サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

腎臓

果汁を静脈注射した女性、肝臓、腎臓、心臓、肺に異常 集中治療室に 中国

1: しじみ ★ 2019/03/21(木) 14:26:33.48 ID:CAP_USER

中国在住の女性が健康のためにと果物の果汁を静脈注射し、死にかける出来事があった。

51歳のこの女性は肝臓、腎臓、心臓、肺に異常が出たため、5日間の集中治療を受けた。

中国湖南省の湘南学院附属医院の職員はBBCの取材に対し、女性は20種類以上の果物の果汁を注射していたと話した。

ソーシャルメディアでは、この事件は基礎的な医療知識の必要性を明らかにしているとの声が挙がっている。

女性は果汁を注射したあと、皮ふのかゆみと体温上昇に見舞われた。2月22日に医院の集中治療室に運ばれたが、その後は一般病棟に移ったという。

この出来事は中国のソーシャルメディア微博(ウェイボー)で話題になり、1万1000人以上が、「高齢女性が果汁を静脈注射」という中国語のハッシュタグを使った。

あるユーザーは、「一般人には医学知識がなさ過ぎるようだ」と指摘している。

(英語記事 Woman nearly dies after fruit injection)
https://www.bbc.com/news/world-asia-china-47623816

no title


BBCニュース
https://www.bbc.com/japanese/47634253



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1553145993/続きを読む

【悲報】人工透析の糖尿病って生き地獄じゃないか?治る薬とか開発される可能性ないの?

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/13(火) 21:57:46.370 ID:GIy2eVKuK

生きる為の制限もいろいろあるしグレート義太夫とか週15時間透析で食は制限だらけとかマジで生き地獄だ
ガンみたいに治る可能性のある薬が出来る可能性ないのか?



引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1542113866/
続きを読む

風邪薬「一回二錠です…」理系ワイ「ふむ、平均体重からの差を計算に入れて、ワイに適正な量は…っと」

1: 風吹けば名無し 2018/08/04(土) 09:46:18.02 ID:+kYYYFXD0

文カス「二錠パクー」

文さん…w



引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1533343578/
続きを読む

2年後に猫の寿命が倍に? 死因トップの腎不全から猫を救う特効薬の最前線

1: しじみ ★ 2018/02/13(火) 23:19:24.00 ID:CAP_USER

ネコの死因トップを占める腎不全に立ち向かう製剤や機器の開発が進んでいる。
「ネコの寿命30歳」を現実のものとすべく奮闘する最新の医療現場を追った。

2016年末発売の「NyAERA」第1弾の取材で、
「3年後にネコの寿命が倍近くになります」と宣言した東京大学大学院医学系研究科の宮崎徹教授。
今回研究室を再訪し、宮崎教授ご本人からネコの腎不全特効薬の開発の進捗を聞いた。

 続報の前に少しおさらいが必要だろう。
宮崎教授は、血液中にある「AIM」という約350個のアミノ酸からなるタンパク質が、
人間やネコの腎機能改善に大きく寄与していることを立証。16年に相次いで研究論文を発表した。

 このことは同時に、
「ネコは人間と違い先天的に活性化しないAIMしか保持していないため腎機能障害に陥りやすい」というメカニズムも解明した。
そこで宮崎教授は、人為的に大量抽出したAIM製剤を開発し、
それをネコに投与すれば死因のトップを占める腎不全の治療に画期的な効果を及ぼす──そう確信し、
冒頭の「寿命倍」発言につながったのだ。

 AIM製剤の開発の現状はどうなのか。宮崎教授は言う。

「AIMタンパク質を薬剤として開発するに当たっては、
いかにして純度と生産性を担保するかが最大のハードルだと考えていました」

 AIMタンパク質の製剤過程は、化学的に合成するのではなく、抗体医薬などと同じように、
体外で培養した細胞の培養液から抽出する生物学的な手法に基づく。
このため、薬剤として効率的に大量生産するにはコスト面で高いハードルが予想された。

 ところがこの難題は、17年4月の段階でクリアできたという。
高純度のAIMを大量生産できる細胞の開発に成功したのだ。

「研究室で培養してきた細胞と比較すると、最大500倍という効率の良さで、
かつ高純度のAIMが生成できる細胞を開発しました。
何百万個の細胞の中から創薬に理想的な細胞をこんなに早く見つけ出せたのは本当に幸運でした」(宮崎教授)

続きはソースで

関連ソース画像
no title


AERA dot. (アエラドット)
https://dot.asahi.com/aera/2018020800005.html



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1518531564/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!