サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

進化

人類の「言語の起源」は2500万年以上前までさかのぼれる可能性

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/04/28(火) 12:49:01.64 ID:CAP_USER

ヒトと類人猿でしか発見されなかった言語に関する神経回路がサルでも発見されたことから、ヒトの言語の起源が従来の説よりも2000万年もさかのぼる「現代からおよそ2500万年前」までさかのぼれる可能性を、ニューカッスル大学の研究チームが示唆しました。

Primate auditory prototype in the evolution of the arcuate fasciculus | Nature Neuroscience
https://www.nature.com/articles/s41593-020-0623-9/metrics

Scientists make a spectacular discovery about the origin of language in the brain
https://www.inverse.com/science/human-language-pathway-at-least-25-million-years-old

Controversial Discovery Says Origins of Human Language Existed 25 Million Years Ago
https://www.sciencealert.com/controversial-discovery-in-monkeys-pushes-the-origin-of-human-language-back-25-million-years

他の動物に比べて、ヒトの脳は言語によるコミュニケーションに特異的に適応しています。しかし、「発話をしながら相手の話を聞き、互いに意思疎通を行う」という能力を進化の過程でどうやって獲得したかははっきりとわかっていません。

一般的に類人猿(ape)に分類されるチンパンジーの脳には、ヒトと似たような言語回路があるということが明らかになっていて、前頭前皮質と側頭葉にまたがっている弓状束と呼ばれる神経経路が言語に大きく関与しているとされています。

以下の図で色がついている神経線維の束が弓状束。
no title


類人猿を含まないサル(monkey)の脳には言語回路に相当するものが見つかっていなかったため、「サルがヒトや類人猿のような言語能力を持つのか」は議論の的になっており、ヒトが言語能力を獲得したのは類人猿に進化して以降だ」という説も根強く唱えられていました。一方で、ヒトほど複雑に情報を処理できるわけではありませんが、ニホンザルは食べ物やアイデンティティ、危険についての情報伝達を発声で可能にしていることがわかっています。

ニューカッスル大学の比較神経心理学者であるクリス・ペトコフ教授が率いる研究チームは、「サルの脳に言語回路が見つからないのは、探すべき脳の領域を間違っているからだ」と考え、ヒト・類人猿・サルの脳を核磁気共鳴画像法(MRI)で検査したデータを比較。その結果、人類や類人猿の弓状束に相当する神経回路が、サルの脳の聴覚野に見つかったと報告しています。

研究チームは、サルの聴覚野にある弓状束が類人猿やヒトの持つ言語回路のプロトタイプである可能性を指摘しています。これまでの研究で、およそ2500万年前に類人猿がサルから進化し、およそ500万年前にヒトが類人猿から進化したといわれています。サルにも言語に関する神経回路が見つかったことで、ヒトの言語の起源は500万年前の類人猿からではなく、2500万年以上前のサルだった頃にあった可能性があるというわけです。


ペトコフ教授は「サルの聴覚系にも、ヒトと同じような言語回路が隠れていることに驚きました。長い間行方不明になっていた祖先の新しい化石を見つけたようなものです」とコメント。加えて、脳卒中や脳挫傷などによって言語能力に支障が出た患者でも、前頭前皮質と側頭葉だけでなく、聴覚野にも視野を広げることで言語能力の回復を狙うことができる可能性も示しました。

ただし、ペトコフ教授自身も「非常に物議を醸している」と認めており、今後もサルの脳を解析することで、サルとヒトのミッシングリンクをどれだけ追跡できるかが重要だと述べています。

https://gigazine.net/news/20200428-human-language-origin-25-milion/



引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1588045741/続きを読む

中国で30万年前の古人類の化石見つかる 東アジアの古人類の進化に新たな証拠

1: 樽悶 ★ 2019/06/05(水) 18:50:18.50 ID:p10JhaQu9

華龍洞で出土した古人類の化石の説明をする呉秀傑教授(2019年5月14日撮影)。(c)Xinhua News
no title

A:華龍洞の頭蓋骨の化石の出土状況、B:地層の堆積物を取り除いた後の頭蓋骨の化石のかけら、C-F:3Dモデルで復元した頭蓋骨の化石、それぞれ前面部、右前部、上面部、左側面部(呉秀傑提供)。(c)Xinhua News
no title

華龍洞で出土した頭蓋骨化石と中国のその他の古人類化石との比較。A:華龍洞の古人類、B:北京原人、C:南京原人、D:大茘(だいれい)人、E:金牛山人、F:馬壩(ばは)人(呉秀傑提供)。(c)Xinhua News
no title

A:華龍洞遺跡の動物の化石の堆積状況、B:出土した石器、C・D:哺乳動物の化石(同号文、李強、裴樹文提供)。(c)Xinhua News
no title


【6月4日 Xinhua News】中国の科学者が安徽省(Anhui)東至県(Dongzhi)華龍洞(Hualongdong)で発見した今から約30万年前の古人類の化石は、東アジアの人類の連続した進化を研究するうえで、新たに重要な証拠をもたらしたかもしれない。

 中国科学院古脊椎動物・古人類研究所の劉武(Liu Wu)氏と呉秀傑(Wu Xiujie)氏、裴樹文(Pei Shuwen)氏、および同科学院地球環境研究所の蔡演軍(Cai Yanjun)氏らはこのほど、華龍洞で出土した古人類化石に関する研究論文を「米国科学アカデミー紀要」に発表した。

 呉氏は「華龍洞では古人類の化石30点余り、彼らが制作し使用していた石器100点余り、哺乳動物の化石40点余りを相次ぎ発見した。切断や砕かれた痕跡のある大量の動物の骨も見つかった」と説明した。

 呉氏によると、華龍洞はただ単に古人類化石が見つかっただけの他の遺跡と異なり、古人類がここで生活していたことを示す多くの「証拠」も見つかったと指摘。彼らの生活や活動の様相を如実に示していると述べた。

 2015年10月、華龍洞の入り口にある巨大な石の下の堆積物を片付けていた作業スタッフとボランティアは、膠結(こうけつ)物に覆われた化石を見つけた。特徴が明確でなかったため最初はただの「牛の頭」と考えていたが、1週間後に呉氏が化石を整理していると、この化石の露出部分がヒトの頭蓋骨の眼窩(がんか)上部に非常に似ていることに気がついた。簡単な修復を経て頭蓋骨の特徴はいっそう鮮明になった。

 復元された古人類の頭蓋骨化石には、ほぼ完全な顔面部と脳頭骨の大部分、顎の骨の片側が含まれる。研究者は歯の生え方と摩耗状況に基づき、頭蓋骨が約14~15歳の少年のものであると推定している。脳容量は約1150ミリリットルで、現在の人の脳容量1300ミリリットルに近かった。

 研究者らはこれまで、華龍洞で16個体にあたる古人類化石30点余りを発見した。これらの化石とともに見つかった100点余りの石器は、彼らが当時、積極的に環境へ適応できていたことを反映している。

 研究者らは、化石と地層サンプルの測定に基づき、最終的に古人類化石の年代を今から数えて33万1000年~27万5000年前のものと確定した。(c)Xinhua News/AFPBB News

2019年6月4日 21:13
https://www.afpbb.com/articles/-/3227906



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1559728218/
続きを読む

クジラが4本足だった頃の化石を南米でも発見

1: しじみ ★ 2019/04/05(金) 18:01:15.64 ID:CAP_USER

(CNN) クジラやイルカを含む鯨類は、5000万年ほど前は現在よりも小型の4本足の動物だった――。南米ペルーで出土した化石を調べていた国際研究チームが、4日の生物学会誌にそんな研究結果を発表した。

4本足のクジラの化石は南米ペルー南岸のピスコ盆地で2011年に見つかった。インドやパキスタンでもこうした化石は見つかっているが、南米や太平洋での発見は初めてだという。

ペルーの化石は4260万年前のもので、骨格の保存状態が良く、膝蓋骨(しつがいこつ)や足首の小さな骨、小さなひづめがあったことを示す節骨も残っていた。

体長は尾を含めて約4メートルほど。研究チームはこのクジラを、「太平洋にたどり着いた旅するクジラ」を意味する「ペレゴセタス・パシフィカス」と命名した。

鯨類は年月とともに海中での生活に適した姿に進化したことが分かっている。しかし南アジアから南米へどう移動したのかは、これまで分かっていなかった。

今回の研究では、4本足のクジラが泳ぎも陸上歩行も得意だったと思われることが判明。尾の部分につながる骨の形は、現代のビーバーやカワウソによく似ていた。長い足先には水かきが付いていて、この姿で大西洋を横断したと研究チームは推定する。

当時のアフリカ大陸と南米の距離は現代の半分程度で、強い潮流が流れていた。4本足のクジラは南米から北米にも移動したと思われ、1200万年の陸上歩行生活を経て、海洋生物に進化したと考えられている。

no title


https://www.cnn.co.jp/fringe/35135319.html



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1554454875/続きを読む

ニホンジカが増えている地域で、植物小型化 食べられぬよう「進化」

1: しじみ ★ 2019/04/03(水) 14:19:59.51 ID:CAP_USER

ニホンジカが増えている地域で、一部の植物が小型化していることを、山形大学理学部などの研究グループが明らかにした。同学部の横山潤教授(多様性生物学)は「シカに食べられにくかったものが生き残ったと考えられる。生息が広がり始めている山形県内でも起きる可能性は十分ある」と話している。

 研究グループは、ニホンジカが多く生息する宮城県の牡鹿(おしか)半島で2016年からオオバコやタチツボスミレを採取し、仙台市内などシカの影響がない地域と大きさを比較して、研究してきた。オオバコは通常約30センチまで成長するが、牡鹿半島のものは数センチ程度。茎が15~20センチほど伸びるタチツボスミレも数センチまでしか育っていなかった。採取したものを山形大小白川キャンパス(山形市)で育てても、それ以上大きくならず、「遺伝的な変化があった可能性が高い」という。

 1990年代後半の牡鹿半島では変化は確認されていなかったため、ニホンジカが増え始めた2000年代ごろから起きたと見られる。小さい植物は、シカが見つけにくかったり、食べても十分な栄養にならなかったりする。「食べられにくいものが多く残ることによって、変化が生じていると考えられる」と横山教授。小さくなっても、花が咲き、種がつくというサイクルは維持しており、動けない植物がシカの餌になることをかいくぐる「生き残り策」のようだ。

■ニホンジカの影響で小型化した牡鹿半島のタチツボスミレ(左)。右は仙台市内で採取したもの(横山潤教授提供)
no title


朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM2P4WVVM2PUZHB00L.html



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1554268799/続きを読む

隕石衝突以前に既に恐竜は減っていたのか、新研究

1: しじみ ★ 2019/03/11(月) 13:47:03.93 ID:CAP_USER

■大量の化石データを駆使、「恐竜がすむのに適した環境が豊富にあった」

 6600万年前のある日、地球に隕石が衝突したせいで、恐竜の時代は終わりを告げた。恐竜の仲間の中で、この試練を生き延びたのは鳥類だけだった。その鳥類と、私たちの祖先にあたる初期の哺乳類が、恐竜に代わって主役の座に就いた。

 だが、もしこの大災害が恐竜に降りかからなかったらどうなっていたのだろうか? それでもやはり自然に衰退し、絶滅していただろうか?

 たぶん、そうはならなかった。隕石の衝突がなかったら、恐竜は絶滅していなかったかもしれない。3月6日付けで学術誌「Nature Communications」に発表された論文によると、白亜紀が終わった6600万年前の大量絶滅のときまで、恐竜が衰退する兆しは全くなかったという。この研究結果は、隕石衝突の時点で恐竜がすでに「末期的衰退」の状態にあったかどうかをめぐる論争に新たな一石を投じるものだ。

 この研究では、大規模シミュレーションという、古生物学の分野では新しい手法が用いられた。こうした最先端のアプローチによって、過去の環境の大変動に関する理解が深まるとともに、今日の気候変動がもたらしうるものを詳細に予測できるようになるかもしれない。

「今回の結果は非常に重要です。恐竜衰退の物語がまるごと否定されましたが、新しい手法を考案できてとてもよかったです。いろいろな可能性を秘めています」。今回の研究を率いた古生物学者で、英インペリアル・カレッジ・ロンドンの博士課程学生であるアルフィオ・アレッサンドロ・キアレンツァ氏はそう語る。

■もしも隕石が衝突しなかったら

 1940年のディズニー映画『ファンタジア』を観ると、当時の古生物学者が恐竜絶滅の原因をどのように考えていたかがよくわかる。映画では、緑豊かな沼地で繁栄をきわめたお馴染みの恐竜たちが、気候変動に伴う砂漠化により絶滅する様子が描かれている。この考え方は1980年代に大きく変化した。地質と化石の証拠を検証したルイスとウォルターのアルバレス父子が、恐竜が絶滅したのは砂漠化のせいではなく、隕石の衝突による大災害のせいではないかと主張したのだ。

 その後、科学者たちは決定的な証拠を見つけた。メキシコ沖で、この衝突によってできたと思われるクレーターの痕跡を発見したのだ。それ以来、ほとんどの古生物学者が、恐竜を絶滅に追い込んだ主要な原因は隕石の衝突であると考えている。

no title


続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030800149/



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1552279623/続きを読む

【古生物】爬虫類の翼竜にもフサフサの羽毛 中国で化石見つかる

1: しじみ ★ 2018/12/22(土) 22:12:03.49 ID:CAP_USER

 翼や頭部に鳥のような「羽毛」が生えた小型の翼竜の化石が、中国で見つかった。鳥の遠い祖先の小型恐竜などはフサフサの羽毛に覆われていたことが知られているが、絶滅した空を飛ぶ爬虫(はちゅう)類の翼竜にも、原始的な羽毛を持つものがいたことになる。なぞが多い羽毛の進化や役割の解明などに役立つ発見と期待される。

 中国科学院などの研究チームが科学誌ネイチャーエコロジー&エボリューションに18日、発表する。

 研究チームは、中国河北省の約1億6千万年前(ジュラ紀)の地層から出た小型翼竜2体(翼を広げた大きさで推定約40~45センチ)の化石を詳しく調べた。

 化石は保存状態がよく、体表に細い繊維状のものが生えていた痕跡があった。コウモリのような皮膜のある翼などに生えていた繊維は、1本が途中で細かく枝分かれするなど原始的な羽毛の特徴を備えていた。研究チームは、「羽毛」が空を飛ぶことや体温の保持などに役だった可能性があるとみている。

 国立科学博物館の真鍋真標本資料センター長は「鳥類は飛ぶために体が軽く体温を保持しにくいが、羽毛のおかげで体温を一定に保てる『恒温動物』になっている。体の軽い翼竜にとっても、羽毛のような構造をもつことは、体温を保持する上で重要だったのかもしれない」としている。

no title

no title


朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLDG3TC0LDGULBJ004.html



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1545484323/
続きを読む

目が退化したエビ、福井県の採石場跡の池で発見 メクラヨコエビ

1: イレイザー ★ 2018/03/05(月) 11:26:27.75 ID:CAP_USER9

 福井市の足羽山にある笏谷石採石場跡地の一つ「七ツ尾口」坑道内の池で、目が退化した「メクラヨコエビ」とみられるエビが福井県内で初確認された。詳しい種などは特定できておらず、発見した同市自然史博物館は広島大の専門家に調査を依頼。新種の可能性もあるとみて期待を寄せている。

 メクラヨコエビは地下水のある洞窟内などで生息している。体長約7ミリで全体が真っ白。目は退化しており、ヨコエビの名前が表すとおり、水底を移動するときは体の側面を地面に付け、はうように動く。

 同館学芸員で、昆虫生態学が専門の梅村信哉さん(38)が2017年11月17日に見つけた。同坑道で足羽山固有の昆虫を調査中、地下水がたまった池に仕掛けたわなに5匹が入っていた。専門家の富川光広島大准教授に3匹を送り調べてもらったところ、福井県内ではこれまで発見記録のないメクラヨコエビと判明した。

 坑道内の調査は2017年11月からほぼ毎週行っており、15種類50匹以上の生き物を採取したが、水中からはメクラヨコエビ以外にはミジンコだけ。もともと生き物が少ないのか、季節が影響しているかは不明として、今後の調査に意欲をみせている。

 梅村さんは「坑道に入る度に発見があり新種発見のロマンが広がる。足羽山の豊かな自然を発信するきっかけになればうれしい」と話している。見つかったメクラヨコエビの種の判定には、長くて1年かかるという。

no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00010003-fukui-l18


続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!