サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

外交

中国の兵法学、凄すぎる

1: 風吹けば名無し 2020/09/04(金) 17:03:58.28 ID:IJMwz21M0

3000年前の兵法書
「交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が有能ならば何一つ与えず返せ。
 交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が無能ならば大いに与え、歓待せよ。
 そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な者が失脚する。そしてやがては滅ぶ」



引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1599206638/続きを読む

音響兵器か虫の音か 謎の頭痛「ハバナ症候群」真相究明?

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/03/08(日) 15:01:05.33 ID:CAP_USER

 キューバの首都ハバナでこの数年、米国やカナダの大使館員らが相次いで訴えた謎の頭痛「ハバナ症候群」。原因も正体もよく分かっていないが、近くその真相が明らかになるかもしれない。

 「ハバナ症候群は存在するのか?」。3月初旬、こんなタイトルの会合がキューバで2日間にわたって開かれ、同国や米国などの研究者らが、この症状について議論した。

 症状は2016年以降、ハバナに赴任した外交官やその家族らが「奇妙なノイズ」を家やホテルで聞いた後、頭痛や耳鳴りなどがするというもの。18年には中国の米領事館でも同様の症状が報告され、外交上の懸案となっている。

 原因として「音響兵器」を使った攻撃説が出されたことも、この症状への関心を高めた。音をサンプリングした研究から、コオロギの鳴き声に似ているという見方が出されたほか、心因性の可能性を指摘する専門家もいる。最近注目されているのは、蚊を駆除する殺虫剤にさらされたためではないかという説だ。

 AFP通信によると、会合に出席したキューバ神経科学センターのバルデスソーサCEOは「少量でも殺虫剤を長く浴びることで神経症状を示す人がいるという証拠が世界各地から出ている」とコメント。1カ月程度で報告書を公表するとの見通しを示した。

no title


朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASN365HQ7N35ULBJ00P.html


引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1583647265/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!