1: 猪木いっぱい ★ 2021/02/08(月) 19:26:55.70 ID:20zAXk4p9

【Google翻訳】
お前らのようなハゲは非常に一般的で、50歳未満の男性の50%がハゲており、自尊心に大きな打撃を与えています。

アンドロゲン性脱毛症と男性型脱毛症は、20歳から10代の若者にも影響を与える可能性があります。

しかしながら、お前らはすでにみまごうことなきハゲですが、いけしゃーしゃーとホコ天を闊歩できる強靭なメンタルを持っています。

Fox?OnlinePharmacyのリー博士にハゲを治すことができるかどうかを聞きました。??
ハゲの治療法は本当にあるのでしょうか?

悲しい答えは、メンタルヘルスや人々の生活にひどい影響を与えているにもかかわらず、ハゲの治療法はまだないということです。

ハゲは、「精神の癌」と呼ばれているような深刻な心理的影響を与える可能性があります。

リー博士は次のように述べています。
「男性にとって、髪は彼らの男らしさと活力に強く関連しています。結局のところ、髪は最高の栄光です。
男性が髪を失い始めると、これが彼らの自尊心と自信に大きな打撃を与えることは非常に理解できます。」

この分野の研究は続けられていますが、単一の完璧な治療法はありません。
そこでリー博士は、お前らのようなハゲに希望を与える最良の治療法をリストアップしました。

JAK阻害剤

JAK阻害剤は、ハゲ治療の新たな進歩です。

リー博士は次のように述べています。「JAK阻害剤がアンドロゲン性脱毛症の男性に役割を果たす可能性があるかどうかについては推測があります。

「ヤヌスキナーゼ(JAK)経路は、細胞シグナル伝達分子が細胞核を活性化し、細胞分裂と生存を調節する遺伝子のスイッチを入れるシステムです。

「JAK経路は免疫反応に不可欠です。研究によると、JAK経路を阻害することは、自己免疫疾患である円形脱毛症の人々の発毛を回復させるのに効果的である可能性があります。」

2015年、ニューヨークの医学論文は、マウスのヤヌスキナーゼ(JAK)経路を阻害することによって発毛が改善したことを報告しました。
剃毛した後、JAK阻害剤(ルキソリチニブ、またはトファシチニブ)の局所溶液で治療したマウスは、発毛サイクルの成長期(活発な成長期)でより多くの毛を示しました。

科学者たちは、髪の再生を「異常に丈夫」と表現しました。
その後、これらの結果を人間の皮膚で再現することができました。

リー博士は次のように述べています。「同じくJAK阻害剤であるバリシチニブ(商品名、Olumiant)は、自己免疫疾患である円形脱毛症の治療のために第3相試験を受けています。

「しかし、JAK阻害剤がお前らのようなハゲに有用であるかどうかはまだわかっていません。」

免責事項:アドバイスを含むこのコンテンツは一般的な情報のみを提供します。
それは決して資格のある医学的意見に代わるものではありません。
詳細については、常に専門家または医師に相談してください。
5ちゃんねるは、この情報に対する責任を主張しません。

gooqle翻訳一部割愛 全文はリンク先へ
https://www.express.co.uk/life-style/health/1394603/hair-loss-is-there-a-cure-for-baldness-best-treatments-evg
https://cdn.images.express.co.uk/img/dynamic/11/590x/hair-loss-treatment-cure-baldness-1394603.webp
参考画像
no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1612780015/続きを読む