サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

ロボット

眼球模倣の「サイボーグ・アイ」を香港科技大学が開発 光で発電、人の眼より高解像度化も可能

1: チミル ★ 2020/05/22(金) 00:16:26.25 ID:BKCLDUxt9

香港科技大学の研究者が、人間の目の構造を模倣した球状の人工視覚センサーを開発しました。

このセンサーは光を集中させるためのレンズと、半球状の網膜の役目を果たす部分で構成されます。また球体部は直径2cmほどの大きさで人間の眼とほぼ同じ。そしてその内部は導電性の液体で満たされます。半球状の網膜にあたる部分は光で発電するペロブスカイトナノワイヤーの高密度アレイから作られ、活性化されると人間の神経細胞と同様に電気信号を発生します。

この視覚センサーはただ人間の眼を模した構造になっているだけではなく、実際に可視光の入力に関して人間の眼に近い応答性と優れた回復性を示します。

視野角については人間が130~150度ほどとされるのに対して約100度と狭いものの、まだ改良の余地があり、将来的には解決される問題だとされます。とはいえ、他の人工視覚はイメージセンサーが平面状のものが多いため、さらに視野角が狭いと研究者は指摘しています。


※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
https://japanese.engadget.com/jp-2020-05-21-cyborg-eye.html?1



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590074186/続きを読む

ロボットスーツ「HAL」を体験 岡山倉敷市の高校で特別授業

1: 靄々 ★ 2020/02/04(火) 06:38:40.53 ID:S4Wu7B8R9

装着型サイボーグ「HAL」を体験しよう 岡山・倉敷市の高校で特別授業

 高齢者や下半身に障害がある人のサポートなどに使われる装着型サイボーグ「HAL」を使った特別授業が3日、岡山県倉敷市の高校で行われました。

 倉敷市の水島工業高校で行われた特別授業は情報技術科の2年生、約40人が参加しました。
 
 岡山県出身で筑波大学の山海嘉之教授が開発した「HAL」は、脳や筋肉の動きを認識し人の動きをサポートします。
 重さ約3キロの腰に装着するタイプなどがあり医療や自立支援、作業支援として使われています。

(記者)
「私も機械を付けてみました。こちら20キロのポリタンクなんですが、このよう腰のサポートが利いて
楽々持ち上げられます」

 付けていないときとは大違いです。

(記者)
「腰にかなりきて重たいです」

 実際に生徒も体験しました。寝たきりの人などに使う医療用では、生体電位信号を読み取るセンサーを腰に付けてから機械を装着します。

 他の生徒も「HAL」の力を体験し、ロボット技術の進化による新しい社会の可能性について学びました。

(体験した生徒はー)
「誰かが力をガッと加えているみたいな、自分じゃない力が働いているみたいな感じですね」
「今後も自分が年を取ったときに、そういったロボットに支えていただけるといいなと思います」

(岡山ロボケアセンター/向谷隆 代表)
「自分が興味をもたないことには、いつまでたっても新しい物は生まれないはずなんです。それは今やっている勉強だけじゃなくて、幅広く興味をもってもらわなければなと」


※ ソースに動画あります
https://www.ksb.co.jp/newsweb/index/16220
02月03日 18:15 KSB



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1580765920/続きを読む

はやぶさ2、小惑星での任務終了 近く地球へ向け出発予定

1: ガーディス ★ 2019/10/28(月) 18:02:30.55 ID:t1iFAing9

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、探査機はやぶさ2が3日未明に小惑星りゅうぐう表面に向かって放出した小型ロボット「ミネルバ2」が狙い通りに着陸したと発表した。落下時の様子から小惑星の重力の分布を調べる。はやぶさ2は小惑星での任務を全て終え、予定通り11~12月にりゅうぐうを離れる。

 出発日について、プロジェクト広報担当の久保田孝教授は「全ての任務をやり遂げたと思うが、やり残したことがないかを最終確認して決めたい」と話した。

 りゅうぐうの高度1キロで放出されたミネルバ2は約22時間で小惑星を1周弱して表面に落ちたとみられる。
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019102801002070.html



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1572253350/
続きを読む

もうすぐ人間の仕事を奪う? ロボットが1日2万5000個のラズベリーを収穫 「熟れ具合」も判別」(動画あり )

1: ごまカンパチ ★ 2019/06/04(火) 02:42:59.56 ID:7+hhiwLN9

https://www.businessinsider.jp/post-191580
※リンク先に動画あり

・効率的にラズベリーを収穫する新しいロボットが開発されている。
・機械学習テクノロジーを用いたロボットは、カメラとセンサーを通して「スーパーに陳列できるレベルの熟れ具合」を判別する。
・開発者はロボットが1日に収穫できるラズベリーは2万5000個以上と述べた。人間は1万5000個程度。

ラズベリー収穫ロボットの登場が間近だ。
英プリマス大学からスピンアウトした企業、フィールドワーク・ロボティクス(Fieldwork Robotics)が開発した新しいロボットを使うと、
農家は1日約2万5000個のラズベリーを収穫できるようになる。
ロボットは、プリマス大学でロボット工学を教えるマーティン・ストーレン(Martin Stoelen)博士が考案した。ガーディアンが伝えた。

機械学習テクノロジーを用いたロボットは、カメラとセンサーを通して
「スーパーに陳列できるレベルの熟れ具合」を判別する。収穫時期を迎えたラズベリーを特定すると、グリッパー(バーベキューで使うトングのようなもの)を伸ばし、
摘み取って、近くに置かれたカゴに入れる。開発には90万ドル(約1億円)近くが費やされた。

フロンティアIP(Frontier IP) ── フィールドワーク・ロボティックスの技術のベースとなっている大学の知的財産の商業化を専門とする企業 ── の
広報担当者アンドリュー・ジョンソン(Andrew Johnson)氏によると、ロボットは10秒に1個ラズベリーを摘み取り、1日20時間稼働する。

4本のアーム(現在は1本のみ)が装備されれば、ラズベリーを1日2万5000個以上収穫できるようになる見込み。
これは人間が8時間で収穫できる平均的な個数1万5000個をはるかに超える。
ロボットは労働力不足や人件費の高騰といった農家が抱える問題を解決する可能性がある。

初めての実証実験は、イギリスのベリー生産会社ホールハンター(Hall Hunter)が所有するウエスト・サセックス(West Sussex)の農場で行われた。
同社はフィールドワークスのパートナーで、マークス&スペンサー(Marks & Spencer)、テスコ(Tesco)、ウェイトローズ(Waitrose)といった小売店と取り引きしている。

フィールドワークスはこの秋にさらに実験を行う計画で、得たデータをロボットの改良・改善に生かしていくとジョンソン氏は述べた。
2020年の商用ロボットの製造開始を目指している。
収穫プロセスが抜本的に変わるのは、ラズベリーだけではない。
ストーレン博士が最初の研究対象としてラズベリーを選んだのは、他の果実より傷みやすいからであり、まず最初に複雑な工程に取り組みたかったから。

博士はすでに、トマトとカリフラワーの収穫に取り組んでいる。



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1559583779/続きを読む

テッポウエビが発する「プラズマ衝撃波」を再現するロボットハサミ、米研究者らが開発

1: しじみ ★ 2019/04/20(土) 20:48:57.32 ID:CAP_USER

テッポウエビは想像を絶する生きものだ。体長わずか数センチメートル。片方のハサミは分相応の大きさだが、もう片方のハサミは巨大で、それをすさまじい力で閉じることによって衝撃波を発生させ、獲物を気絶させる。

ハサミの2つの刃が噛み合う瞬間に気泡が発生し、すぐさま破裂する。これによってプラズマの閃光と、4,400℃もの高温が生じる。信じられない話だが、手のひらに乗るくらい小さな水生生物が、はさみをパチンと鳴らすことで、超高温の気泡を兵器に変えるのだ。

研究者たちがいま、この恐るべき力の応用方法を模索している。学術誌『Science Advances』に3月15日付で掲載された論文で、ある研究チームがテッポウエビのプラズマ銃を真似たロボットハサミを製作し、プラズマを発生させることに成功したと報告した。生物進化が産んだこの奇抜な能力をうまく改良できれば、さまざまな水中での用途が考えられる。

テッポウエビは、プラズマの衝撃を生み出す武器をさまざまな用途に使っている。狩りに使うのはもちろんのこと、スナップ音でコミュニケーションもとっていて、その音量は210デシベルにも達する(本物のピストルは150デシベル程度だ)。プラズマ衝撃波を使ってサンゴ礁に巣穴を掘る種もいる。おかげで海底は実に騒々しく、ソナーに干渉を起こすほどだ。
no title


■脱皮後の殻を使ってハサミを3Dプリント

テキサスA&M大学の機械工学者デイヴィッド・スタークは、テッポウエビの多機能ハサミは人間にも役立つのではないかと考えた。彼のチームは、まずは何匹かの生きたテッポウエビを入手した。

ほかの節足動物と同じく、テッポウエビも定期的に脱皮する。成長するにつれて小さくなった外骨格を脱ぎ捨てるのだ。

この脱皮後の殻を使ってスタークはハサミの型をとり、それをさらにスキャンして詳細な3Dモデルをつくった。その後、彼はモデルデータを3DプリントサーヴィスのShapewaysに送り、テッポウエビのプラズマ銃のプラスティック版が完成した。

■ネズミ捕りの仕組みを応用した実験

スタークは、この独特の構造の付属肢を使って実験を行なった。ハサミの上半分は、普段は引き金を引いた状態でロックされている。その一部(プランジャー)を下半分の受け口(ソケット)に叩きつける構造になっている。

これによって水が急速に押し出され、気泡ができる。この原理はキャヴィテーション(液体の流れで圧力差によって短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象)と呼ばれている。

「バネを使うネズミ捕りのようだと思いました」と、スタークは言う。「そこで、実際にネズミ捕りをいくつか水に沈めてみて、トリガーを外したときにアームがどのくらい速く回転するか試しました。そしてネズミ捕りのアイデアを、ハサミを閉じる仕掛けとして応用したのです」

スタークがつくったハサミは、バネ仕掛けの軸を中心に上半分のパーツが高速で回転して力を生み出し、プランジャーをソケットに叩きつける。この動作でできた高速の水流が、キャヴィテーション気泡を生む。気泡は最初は低圧で比較的大きいが、すぐに破裂に向かう。

「周囲の水に押され続けることで、圧力と温度が極めて高くなるのです」と、彼は言う。気泡はとてつもない高温になり、プラズマ発光が生じるほどだ。
https://wired.jp/wp-content/uploads/2019/04/01-xtang1.2019-03-14-15_41_04.gif

■既存の方法よりも10倍以上も効率的

これと同じ現象は、テッポウエビがハサミを閉じたときにも観察される。「水が外側に押し出されることで衝撃波が出現します」。野生のテッポウエビは、こうして獲物をノックアウトしているのだ。

研究チームはラボでハイスピードカメラを使用し、ハサミの隙間から排出されるジェット水流を観察した。また、その後に生じる衝撃波についても、プラズマ発生時の閃光というかたちで撮影することに成功した。

水中でプラズマを生み出すのは、テッポウエビの専売特許ではない。水中での溶接作業では、プラズマを利用したプラズマアーク溶接という方法が用いられ、こちらも超高熱を生み出す。また、レーザーを使って水中でプラズマをつくりだす方法も確立されている。

しかし問題は、プラズマアーク溶接やレーザーを用いた手法が非効率的であることだ。ハサミを使ったプラズマ生成なら、既知の手法の10倍以上も効率的だとスタークは言う。ただし、スケールアップするにはさらなる研究開発が必要になる。

続きはソースで

https://wired.jp/2019/04/18/shrimp-plasma/



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1555760937/続きを読む

JAL、手荷物積込にパワードスーツ導入 グラハン負担軽減へ

1: しじみ ★ 2019/02/12(火) 23:40:09.37 ID:CAP_USER

日本航空(JAL/JL、9201)グループで、国内空港での貨物搭載などグランドハンドリング(グラハン)業務を担うJALグランドサービス(JGS)は2月12日、グラハン作業者の負担軽減用の「パワードスーツ」を導入したと発表した。羽田と成田の両空港で導入し、社員の負担軽減や生産性向上につなげる。JALグループでパワードスーツを本格導入するのは初めて。

—記事の概要—
・羽田・成田で10台ずつ
・「日本のグラハン、荷物扱い丁寧」
・腕機能の共同開発も

■羽田・成田で10台ずつ


パワードスーツ「MODEL Y」を装着するJGSのグラハンスタッフ=19年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 導入するのは、ATOUN(あとうん、奈良市)が開発したパワードスーツ「ATOUN MODEL Y」で、腰に装着して作業する。荷物を持ち上げるときはモーターがアシストし、下げるときはブレーキ機能が働くことにより、腰への負担を軽減する。

 JGSは2月1日から、羽田と成田で10台ずつ計20台を順次導入。受託手荷物のベルトコンベアからコンテナへの積み込み時や、上屋での貨物取り扱い時に活用する。

 MODEL Yはモーターを左右に1つずつ搭載し、体の動きに追従。持ち上げる際の中腰姿勢をサポートする。背中にリチウムイオン電池を備え、1.5時間の充電で約4時間可動する。重さは約4.5キロ。カーボン樹脂を採用することで軽量化を実現した。

 今回導入したパワードスーツは、腰の負担を軽減する。今後、腕のアシスト機能実装に向け、JGSとATOUNの両社で共同開発を視野に入れた実証実験を展開する。

■「日本のグラハン、荷物扱い丁寧」


「MODEL Y」の導入経緯を説明するJGSの中村社長=19年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 JGSの中村泰寛社長は「MODEL Y」の導入理由について、着脱や歩行の容易性など「現場の評価が高かった」ことを挙げた。また、腰のほか腕などへの拡張性も評価したとした。

 羽田では1日あたり、およそ4万個の受託手荷物を取り扱っている。中村社長によると、日本のグラハン会社は海外と比較し、受託手荷物を丁寧に扱っているという。「腰の負担がよりかかる傾向にあるが、品質の高い作業を日本の会社として求めていきたい」と述べた。

 今後は導入した20台を他空港にも展開。福岡や札幌、伊丹などの基幹空港でも負担軽減を狙う。

 羽田での荷さばきでパワードスーツを着用した、JGSのスタッフは「重い荷物を扱う札幌行きや那覇行きのほか、国際線で力を発揮しそう」と話した。

腕機能の共同開発も


パワードスーツ「MODEL Y」を販売するATOUNの藤本社長=19年2月12日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 JGSが導入したMODEL Yは、2018年7月に発売。1台70万円程度で、これまで倉庫や工場などの物流や、製造などの業界で200台近くを販売した。航空業界での導入は、JGSが初めて。

 MODEL Yを販売するATOUNの藤本弘道社長は、2019年度からは農業での導入も狙う。また、腕機能をJGSと共同開発することで、負担軽減を実現したいとした。

 ATOUNは2003年6月に、松下電器産業(現パナソニック、6752)の社内ベンチャー制度で設立。2013年3月には三井物産(8031)と業務・資本提携し、現在はパナソニックと三井物産との合弁会社となっている。



no title

no title

no title


https://www.aviationwire.jp/archives/166453



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1549982409/続きを読む

日本のお家芸「ロボット研究」の国際地位が低下…学術論文数で中国が米国を抜くなど勢力図が変わる

1: ニライカナイφ ★ 2018/06/24(日) 23:10:53.75 ID:CAP_USER9

◆日本のお家芸ロボット、東大がトップ陥落本社共同分析

日本のお家芸とされ、ハイテク技術の象徴ともいえる「ロボット」研究で、日本の国際地位が低下している。
日本経済新聞と学術出版世界大手のエルゼビア(オランダ・アムステルダム)の共同分析で分かった。

科学技術への積極投資が進む中国は学術論文数で米を抜くなど勢力図が大きく変わってきている。
2016年までのロボットに関係する学術論文を分析。

※続きは非公開の有料記事のため、公開された無料記事のみ引用しました。

日本経済新聞 2018年6月22日 22:00
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3213827022062018EA3000?s=1

■前スレ(1が立った日時:2018/06/24(日) 15:07:15.47)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529838964/



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1529849453/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!