サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

神奈川県

神奈川県で異臭騒ぎの検出物質、ペンタン、イソペンタン... 発生源はどこか?

1: すらいむ ★ 2020/10/15(木) 10:36:06.12 ID:CAP_USER

異臭騒ぎの検出物質、ペンタン、イソペンタン... 発生源は?横浜市の研究所に聞いた

 横浜市内で起きた異臭騒ぎで、市が検出したと発表したペンタン、イソペンタンなどの化学物質について、その発生源はどこなのかとネット上で関心を集めている。

 聞き慣れない名前だが、シェービングフォームやインクなどに使われているという。これらの物質がカギを握るのか、調査した横浜市環境科学研究所に話を聞いた。

■ペンタンは発泡剤やインキ、イソペンタンはシェービングフォームに使われるが...

 「ガスのような臭いがする」「ゴムが焼けた臭いがした」。
 JR横浜駅などで2020年10月12日夕、こんな異臭がしたとの119番通報が相次ぎ、16件に達した。

 横浜市保土ケ谷区にある消防局本庁舎でも、同様な異臭を確認したため、職員がその場で空気を採取し、市環境科学研究所で分析を行った。

 高純度窒素ガスで空気を希釈した後、ガスクロマトグラフの質量分析計と水素炎イオン化検出器を使ったという。

 その結果、ガソリンなどの蒸発ガスに含まれるペンタンやイソペンタンが通常より10倍以上、ブタンも3倍近く、また、化学製品の原材料などを燃やしたときに発生するエチレンとアセチレンも2倍以上、と高濃度で検出された。
 市は13日夕に会見を開いて、この結果を発表している。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

J-Cast 2020年10月14日20時04分
https://www.j-cast.com/2020/10/14396611.html?p=all



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1602725766/続きを読む

安藤ハザマの建設中ビル火災、現場の作業員はコップの水で消火しようとしていたことが判明

1: 記憶たどり。 ★ 2018/07/28(土) 13:31:30.23 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180728-00000018-ann-soci

東京・多摩市の建設中のビルから火が出て5人が死亡した火災で、現場の作業員はすぐに消火器を使わず、
コップの水で火を消そうとしていたことが分かりました。

建設中のビルで26日に起きた火災では作業員の男性5人が死亡し、42人がけがをしました。
ビルの鉄骨をガスバーナーで切断していて、火花が床に落ちてウレタンに引火したとみられています。
捜査関係者によりますと、当時、切断工事に作業員3人が関わっていましたが、出火直後に作業員2人が
コップに水を入れて火を消そうとしていたことが分かりました。その後に消火器を使いましたが、間に合わず、
火はあっという間に燃え広がったということです。警視庁は業務上過失致死傷の疑いで詳しい経緯を捜査する方針です。



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1532752290/

続きを読む

神奈川県警が全国初のAI導入へ!犯罪の発生予測で未然防止

1: プティフランスパン ★ 2018/01/29(月) 07:32:55.32 ID:CAP_USER9

神奈川県警がAI導入へ 犯罪の発生予測、全国初
2018年01月29日 02時04分
https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/national/article/389789/

 神奈川県警が人工知能(AI)を使った取り締まりの新システム導入を検討していることが28日、県関係者への取材で分かった。犯罪や事故の発生を予測するなどして、捜査や未然防止に生かす。
2020年の東京五輪・パラリンピック開幕までの試験運用を目指し、県の18年度予算案に調査費を計上する。実現すれば、全国の警察で初の試みになるという。

 県関係者によると、連続発生した事件の容疑者が同一かどうかを分析したり、容疑者の次の行動を予測したりするほか、事件事故が起きやすい時間帯と場所を確率で示すシステムの構築を目指す。


続きを読む

たたら製鉄で高校生が鉄を作り刀を 砂浜の砂から誕生

1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/01(月) 20:38:12.13 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00022950-kana-l14

 県立鎌倉高校(鎌倉市七里ガ浜)の科学研究会が、鎌倉の砂鉄から鉄をつくり出す方法を6年かけて確立した。昔ながらの「たたら製鉄」と呼ばれる手法を用いて、代々の生徒たちが試行錯誤を重ねた挑戦。この鎌倉産の鉄を使って県内の刀工と研師の手で短刀が完成し、新年に展示される。
 
 たたら製鉄は、木炭を燃焼して鉄を精製する日本古来の製鉄方法。科学研究会は2011年に研究を始めた。当初は学校の目の前に広がる七里ケ浜の海岸の砂から砂鉄を採取して試みたが、「1グラムも鉄ができなかった」と顧問の木浪信之教諭(60)は振り返る。

 次は七里ケ浜よりも砂鉄が多く含まれる稲村ケ崎の砂を使ってみた。磁石で何度も砂鉄とそれ以外のものにより分ける。
 炉は、木浪教諭の知人で立命館大の山末英嗣准教授から協力を得ている。夏休みに研究会のメンバーが滋賀県にある同大キャンパスを訪れ、約300個のれんがを使って組み立てる。

 砂鉄を炉に入れ、木炭を加えて3~4時間熱する。炉内の温度は1300度以上に達し、底で溶けて固まった「ケラ」ができる。純度の高いケラになるまで何度も、木炭の量や送り込む空気の量、炉内の温度を細かく調節した。

 大きなポイントだったのは、砂鉄を炉に入れる前に熱湯で30分以上洗うこと。木浪教諭は「汚れや付着している海水が取れるのが効果的だったのではないか」と推測する。純度の高いケラから鉄を取り出せるようになり、工程をまとめた論文が日本学生科学賞の入選1等に入賞した。

 その活躍を同窓会の会報誌で知った卒業生を通じ、秦野の刀工・森光廣さんから「一度、鎌倉の鉄をたたいてみたい」と刀作りの申し出を受けた。科学研究会のメンバーも「この鉄で何か作ってみたかった」と喜んで応じた。仕上げの研ぎは、鎌倉の研師・本阿弥家の戸村厚之さんが担った。

 出来上がった短刀は刃渡り25・7センチ、重さ180グラム。柄(つか)には「以鎌倉砂鉄」と記されている。木浪教諭によると、鎌倉の砂鉄のみで作られた刀は記録がないという。

 研究を始めてから、代々のメンバー30人ほどが試行錯誤を繰り返してきた。現部長の金井瑠偉(りゅうい)さん(16)は「先輩たちの力があったからこそできた。何度も失敗して工程を一つ一つ感じられた」。木浪教諭は「生徒の努力のたまもの。感慨はひとしおですね」と目を潤ませる。

 短刀は靖国神社遊就館(東京都千代田区)で1月1~13日に開かれる「奉納新春刀剣展」に出展される。

no title


続きを読む

【悲報】アンパンマン号、箱根駅伝に駆けつけ逮捕される

1: 風吹けば名無し 2018/01/02(火) 08:56:30.99 ID:OBYb2Ncm0

no title



続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!