サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

線虫

「線虫」でがん検査、ついに商用化へ 1万円で来月から

1: 水星虫 ★ 2019/12/18(水) 06:36:04.89 ID:te3JBWHS9

線虫使ったがん検査が実用化

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukuoka/20191217/5010006407.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

すぐれた嗅覚をもつ「線虫」という生物に、ヒトの尿のにおいをかがせて
がんを早期に発見する技術が実用化され、来年から検査を受けることができるようになります。

技術を開発した企業によりますとわずか1滴の尿で検査ができるということで、
がん検診の受診率の向上が期待されています。

技術を開発した東京のベンチャー企業、「HIROTSUバイオサイエンス」が、
17日、福岡県庁に小川知事を訪ね、報告しました。
実用化されるのは、体長1ミリほどの「線虫」と呼ばれる生物を使ってがんを早期に発見する検査技術です。
「線虫」は、目がない代わりに嗅覚が発達していて、がん患者の尿のにおいに集まる特性があります。

技術を開発した東京のベンチャー企業によりますと、この特性を利用してわずか1滴の尿から
ステージ「0」から「1」の早期のがんでもおよそ85%の確率で見つけることができるということです。
1回の検査でかかる費用は1万円ほどで、尿を採取してから結果が出るまでは2週間ほどだということです。

早ければ来年1月から国内の医療機関で検査を受けることができ、
医療機関は今後、企業のホームページで公開するとしています。

「HIROTSUバイオサイエンス」の広津崇亮代表取締役は
「がん検査の受診率の向上にこの新技術が役立つことを期待しています」と話していました。

12/17 21:03



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576618564/続きを読む

人間の致死量の500倍のヒ素に耐え、3つの性別を持つ線虫が発見される

1: ちーたろlove&peace ★ 2019/10/01(火) 02:20:03.49 ID:iBwSDFHf9

カルフォルニア工科大学の研究チームが、海よりも高い塩分濃度を持つ塩湖である「モノ湖」で、人間の致死量の500倍のヒ素に耐えることができ、3つの性別を持つ不思議な線虫を発見した。

その研究論文は、9月26日付けで雑誌「Current Biology」に掲載されている。
発見されたのは、アメリカ・カリフォルニア州にあるモノ湖。この湖は海水の3倍もの塩分濃度であり、pH10というアルカリ性の水を持っている。

塩分濃度が高いことから魚類は生息しておらず、この極限環境での生存が確認されている生物はハエ(アルカリミギワバエ)とエビ(アルテリア)の2種のみだった。

そして今回、カリフォルニア工科大学の研究チームがモノ湖とその周辺に生息する8種の線形動物を発見したのだ。このうちの5種は過去に報告のない新たな線虫種であるとのこと。
これらは、現段階では「Auanema種」と名付けられている。そして、ヒトの致死量の500倍もの量のヒ素に耐えることができ、子供をカンガルーのように体内に抱え込むそう。

また、線虫はオス、メス、両性具種の3つの性別を持つ生き物。卵と精子の両方を持ち、自家受精によって数百という子孫を生むことができる。そして、有性生殖によって繁殖することを選ぶ場合は、遺伝子をシャッフルすることでオスの子孫を多く生むことも可能となっている。

研究チームは、線虫の遺伝子配列を確認したところ、タンパク質を構成するアミノ酸の分解に役立つ「dbt-1」と呼ばれる遺伝子の変異が明らかになった。この遺伝的微調整が発見された線虫の驚くべきヒ素耐性の要因の一部である可能性があると考えられてる。

飲料水のヒ素汚染が国際的な問題の1つとなっている中、この線虫がヒ素耐性をもたらす仕組みを紐解くことで、ヒ素で汚染された水から人々を守ることができるかもしれないと見られている。


https://vaience.com/biology/20190930-nematoda-discover-mono-lake/


no title

no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1569864003/
続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!