サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

医薬品

トランプ政権、コロナ治療薬米国内で大量生産へ 米社と3.5億ドル契約

1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/05/20(水) 02:15:45.51 ID:M2+eYqp79

5/20(水) 2:06
ロイター

トランプ政権、コロナ治療薬国内生産へ 米社と3.5億ドル契約
トランプ米政権は新型コロナウイルス感染症の治療薬などのほか、供給が不足している一部医薬品の国内生産に向け、米バージニア州に本社を置くフロウに4年間で3億5400万ドル支払う契約を締結した(2020年 ロイター/LEAH MILLIS)
[19日 ロイター] - トランプ米政権は新型コロナウイルス感染症の治療薬などのほか、供給が不足している一部医薬品の国内生産に向け、米バージニア州に本社を置くフロウ(Phlow Corp)に4年間で3億5400万ドル支払う契約を締結した。

フロウは新型ウイルス感染症(COVID-19)の治療に使われる20種類以上の医薬品のほか、医薬品の原料物質の生産をすでに開始。トランプ政権は医薬品の外国への依存度低下を進めているが、今回の契約はこうした動きの一環となる。

トランプ政権で通商政策を担当するナバロ大統領補佐官は声明で「最も重要な医薬品、および医薬品の有効成分について、米国は長きにわたり外国の製薬会社と供給網に依存してきた。これにより、米国の医療保健、安全、国家安全保障は深刻なリスクにさらされている」とした。

政府との契約により、フロウは新型ウイルス感染症患者の治療に利用される主要医薬品のジェネリック(後発薬)5種類について、160万回の処方分を直ちに国家戦略備蓄に供給できるようになった。

フロウはシビカRx、アムパック・ファイン・ケミカルズ、メディシンズ・フォー・オール・インスティチュートなどと提携して医薬品を製造。製造は全て国内で行う。

フロウはこのほか、重要医薬品の国内生産に向け、主要な有効成分の長期的な国内備蓄を構築していることも明らかにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-00000010-reut-asia



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1589908545/続きを読む

アビガン、新型コロナへの有効性示せず 月内承認への前のめり指摘

1: 蚤の市 ★ 2020/05/20(水) 06:19:27.60 ID:UKxLQmSy9

img.5ch.net/ico/nida.gif
5/19(火) 23:56
共同通信

治療薬アビガン、有効性示せず 月内承認への「前のめり」指摘
アビガンの錠剤(ロイター=共同)
 新型コロナ感染症の治療薬候補アビガンを巡り、国の承認審査にデータを活用できると期待された臨床研究で、明確な有効性が示されていないことが19日、分かった。複数の関係者が共同通信に明らかにした。感染した著名人がアビガンの投与後に回復したと公表し、首相は「5月中の承認を目指す」とするが、現時点で薬として十分な科学的根拠が得られていない状況だ。

 アビガンは催奇形性の問題などがあり、専門家からは「効果や安全性を十分確認せずに進むのは納得できない」「月内の承認方針は前のめりだ」との声が出ている。

 アビガンは富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザの治療薬。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-00000217-kyodonews-soci
★1 05/20(水) 00:22:06.69
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589901726/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1589923167/続きを読む

【新型コロナ】ノーベル賞を受賞した日本発の治療薬「イベルメクチン」が救世主に?

1: 首都圏の虎 ★ 2020/04/08(水) 23:43:14.85 ID:qeIts2xh9

寄生虫感染症の「ワンダードラッグ」と称賛されるイベルメクチン(Ivermectin)は、2015年のノーベル医学生理学賞を受賞した大村智氏が土壌の微生物から分離したアベルメクチンという物質からできた薬だ。今回、オーストラリアの研究グループにより、イベルメクチンが新型コロナウイルスの増殖抑制に効果的という研究結果が発表された。

土の中からワンダードラッグ
 北里研究所にいた大村智氏が、静岡県伊東市川奈の土壌から採取した放線菌の一種(Streptomyces avermitilis)にアベルメクチンという物質を作り出す能力があるのを発見したのは1979年のことだ(>>1�。この物質がマウスに寄生した線虫を殺す作用があることがわかり、当初はウシなど家畜の寄生虫感染症に効く薬として開発された。

 その後、アベルメクチンから開発されたイベルメクチンが発展途上国の人々を苦しめていた河川盲目症(オンコセルカ症、ブヨにより感染)という寄生虫感染症にも効果があることがわかり、ヒト用のイベルメクチンが開発されることになる。

 そしてイベルメクチンは、象皮病にもなるリンパ系フィラリア症(カにより感染するフィラリアという蠕虫による寄生虫感染症)、世界で数千万人が感染しているとされる糞線虫症(糞線虫が消化器官に寄生する寄生虫感染症)、などにも効果があるということがわかり、特に熱帯・亜熱帯地域の発展途上国で多くの人を救ってきた(>>2�。

 新型コロナ感染症が世界的に猖獗を極めている。治療薬の開発は喫緊の課題だが、このウイルスに対してはこれまで抗インフルエンザ薬のアビガン、抗エイズウイルス薬のカレトラ、エボラ出血熱の治療薬のレムデシビルなど様々な医薬品が試されてきた。

 今回、そうした候補薬に名乗りを上げたのがイベルメクチンだ。オーストラリアのビクトリア感染研究所の研究グループが、イベルメクチンを試したところ、新型コロナウイルスの増殖を抑え、ウイルス数を劇的に減少させる可能性があることを発表した(>>3�。ちなみに、世界で最初に新型コロナウイルスを培養したのもオーストラリアの研究グループ(メルボルン大学ドハーティ研究所)だ。

新型コロナウイルスを99.98%も抑制
 本来、イベルメクチンは寄生虫感染症の薬剤だが、HIV-1(ヒト免疫不全ウイルス)のタンパク質生成を阻害することが確認され、インフルエンザウイルスなどのRNAウイルス、狂犬病ウイルスなどのDNAウイルスの感染を防ぐことが実証されているようだ。

 重要なのは、米国のFDA(食品医薬品局)にも承認されているように、イベルメクチンが約30年間に渡ってヒトの寄生虫感染症の薬剤として広汎に使用されてきたことだろう。特に、河川盲目症やリンパ系フィラリア症の薬剤として多くの発展途上国で使われてきた。

 もし、イベルメクチンが新型コロナウイルスの増殖を抑えることができれば、各国の薬事承認の過程を省くことが期待され、ストックも大量にある上に生産ラインもすでに整備され、特許も切れている(大村智氏は特許を放棄した)ことから大きな可能性があることがわかる。また、イベルメクチンの安全性は、妊娠中の使用に関してはっきりとわかっていないものの、システマティックレビュー研究で有害事象の報告はないとしている(>>4�。

 同研究グループは、新型コロナウイルスとよく似たSARSウイルス(SARS-CoV)が1本鎖のRNAウイルスであることから、イベルメクチンも新型コロナウイルスに効くのではないかと考え、細胞を使った試験(in vitro)をしてみたという。

 すると、イベルメクチンを使ってから24時間後に新型コロナウイルスのRNAが93%減少し、48時間後には99.98%減少したことを観察した。また、イベルメクチンによる毒性作用は見られなかったという。

 これは、イベルメクチンが新型コロナウイルスのタンパク質生成を阻害し、増殖を強く抑制したことを意味する。同研究グループは、まだ細胞を使った実験室内の結果であり、さらなる研究が必要としている。

 新型コロナ感染症には、一刻も早いワクチンと治療薬の開発が待たれている。イベルメクチンという日本発の治療薬に期待したい。

4/8(水) 8:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20200408-00172075/
no title



引用元: http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1586356994/続きを読む

【新型コロナ】富士フイルム、アビガン治験開始へ 増産も推進

1: シャチ ★ 2020/03/31(火) 02:43:23.87 ID:KP2q2HVc9

3/30(月) 22:12配信共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000190-kyodonews-soci
 富士フイルムホールディングス(HD)が、新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、新型コロナウイルス治療のための臨床試験(治験)を近く始めることが30日、分かった。増産も進める。

 アビガンについては、安倍晋三首相が28日の記者会見で、正式承認に向けた手続きを始める考えを示していた。

 アビガンを開発した富士フイルムHD傘下の製薬会社、富士フイルム富山化学(東京)が病院と連携して行う。感染拡大が深刻化している状況を踏まえ、治験後は早期に承認される可能性がある。生産能力拡大のため他社への生産委託も検討している。



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1585590203/続きを読む

新型コロナワクチン開発最前線、Covid-19の抗体治療の進捗を発表:米国

1: 猪木いっぱい ★ 2020/03/26(木) 02:04:54.08 ID:1UH0tev49

Vir Biotechnologyは水曜日に、臨床検査により、2種類の抗体薬がCovid-19を引き起こすコロナウイルスを中和するようであり、ヒトでの検査を追求すると発表した。

同社によると、医薬品の人間による試験は3~5か月で開始され、抗コロナウイルス抗体を生産するための他の2つの取り組みとほぼ一致するとしている。

ニューヨーク州タリータウンに拠点を置くRegeneronは、その抗体は初夏までに試験に入る可能性があり、その治療法は、それが効果的であることが証明されれば、秋には一部の用途に利用できる可能性があると述べています。

バンクーバーのバイオテクノロジーであるAbCelleraで抗SARS-CoV-2抗体を開発しているEli Lilly氏は、4か月以内に人体試験を開始することを望んでいると語った。

「この病気を止めるには、予防と治療のアプローチを組み合わせる必要があります」とVirのCEO、ジョージ・スキャンゴスは声明で述べた。

「Virでは、既存の抗体プラットフォームがCOVID-19に対抗する絶好のスタートを切ってくれたことを幸運に思います。また、複数のアプローチに取り組むための社内およびパートナーの機能があります。」

Virは、Scangosが以前にCEOを務めたバイオテクノロジー企業Biogen、マサチューセッツ州ケンブリッジ、および中国を拠点とする製造組織であるWuxi Biologicsと協力しています。

抗体は、製薬会社が病気の治療法として兵器化することを学んだ免疫システムの一部です。

SARS-CoV-2に対する抗体薬は、非常に重篤な患者の感染を治療するか、感染を予防する可能性があります。これは、研究者がCovid-19に対して試みている多くの手法の1つです。

VirはRegeneronとは少し異なるアプローチを取っています。Regeneronは2つの抗体を一緒に使用することを選択する予定ですが、Virは単一の抗体を選択しました。しかし、Virは2つの異なる方法でそれを変更し、結果として得られた2つの実験薬を並行してテストしています。

最初の変更により、抗体が体内でより長く持続するはずであり、両方の候補に対して行われています。

2つ目は、動物モデルでは、ワクチンと同様に、長期的な免疫につながる可能性のある白血球の長期的な生成につながります。

これが効果的であることが判明した場合、抗体を使用して感染を防ぐことができます。

Vir氏はまた、異なる働きをする他の抗体も特定しているため、テスト対象の2つの抗体と組み合わせることができると述べています。そして、血液中の抗体やSARS-CoV-2を生き延びた患者を探し続けています。

google翻訳
https://www.statnews.com/2020/03/25/vir-biotechnology-reports-early-progress-in-antibody-treatment-for-covid-19/
SARS-COV-2ウイルスに感染したアポトーシス細胞のカラー走査電子顕微鏡写真。
no title


15: 名無しさん@1周年 2020/03/26(木) 02:16:58.93 ID:0O4WbIRl0

>>1
治療薬
https://answers.ten-navi.com/pharmanews/17853/

米国の臨床試験登録サイト「CrinicalTrials.gov」や中国の同「Chinese Clinical Trial Registry(ChiCTR)」によると、現在、COVID-19を対象に世界で臨床試験が行われているのは、▽抗ウイルス薬レムデシビル(米ギリアド・サイエンシズ)▽抗HIV薬ロピナビル/リトナビル配合剤(米アッヴィの「カレトラ」)▽抗インフルエンザウイルス薬ファビピラビル(富士フイルム富山化学の「アビガン」)――など。

国内でもこれら3種類の薬剤を投与する観察研究が国立国際医療研究センターを中心に行われているほか、▽喘息治療薬シクレソニド(帝人ファーマの「オルベスコ」)▽皮膚エリテマトーデス/全身性エリテマトーデス治療薬ヒドロキシクロロキン(仏サノフィの「プラニケル」)▽膵炎治療薬ナファモスタット(日医工の「フサン」など)――なども治療薬の候補に挙がっています。

レムデシビル(米ギリアド)
ギリアドは2月26日、COVID-19を対象にレムデシビルの臨床第3相(P3)試験を始めると発表しました。試験は、重症患者400人を対象としたものと、中等症患者600人を対象としたものの2本で、日本を含むアジアを中心に診断例が多い世界各国の医療機関が参加。いずれも、レムデシビルを5日間または10日間、静脈内投与し、発熱と酸素飽和度を指標として有効性を評価します。

レムデシビルはすでに、中国(中日友好医院主導)と米国(国立アレルギー・感染症研究所=NIAID主導)で臨床試験が始まっており、ギリアドによる企業治験はこれらの試験データを補完するものになるとみられています。中国での試験は4月に結果が得られる見通しです。

レムデシビルはもともと、エボラ出血熱の治療薬として開発されていた核酸アナログ。これまでの研究では、コロナウイルスが引き起こすMERS(中東呼吸器症候群)やSARS(重症急性呼吸器症候群)への効果が示唆されており、ギリアドは2月3日に発表した声明で「今回の新型コロナウイルス以外のコロナウイルスで得られているデータは希望を与える内容だ」としています。

ロピナビル/リトナビル配合剤(米アッヴィの「カレトラ」)
ロピナビルはウイルスの増殖を抑えるプロテアーゼ阻害薬で、リトナビルはその血中濃度を保ち、効果を増強する役割を果たします。これらの配合剤であるカレトラは、日本では2000年にHIV感染症に対する治療薬として承認されています。

In vitroや動物モデルを使った研究でMERSへの有効性が示されており、COVID-19に対してもバーチャルスクリーニングで有効である可能性が示唆されています。CrinicalTrials.govによると、COVID-19患者にロピナビル/リトナビルを投与する複数の臨床試験が中国で実施中です。

ファビピラビル(富士フイルム富山化学の「アビガン」)
ファビピラビルは2014年に日本で承認された抗インフルエンザウイルス薬。新型インフルエンザが発生した場合にしか使用できないため、市場には流通していませんが、新型インフルエンザに備えて国が200万人分を備蓄しています。



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1585155894/続きを読む

【新型コロナ】フランス、治療薬の臨床試験開始 エボラ出血熱の薬など4種類

1: 次郎丸 ★ 2020/03/24(火) 06:44:27.37 ID:CtcVAaEr9

仏 治療薬の臨床試験開始 エボラ出血熱の薬など4種類
2020年3月24日 6時34分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200324/k10012346391000.html

フランスの国立保健医学研究機構は、新型コロナウイルスの患者の治療に、エボラ出血熱の治療薬として開発中の抗ウイルス薬などを使った4種類の臨床試験を始めたと発表しました。

新型コロナウイルスの治療をめぐっては、エイズの発症を抑える抗HIV薬を投与したり、インフルエンザの治療薬を投与したりする試みが各国で行われていますが、今のところ確実に効果が確認された治療薬はありません。

こうした中、フランスの国立保健医学研究機構は、22日から患者の治療に抗ウイルス薬などを使った4種類の臨床試験を始めたと発表しました。

具体的には、
▽エボラ出血熱の治療薬として開発中の抗ウイルス薬「レムデシビル」、
▽エイズの発症を抑える「ロピナビル」と「リトナビル」を組み合わせた薬、
▽それらの薬にさらに「インターフェロンベータ」を組み合わせたもの、
▽マラリアの治療に使われる「クロロキン」の一種の、合わせて4種類です。

試験では、フランスのほかにイギリスやスペイン、オランダなどヨーロッパの6か国で入院している患者3200人に投薬を行い、集めたデータはWHO=世界保健機関に提供するとしています。

国立保健医学研究機構は23日に行った電話での記者会見で「15日後には治療の有効性に関する初期の分析結果が判明するだろう」としていて、有効な治療法の確立につながるか期待されています。



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1584999867/続きを読む

【コロナ】肺炎患者にステロイド吸入タイプのぜんそく薬「シクレソニド」→症状改善か? 作用は免疫抑制

1: チンしたモヤシ ★ 2020/03/03(火) 06:11:36.23 ID:x+5Ez4Bd9

肺炎患者にステロイド吸入タイプのぜんそく薬「シクレソニド」→症状の改善
NHK 2020/03/03
no title


シクレソニドの主な作用は免疫を抑えること
詳しくは画像



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1583183496/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!