サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

規制

フランスで大麻成分入りのワインが誕生した訳 禁止は抑制にはつながらない

1: ごまカンパチ ★ 2021/03/09(火) 23:28:38.82 ID:b4HpoMJL9

https://news.yahoo.co.jp/articles/1385a959c6bdff7e9921e4d4fc71adeec5878a4f
──フランスは欧州の中でも、大麻の取り扱いに厳しい国だが......
 フランスのボルドーで、大麻の成分のひとつであるカンナビジオール(CBD)入りワインが初めて生まれた。
その背景から、フランスのワイン事情と大麻事情を紹介する。

■ ワイン離れが進む世代へのアプローチ
Burdi W<と名付けられたこのドリンクは、プティヴェルドと呼ばれる単一品種のブドウで生産された地元のワインにCBDを250mg組み合わせたもので、
ヘンプの香りにカシス風味がプラスされている。
この商品を世に出したラファエル・ド・パブロ氏は、「クラシックなアルコール効果にリラックス効果が追加された」ドリンクだと胸を張る。
同商品は、若い世代の目をワイン向けさせることも目的としている。
蛍光色を使って大麻の葉のデザインしたボトルラベルも、若い世代へのアプローチ効果を狙ったものだ。

実は、フランス人のアルコール消費量は、1960年以来減少傾向にある。
それでも2017年の発表によれば、経済協力開発機構加盟国34か国(調査当時)の中で6番目にアルコール消費量の多い国だ。
具体的には、15歳以上の国民1人につき1年に平均11.7リットルのアルコールを消費している。
余談だが、この統計が15歳以上でとられているというのは面白い。
というのも、フランスでもアルコール摂取は成人(18歳)になるまでは許されないはずのものだからだ。

フランス人が最も好むアルコール飲料1位は相変わらずワインだが、年代を区切るとこの限りではない。
若い世代はカクテルなどに用いられる蒸留酒を最も好み(67.3%)、それにビール(63.5%)が続き、ワイン(35.9%)は3位でしかない。
Burdi Wはそんな世代の目をワインに向けさせる役目を背負って誕生したというわけだ。

■ 大麻に厳しい国、フランス
カンナビジオール(CBD)は、麻から抽出できるカンナビノイドの一種だが、いわゆる麻薬のような精神作用は持たない。
それどころか「抗テンカン」「抗炎症」などの作用が認められており、2019年にはEUが、CBDを原料とする医薬品を承認している。
それにもかかわらずフランスは国内でのCBD使用を禁止していたため、2019年11月、欧州司法裁判所に違法であると裁定されている。

このことからもわかるように、フランスは欧州の中でも、大麻の取り扱いに厳しい国だ。
大麻は、たとえ自宅で一人で吸ったとしても、論理上は1年の懲役と3750ユーロの罰金を科せられる刑事犯罪なのだ。
ただし、実際にはほとんどの場合、2019年導入された200ユーロの定額罰金制度が適用されている。
大麻を栽培した場合はさらに厳しく、10年の懲役が刑法で規定されており、販売、流通、購入にかかわった場合も基本的には10年の懲役を科せられる(個人使用の場合は5年)といった具合だ。

ところが、厳しい取り決めとは裏腹に、フランスはヨーロッパでもっとも大麻使用の多い国で、時々消費する人は500万人、常習者は90万人を数える。
若者への普及率も高い。フランスの麻薬事情を扱う公的機関OFDTが2018年にまとめた調査によれば、17歳の10人に4人(39.1%)が大麻の使用経験を持っている。

■ 医療用、娯楽用ともに合法化への動き
上のような事情から、禁止は抑制にはつながらないという主張が定期的に唱えられ、大麻の合法化は何度も議論に上ってきた。
2021年3月1日にも大麻の娯楽的使用の合法化についての世論調査が発表されたところだ。
それによれば、80%以上が法規制内での大麻使用を認める案に賛成と答えており、今後何らかの動きにつながると思われる。

また、医療用大麻の使用に関しても、少しずつ進んでおり、今年3月31日から24か月間、大麻の医療使用が試験的に行われることが決まった。
対象となるのは、神経障害性疼痛や癌などの重い病を持つ病人約3000人。
既存の治療法で効果が見られない場合にのみ大麻が処方される予定となっている。

大麻の解禁は、財政的にも魅力的なものだ。
2020年6月オプス誌上に掲載された議員20人ら連名の投稿は、「(大麻の)合法化は、毎年20~28億ユーロの財源を国にもたらし、
特に農業に3~8万の雇用を生む」と見積もっている。



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1615300118/続きを読む

廃止フロンガス 中国から大量放出 オゾン層回復遅れ懸念 「フロン製造が続いていた可能性が高い」

1: 香味焙煎 ★ 2019/05/30(木) 06:29:49.18 ID:FCYkj03Q9

オゾン層を破壊することから国際的に全廃したはずのフロンガスの一種が、中国から大量に放出されていることが、国際研究グループの分析で分かりました。オゾン層の回復の遅れが懸念されています。

フロンガスの一種の「トリクロロフルオロメタン」は、オゾン層を破壊することから、1987年に採択された「モントリオール議定書」に基づいて段階的に削減され、2010年に全廃されました。

ところが、世界の観測データを見ると2012年ごろから大気への放出量が増加に転じていて、イギリスのブリストル大学や国立環境研究所などは、特に濃度が高い傾向にある沖縄県の波照間島と韓国のチェジュ(済州)島のデータから、大気の動きを分析して放出源を推定しました。

その結果、中国の山東省と河北省を中心に大量のフロンガスが放出され、地球全体の増加量の少なくとも4割から6割を占めることが分かりました。

研究グループは、全廃前に製造されたフロンガスの放出量が急に増えるとは考えにくく、まだ製造が続いていた可能性が高いとしています。

また、アフリカや南アメリカは観測データがないため、中国以外にも放出源がある可能性は否定できないとしています。

オゾン層は、有害な紫外線を遮って生態系を保護する役割があり、フロンガスの国際規制によって2060年代には破壊が深刻になる前の水準に戻るという予測もありますが、今回明らかになった大量放出による回復の遅れが懸念されています。

この研究結果は、イギリスの科学雑誌「ネイチャー」に掲載されています。

NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190530/k10011934201000.html



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1559165389/続きを読む

愛護団体「エビを生きたまま茹でるのはかわいそうだからやめろ!」 政府「わかりました」

1: 風吹けば名無し 2018/01/11(木) 14:28:24.51 ID:BanTC/f+0

スイス政府は10日、暴れるロブスターを熱湯に放り込む従来の調理法を禁じ、
事前に気絶させてから絶命させることを義務づけた。動物保護法の全面的な見直しに伴う措置で3月1日から適用される。

 ロブスターを生きたまま熱湯に入れる調理法はこれまでレストランで一般的だったが、
今回の法改正によりロブスターは「死ぬ前に気絶していなければならない」とされた。
スイスの公共放送局(RTS)によると、気絶させる方法も電気ショックか機械を使った「脳の破壊」しか認められないという。

 動物の権利活動家や一部の科学者は、ロブスターやその他の甲殻類は
高度な神経系を持っており、生きたまま熱湯でゆでられると激しい痛みを感じると主張している。

 改正法ではこのほか、生きたロブスターを含む海産甲殻類を氷詰めにしたり氷水に入れたりして
輸送することも禁止し、「常に自然の状態に保たなくてはならない」ともされた。(c)AFP



続きを読む

米カリフォルニア州さん、大麻を解禁してしまう

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/01/02(火) 09:28:44.08 ID:KbPJ8qxD0● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典

sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
米カリフォルニア州「大麻解禁」で販売始まる

アメリカで最も人口の多いカリフォルニア州で、しこう品としての大麻が解禁され、全米での大麻の合法化に
向けた流れがさらに進むのではないかと指摘される一方で、根強い反対意見もあり、今後の議論にどう影響を
与えるのか注目されます。

アメリカ西部カリフォルニア州では、おととし行われた大麻合法化の是非を問う住民投票で賛成が上回り、
1日から21歳以上であれば一定の条件でしこう品としての所持や使用が解禁されました。

州内ではおよそ100の店舗で販売を許可され、このうちオークランドの店舗では1日、早朝から大勢の客が
並び、早速買い求めていました。

購入した女性は「歴史的な日です。長い目で見れば多くの人たちの助けになると思います」と話していました。

アメリカでは大麻の合法化を認める意見が増えていることから、すでに西部のコロラド州などで大麻の
販売と使用が許可されているほか、今回、最も人口の多いカリフォルニア州で解禁されたことで全米での
大麻の合法化に向けた流れがさらに進むのではないかと指摘されています。

一方で、連邦法では依然として大麻が規制されているほか、コロラド州では合法化されたあと大麻を使用した
状態での交通死亡事故が急増するなど、身体への影響を懸念する意見も根強くあり、今後の議論にどう
影響を与えるのか注目されます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277251000.html



続きを読む

タバコは害悪で酒はいいものという風潮

1: 風吹けば名無し 2017/12/29(金) 04:06:53.75 ID:nN+IiPpC0

酒だって十分害悪なものだと何故気付かない?



続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!