1: すらいむ ★ 2021/02/17(水) 11:25:51.55 ID:CAP_USER

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

 「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルムアルデヒドなどの化学物質が含まれています。
 新たな研究によって、日々の通勤などで1日20分以上新車に乗り続けた場合、ベンゼンとホルムアルデヒドの摂取量が法的に定められたしきい値を超えると判明しました。

(中略)

 「新車の香りが好き」という声も多く、世の中には新車の香りと銘打つ芳香剤すらありますが、その正体は車内の接着剤やプラスチックに含まれるベンゼンとホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物の香りです。
 ベンゼンとホルムアルデヒドはどちらも発がん性物質として知られており、とりわけベンゼンは白血病の発生リスクを高めることが証明されており、「健康へ多くの悪影響を与える」ことが知られています。

 カリフォルニア大学リバーサイド校が行った新たな調査は、新車に乗る際の発がん性物質の吸引量を調べるというもの。
 カリフォルニア州は1986年に制定した「安全飲料水および有害物質施行法」によってベンゼンやホルムアルデヒドなどを規制していますが、この法律はアメリカが車社会として知られているにも関わらずあくまで一般的な室内のみを想定していたことから、研究チームは「車内」という特殊な条件下における吸引量の調査を行ったとのこと。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine 2021年02月17日 10時50分
https://gigazine.net/news/20210217-new-car-smell-scent-carcinogens/



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1613528751/続きを読む