サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

梅雨

【高温多湿日本】新型コロナウイルスは3日間滞留し空気中で3時間生存…弱点は湿度 米で報告書

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/03/17(火) 07:13:13.36 ID:cZCLbveQ9

(国際政治経済学者・浜田和幸)

アメリカの「アレルギー感染症研究所」「国立衛生研究所」「国防総省先端技術開発庁」「全米科学財団」などの委託を受けて行われた「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)媒介物報告書」がまとまった。

今後、プリンストン大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、国立衛生研究所の専門家による内容精査が行われる。

その概要が11日に公表された。

その報告によると、今回のCOVID-19の感染力のしぶとさが想像以上に大きいことが明らかになった。

要約すると、以下の通りである。

「COVID-19のウイルスは空気中であれば3時間、プラスチックなどの表面の場合には3日間ほど滞留する」。

そのため、「ヒトは空気感染や媒介物による感染リスクにさらされることになる」。

この発見は重大だ。なぜなら、感染者と接触しなくとも、空気感染でウイルスが拡散する可能性がある。

今後、専門家がチームを組み、空気感染するのかを確認することになっている。

従来は「感染者との濃厚接触がなければ感染はない」と思われていたが、そうした楽観論が打ち砕かれることになった。

更にこの報告書によれば「ウイルスは空気中であれば3時間は生存するが、銅製品の表面であれば4時間、
厚紙の表面では24時間、プラスチックやステンレスの表面の場合には2~3日にわたって生存すること」が確認された。

その一方、弱点があることも明らかになった。

それは湿度に弱いということだ。

加湿器を使い、湿度50%でカ氏72度(セ氏22.22度)にすれば、ウイルスの活動が収まることが判明したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00000024-nkgendai-life
3/14(土) 15:00配信


24: 名無しさん@1周年 2020/03/17(火) 07:17:44.78 ID:abs+AuWs0

>>1
こっちの方が良質な記事

空気感染ではないなどと言われてるが、しかしそれは間違いなく空気から感染する
https://www.wired.com/story/they-say-coronavirus-isnt-airborne-but-its-definitely-borne-by-air/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1584396793/続きを読む

河口湖にある島が湖岸と地続きに ネットでは「富士山噴火と関係」の憶測も

1: ガーディス ★ 2019/06/26(水) 15:38:51.01 ID:NPRgpCuW9

 富士山の麓にある河口湖(山梨県富士河口湖町)で、いつもは湖面に浮かんでいる島が、湖岸と地続きになっている。

 島には日蓮にちなむ史跡「六角堂」があり、観光客らは「海が割れるようだ」と歩いて渡っている。近年、水位の低下で夏場に地続きになることがあり、ネット上では富士山の火山活動と関係しているのではという憶測もあるが、専門家は否定的だ。(渡辺浩)

 レガッタ中止の恐れ

 島には鎌倉時代の文永11(1274)年に日蓮の弟子たちによって建立されたお堂があったが、室町時代に洪水で流されたという。富士河口湖町は平成6年、跡地に六角堂を建てた。

 県治水課によると、河口湖の6~10月の水位の目安は基準水位のマイナス1・5メートルだが、昨年10月に台風24号が県内を通過した際にマイナス0・75メートルに上昇したため、水位の調整で湖水を放出した。しかし、その後も水位は徐々に低下し続け、今年4月に島が地続きになった。現在の水位はマイナス2・9メートル前後になっている。

 地続きになったことで、普段は船でしか行けない六角堂が観光スポットになる一方で、悪影響も出ている。

 コイやフナの産卵場所である浅瀬がなくなることが心配されているほか、ボートの桟橋が使えないため8月31日と9月1日に予定されている競技大会「河口湖レガッタ」の開催が危ぶまれている。

 県ボート協会の事務局担当者は「桟橋を延ばすなどの対策が考えられるが、今年の大会には間に合わない。何とか水位が上がってほしい」と話している。

 少雨が原因か

 河口湖の水は富士山の地下水が湧き出たとかつては考えられてきたが、湖水を調べたところ、湧き水に含まれるミネラルであるバナジウムが少ないため、雨水や雪解け水とみられる。

 また、湖面のあぶくが火山性のガスではといわれたこともあったが、ヘドロからのメタンガスと分かった。

 河口湖の研究を続けている県富士山科学研究所の内山高専門員は「水位の低下は雪や雨が少なかったことと、晴れの日が多く湖水が蒸発したため。富士山の火山活動が関係している可能性は低い」と説明する。

 甲府地方気象台によると、1~5月の河口湖の降水量は333ミリで、平年の439・6ミリを大幅に下回っていた。

 ただ、内山専門員はこう付け加えた。「河口湖の水位低下とは別に、富士山の噴火には常に備えが必要です」

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16679912/
no title



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1561531131/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!