サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

ワイン

フランスで大麻成分入りのワインが誕生した訳 禁止は抑制にはつながらない

1: ごまカンパチ ★ 2021/03/09(火) 23:28:38.82 ID:b4HpoMJL9

https://news.yahoo.co.jp/articles/1385a959c6bdff7e9921e4d4fc71adeec5878a4f
──フランスは欧州の中でも、大麻の取り扱いに厳しい国だが......
 フランスのボルドーで、大麻の成分のひとつであるカンナビジオール(CBD)入りワインが初めて生まれた。
その背景から、フランスのワイン事情と大麻事情を紹介する。

■ ワイン離れが進む世代へのアプローチ
Burdi W<と名付けられたこのドリンクは、プティヴェルドと呼ばれる単一品種のブドウで生産された地元のワインにCBDを250mg組み合わせたもので、
ヘンプの香りにカシス風味がプラスされている。
この商品を世に出したラファエル・ド・パブロ氏は、「クラシックなアルコール効果にリラックス効果が追加された」ドリンクだと胸を張る。
同商品は、若い世代の目をワイン向けさせることも目的としている。
蛍光色を使って大麻の葉のデザインしたボトルラベルも、若い世代へのアプローチ効果を狙ったものだ。

実は、フランス人のアルコール消費量は、1960年以来減少傾向にある。
それでも2017年の発表によれば、経済協力開発機構加盟国34か国(調査当時)の中で6番目にアルコール消費量の多い国だ。
具体的には、15歳以上の国民1人につき1年に平均11.7リットルのアルコールを消費している。
余談だが、この統計が15歳以上でとられているというのは面白い。
というのも、フランスでもアルコール摂取は成人(18歳)になるまでは許されないはずのものだからだ。

フランス人が最も好むアルコール飲料1位は相変わらずワインだが、年代を区切るとこの限りではない。
若い世代はカクテルなどに用いられる蒸留酒を最も好み(67.3%)、それにビール(63.5%)が続き、ワイン(35.9%)は3位でしかない。
Burdi Wはそんな世代の目をワインに向けさせる役目を背負って誕生したというわけだ。

■ 大麻に厳しい国、フランス
カンナビジオール(CBD)は、麻から抽出できるカンナビノイドの一種だが、いわゆる麻薬のような精神作用は持たない。
それどころか「抗テンカン」「抗炎症」などの作用が認められており、2019年にはEUが、CBDを原料とする医薬品を承認している。
それにもかかわらずフランスは国内でのCBD使用を禁止していたため、2019年11月、欧州司法裁判所に違法であると裁定されている。

このことからもわかるように、フランスは欧州の中でも、大麻の取り扱いに厳しい国だ。
大麻は、たとえ自宅で一人で吸ったとしても、論理上は1年の懲役と3750ユーロの罰金を科せられる刑事犯罪なのだ。
ただし、実際にはほとんどの場合、2019年導入された200ユーロの定額罰金制度が適用されている。
大麻を栽培した場合はさらに厳しく、10年の懲役が刑法で規定されており、販売、流通、購入にかかわった場合も基本的には10年の懲役を科せられる(個人使用の場合は5年)といった具合だ。

ところが、厳しい取り決めとは裏腹に、フランスはヨーロッパでもっとも大麻使用の多い国で、時々消費する人は500万人、常習者は90万人を数える。
若者への普及率も高い。フランスの麻薬事情を扱う公的機関OFDTが2018年にまとめた調査によれば、17歳の10人に4人(39.1%)が大麻の使用経験を持っている。

■ 医療用、娯楽用ともに合法化への動き
上のような事情から、禁止は抑制にはつながらないという主張が定期的に唱えられ、大麻の合法化は何度も議論に上ってきた。
2021年3月1日にも大麻の娯楽的使用の合法化についての世論調査が発表されたところだ。
それによれば、80%以上が法規制内での大麻使用を認める案に賛成と答えており、今後何らかの動きにつながると思われる。

また、医療用大麻の使用に関しても、少しずつ進んでおり、今年3月31日から24か月間、大麻の医療使用が試験的に行われることが決まった。
対象となるのは、神経障害性疼痛や癌などの重い病を持つ病人約3000人。
既存の治療法で効果が見られない場合にのみ大麻が処方される予定となっている。

大麻の解禁は、財政的にも魅力的なものだ。
2020年6月オプス誌上に掲載された議員20人ら連名の投稿は、「(大麻の)合法化は、毎年20~28億ユーロの財源を国にもたらし、
特に農業に3~8万の雇用を生む」と見積もっている。



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1615300118/続きを読む

精神科医が挙げる健康に最も有害なお酒はビール 最も有害性の低いのは辛口の赤ワイン

1: みずいろの雨 ★ 2020/02/06(木) 05:41:55.50 ID:rVgMPGCF9
健康にとって最も危険なお酒は、ビール。精神科医で薬物依存症専門医のダニール・ポクロフスキー氏が発表した。

ポクロフスキー氏は、ビールを禁止するべきだと考えており、ビールは最も危険な飲み物だと指摘している。なお、ビールに含まれるアルコールは、最も有害性の低い成分だという。

ポクロフスキー氏によると、味、色、泡を与えるその他のビールの成分は、健康にとって非常に有害な金属コバルトを含む化合物。

容量375mlのビールのボトルには、その1人あたりの1日摂取上限量が含まれている。

ポクロフスキー氏は、コバルトを用いた塗料を使って仕事をしていた中世の画家を例として挙げた。このような画家たちは、コバルトの毒性により長生きしなかった。ポクロフスキー氏は、ビール好きの人たちもコバルトの害毒を受けるおそれがあると説明している。

なおポクロフスキー氏によると、最も有害性の低いお酒は、辛口の赤ワイン。辛口の赤ワインは、ビタミン、微量元素、抗酸化物質が豊富だという。

https://jp.sputniknews.com/science/202002057076734/
no title

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1580935315/続きを読む

「青ワイン」で業界に新風、スペイン学生スタートアップ企業の冒険

1: みつを ★ 2018/11/05(月) 03:37:28.15 ID:CAP_USER9

http://www.afpbb.com/articles/-/3194482?cx_part=latest

「青ワイン」で業界に新風、スペイン学生スタートアップ企業の冒険
2018年11月4日 10:00 
発信地:ポルトゥガレテ/スペイン [ スペイン ヨーロッパ ]

【11月4日 AFP】スペイン・バスク(Basque)地方のある大学生のグループは5年前、産業界に旋風を巻き起こしたいと考えた。どんな分野でも良かったが、できれば食品や飲料関連の業界にしたかった。

 イマノルさん、イニゴさん、ゴルカさん、アリッツさん、タイグさんの5人組は、中でも最も伝統的な産業を選択した。そして、その伝統故に非常に保守的だったワイン業界に、画期的な青色のワインなどを送り込み、新風を吹かせた。

 彼らはバスク大学(University of the Basque Country)で2年間、学内の化学エンジニアや外部のフードイノベーションセンターなどの協力を得ながら研究を進め、2015年にスタートアップ企業「ジックライブ!(Gik Live!)」を立ち上げた。

 初年度のワイン販売数は3万本で、2017年には50万本に迫った。同社は現在、世界21か国に輸出しており、そのうち最大の市場は米国、次いでワイン好きで知られるフランスとなっている。最初は5人で始めた会社も、今では従業員12人を抱えるまでに成長した。

 バスク地方の最大都市ビルバオ(Bilbao)北方の町ポルトゥガレテ(Portugalete)にある同社オフィスのバーで、アイルランド系バスク人の共同創設者タイグ・マッカーシー(Taig Mac Carthy)さんはこう語った。

「多くの人々にとって、ワインは変えてはならない神聖なものだということを、僕たちは理解しています」「でも僕たちは、何かを変えたいのです。挑戦することを恐れてはいません」

■青色のレシピ

 ブルーワインの入ったグラスをちらっと見ただけで、ソムリエはそそくさと退散するだろう。目が覚めるような青いワイン「ジックブルー(Gik Blue)」は、スペイン国内の数か所のワイナリーで、伝統的な手順に従って造られている。

 どんなレシピなのだろうか?

 大量の白ワインに少量の赤ワイン、それにほんの少しの果醪(かもろみ)または搾りたてのグレープジュースを混ぜ合わせる。

 青い色は「天然素材とテクノロジー」の融合の結果で、インジゴカルミンと赤いブドウの皮に含まれるアントシアニンの2種類の色素によって生まれる。だが、それ以上は「企業秘密」だという。スペインの他の銘柄も後に続き、青いスパークリング・カバなどを売り出した。

 一方で、同社は別の種類の商品も次々と生み出している。中には、アールグレーティーを浸出させた赤ワインや煎茶を浸出させた白ワイン、あるいは「バスタルデ(Bastarde)」と名付けられたスパイシーな赤ワインなどがある。ネット販売の価格帯は、1本11~13ユーロ(約1400~1700円)で、同社によると購入者は男女問わず25~45歳が中心だという。

■二分する評価
リンク先に続きあり
(c)AFP/Marianne BARRIAUX

no title


続きを読む

手や腕の欠けた子どもが特定地域に集中するという事態がフランスで発生、政府が全国規模の調査で原因を究明中

1: しじみ ★ 2018/11/03(土) 00:17:22.75 ID:CAP_USER

先天的に手や腕が欠けた子どもがフランスの一部地域に集中して生まれていたことが判明しました。フランス当局は当初、発生件数について「平均より著しく高いということはない」という見解を示していましたが、事態が明らかになるにつれ姿勢を変え、新たに政府は全国規模の調査を開始すると発表。記事作成時点で発生地域の共通点は少なく、原因は明らかになっていません。

French Ain babies: Missing limb births prompt national inquiry - BBC News
https://www.bbc.com/news/world-europe-46043564

France launches probe into babies born with malformed arms - France 24
https://www.france24.com/en/20181031-france-probe-babies-born-malformed-arms

先天性上肢欠損の子どもたちは胎児の時期に適切に両上肢を形成することができず、結果として生まれた時に完全に両上肢がなかったり、前腕や腕が欠けていたりします。フランスではこのような子どもがスイス国境近くのアン県、ブルターニュ地方、ロワール=アトランティック県で突出して多く報告されているとのこと。

アン県で報告された子どもは「Druillat」という村から半径17kmの範囲に集中していることから、殺虫剤が原因である可能性も疑われています。

以下の写真に写っている少年が、アン県在住の手が欠けた少年のライアン君8歳。


過去6年間でDruillatの周辺で上肢の先天性異常が7件もあったということは、地元の医師によって2018年7月に報告されました。Public Health Franceは当初の調査結果で、「2009年から2014年までの報告数はフランス国内の平均よりも著しく高いものではない」という見方を示していました。しかし、その後、アン県では2000年から15年の間にさらに11件の上肢先天異常があったことが判明します。

アン県に加え、ブルターニュ地方、ロワール=アトランティック県でも同様のケースが見られ、最終的にPublic Health Franceはこれらが「平均以上の数だ」と認めました。Public Health Franceの最初の報告結果が貧弱で説明を欠いていたということは国民の非難を浴びており、国民の間では不安が広がっているといいます。


アン県のヘルスセンターに所属する遺伝子学者のElizabeth Gnansia氏は「2009年から2014年の5年間に生まれた、田舎にある同じ学校に通う7人の子どもの前腕が失われている状態が想像できますか?」「統計学は必要ありません」と語り、同地域の子どもの腕が欠けているのは偶然ではなく、原因があってのことだと話しています。

フランスの厚生大臣であるAgnes Buzyn氏は、原因を究明中であり、2019年の1月には最初の報告が行われること、そして7月には完全版の報告があることを説明しています。Buzyn氏はテレビ取材に対し「これは、全フランス国民が知りたいことだと思います。私たちは環境や食べるものや飲み物など、全ての可能性を無視したくありません。もしかすると呼吸によって吸収されるかもしれませんが……現時点では何もわかっていません」とコメントを寄せています。

Public Health Franceが現時点で発表している報告は一部の登録者を調査したものであるため、今後さらに該当者が見つかる可能性は大いにあるとのこと。実際に、病院のデータベースを使った解析でも、新しいケースが報告されたとPublic Health Franceは述べています。

ただし、子どもが生まれてから数年経過した時点で、当時の胎児に影響を及ぼしたものを包括的に調査するのは非常に困難であるとも指摘されています。

過去には、睡眠薬や胃腸薬としてサリドマイドを妊婦が服用するとサリドマイド胎芽症と呼ばれる奇形を持った新生児が生まれることが問題となりました。この時も薬の服用と子どもの奇形という関連性は、薬の服用が行われてから数年後に判明しています。

no title

no title


https://gigazine.net/news/20181102-missing-limb-births-france/



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1541171842/
続きを読む

ワインのだらだら飲みで「歯が溶ける」は本当か

1: しじみ ★ 2018/03/16(金) 09:17:37.84 ID:CAP_USER

■「酸蝕症」のリスク因子として上位に挙がる「ワイン」

 ビジネスにおいて、いつの時代でも重要なのは、人との出会いや繋がりである。

 特に、組織の垣根や国境を越えてビジネスを展開する現代のグローバル社会において、
良好な人間関係の構築は、仕事を円滑に進めるのに加えて、
新たなビジネスチャンスを生みだす可能性を広げる基盤となることから、決して欠かすことはできない。

 そうした人と人との出会いのきっかけや、
繋がりを深めたりするコミュニケーションツールの一つとして最適なのが、
“ビジネスの潤滑油”としても賞される「ワイン」である。

 ワインは原料となるブドウの種類も豊富で、たとえ同じ品種であっても国や生産者、
また生産された年によっても全く別物に変わる、話題に事欠かない奥深いお酒だ。

 ワインがあるだけでその場は華やかになり、ビジネスの話もより一層盛り上がる、
こうしたワインの効用について強調するビジネスマンは、経営者をはじめとして枚挙に暇がない。

このように世界中のビジネスマン同士の交流の場には欠かせないお酒となったワインであるが、
筆者の専門である歯科の領域において、う蝕(虫歯)、
歯周病に次ぐ第三の歯科疾患と言われているTooth wear (トゥース・ウェアー)と深い関係がある。

 Tooth wearとは、咬耗、摩耗あるいは酸蝕によって歯の表面の正常な構造、歯質が失われた状態のことを言う。
その中でも、酸性の飲食物や胃液などの「酸」によって歯質が薄くなっている状態のことを、「酸蝕症」と呼ぶ。

 以前は酸蝕症というと、
塩酸や硫酸、硝酸などを扱う工場において酸のガスやミストが直接歯に触れて表面が溶ける職業病と捉えられていた。

 しかし、最近では一般の人の口の中にも高い頻度で見られるようになってきている。
酸蝕症はゆっくり進行し、また溶ける範囲が広く浅いために、
重症化するまでは気がつかない場合も多いのだが、驚くべきことに近年の疫学的調査から、
成人の4人に1人もの人が酸蝕症であることが分かってきたのだ。
そして何より、その酸蝕症のリスク因子として、数ある飲料の中でも上位に挙がってくるのが、「ワイン」なのである。

■酸蝕症が起こるメカニズムワインがリスク因子として高い理由

 そこで、まず酸蝕症が起こるメカニズムについて、
そしてワインがどうして酸蝕症における高いリスク因子となりうるのかについて説明しよう。

コーラやサイダーなど炭酸飲料を飲むと“歯が溶ける”ということは感覚的に理解されているように思うが、
事実、歯を酸性の飲料水に長く浸しておくと、歯は溶けてしまう。
同様のことが日常、我々の口の中でも起こっている。 

続きはソースで

関連ソース画像
no title


ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/163465


続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!