サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

有袋類

ウォンバットが「四角いウンチ」を作るメカニズムが明らかに! 腸の動きがふつうと違っていた

1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/01/31(日) 19:34:09.26 ID:4xlrajgg9

2021.01.30 SATURDAY
参考文献
How do wombats poop cubes? Scientists get to the bottom of the mystery
https://www.sciencemag.org/news/2021/01/how-do-wombats-poop-cubes-scientists-get-bottom-mystery
Wombat research that’s not to be sniffed at
https://www.rsc.org/news-events/articles/2021/jan/wombat-poo/
Intestines of non-uniform stiffness mold the corners of wombat feces
https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2021/SM/D0SM01230K#!divAbstract

生きとし生けるもの皆ウンチをしますが、ウォンバットはキューブ型という一風変わったウンチをします。

別にお尻の穴が四角いわけではありません。

この問題は生物学の大きな謎として、今日まで研究が続けられています。

そして今回、国際研究チームの最新調査により、ついにその全貌が明らかになってきました。

四角いウンチの原因は、ウォンバットがもつ腸のイレギュラーな動きにあったようです。

研究は、1月27日付けで『Soft Matter』に掲載されています。







ウンチを固める場所と、四角形にする場所が別々だった!

ウォンバットは、オーストラリアに生息する夜行性の哺乳類で、昼間を地下トンネルで過ごし、夜にエサを求めて出歩きます。

一晩に100個近くのウンチをし、その大半が四角いキューブ型です。

「どうして丸い肛門から四角いウンチが出るのか。」

この謎を解き明かすべく、2018年に、車にはねられて亡くなったウォンバットの遺骸を解剖し、腸の構造が調べられました。

その結果、腸内に、周囲の組織とくらべて伸縮性の強い溝状の構造が2つ見つかったのですが、その機能まではわかっていません。

しかし今回の研究で、さらに2体のウォンバットを解剖することで、腸内の筋組織層に、さまざまな厚みや硬さをもつ領域の発見に成功しました。

チームは、それをもとに2Dの数学モデルを作成し、それらの領域が消化のリズムに合わせて伸縮する様子をシミュレートしています。

すると、ウォンバットの腸は、他の哺乳類と動きがまったく異なることが判明しました。

多くの哺乳類に見られる腸の動きは、筋組織による伝播性の収縮波があらゆる方向で一貫していますが、ウォンバットではそれが不規則だったのです。

筋組織の硬い場所では、収縮スピードが速く、便を瞬時に固めます。

一方で、筋組織の柔らかい場所では、ゆっくりとした収縮スピードで固めた便をキューブ型に整形していました。

シミュレーションの結果によると、便が四角形にされるのは腸の終わり17%の範囲でした。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://nazology.net/archives/81901



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1612089249/続きを読む

絶滅したはずのフクロオオカミ、オーストラリアで目撃情報絶えず

1: みつを ★ 2019/10/22(火) 00:42:48.69 ID:XJUMNZgZ9

https://www.cnn.co.jp/fringe/35144247.html

絶滅したはずのフクロオオカミ、目撃情報絶えず オーストラリア
2019.10.21 Mon posted at 18:07 JST

(CNN) オーストラリア南東部のタスマニア州で、80年以上前に絶滅したはずの肉食有袋類フクロオオカミ(タスマニアンタイガー)を目撃したという報告が相次いでいる。

タスマニア州第一次産業・公園・水環境局がこのほど公表した情報によれば、過去3年の間に8件のフクロオオカミ目撃情報が寄せられた。

フクロオオカミはオオカミとキツネと大型ネコ類の中間のような有袋類で、飼育されていた最後の1匹が1936年に死んだことで絶滅したと思われていた。

タスマニア州で野生のフクロオオカミが生き続けているという噂は絶えない。しかしそれを裏付ける根拠は示されていない。

州がこのほど公表した情報によると、今年2月、オーストラリア国内からタスマニア州を訪れた2人が車を運転している最中に、固い尾をもち、背中にしま模様のある動物が道路を歩く姿を目撃した。

この動物は振り向いて2人の乗った車を見つめ、12~15秒ほどはっきりと姿が見えたという。2人は「自分たちが見た動物がフクロオオカミだったことは100%間違いない」と話している。

同じ月には別の目撃者も、しま模様のある「猫のような生き物」が遠くの霧の中を歩く姿を見かけたと報告した。「田舎の農場で見かけるほとんどの動物についてはよく知っている。しかしタスマニアでこの日見かけたような動物は見たことがない」と伝えている。

2017年には同州北西部の森林保護区で目撃情報が寄せられ、直近では今年7月に南部の州都ホバート近くに住む男性が、フクロオオカミのものと思われる足跡を見つけたと報告した。

フクロオオカミは、羊を襲う害獣として、かつての欧州からの入植者によって大量に殺された。

豪オーストリア博物館が所蔵するフクロオオカミの標本/TORSTEN BLACKWOOD/AFP/AFP/Getty Images
no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1571672568/
続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!