サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

地震予知

全国で地震頻発「昭和の南海地震直前に酷似」と災害専門家が警告

1: 次郎丸 ★ 2020/05/31(日) 14:13:00.34 ID:0SNFAjIk9

全国で地震連発「昭和の南海地震直前に酷似」と専門家が警告
5/31(日) 6:31 FLASH
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200531-00010000-flash-peo

「4月末から茨城県や千葉県で何度も起きている地震は、南海トラフ地震と首都直下型地震が同時に発生する『スーパー南海地震』の予兆です」

 そう警鐘を鳴らすのは、災害史や災害リスクマネージメントを専門とする、立命館大学の高橋学特任教授(65)だ。

 4月26日に、茨城県南部で震度4の地震が観測され、5月6日には、千葉県西部でも震度4を記録。さらに岐阜県の飛騨地方でも、震度2~4の群発地震が発生している。

「かつて、それぞれが1000人以上の死者を出した『四大地震』と呼ばれる地震がありました。最初は、1943年に発生した鳥取地震。続いて、1944年の東南海地震、1945年の三河地震、1946年の南海地震です。

 これらの地震は、太平洋北西部のフィリピン海プレートが南から北に圧力をかけた結果、ユーラシアプレートが圧縮されて起きた地震です。そして現在、日本の岩盤は、1946年の南海地震直前に酷似した状況にあるんです」

 それは、2016年に起きた熊本地震から始まっているという。

「熊本地震と、同年の鳥取県中部地震、2017年の韓国・浦項地震、2018年の大阪府北部地震。これらすべてが、昭和の四大地震と同じく、フィリピン海プレートの圧力により発生した地震です。

 南海地震は、鳥取地震から3年後に発生しました。2020年は、熊本地震・鳥取地震から4年後です。いつ “令和の南海地震” が起きても、おかしくない状況なんです」

 茨城県や千葉県で発生している地震もまた、フィリピン海プレートの北上圧力の高まりを示しているという。

※中略

 すでに不気味な兆候が、東京湾で発生しているという。

「5月20日午後から東京湾で、震源の深さ約20kmの地震が7回続いています。こんなことは、1923年から記録している地震データベースでも、初めての現象です。

 東京湾を震源とする直下型地震が起きて、津波が発生するかもしれません。東京は低地が多く、地下街もあるので、小規模な津波でも、甚大な被害に繋がります」

 2つの地震は、日本全体に致命的なダメージを与える。

「私の試算では、47万人以上が犠牲になります。さらにコロナウイルスの影響で、世界的に食糧の価格が高騰しています。『震災による経済危機から、食糧難による大飢饉』という最悪のシナリオもあり得ます」

 新型コロナウイルスだけでなく、地震に対しても万全に備えたい。


(週刊FLASH 2020年6月9日号)



関連
【長野】北ア上高地周辺で山腹崩壊を6か所で確認 先月から続く地震影響か 松本市 [Lv][HP][MP][★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590899450/
【速報】地震 北海道 [ガーディス★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590862642/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590901980/続きを読む

関東であいつぐ地震 気象庁が見解「発生メカニズムがバラバラ」

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2019/12/11(水) 02:21:36.13 ID:iak575us9

首都圏で先月以来、茨城県北部や南部、栃木県などでマグニチュード(M)4を上回る地震があいついでいる現象について、気象庁は9日、いずれも「従来から地震活動が活発な場所」だとして、それぞれに関連性がないという考えを示した。


 気象庁によると、関東では11月8日に茨城県沖でM4.4(最大震度4)の地震が発生したのを皮切りに、同17日には伊豆大島近海でM4.7(最大震度4)、同22日に茨城県南部でM4.5(最大震度3)を観測。
no title


■発生メカニズムが違う

 さらに12月に入ってからは、3日の茨城県南部M4.7(最大震度4)に次いで、4日には茨城県北部M4.9、栃木県北部M4.8(いずれも最大震度4)、5日には再び茨城県北部でM4.6(最大震度3)と、三日連続で中規模の地震があいついでいる。

 多発しているのは、震源地が茨城県北部と南部、栃木県北部の3つに分けられるが、気象庁が詳しく分析した結果、いずれも震源の深さや発生メカニズムが異なり、互いに関連性はないと結論を出している。
no title


■茨城県南部は逆断層型

 茨城県南部では11月22日と12月3日に発生しているが、これらはいずれもフィリピン海プレートと陸側のプレートの境界で発生した逆断層型の地震で、震源の深さはそれぞれ45キロと52キロになる。

このエリアはもともと地震活動が活発で、1922年以降、M6級がときどき発生しており、今年1月にも今回と同規模の地震が観測されている。
no title


■茨城県北部は震源が浅い地殻内地震

 また4日、5日に茨城県北部であいついだM4.9〜M4.6については、どちらも地殻内で発生した正断層型の地震で、震源の深さは9〜8キロと浅かった。

茨城県北部から福島県浜通りにかけては、東日本大震災を引き起こしたM9の地震発生後に地震活動が活発化し、1カ月後の2011年4月11日にはM7(最大震度6弱)が発生し、死者4人の被害を出した。
no title


■栃木県北部は横ずれ断層

 最近でも2016年12月28日にM6.3(最大震度6弱)、2017年8月2日にM5.5(最大震度4)を観測するなど、依然として活発なままだ。

 さらに4日に栃木県北部であった地震についても、同じように深さ7キロの地殻内が発生源だったが、断層の両側が水平方向に動く横ずれ断層型だったことから、近隣で続いた地震とは明らかに発生メカニズムが異なるという。
no title


https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/3/2/32348.html



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575998496/
続きを読む

【地震】南海トラフ地震への影響「考えづらい」気象庁会見

1: 記憶たどり。 ★ 2018/06/18(月) 12:41:18.85 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000049-asahi-soci

気象庁は18日午前10時から会見を開いた。大阪府内で最大震度6弱以上を観測した地震は、
詳しい観測が始まった1923年以降では初めて。震源地近くには「有馬―高槻断層帯」があり、
過去には1596年のマグニチュード(M)7・5と推定される「慶長伏見地震」が発生。
今回の地震と同断層帯の関係は今後精査するという。

政府の地震調査研究推進本部は、同断層帯で今後30年以内にM7・5程度の地震が起きる確率を
「0・1%未満」と評価していた。ただ、同庁地震津波監視課の松森敏幸課長は「M6程度の地震は
日本全国、いつでもどこでも発生しうる」とした。

1995年の阪神・淡路大震災の原因となった活断層とは、距離などから関係がないとみられるという。
近い将来に発生が予測される南海トラフ地震への影響は「規模と場所から現時点では考えづらい」とした。

今回、震源の真上にあたる震央は茨木市と高槻市の間ぐらいとみられ、18日午前11時までに
震度2~1の地震は10回発生。揺れが強かった地域では、今後約1週間は最大震度6弱程度の地震に
注意が必要という。




引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1529293278/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!