サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

突然変異

英国UCL、200個近いコロナウイルスの突然変異を発見

1: サンダージョー ★ 2020/05/07(木) 06:02:49.03 ID:HexzTnnO9

2020年05月07日 03:05
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202005077427069/

新型コロナウイルス感染者7500人超のデータを調べた英ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンは、ウイルスのゲノムに198個の突然変異を発見した。遺伝学雑誌「感染症の遺伝学と進化」に研究結果が公表された。

研究報告には「突然変異が繰り返されていることから、SARS-CoV-2は人間の新たな宿主への適応をし続けていることがわかる」と書かれている。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1567134820300447

ウイルスの7666例の遺伝子サンプルの研究から英ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンは、COVID-19のパンデミックはおよそ昨年2019年10月6日から12月11日の間に始まったという説を確証した。この他、研究データから「地域的な感染」はその地域に「大量のウイルスが様々な経路で入ったことで呼び起こされた」ことが示された。
※前スレ
【研究報告】英UCL、200個近いコロナウイルスの突然変異を発見 [サンダージョー★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1588791753/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1588798969/続きを読む

新型コロナに「二つの型」か 感染力に差…米国の患者1人は両方の型に感染した可能性 中国英字科学誌

1: ばーど ★ 2020/03/05(木) 07:25:42.49 ID:Zrn5by/59

中国の研究者チームは4日までに、新型コロナウイルスは二つの型に分類でき、感染力に差があることが分かったと中国の英字科学誌「国家科学評論」に発表した。中国メディアが伝えた。

ウイルスのサンプル103例の遺伝子配列を調べ、うち101例を「L亜型」か「S亜型」に分類した。約70%がL型。L型の方が感染力が強いとみられ、湖北省武漢で爆発的流行が起きた時期に多く確認され、1月初旬以降は減少した。

S型はコウモリから検出されたコロナウイルスに遺伝子的に近く、古い型とみられる。一つの型にだけ感染する症例が大半だったが、武漢への旅行歴のある米国の患者1人は、両方の型に感染した可能性があった。

一方、北京の病院は4日、新型肺炎と脳炎を併発した患者を1人確認したと明らかにした。脳脊髄液から新型ウイルスを検出した。ウイルスが中枢神経に及ぶ危険性に注意するべきだとしている。(共同)

2020.3.4 20:28 共同
https://www.sanspo.com/geino/news/20200304/sot20030420280023-n1.html

■関連スレ
【速報】中国研究チーム「新型コロナウイルスは『二つの型』に分類でき、感染力に差があることが判明した」 ★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1583333067/

■関連過去スレかも
【日本バイオデータ解析】日本で流行中の新型コロナを系統解析をしたところ全く異なることが判明 ★7
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1582110731/

※今朝のTBS、あさチャンより

日本は「S」
これから「L」が流行する可能性も


2: 名無しさん@1周年 2020/03/05(木) 07:26:18.19 ID:XEGm4SH90

>>1
▼3月4日時点で国内感染確認数は330人

北海道・・・ 82人
東京都・・・ 53人
愛知県・・・ 50人
神奈川県・・ 33人
千葉県・・・ 18人
大阪府・・・ 18人
和歌山県・・ 13人
不明・・・・ 7
高知県・・・ 7
熊本県・・・ 6
石川県・・・ 6
京都府・・・ 5
新潟県・・・ 5
兵庫県・・・ 3
埼玉県・・・ 3
福岡県・・・ 3
沖縄県・・・ 3
長野県・・・ 2
岐阜県・・・ 2
愛媛県・・・ 2
三重県・・・ 1
徳島県・・・ 1
大分県・・・ 1
奈良県 ・・・1
宮城県 ・・・1
宮崎県 ・・・1
山口県 ・・・1
静岡県 ・・・1
栃木県 ・・・1


▼世界トップ10
 
中国・・・・・・・・・・・・80,270人
韓国・・・・・・・・・・・・5,621 人
イタリア・・・・・・・・・・3,089人
イラン・・・・・・・・・・・2,922人
ダイヤモンドプリンセス・・・706人
日本・・・・・・・・・・・・304人
フランス・・・・・・・・・・285人
ドイツ・・・・・・・・・・・244人
スペイン・・・・・・・・・・228人
アメリカ・・・・・・・・・・148人
シンガポール・・・・・・・・112人
  



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1583360742/続きを読む

【微閲覧注意】「三つ目」のニシキヘビ発見、オーストラリア北部の路上で

1: しじみ ★ 2019/05/05(日) 22:13:29.16 ID:CAP_USER

【5月5日 AFP】
オーストラリアで、レンジャー隊員らが路上で発見した目が3つあるニシキヘビの写真が公開され、奇妙な野生動物には慣れっこのオーストラリアの人々の間でも話題となっている。

 三つ目のニシキヘビが見つかったのは、豪北部のハンプティードゥー(Humpty Doo)。今年3月、ハイウエーを這っているところをレンジャー隊員らが発見。「モンティ・パイソン(Monty Python)」と名付けられた。

 北部特別地域公園・野生生物局(Northern Territory Parks and Wildlife Commission)のフェイスブック(Facebook)投稿によると、X線検査の結果、「モンティ・パイソン」の3つの目は全て正常に機能していることが分かった。第3の目は、卵の段階で自然に形成されたものとみられるが、爬虫(はちゅう)類ではこうした奇形は珍しくないという。

 野生生物当局者は3日付の豪紙ノーザン・テリトリー・ニュース(Northern Territory News)で、カーペットニシキヘビは生後3か月ほどで全長40センチだったが、飼育下に置かれてから約1か月後に死んでしまったと説明。レンジャーのレイ・チャット(Ray Chatto)氏は同紙に、「奇形を抱えながら野生環境下であれだけ生き延びられたのは異例のことだ。あのヘビは、死ぬ直前まで力を振り絞って餌を食べようとしていた」と話した。(c)AFP

no title

no title


https://www.afpbb.com/articles/-/3223656



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1557062009/続きを読む

クジラが4本足だった頃の化石を南米でも発見

1: しじみ ★ 2019/04/05(金) 18:01:15.64 ID:CAP_USER

(CNN) クジラやイルカを含む鯨類は、5000万年ほど前は現在よりも小型の4本足の動物だった――。南米ペルーで出土した化石を調べていた国際研究チームが、4日の生物学会誌にそんな研究結果を発表した。

4本足のクジラの化石は南米ペルー南岸のピスコ盆地で2011年に見つかった。インドやパキスタンでもこうした化石は見つかっているが、南米や太平洋での発見は初めてだという。

ペルーの化石は4260万年前のもので、骨格の保存状態が良く、膝蓋骨(しつがいこつ)や足首の小さな骨、小さなひづめがあったことを示す節骨も残っていた。

体長は尾を含めて約4メートルほど。研究チームはこのクジラを、「太平洋にたどり着いた旅するクジラ」を意味する「ペレゴセタス・パシフィカス」と命名した。

鯨類は年月とともに海中での生活に適した姿に進化したことが分かっている。しかし南アジアから南米へどう移動したのかは、これまで分かっていなかった。

今回の研究では、4本足のクジラが泳ぎも陸上歩行も得意だったと思われることが判明。尾の部分につながる骨の形は、現代のビーバーやカワウソによく似ていた。長い足先には水かきが付いていて、この姿で大西洋を横断したと研究チームは推定する。

当時のアフリカ大陸と南米の距離は現代の半分程度で、強い潮流が流れていた。4本足のクジラは南米から北米にも移動したと思われ、1200万年の陸上歩行生活を経て、海洋生物に進化したと考えられている。

no title


https://www.cnn.co.jp/fringe/35135319.html



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1554454875/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!