サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

畜産

培養肉のMeatableが10億円超を調達 商業化へ前進

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2019/12/08(日) 20:51:27.49 ID:I2BS8mfF9

動物に対して残酷でない培養肉製造技術を開発しているオランダのMeatable(ミータブル)が、世界の豚肉の供給量の4分の1を損なったと言われる豚インフルエンザの流行を契機に豚肉に専心することになり、このほどその新しい方向性を支えるために1000万ドル(約10億円8500万円)の資金を調達した。

同社はその技術を昨年公開したが、動物の細胞から食肉を作っている企業はほかにも数社ある。この食肉生産方法は、理論としては炭素排出量が極めて少なく、従来の畜産よりは環境に優しいと言われている。

これまでの同社は、Memphis MeatsやFuture Meat Technologies、Aleph Farms、HigherSteaksなどなどと肩を並べて培養牛肉を市場に持ち込もうとしていた。でも今や、豚肉の価格が世界的に高騰しているため、Meatableは牛肉以外のほかのホワイトミートに関心を向ける世界で初めての企業の仲間入りをした。

しかし、同社の差別化要因はそれだけではない。Meatableは、動物を殺さずに肉の細胞を得る商業的実用性のある方法で特許を取得している。それまでは、培養肉の成長と肉質を良くするには元の細胞の保有動物を殺すことが必須だった。

他社は、牛の胎児の血清やチャイニーズハムスターの卵巣を使って細胞分裂を刺激し、培養肉を生産してきた。しかしMeatableが開発した工程では、動物から細胞をサンプリングして、その組織を分化可能な幹細胞に戻す。その後その標本細胞を筋肉と脂肪に培養して、世界中の嗜好を満たす豚肉製品を作る。

CEOのKrijn De Nood(クライン・デ・ヌード)氏は「どのDNA配列が初期段階の細胞を筋肉細胞にするのか、我々にはそれがわかっている」と語る。

この新しい方法を追究するために同社は、多くのエンジェル投資家たちと機関投資家から700万ドル(約7億6000万円)を調達し、欧州委員会(EC)から300万ドル(約3億2500万円)の助成金を取得した。エンジェル投資家には、TransferWiseのCEOで共同創業者のTaavet Hinrikus(ターヴェット・ヒンリクス)氏や、ニューヨークのベンチャー企業Union Square Venturesの役員パートナーであるAlbert Wenger(アルバート・ウェンガー)氏らがいる。

デ・ヌード氏によると、Meatableは今回の資金をプロトタイプ開発を早めるために利用する。同社は当初、小さなバイオリアクターを使ってプロトタイプを2021年に完成させるスケジュールだったが、それを2020年に早めることができる。さらに2025年までには、年産製造能力数千kgの工場を建設できるという。

産業として行われている農業や畜産業などは、地球上の気候変動に結びつく温室ガスの排出量の14%から18%を占めると言われている。そしてMeatableの主張によれば、同じ量の培養肉は従来の畜産業に比べて水の使用量が96%少なく、土地の使用面積は99%少ない。同社によると、製造施設が再生可能エネルギーを採用すれば食肉生産に伴う排出量をさらに減らせるとのこと。

no title

https://jp.techcrunch.com/2019/12/08/2019-12-06-dutch-startup-meatable-is-developing-lab-grown-pork-and-has-10-million-in-new-financing-to-do-it/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575805887/続きを読む

豚コレラのイノシシ感染が急拡大 岐阜700頭超で毎日見つかる…愛知に福井、三重も

1: ガーディス ★ 2019/07/12(金) 09:25:30.88 ID:Zq1HN+qQ9

愛知36頭「ペース速い」警戒

 豚コレラウイルスに感染した野生イノシシが岐阜や愛知だけでなく、福井や三重にも広がった。感染イノシシの発見頭数は11日午後7時の段階で、岐阜713頭(27市町村)、愛知36頭(4市)、三重4頭(1市)、福井5頭(4市町)の計758頭。岐阜県内ではほぼ毎日見つかっており、ここ1カ月で急速に感染イノシシの分布が広がった。東海地域の各養豚協会会長は「危機のステージが大きく高まった」とし、切迫感が広がる。

 全42市町村のうち半数を超す27市町村で713頭の感染イノシシが見つかった岐阜県。県中央部の岐阜市と関市では発見頭数がともに70頭を超えた。県北側の飛騨地域ではしばらく発生が確認されていなかったが、5月23日に下呂市、6月11日に高山市でそれぞれ初めて見つかった。分布図は県内全域に広がり、長野や福井の県境でも相次いで発覚している。三重県境にある岐阜県養老町でも5月下旬に初の感染を確認した。

 愛知県でも感染イノシシの数拡大に歯止めがかからない。昨年12月に岐阜に隣接する犬山市で初めて確認されて以降、全54市町村のうち春日井市、瀬戸市、豊田市の4市でこれまでに36頭が見つかった。県は「感染イノシシの発見ペースが非常に速い」と危機感を募らせている。

 福井県では今月7日に大野市で2頭が初めて確認され、越前市と池田町でもそれぞれ1頭ずつ確認。11日には勝山市で新たに1頭が見つかった。三重県では6月26日にいなべ市での初確認以降、これまでに同市で4頭見つかった。同県でも経口ワクチンの埋設を16日から本格的に始める方針だ。

 生産現場からは「イノシシが少ない地域でも養豚場で豚コレラが発生している」との声が一部出ている。これに対し、農研機構・西日本農業研究センター畜産・鳥獣害研究領域鳥獣害対策技術グループの江口祐輔グループ長は「人間が気づいていないだけでイノシシはいる」とみる。

 岐阜や愛知以外でも豚コレラウイルスに感染した野生イノシシが相次いで発覚していることに「これまでイノシシの広がりを抑えられていたとも言える。ただ、発生した養豚場には人間によるウイルスの持ち込みも想定され、イノシシだけに注目していても感染は防げない」と強調し、総合的な対策の必要性を指摘する。

餌なければ移動 出産は春~夏
■農研機構・西日本農業研究センター畜産・鳥獣害研究領域鳥獣害対策技術グループの話

 イノシシの行動範囲はひとくくりにはできないが、餌があれば動かないが、なければ移動する。他の動物に比べ、環境によって大きく行動範囲が変わるのが特徴だ。雄の方が分散し、雌は定着性がやや高いとは言える。猟などで追い回せば長い距離を移動することがあるが、狩猟をやめたりイノシシが移動した先で密度が高かったりすると戻るデータもある。

全文
no title

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16761664/



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1562891130/
続きを読む

オナラの匂いをバラの香りに変える栄養補助食品、フランスで発売・・・チョコ、すみれなど種類も豊富

1: アンドロメダ ★ 2019/07/03(水) 02:12:19.95 ID:h6KEL+Qu9

 あなたのオナラが腐った卵のような何かが発酵したかのような、そんな強烈な悪臭だったとしてももう大丈夫!?なのかもしれない。

 フランス人のクリスチャン・ポアンシュバルさんが、オナラをバラやチョコレートなどのいい香りに変化させるサプリ「ファート・ピル(Fart Pill)」を開発していたようだ。

 オナラが臭すぎていつも周囲の人々に迷惑そうにされる、それどころか逃げられるといったお悩みを持つ人にとっては救世主的存在になるのかもしれないし、そうでもないかもしれない。

■ 友人と食事をしていたときの放屁がきっかけで誕生したサプリ

 クリスチャンさんが「ファート・ピル」のアイデアを思い付いたのは、自宅に友人を招いて一緒に食事をしていたときのことだ。

 楽しくテーブルについていたのだが、この日の食事はニオイのキツいメニューだった。それを食べた後、クリスチャンさんがオナラをすると本当の意味で空気が一変。

 あまりの臭さに友人は「とても耐えられない!」と涙目になったのだという。

■ あなたのオナラがバラやチョコレートのいい香りに変化する!

 この一件があってから、クリスチャンさんはオナラのニオイについて真剣に考えるようになり、自身の会社「リュタン・マリン(Lutin Malin)」を立ち上げることにした。

 2007年から「ファート・ピル」の開発をスタートし、今ではバラの香り、スミレの香り、チョコレートの香りなどいくつかの異なる香りを発売している。

 「天然成分でできた栄養補助食品」との位置づけのようで、価格は60カプセル入りで各約2400円。ユニークなことに犬用のオナラサプリなんかも販売されているようだ。

 ちなみに使い方は、一日当たり2~6カプセルを食事時に摂取するようだ。

 日本にも発送してもらえるようなのでオナラのニオイに困っている人は試してみるといいかもしれないがバラの香りが漂うとそれはそれで変に目立つ可能性もありそうだな、クサイよりいいか。

no title

http://karapaia.com/archives/52276091.html



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1562087539/
続きを読む

【人工肉】培養ステーキ肉実用化へ第一歩 日清食品と東大が共同研究

1: しじみ ★ 2019/03/24(日) 15:31:27.72 ID:CAP_USER

 日清食品ホールディングスは22日、牛の筋細胞を人工的に培養し約1センチ角のサイコロ状の組織を作製することに成功したと発表した。東京大学生産技術研究所との共同研究。このサイズの立体筋組織は世界初という。日清の担当者は「培養ステーキ肉の実用化に向けた第一歩だ」としている。

 日清によると、牛から採取した筋細胞の集合体を重ね合わせ立体化した。筋細胞にビタミンCを与えるなどして培養することで、筋肉特有の構造を再現したという。

 これらの技術を発展させれば、さらに大きな筋組織を作れる可能性もある。実用化に向け肉の味やにおい、食感の再現などが課題となりそうだ。

(共同)

関連リンク
http://www.nissin.com/jp/news/7707

no title


東京新聞
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019032201002251.html



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1553409087/
続きを読む

【豚コレラ】豊田市の養豚場から豚が出荷された長野、岐阜、滋賀、大阪の4府県の農場の豚でも感染が確認

1: 茗荷 ★ 2019/02/06(水) 09:40:04.99 ID:XImgN9659

 岐阜県内で昨年9月以降、発生が相次いでいた家畜伝染病「豚コレラ」について、農林水産省は6日、愛知県豊田市の養豚場で飼育している豚で感染を確認したと発表した。また、この農場から豚が出荷された長野、岐阜、滋賀、大阪の4府県の農場の豚でも感染が確認されたという。一連の感染拡大の中、岐阜県外の施設で発生が確認されるのは初めて。

 豚コレラをめぐっては昨年9月、国内の施設では26年ぶりとなる発生が岐阜市内で確認された。以降、岐阜県内の豚やイノシシの施設で計7例の発生を確認し、約1万頭の豚と22頭のイノシシを殺処分していた。

 野生のイノシシがウイルスを拡散している恐れがあるとして、岐阜県が防護柵をつくるなどして感染拡大の防止に取り組んでいた。

 農水省によると、豚コレラは、豚とイノシシの病気で人には感染せず、感染した豚などの肉を食べても人体に影響はないという。

2019年2月6日9時23分
https://www.asahi.com/sp/articles/ASM257HQ5M25UTIL06J.html?iref=sp_new_news_list_n

関連スレ
【豚コレラ】吉川農相「極めて重大な局面を迎えている」 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1549412096/



引用元:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1549413604/続きを読む

国産鶏もも肉←約90円 地球の裏側ブラジルから運んできた鶏もも肉←約40円

1: 風吹けば名無し 2017/12/09(土) 11:10:26.57 ID:jt5B767e0

こんなん絶対ヤバイやん

IMG_3788
続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!