サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

マグネシウム

マグネシウムを葉緑体に輸送するタンパク質を特定 岡山大の馬教授ら

1: すらいむ ★ 2020/09/28(月) 10:35:29.70 ID:CAP_USER

マグネシウム輸送タンパク質特定 岡山大の馬建鋒教授ら、光合成能力向上に期待

 岡山大資源植物科学研究所の馬建鋒教授(植物栄養学)らの研究グループは、イネの葉を用いて、植物の光合成に欠かせない元素・マグネシウムを実際に光合成が行われる「葉緑体」に運び込む働きをするタンパク質を突き止めた。
 このタンパク質を安定的に増やす技術を確立すれば光合成の能力向上が図れ、生育の促進も期待されるという。

 植物が根から吸収した土壌のマグネシウムの多くは、細胞内にある葉緑体に送られ、光合成の能力向上などに利用される。
 マグネシウムが不足すると光合成に悪影響を及ぼし、生育不良の要因ともなる。
 だが、マグネシウムがどのようにして葉緑体に取り込まれるのかはこれまで不明だった。

 馬教授らは今回、「OsMGT3」というタンパク質が葉緑体を覆う膜にだけ存在しているのを発見。
 イネの遺伝子を組み換えてこのタンパク質を過剰に発現させると、葉緑体が外側の細胞質部分から内部に取り込むマグネシウムの量が増え、光合成の能力が高まった。
 一方、このタンパク質を少なくしたイネでは葉緑体内部に届くマグネシウムの量が減り、光合成能力も低下した。
 さらに、このタンパク質は、光合成の盛んな日中に夜間より多く作られることも分かった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

山陽新聞デジタル 9/28(月) 6:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/bdf6feeb29a71401d98ec26c0b051be125ac40ae



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1601256929/続きを読む

名古屋の豊田工業大学でマグネシウムを使った実験中に出火、男子学生が重軽傷

1: ガーディス ★ 2019/07/28(日) 23:13:41.81 ID:6+W9/Ffn9

2019年7月28日 20時21分
読売新聞オンライン

 28日午後6時45分頃、名古屋市天白区の豊田工業大学で、「火災があった」と学生から119番があった。

 愛知県警天白署などによると、6階建て建物の3階にある実験室で、マグネシウムを使った実験中に出火したという。男子学生2人がやけどで重軽傷を負った。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16844602/



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564323221/
IMG_7

続きを読む

【水素爆発】福岡でタンクが爆発して静岡の会社員が死亡

1: ガーディス ★ 2018/10/15(月) 05:45:25.93 ID:CAP_USER9

2018.10.14 15:47
 福岡県小竹町御徳の工場内で13日、タンクが爆発し男性1人が死亡した事故で、同県警直方署は14日、死亡したのは静岡県富士宮市泉町の会社員、山口大輔さん(45)だったと発表した。死因は胸部大動脈損傷。

 同署によると、山口さんが酸化マグネシウムを製造するタンクを試運転していたところ、タンク内で水素爆発が起こったという。署は、爆発の原因を調べる。

 山口さんはタンクを納入するために小竹町に出張中だった。

https://www.sankei.com/smp/affairs/news/181014/afr1810140012-s1.html



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539549925/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!