サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

論文

自然科学分野でも中国が論文数世界1位の30万5900本、なお日本は6万4800本

1: しじみ ★ 2020/08/07(金) 19:28:04.32 ID:CAP_USER

自然科学の分野で発表された世界の論文の数を分析したところ、おととしまでの3年間の平均は中国の論文数が30万本余りで、アメリカを抜いて初めて世界1位になったと文部科学省の研究機関が公表しました。

文部科学省の科学技術・学術政策研究所は世界の国と地域の自然科学の研究動向を毎年、まとめていて、最新の状況を「科学技術指標2020」として公表しました。

この中で、おととしまでの3年間に発表された論文をもとに1年当たりの論文数を多い順に並べると、中国は30万5900本余り、アメリカは28万1400本余り、ドイツは6万7000本余り、日本は6万4800本余りとなり、中国が論文数で初めてアメリカを上回り世界1位になりました。

中国の論文数は、1998年は1万7000本余りで9位となっていて、20年でおよそ18倍になったことになります。

また、日本の論文数はわずかに増えているものの、順位は4位で去年と同じでした。

一方、引用数が多く質が高いとされる「トップ10%」と呼ばれる論文は、アメリカが3万7800本余り、中国が3万3800本余りと引き続きアメリカが1位となり、続いて、イギリスが8800本余り、ドイツが7400本余りで、日本は3800本余りで9位でした。

分析を行った文部科学省科学技術・学術政策研究所伊神正貫室長は「ついに中国がアメリカを越したのは驚きだ。中国では研究者の数や研究費などが増えている。日本も大学院生の処遇など総合的な改善が必要だ」と指摘しました。

NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200807/k10012556811000.html



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1596796084/続きを読む

ヒドロキシクロロキン、イベルメクチンとCOVID-19が関係する論文が取り下げ

1: 首都圏の虎 ★ 2020/06/08(月) 02:48:57.66 ID:rQYgYEC/9

2020年6月4日、LancetとThe New England Journal of Medicineが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する論文を相次いで撤回した。医療情報分析会社であるSurgisphere社が提供するデータを用いて解析していた論文で、そのデータの信ぴょう性が疑われたことから取り下げとなった。今後のCOVID-19の研究に混乱を来す可能性があるのと同時に、「COVID-19まん延下で論文の査読が甘くなっているのではないか」というかねての指摘が実証された形だ。

 取り下げられたのは、いずれも米国Harvard大学医学部のMandeep R. Mehra氏が筆頭著者として執筆した論文。Lancetの論文はCOVID-19患者へのクロロキンやヒドロキシクロロキン投与について、これらの薬を投与された患者の死亡率減少効果が見られず、心室性不整脈のリスクは有意に増加していたというもの(関連記事:クロロキンはCOVID-19の治療に役立たない?)。また、NEJMではACE阻害薬やARBのCOVID-19患者への影響について、心血管疾患の既往は院内死亡率の増加と関連があったが、治療薬の使用は死亡率増加と関連が見られなかったと報告していた(関連記事:降圧薬はCOVID-19患者の死亡率を増やさない)。この2本以外にも、Surgisphere社のデータを活用した論文としてCOVID-19患者に対してイベルメクチン投与の有効性をまとめた論文などがあり、プレプリント(査読前論文)として公開されていたが取り下げられていた。

 Lancetに掲載された論文を受け、WHOは5月25日にヒドロキシクロロキンの臨床試験の中止を勧告。だが、28日に複数の研究者より公開質問状が出された他、オーストラリアのガーディアン紙が、論文中のCOVID-19によるオーストラリア人の死亡数が、これまで公表されていた死亡者数よりも多かったことを指摘。データに関連する病院を取材したところ、Surgisphere社との関連を否定したと報じている。また、6月2日にはNEJMの論文に対しても研究者らによる公開質問状が提示された。

 Surgisphere社は2008年に設立された米国の医療に関するデータを提供する会社で、2億4000万件以上の電子カルテから収集した情報を有しているとしている。Lancetの論文の問題についてSurgisphere社は、「アジアに割り当てるべきデータをオーストラリアに割り付けてしまったが、それによって結果には影響はない」とし、NEJMやLancetによる第三者による監査を受け入れる旨をウェブサイト上に記している。だが、Mehra氏らは6月4日、「論文著者が未公開データにアクセスできず、第三者が監査を行えない」として論文を撤回した。

全文はソース元で
2020/06/07
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t344/202006/565932.html



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1591552137/続きを読む

発光する玉子焼きにぎり寿司から分離した発光細菌

1: みつを ★ 2020/05/10(日) 02:40:02.79 ID:9f4wThCd9

【教授!発見しました!】ツイッターで論文発掘「発光する玉子焼きにぎり寿司から分離した発光細菌の検討」

2020/05/10

https://twitter.com/kawarasan/status/1259137042551697409?s=21

えー
>暗所で発光する玉子焼は,保健所の食品衛生業務中,稀には遭遇する食品の苦情事例である

「発光する玉子焼きにぎり寿司から分離した発光細菌の検討」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsfm1984/8/4/8_4_203/_pdf


no title

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1589046002/続きを読む

宇宙は場所によって物理定数が異なるという仮説を発表!宇宙人はいないの?

1: スナフキン ★ 2020/04/29(水) 01:14:02.87 ID:6dkZ71i/9

これまで私たちは、「宇宙は全方位に向かって均質であり、宇宙のどこでも物理定数は不変」だと考えてきました。

ですが近年の度重なる天文学的な測定により、この宇宙を規定するはずの物理定数が、宇宙の異なる場所では違っていることを示唆する結果がもたらされています。

そこで研究者は決定的な結論を得るために、銀河の様々な地点に存在する、クエーサー(非常に活動的なブラックホール)から発せられる電磁波を観測し、宇宙各地の電磁気力の強さを決める定数(微細構造定数)を測定しました。

結果は驚くべきもので、宇宙の一方では電磁気力が強く、また逆の方向では電磁気力が弱くなっていたのです。

これは単に宇宙に方向性があるということだけを意味するものではありません。

電磁気力は原子核が電子を引き留める力です。これが宇宙の場所によって異なるということは、同じ水素や酸素であっても、宇宙の端(高電磁気区域)と端(低電磁気区域)では別の性質を持つことを意味します。

また電磁気力が異なれば、化学反応も異なり、惑星上で生命が産まれる可能性に大きな影響を与えます。

もし、私たちの銀河系周辺だけが生物誕生にとって適切な電磁気力の区域である場合、地球外生命体などの調査は近傍以外は絶望的となるでしょう。

しかし、どうして宇宙に方向性が産まれたのでしょうか?

宇宙各地の電磁気力を測定する

電磁気力は宇宙を構成する4つの基本的な力の一つです(他の3つは重力・弱い核力・強い核力です)。

電磁気力は宇宙に存在する全ての原子核と電子の関係を決めており、適切な電磁気力がなければ原子も分子も構成されず、全ての物体は飛び散ってしまいます。

これまでにも、クエーサーの観測から、宇宙の遥か彼方にある領域では電磁気力が地球とは異なるかもしれないという報告があがっていました。

今回の研究ではより包括的な結論を導くために、機械学習を利用して複数の宇宙の領域での電磁気力(微細構造定数)が測定されました。

その結果、私たちの宇宙ではある特定の方向に行けば行くほど電磁気力が強くなり、それとは逆の方向に行けば行くほど電磁気力が弱くなっていることがわかりました。

観測を行った研究者たちは、はじめはこの結果を信じられませんでした。

この結果が意味するのは、宇宙は均一ではなく双極的な性質を持ち、宇宙の異なる場所では異なる物理定数が存在することを意味し、既存の均一な宇宙認識を完全に破壊するからです。

しかし繰り返し検証を行っても、結果はかわらず、データは宇宙の不均一と双極性を示していました。

なぜ宇宙に方向性がうまれたのかは、完全に謎のままです。インフレーションやビックバンの方向が大きく歪んでいた可能性もありますが、推測の域を出ません。

生命は地球の近くにしか存在しないかもしれない

現在の宇宙論は、宇宙の均一性の元に成り立っています。

宇宙が不均一かつ、謎の方向性がある場合、私たちが求める標準理論にも大きな影響があるでしょう。

ですが、影響は単に理論だけに留まりません。

電磁気力、すなわち原子核と電子がお互いを引きあう力が、宇宙の場所によって異なる場合、宇宙の端と端では水の電離といった基本的な化学反応ですら全く異なる可能性もあるのです。

化学反応の基本が違えば、生命活動にも大きな影響があります。

楽観的な予測は「宇宙の端と端では全く異なる生命が生まれている」というものですが、悲観的には「地球と似た電磁気力の区域以外では、生命は誕生しない」ことになります。

今回の発見は物理学と宇宙生物学に劇的な影響を与えることになりそうです。

しかし、人類の科学史を紐解けば、常識の崩壊は常に新理論の芽になってきました。

今回の常識の破壊によって、人類の科学力は新たな飛躍の時を迎えるのかもしれません。

研究内容はオーストラリア、ニューサウスウェールズ大学のマイケル・R・ウィルチンスカ氏らによってまとめられ、4月24日に学術雑誌「Science Advances」に掲載されました。

https://nazology.net/archives/58281
no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1588090442/続きを読む

最古の「現生鳥類」ワンダーチキンの化石を発見、6670万年前 カモとニワトリの特徴を併せ持つ「ワンダーチキン」

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/03/28(土) 17:32:06.98 ID:CAP_USER

■カモとニワトリの特徴を併せ持つ「ワンダーチキン」、ほぼ完全な頭蓋骨も

 今から20年前、アマチュア化石ハンターのマールテン・ファン・ディンター氏は、ベルギーとオランダの国境付近で、トランプのカード一組ほどの大きさの岩石を採集した。そして現在、どこにでもありそうなこの小さな石に、恐竜と同じ時代を生きた鳥の、小さいけれどほぼ完全な頭蓋骨が含まれていることが明らかになった。いわゆる鳥である「現生鳥類」のグループに属する化石としては最古のものだ。

 3月18日付けで学術誌「ネイチャー」に発表された論文で、この鳥は「アステリオルニス・マーストリヒテンシス(Asteriornis maastrichtensis)」と命名された。頭蓋骨と脚の骨の分析から、カモとニワトリの特徴を併せ持っていたことが判明し、それらの共通祖先との関連が示唆される。(参考記事:「新説「恐竜絶滅」を生き延びたのは地上の鳥だった」)

 分析にあたった国際研究チームの科学者たちは、親しみを込めてこの鳥を「ワンダーチキン」と呼んでいる。この鳥が生きていたのは今から6670万年前のことで、それから70万年後には地球に隕石が衝突し、すべての非鳥類型恐竜を絶滅させることになる。

「非常に興味深く、すばらしい発見です。鳥類の進化の過程のほとんど知られていない部分に新しい知見をもたらすものです」と、ドイツのフランクフルトにあるゼンケンベルク研究所の鳥類学者で鳥類進化の専門家であるゲラルト・マイヤー氏は評価する。なお、同氏は今回の研究には参加していない。

 アステリオルニスは脚の長い鳥で、おそらく飛ぶことができ、白亜紀末期のヨーロッパの海岸に生息していた可能性がある。当時は暖かく浅い海に島々が点在し、今日のバハマ諸島のような気候だった。

no title


続きはソースで

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/032300185/


続きを読む

「ブドウ2粒を電子レンジで加熱」はなぜ危険?

1: サンダージョー ★ 2019/11/26(火) 20:21:46.77 ID:CAP_USER

2019年11月25日 月曜 午後7:00
https://www.fnn.jp/posts/00049069HDK/201911251900_FNNjpeditorsroom_HDK
https://www.fnn.jp/image/program/00049069HDK?n=11&s=nc

ブドウを電子レンジで加熱すると燃えるというツイートが話題に
ブドウの隙間にマイクロ波が集中増幅しプラズマが発生
上智大・堀越准教授に実験して頂くと、実際にプラズマを確認

電子レンジでブドウが燃える?

今や私たちの生活に欠かすことのできない電子レンジ。
冷凍食品や作り置きの料理を食べるときなどに使うことができ、私たちに温かい料理をいつでも提供してくれる。
そんな電子レンジだが、今“あるモノ”を加熱すると危険だという投稿が話題になっている。
https://twitter.com/juna_san1735/status/1196562847536275461

じゅな ~料理研究家~(@juna_san1735)さんが「卵を電子レンジで加熱すると、爆発することは有名だと思います。しかし、それより更に絶対に電子レンジに入れてはいけない食べ物があります。なんだと思います?そう、『ぶどう』です。特に2つはNG。プラズマが発生して、ぶどうが燃えます。下手したら火災レベルなので気を付けてほしい。」とのコメントとともに、2粒のブドウが光っている写真を投稿。
じゅなさんによると、ブドウを電子レンジで加熱すると燃えるというのだ。ブドウを電子レンジで加熱することはあまりないと思うが、火災になる恐れもあるという。
この投稿は大きな反響を呼び、「ブドウに限らず、電子レンジの能力で持て余すような小さすぎる加熱材だけを入れると、余った力が電子レンジ本体に帰ってくるので故障原因でよくない」や「ついついやってしまう事ってあるかもしれませんが、本当にやってはいけないことってありますよね。 注意しようと思います。」などのコメントが寄せられ、11万超のいいねが付いている。(11月25日現在)

でも、これって本当に燃えているのだろうか? もし本当なら、どういった原理でブドウは燃えるというのか。
電子レンジでの加熱に使われるマイクロ波などを研究している上智大学理工学部の堀越智准教授にお話を伺った。

ブドウの隙間にマイクロ波が集中増幅しプラズマ発生

――ブドウを電子レンジで加熱すると、プラズマが発生して燃えて、火災になる恐れがある?
「ブドウを電子レンジで加熱するとプラズマが発生」というのは、条件がそろえば発生するようです。ただ、YouTubeで同様の動画を見る限りでは燃えているようには見えません。ブドウには水分が多く含まれているので、だいぶカラカラにならなければ燃えないと思います。ただ、発生したプラズマが別の何かに引火すれば燃えだすと思います。
――どういった原理なのか?
マイクロ波でプラズマの研究をやっているうちの学生に聞いたところ、最近論文が出ているとのことです。ネットでもこの論文を扱ったものがいくつかあるようです。少し書いてあることは間違っていますが、おおよそ言いたいことはあっているようです。
私たちの研究でも、活性炭の粒をある距離の隙間を開けて置くと、その隙間にマイクロ波が集中増幅してプラズマが生じることを論文発表しています。シミュレーションによると、100倍以上の増幅があります。
例えば600ワットの一般的電子レンジですと60000ワットになることになります。これによってプラズマが生じます。プラズマは雷と同じで、空気の絶縁性を超える電力が加わると発生します。この隙間の距離は、活性炭のサイズや電導度から決まります。
――特に「ブドウ2つは危険」とあるが、ブドウの粒の個数によって危険度は上がる?
ブドウも上記の理論によってプラズマが発生したとすると、数が多いほうがその適当な距離に行き当たる確率が大きくなります。ただ、多くなると、例えば2粒でマイクロ波が600ワット照射されるのに対して(1粒当たり300ワット)、20粒だと1粒当たりは30ワットになってしまいます。この辺はバランスがあると思います。
――他に電子レンジで加熱すると危険なものは?
石鹸、冷凍のさいころ状ニンジン、生卵、イカ、紙袋に入れた銀杏、皮付きソーセージなどです。

(続きはソースで)
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1574767306/続きを読む

生命起源となる材料、宇宙から飛来か 隕石から糖を発見

1: 香味焙煎 ★ 2019/11/19(火) 05:03:54.08 ID:dijGAEMl9

地球に落ちた隕石から生命活動に必須の糖が見つかったと、東北大や北海道大などのチームが18日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。細胞内でタンパク質の合成に関わるリボ核酸(RNA)を構成するリボースという糖で、40億年前に生命が誕生した際、宇宙由来の糖が使われた可能性があるとした。

これまでもデオキシリボ核酸(DNA)の一部である核酸塩基などが隕石から見つかり、生命の材料が宇宙に存在することが分かってきている。東北大の古川善博准教授は「今後は他の隕石も分析し、地球にもたらされた糖の量を詳しく調べたい」と話した。

共同通信
https://this.kiji.is/569251179730207841?c=39550187727945729



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1574107434/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!