サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

海洋

クジラがトドを丸飲みに… 米カリフォルニアで撮影

1: みつを ★ 2019/08/01(木) 02:59:07.60 ID:b4JUbPEk9

https://www.bbc.com/japanese/49174356

クジラがトドを丸飲みに… 米カリフォルニアで撮影
2019年07月31日

米カリフォルニア州のモントレー湾で、クジラがトドを「丸飲み」にした瞬間を、地元の野生動物カメラマンがとらえた。

海洋学者でもあるチェイス・デッカーさん(27)は7月22日、ホエール・ウォッチングのために船で沖に出ていた。

デッカーさんはBBCのラジオ番組の取材で、「3頭のザトウクジラと、200頭くらいのトドしかいなく、そんなに大きな群れではありませんでした」と語った。

クジラとトドは海面でイワシの群れを食べていたが、1頭のクジラは予想よりも少し大きなものを口に入れてしまったようだ。
「食事の様子を眺めていたら、この一生に一度の出来事が起きた。まだ自分の目が信じられません」とデッカーさんは話した。

デッカーさんは、トドがこの後、クジラの口の中から泳いで出て行ったと「100%の確信がある」と言う。

ザトウクジラには歯がなく、「ひげ」と呼ばれる板状の器官で食べ物をこして食べている。トドのような生物は食べ物にはならない。

デッカーさんによると、クジラが食べ物を取り込む時間は通常、5秒未満だが、この時クジラは15秒以上かけて口を開けたままゆっくりと海中に潜っていったため、トドが泳いで逃げ出す余裕は十分にあったという。

「クジラはトドを口に入れたまま口を閉じなかったから、トドもけがはしていないはず。とても怖かっただろうけど、傷は負っていないことは確かです」

クジラやトド、イルカ、サメといった海の捕食動物は、同じ魚の群れを一緒に狩るように進化してきたとデッカーさんは説明する。ふつうクジラの口の中に入るのは小魚ばかりで、捕食動物が飲まれるのはとてもまれな事例ではないかと指摘した。
(リンク先に続きあり)

no title

no title


18: 名無しさん@1周年 2019/08/01(木) 03:25:17.95 ID:UuRzlkuM0

>>1
ゼペットじいさん
「なかなか快適よ?」



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564595947/
続きを読む

海中で酸素のない「デッドゾーン」が1950年と比べて4倍に広がって生態系に影響を与えていると科学者が警告

1: 泥ン ★ 2018/01/06(土) 16:28:52.24 ID:CAP_USER9

no title


海水の中に含まれる酸素が少なくなることで生き物が住めなくなる「デッドゾーン」が全世界的に増えており、今後の地球の生態系に大きな影を落とす可能性があることが研究によって明らかになっています。

Declining oxygen in the global ocean and coastal waters | Science
http://science.sciencemag.org/content/359/6371/eaam7240

Oceans suffocating as huge dead zones quadruple since 1950, scientists warn | Environment | The Guardian
https://www.theguardian.com/environment/2018/jan/04/oceans-suffocating-dead-zones-oxygen-starved

この研究を行ったのはアメリカのスミソニアン環境研究センターのデニス・ブライトバーグ氏らによる研究チーム。海水の中に酸素が溶けこむ溶存酸素量がゼロの水準に達している水域が1950年のデータの4倍に増えているほか、沿岸部で非常に酸素濃度が低い海域も10倍に拡大されていることが判明しています。

溶存酸素量が減少する原因はいくつか有力な説が唱えられていますが、その一つが「海水温が上昇する」というもの。水中に溶けこむ酸素量は水温が高くなるほど少なくなるという特性があるため、特に赤道付近で温められた海水に含まれる酸素量が減少する傾向にあるとのこと。その他、沿岸部で溶存酸素量が減少する原因には土壌や河川を通じて海に流れ込む養分を多く含んだ土壌や農地の肥料、下水などが挙げられます。

科学誌「Science」に発表された研究論文は、この問題を初めて包括的に分析したもので、「地球の歴史における主要な絶滅事象は、気候の温暖化や海洋の酸素欠乏に関連している」と記しています。ブライトバーグ氏はその中で「私たちは今向いている方角を目指して進みます。しかしその先で人類を待ち構えているのは、とてもそのまま進みたいとは思えなくなるほど恐ろしいものです」と警鐘を鳴らしています。

https://c1.staticflickr.com/9/8210/8266707278_4776d11c84_b.jpg

しかしブライトバーグ氏は同時に、「これは解決できる問題です」と展望を語ります。ブライトバーグ氏は、アメリカのチェサピーク湾やイギリスのテムズ川で酸素量が回復された例を挙げ、「気候変動を食い止めるためには世界的な努力が必要ですが、世界の各地で少しずつ取り組みを進めることで富栄養化による酸素の減少を食い止めることは可能です」と語っています。

しかし海洋の酸素量がもたらす影響は、世の中に大きな影響を及ぼします。特に大きな影響を受けるのは漁業に関連する分野で、溶存酸素量が減少することで魚が住めなくなることで水揚げ量が減少し、全世界で3億5000万人ともいわれる漁業従事者の生活が影響を受け、人々の食糧サイクルや自然の生態系までもが影響を受けることとなります。

no title


今回の調査で明らかになった海洋のデッドゾーンは500か所以上にもおよび、これは1950年の「50か所」というデータを大きく上回るものとなります。1950年当時の調査でどの程度のエリアがカバーされていたのかを念頭に置いておく必要はありますが、今回の研究でもまだ全ての海域をカバーできていないとのことで、デッドゾーンの増加傾向はほぼ間違いないものと考えられるとのことです。

海中脳酸素濃度が低下することで、別の「負のフィードバック」も引き起こされるとのこと。非常に低い酸素レベルで増殖する微生物は、二酸化炭素よりも300倍強力な温室効果ガスである「亜酸化窒素」を多く排出します。これにより地球の温暖化はさらに加速され、海水温がますます上昇することが起こり得ます。

GIGAZINE 2018年01月05日 19時00分00秒
https://gigazine.net/news/20180105-ocean-deadzone-quadruple/



続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!