サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

広島県

広島風お好み焼き、世界制覇へ一歩 ハラル対応オタフクソースがイスラム教徒に爆発的売れ行き

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2019/12/11(水) 00:19:21.86 ID:iak575us9

お好み焼きの味の決め手となる「ソース」。戒律で酒や豚肉などを口にできないイスラム教徒も安心して使えるハラル対応の商品をオタフクソース(広島市西区)が開発し、お好み焼きとともに東南アジアで支持を広げている。マレーシア工場で生産されたソースの売り上げは年間1億円に届く勢いだ。本場・広島の味は、世界の味になるのか。


■汗と涙のハラル認証取得

 「ハラル対応のソース作りは、材料探しから始まった」。開発の中心になった吉広空さん(35)は振り返る。

 1952年からお好み焼き用ソースを製造するオタフクソースが海外進出したのは約20年前。お好み焼きの作り方を広めながらソースを輸出し、2013年には中国・青島と米ロサンゼルスで工場を稼働した。どこの国でも手に入りやすい小麦粉やキャベツにそれぞれの土地の食材を加えて作れるため、お好み焼きをメインメニューにする飲食店は海外に約330軒あるという。


だが、マレーシアの人口の6割を占めるなどイスラム教徒が多い東南アジアに打って出るには課題があった。野菜と果実をベースに20種類の香辛料をブレンドするお好み焼き用ソースには、かすかな香りづけのためのアルコールや味に厚みを持たせる肉エキスも使われている。どうすれば宗教の壁を越えることができるのか。現地工場の稼働を半年後に控えた16年2月、吉広さんの挑戦が始まった。

 コストを抑えるため、原材料はマレーシアで入手できるものに限られる。現地と日本を月に1回以上往復し、材料の調達と試作、試食を繰り返した。試した材料は50種類。肉エキスの代わりにカツオとカキのうまみ成分を使い、アルコール成分が含まれていないかを厳密にチェックした。ソースの甘みとコクを出すためのデーツ(ナツメヤシ)は使い勝手の良さを重視し、日本で使っているのとは違う果汁タイプに決めた。甘みに奥行きを持たせるためブラウンシュガーも加えた。「日本のソースに近く、現地人が好む全体的に濃いめでかつ甘口」のソースが完成したのは、工場が稼働する1カ月前だった。

■爆発的売れ行き

 基準が厳しいことで知られるマレーシアの政府機関による原材料や製造工程の審査を経て17年3月、イスラム教徒が安心して食べられることを示す「ハラル認証」を取得した。17年夏に開かれた現地日本人会主催の盆踊り大会で、オタフクソースが「ハラル」と掲げたお好み焼き店を出すと評判を呼び、ソースは飲食店で現地料理の揚げ物にも使われるようになった。

 マレーシア工場で生産できるお好みソースは年間約31万リットル(18年)と日本国内の100分の1だが、イスラム教徒が多いインドネシアやブルネイにも輸出され、今年9月までの1年間の売り上げは前年同期の1・6倍の9280万円に達した。国際事業本部長の宮田裕也さん(50)は「需要に供給が追いつかない状態です」。二つ目の工場をつくる計画もある。

 9月までの海外の年間売上高は21億円で、全体に占める割合は8%に過ぎない。飲食店向けの業務用だけでなく、家庭向けの販路拡大を見据えてお好み焼きの作り方を指南する教室も開いており、宮田さんは「お好み焼きを世界で食べられるボーダーレスフードにしたい」と話している。

no title

no title


毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20191209/k00/00m/040/097000c



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575991161/続きを読む

「川の水を使わないで」 豪雨の被害を受けた呉市で下水管が破裂 汚水が流れ出る被害

1: ばーど ★ 2018/07/22(日) 23:42:30.73 ID:CAP_USER9

no title


西日本豪雨で大きな被害を受けた広島県呉市で、「下水管」の破損で汚水が流れ出る被害が出ている。

依然、1人が行方不明の呉市天応地区では厳しい暑さの中、警察や消防による捜索が続いている。ボランティアも駆けつけた。地元の中学生も加わり、土砂や使えなくなった畳を運び出した。

22日の呉市の最高気温は33.9℃。広島県内では19人が熱中症とみられる症状で病院に運ばれた。そんな中、近隣の住民がかき氷で支援した。

さらに天応地区では上流の下水管が破裂。道路に汚水が流れ出ている。呉市は川の水を使わないように呼びかけている。

2018年7月22日 21時5分
日テレNEWS24
http://news.livedoor.com/article/detail/15049461/



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1532270550/続きを読む

国内最大のバオバブ公開 直径2m、樹齢400年 広島

1: イレイザー ★ 2018/03/04(日) 15:01:03.18 ID:CAP_USER9

 広島市佐伯区の市植物公園の大温室が3日、リニューアルオープンし、オーストラリアから運ばれたバオバブがお目見えした。幹の直径は約2メートル。同園は国内で展示されているものでは最大としている。

 同園によると、バオバブはアフリカ南東部沖のマダガスカルやオーストラリアの乾燥地帯などに自生するアオイ科の植物。開園40周年記念事業の一環で、オーストラリア北部から運ばれてきた。

 推定樹齢は約400年で、運搬上の理由で枝は切り取られたが、それでも高さは約5メートルある。枝の先端からは葉も生えており、今後白い花が咲く可能性もあるという。

 来場者らは足を止め、「大きい」と歓声を上げていた。市植物公園栽培・展示課の山本昌生さん(61)は「大温室のシンボルツリーにふさわしい迫力」と話していた。(原田悠自)

no title

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL3272ZXL32PITB012.html?iref=sptop_8_03


続きを読む

「尾道城」を解体へ、尾道に城下町の歴史はなく「誤った歴史を伝える」 1964年に建てられた天守閣のような建物

1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/02/17(土) 15:04:16.35 ID:CAP_USER9

尾道市が、民間所有の元博物館「尾道城」(同市三軒家町)を解体し、観光施設の整備を目指していることが16日、分かった。

JR尾道駅近くの山の上にある天守閣のような建物。
観光施設として1964年に建てられたが、尾道に城下町の歴史はない。「誤った歴史を伝える」との声も上がっていた。

続きはソース元
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=410843&comment_sub_id=0&category_id=112

JR尾道駅(下)のすぐ北側の山の上に立つ尾道城(左上)
no title



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1518847456/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!