47.66 ID:CAP_USER

プログラムのコードを読む時に活性化される脳の領域は言語処理と同じではない

(前略)

 今回の研究では2回に分けて実験が行われており、1回目の実験ではPythonを、2回目の実験では小さな子ども向けのプログラミング言語であるScratchJrが用いられました。
 これらはいずれも読みやすいことで知られるプログラミング言語です。

 2つの実験にはそれぞれPythonとScratchJrの知識を持つ20人以上のプログラミング経験者が参加し、fMRIで脳活動をスキャンした状態でPythonまたはScratchJrのコードを読み取り、どのような動作をするのかを考える問題に回答しました。
 また、被験者の言語領域が脳の右半球と左半球のどちらにあるのかも調査され、コードを読んでいる最中にどの部位が活性化するのかを分析しました。

 その結果、研究チームは被験者がコードを処理する際に言語領域がほとんど反応しておらず、代わりにmultiple demand networkと呼ばれるネットワークが活性化することを発見しました。
 multiple demand networkは脳の前頭葉と頭頂葉全体に広がっており、一度に多くの情報を必要とするタスクやさまざまな精神的タスクを実行する能力を担っているとのこと。

 以前の研究では、数学や論理の問題が左半球のmultiple demand networkを活性化させることが示されましたが、コードに焦点を当てた今回の研究では、左半球と右半球の両方でmultiple demand networkが活性化したそうです。
 この点から、コードを処理する際のメカニズムは数学的問題を処理する際と同じではないことが示唆されています。
 Ivanova氏は、「コンピューターコードを理解するのは独特なことのようです。これは言語と同じではなく、数学や論理とも同じではありません」と述べています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine 2020年12月17日 06時00分
https://gigazine.net/news/20201217-reading-computer-code-brain-region/



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1608184487/続きを読む

【コロナ訃報】英数学者ジョン・ホートン・コンウェイ氏、コロナで死亡 82歳 ライフゲーム考案、超現実数の発明などで知られる

1: みつを ★ 2020/04/15(水) 04:14:51.90 ID:roH3ZqDm9

【コロナ訃報】英数学者ジョン・ホートン・コンウェイ氏、コロナで死亡 82歳 ライフゲーム考案、超現実数の発明などで知られる


https://www.cnn.com/2020/04/14/us/john-conway-death-obit-trnd/index.html


John H. Conway, a renowned mathematician who created one of the first computer games, dies of coronavirus complications
By Anna Sturla, CNN

Updated 2:52 PM ET, Tue April 14, 2020


no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1586891691/続きを読む

1万9800円のドンキPCと大差ない基本性能のパソコンが27万8000円 渋谷区の小中学生向けパソコンは”ぼったくり”なのか検証

1: 春一番 ★ 2020/02/04(火) 00:38:43.40 ID:VBvxQyaJ9

思わず目を疑う人も多いであろうこの金額、はたしてどこまで妥当なのでしょうか。詳細は以下から。

◆1台27万8000円の「ARROWS Tab」

まず見てもらいたいのがNEWSポストセブンの『小中学校のパソコン1人1台 「1台27万円」のケースも』という動画ニュース。

渋谷区が「1人1台」を実現するために24億7200万円(1台あたり27万8000円)を投じ、富士通の「ARROWS Tab」を3年リースしたという内容です。

no title


◆渋谷区の資料から詳細を紐解いてみた

高性能なゲーミングパソコンを配ってもお釣りが来そうな規模の予算が動いた渋谷区の「1人1台」。そこでBuzzap!では渋谷区の資料を元に、その実態に迫ってみることにしました。

no title


「渋谷区モデル」とされる施策の解説。なんと児童生徒1人ずつにセルラーモデルのタブレットを配布し、学校以外の環境でも学べるようにする試みが2017年9月から実施されています。

no title


背景にあるのは情報技術の発展や指導内容・大学受験の変化、教員の多忙化など。

no title


「1人1台タブレット持ち帰り」「どこでもつながるセルラー回線(LTE)」「フルクラウド」という、かなり高い要求水準となっています。

no title


そこで導入が決まったのが富士通の「ARROWS Tab Q507/PE」。10.1インチ液晶にIntel Atom Z8550、4GBメモリ、64GB SSD搭載で、児童でも安心して使えるよう堅牢性と防水防塵機能を兼ね備えています。

no title


富士通公式サイトでの製品解説。NEWSポストセブンでは希望小売価格8万5300円とされていましたが、正しくはLTEモデルのため1台10万8300円から。Atomタブレットで10万円オーバー……。

no title


ハードウェアの基本仕様に手は加えられていないようですが、MS Officeインストール済み。どんどん値段が上がっていく選択肢です。

no title


有害なサイトや動画・SNSサイトを閲覧できないようにしたほか、インターネットの利用時間制限も。

no title


最新のウイルス対策や電話でのサポートが提供されます。

no title


返却期限は2020年8月。3年間のリース契約です。

no title


◆高くなる要素しかありませんでした

防水防塵の高堅牢性仕様にLTE対応で10万円を超えたベースモデルにMS Office、子ども向け各種あんしん機能、アンチウイルス、故障時の電話サポート……と、各種オプションがモリモリとなった渋谷区の「ARROWS Tab」。

これだけでも高くなる要素ばかりですが、極めつけがスタディサプリで学習できる仕組みを採用したところ。つまりLTE回線で動画を見ることが前提なわけです。

no title


さらに1600時間以上の動画を使って学習できる「デジタルドリルシステム」も提供されています。

no title


「3年間、いつでもどこでも制限なしで動画見放題」というサービスを提供するために必要なコストは決して低くなく、ましてやリースが開始された2017年当時では、今よりさらにコストがかさむことが容易に想像できます。

全文は下記で
https://buzzap.jp/news/20200131-arrows-tab-atom-fujitsu-shibuya-pc/
no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1580744323/続きを読む

天才クリエイターTehu、とんでもないアプリを制作中

1: 風吹けば名無し 2018/01/01(月) 10:22:02.92 ID:VRTvgZ2p0




続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!