サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

ロシア

北欧で大気中の放射線量が急上昇 発生源はロシアの原子力発電所か?

1: 暇人倶楽部 ★ 2020/07/02(木) 23:30:11.77 ID:Bt9egMhF9

6月、北欧諸国で大気中の放射線量が急上昇していたことが明らかとなった。今のところ人体や生態系に影響を及ぼすことはないという。

 しかし観測所ではっきりと検出される程度には増加しており、大気中に含まれる人為的放射性物質の数値が上昇した旨が各国当局によって発表されている。

no title


 たとえばスウェーデン放射線安全局(Swedish Radiation Safety Authority)は次のようにツイートしている。

セシウム134、セシウム137、コバルト60、ルテニウム103といった放射性物質をごく少量計測。」「計測された量は少量で、人体にも環境にも危険はない
https://pbs.twimg.com/media/EbdAa9qXQAYji-z?format=jpg&name=small

■ 発生源はロシアの原子力発電所か?

 包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)の事務局長ラシィナ・ゼルボ氏は、放射性物質の発生源があると疑われる地域をツイート。その大部分はロシアだが、フィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーも一部含まれている。

 また同氏は「これらの同位体は民間からのものである可能性が最も高い」とツイートし、核兵器ではなく原子力発電所がらみであることを示唆。しかし発生源があると疑われる地域はCTBTOの管轄外であるため、具体的な調査までは行えないようだ。

 オランダ国立衛生環境研究所(RIVM)は、入手可能なデータを分析した結果、「放射性物質の組み合わせは、原子力発電所の燃料要素の異常によって説明できる可能性がある」と述べている。

 同研究所によれば、検出された放射性粒子はロシア西部の方角から飛来しているが、ロシア国内の発電所との関連を断定することはできないという。

 なお、この点について一部メディアの間で混乱が見られるらしく、RIVMは次のように説明している。

 「最近、一部のメディアによって放射性物質がロシア西部で発生したと報じられているが、おそらくは本研究所の報告の原文(オランダ語)の誤訳に起因すると思われる。

 RIVMの主張は、放射性物質がロシア西部の方角からスカンディナビアへと移動しているが、現時点で発生源のある特定の国を指摘することはできないというものだ。」

no title


■ ロシアの原子力発電企業は関係を否定
 
 こうした憶測を受けて、ロシアの原子力発電企業ロスエネルゴアトムは、問題の地域にある2基の原子力発電所は正常に稼働しており、報告されてくる放射線レベルも正常であると発言。

 「どちらの施設もいつも通り稼働中だ。施設の動作に関する異常の報告はない」とロシアの地元メディアTASSで述べている。

 「言及された期間中に特定された全同位体の総排出量は、参照値を超えていない。封じ込め構造の外部に放射性物質が漏出するような事故も報告されていない。」

 今後、放射性物質の発生源が特定されるかどうかは不明だ。しかし今回の状況は、やはりヨーロッパ全域で「放射能雲」が検出された「2017年の状況」にも似ている。

 そのときも人体には無害なレベルの放射性物質が検出され、ロシア国内の原子力発電所が発生源ではないかとの憶測が流れた。のちに憶測を裏付ける科学的な発見もあったのだが、ロシアの国営原子力企業ロスアトムは当時これを否定している。

http://karapaia.com/archives/52292309.html



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1593700211/続きを読む

シベリアで38℃観測、北極圏過去最高 永久凍土地帯では火災発生

1: ばーど ★ 2020/06/23(火) 07:22:34.27 ID:WjIXp0/89

シベリアの気温が新記録を達成し、北極圏の温暖化スピードが加速していることが証明された。英タブロイド紙「デイリー・メール」が伝えている。

サハ共和国のベルホヤンスク(ヴェルホヤンスクの表記もあり)では気温摂氏38度が記録された。観測史上、北極圏で最高温度タイとなる。これまで38度は1915年にアラスカで記録された。

研究者らは、この数字にいたるのは最速で2100年と想定していた。このことから北極圏の温暖化が80年早く進んでいることが分かる。

そのほか、5月23日にはクラスノヤルスク地方ハタンガ村で気温摂氏25度を記録。前回の記録を11度上回る数字となった。今週、ベルホヤンスクでは気温36度が予測されている。

暑さのため永久凍土地帯で火災が発生し、温室効果ガスも放出されている。

ベルホヤンスクは世界で最も寒い町のひとつ。1885年に最低気温の摂氏67.8度が記録された。ロシアのサハ共和国に位置する。

2020年06月22日 05:25
https://jp.sputniknews.com/science/202006227558183/
no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1592864554/続きを読む

新型コロナ、世界の感染者500万人超に 5月21日は増加数過去最多

1: 夜のけいちゃん ★ 2020/05/21(木) 22:37:27.30 ID:4A/idH609

 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によると、新型コロナウイルスの世界の感染者が日本時間21日、累計500万人を超えた。

 世界保健機関(WHO)によると、過去24時間での増加数は10万人超と過去最多を記録。欧米で勢いが鈍化する中、中南米で深刻化している。

 4月初めに100万人に達した世界の感染者は、1カ月半余りで5倍に膨れ上がった。米国(約155万人)が最も多く、ロシア(約31万人)、ブラジル(約29万人)、英国(約25万人)と続く。スペイン、イタリアも20万人台に上る。

 世界の死者は32万8000人超。国別で米(約9万3000人)、英(約3万6000人)、イタリア(約3万2000人)の順に多い。


5/21(木) 11:16配信
ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/c52cea2a329b9e292afd420d978dcfaaa2d4f017



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590068247/続きを読む

【ロシア】北極に暮らした伝説の古代民族 その居住地を発見

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/01/30(木) 06:46:42.01 ID:A0JPcCmS9

ユーラシア大陸の最北端にあたる東シベリアの北部タイミル半島で、未知の北方民族のものだと考えられる発達した文化の痕跡が発見された。発掘したクラスノヤルスク(ロシア・シベリア中部)の考古学者らは、この民族は北極に住んでいた「シヒルティヤ」と推測している。「シヒルティヤ」とは、タイミル半島に暮らす先住民族ネネツ人の神話に登場する伝説の古代民族。

その文化の痕跡が発見されたのは、タイミル半島の北西沿岸に位置するマカロフ湾。考古学者らによると、この地域は考古学的調査が行われていない。

今回見つかったのはマンモス骨製のものを含む地下住居や生活道具。考古学者らはこれらの出土品が「シヒルティヤ」の秘密のベールを破るのに一役買うのではないかと期待を膨らませている。学者らの指摘によれば、ロシア中心部(モスクワ周辺)からこれほど遠く離れた北東部で、ロシア人ではない先住民族の文化の痕跡が発見したのはこれが初めて。 

出土品は放射線炭素年代測定による解析で14世紀のものであることが判明した。この民族は15~17世紀に起きたいわゆる小氷期による大寒波が襲う前に、タイミル半島に定住を果たしていた。主な生業は漁業だったと見られており、タイミル半島に居住していた古代民族はおしなべてトナカイを狩猟して暮らしていたことから、今回の民族は現在分かっているなかでは唯一の稀な例となっている。

現在、これらの地域に住んでいるネネツ人の神話には、まさに、古代北方民族の漁業に関する話が残されている。

■北極に住む古代民族「シヒルティヤ」

現在、タイミル半島に住むネネツ人は、ロシアのヨーロッパ地域の北部や西シベリア北部にルーツを持つ。ネネツ人が昔から生業としてきたのはトナカイ飼育業。


ネネツ人の神話には、古代民族「シヒルティヤ」の話が出てくる。この古代民族は、グリーンランドやスウェーデンの島々で暮らす先住民族サーミ人の祖先と考えられている。

ネネツ人の神話には、古代民族「シヒルティヤ」は明るい色の髪と目を持ち、シャーマニズムの能力を有する背の低い人々と描かれている。神話に登場するこの古代民族はマンモスを放牧し(今回の出土物にマンモスの骨から作られた物が含まれている!)、犬ぞりで移動し、魚を釣り、鍛冶作業に勤しみ、外に出るのは夜中だけだという。

考古学者らは、マカロフ湾にはネネツ人の神話に登場する伝説の民族「シヒルティヤ」が住んでいたかもしれないと推定している。その証拠に、発見された住居の敷居部分からはマンモスの牙が見つかっている。

no title

no title


https://jp.sputniknews.com/russia/202001227039059/


引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1580334402/続きを読む

ロシアの主要なウイルス研究所が爆発 HIV、エボラ、炭疽菌、天然痘など貯蔵

1: ちーたろlove&peace ★ 2019/09/17(火) 11:41:55.06 ID:ZEY0jdY+9

【原因不明】ロシアの主要なウイルス研究所が爆発 HIV、エボラ、炭疽菌、天然痘など貯蔵

公開時間:2019年9月16日14:01

 
シベリアにある世界最大のウイルス研究センターの1つは、エボラ、HIV、炭thrなどの株で知られる秘密の化合物を突然爆発させた後、炎に包まれたと伝えられています。
ノボシビルスクから数キロ離れた科学の中心地であるコルトソボで発生した火災に対応するため、月曜日に消防士と救助隊がスクランブルされました。爆発と火災がベクター研究所と呼ばれるロシアのウイルス学とバイオテクノロジーの研究センターに影響を与えたため、状況は通常の緊急事態から重大な事件にすぐに改善されました。

この研究所は、エボラと肝炎のワクチンを開発したこと、および免疫学を取り巻く流行と属の問題を研究したことで知られています。冷戦中、それは現在廃止されているソビエト生物兵器プログラムの一部であると考えられていました。つまり、天然po、エボラ、炭thr菌、および特定のペストなど、最も危険な株のいくつかは研究所の建物内にまだ保持されています。

そのことを念頭に置いて、緊急事態省の地方支部は迅速に電話に応答し、13の消防車と38の消防士を送り込み、到着後数分で6階建ての建物に入りました。

火災があり、すぐにいくつかの4階に消滅した「建設工事」とはされていたに行います。



関連記事
また、RT.COMで、天然BIOの
バイオテロ攻撃は10年間惑星を破壊する可能性があります
https://www.rt.com/news/452079-smallpox-bioterrorist-attack-devastate-planet/


地方当局による報告は、詳細については明らかに軽微であり、さまざまな情報源が、建設現場で火災を引き起こしたのはガス爆発であったことを示唆しています。1人の建設労働者が足に火傷を負い、外傷治療のために病院に運ばれた。

コルトソボ市長は、彼の側では、この地域では有害物質の放出はないことを国民に保証しました。それでも、爆発の原因は不明のままで、調査が開始されました。

https://www.rt.com/russia/468919-russia-virus-lab-blast/
翻訳: Google
ファイル写真©疾病管理予防センター/ロイター経由の配布資料
no title



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1568688115/
続きを読む

モンゴル帝国の古代ルーシ諸国への侵略とジェノサイド 「血の川」が誇張ではない事実を考古学者らが解明

1: しじみ ★ 2019/09/03(火) 23:38:01.39 ID:HCoBMqUY9

モンゴル帝国の初代皇帝で最大の征服者チンギス・カンの孫にあたるモンゴル指揮官バトゥの軍隊は、13世紀にルーシ諸国の領土を侵略し、古代の年代記に記述のように抵抗する兵士らを殺害したにとどまらず、文字通り親族もろとも、つまり現在のジェノサイドによって非武装の住民たちをも虐殺した。ロシア科学アカデミー考古学研究所とモスクワ物理・工学研究所の研究者らは、モンゴル人らの犠牲となった人々のヤロスラヴリ市の墓地を研究し、こうした結論に到達した。

1237年から1242年にバトゥの軍隊は、古代ロシア公国の領土に対し破滅的な行軍をなんどか行った。これらの行軍がいわゆるモンゴル=タタールの軛のはじまりと考えられている。タタールの軛は、モンゴル帝国による古代ルーシの征服期間であり、1480年までの約200年以上にわたった。

■焦土と化した大地

バトゥの軍隊による行軍の歴史は、古代ルーシの年代記に記録されており、侵略者たちが侵攻した土地で行った残虐行為が記述されている。モンゴル人らは抵抗する地域は住民とともに完全に焼き払い、井戸に毒を混入し、女性や子どもら多くの住民たちを捕虜にした。

歴史学者の中には、これらの残虐行為の大部分は愛国目的から年代記の著者たちが過大に誇張しているという意見がある。

しかし、考古学者らは、古代ルーシ住民の苦悩に関する年代記の記述は歴史的事実に合致する可能性があることを証明した。

■「まちが血の海に」

モスクワから約270キロに位置するヤロスラヴリ市。同市の墓地に眠るモンゴルのルーシ侵攻時の遺骸15体の研究が行われた。研究者らは、墓地で発見した55歳超の祖母と30~40歳の娘、そして20歳前後と思われる若い男性の孫からなる三世代の家族を遺伝子分析によって調査した。彼らは刀剣で殺害されていた。

年代記では、ヤロスラヴリはバトゥの軍隊の行軍で破壊されたたくさんまちの1つとしてだけ記述されている。

「惨劇の現実的な規模が解明されたのはほんの最近のこと。2005年にウスペンスキー大聖堂の改修がはじまる直前に発掘が開始された」

研究者らによれば、ヤロスラヴリでの5年間で、年代記では言及されていない破壊行為に関係する最多数の墓地が発見された。墓地の数は9ヶ所にのぼり、非業の死をとげた遺骸300体以上が見つかっている。
「現在、これらのまちで何が起こったのかを調べるなかで我われが理解したのは、年代記の『血の海と化したまち』という隠喩はほぼ現実に起こったことだということだ」。

考古学者らによれば、「バトゥの軍隊の行軍はすべての国々に大きな悲劇をもたらし、残虐さと破壊に関しては他の事件とは比較にならない」。

no title


https://sptnkne.ws/9CDJ



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1567521481/続きを読む

ロシアで時速600㎞まで加速できる軍用ヘリコプターの技術が開発される

1: アンドロメダ ★ 2019/09/02(月) 04:31:09.31 ID:DkvdowkT9

ロシアのカモフ社(「ロシアン・ヘリコプターズ」へ加入)が、時速600キロまで加速する軍用ヘリコプターの技術を開発した。
これは現存する将来性のある同様のヘリコプターよりも高速。

カモフ社のセルゲイ・ミヘーエフ主任設計者が発表した。
ミヘーエフ氏は航空宇宙ショー「MAKS-2019」で、「我々は軍用ヘリコプターが時速600キロ以上で飛行するための解決策を見出し、私はその特許を取得した」と述べた。

ミヘーエフ氏によると、ボーイング社やシコルスキー社は時速480~550キロで飛行するヘリコプターを開発している。
現在、ヘリコプターの飛行速度のギネス世界記録は時速400キロ。
一方、シコルスキー社によると、同社のヘリ実証機シコルスキーX2は、最大時速472キロまで加速できる。

「ロシアン・ヘリコプターズ」は、ロシアの大多数のヘリコプター製造企業を統合したロシアのヘリコプター製造会社。
同社によると、ロシア製ヘリコプター8000機以上が100か国以上で運用されている。
「ロシアン・ヘリコプターズ」は、ロシアのヘリコプター市場の90%、世界市場の販売台数の10%を占めている。

https://jp.sputniknews.com/russia/201908316632128/

▼関連スレ
【軍事】<エアーウルフ> 時速350km超 二重反転式ローターの次世代ヘリコプター「S-97 RAIDER」
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567160371/
※こちらはアメリカ製です



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1567366269/
続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!