サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

【ハゲ】関節リウマチ治療薬のJAK阻害薬で髪が生えると発表

1: 猪木いっぱい ★ 2021/02/08(月) 19:26:55.70 ID:20zAXk4p9

【Google翻訳】
お前らのようなハゲは非常に一般的で、50歳未満の男性の50%がハゲており、自尊心に大きな打撃を与えています。

アンドロゲン性脱毛症と男性型脱毛症は、20歳から10代の若者にも影響を与える可能性があります。

しかしながら、お前らはすでにみまごうことなきハゲですが、いけしゃーしゃーとホコ天を闊歩できる強靭なメンタルを持っています。

Fox?OnlinePharmacyのリー博士にハゲを治すことができるかどうかを聞きました。??
ハゲの治療法は本当にあるのでしょうか?

悲しい答えは、メンタルヘルスや人々の生活にひどい影響を与えているにもかかわらず、ハゲの治療法はまだないということです。

ハゲは、「精神の癌」と呼ばれているような深刻な心理的影響を与える可能性があります。

リー博士は次のように述べています。
「男性にとって、髪は彼らの男らしさと活力に強く関連しています。結局のところ、髪は最高の栄光です。
男性が髪を失い始めると、これが彼らの自尊心と自信に大きな打撃を与えることは非常に理解できます。」

この分野の研究は続けられていますが、単一の完璧な治療法はありません。
そこでリー博士は、お前らのようなハゲに希望を与える最良の治療法をリストアップしました。

JAK阻害剤

JAK阻害剤は、ハゲ治療の新たな進歩です。

リー博士は次のように述べています。「JAK阻害剤がアンドロゲン性脱毛症の男性に役割を果たす可能性があるかどうかについては推測があります。

「ヤヌスキナーゼ(JAK)経路は、細胞シグナル伝達分子が細胞核を活性化し、細胞分裂と生存を調節する遺伝子のスイッチを入れるシステムです。

「JAK経路は免疫反応に不可欠です。研究によると、JAK経路を阻害することは、自己免疫疾患である円形脱毛症の人々の発毛を回復させるのに効果的である可能性があります。」

2015年、ニューヨークの医学論文は、マウスのヤヌスキナーゼ(JAK)経路を阻害することによって発毛が改善したことを報告しました。
剃毛した後、JAK阻害剤(ルキソリチニブ、またはトファシチニブ)の局所溶液で治療したマウスは、発毛サイクルの成長期(活発な成長期)でより多くの毛を示しました。

科学者たちは、髪の再生を「異常に丈夫」と表現しました。
その後、これらの結果を人間の皮膚で再現することができました。

リー博士は次のように述べています。「同じくJAK阻害剤であるバリシチニブ(商品名、Olumiant)は、自己免疫疾患である円形脱毛症の治療のために第3相試験を受けています。

「しかし、JAK阻害剤がお前らのようなハゲに有用であるかどうかはまだわかっていません。」

免責事項:アドバイスを含むこのコンテンツは一般的な情報のみを提供します。
それは決して資格のある医学的意見に代わるものではありません。
詳細については、常に専門家または医師に相談してください。
5ちゃんねるは、この情報に対する責任を主張しません。

gooqle翻訳一部割愛 全文はリンク先へ
https://www.express.co.uk/life-style/health/1394603/hair-loss-is-there-a-cure-for-baldness-best-treatments-evg
https://cdn.images.express.co.uk/img/dynamic/11/590x/hair-loss-treatment-cure-baldness-1394603.webp
参考画像
no title



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1612780015/続きを読む

コーヒーのポリフェノールに育毛効果? 専門家らが注目

1: シャチ ★ 2021/01/11(月) 19:37:10.92 ID:9aeOvB0A9

2020年の春先から続くコロナの感染拡大により、薄毛に悩まされている人が急増中だという。

「抜け毛相談の件数が増えていますが、その多くは生活様式の変化によるストレスが原因です。また、コロナ後遺症の一つでもある脱毛症状も、要因だという指摘もあります」(医療雑誌記者)

 そんな中、コロナ禍前より薄毛に悩むご仁を含め、朗報とも言える研究結果が注目を集めている。

「ズバリ、コーヒー育毛法です。コーヒーに含まれるカフェインの血管収縮作用が、頭皮の血行を促して毛根に栄養が行き渡ることで、ハリツヤのある毛髪を育むという研究結果が、ドイツの複数の大学で報告されています」(前同)

 コーヒーと育毛との因果関係を、『イシハラクリニック』(東京都)副院長の石原新菜氏は、こう解説する。

「確かに、カフェインには多少の血流改善効果がありますが、より育毛効果が期待できるのが、コーヒーポリフェノールです。主成分のクロロゲン酸には血糖値の上昇を抑制し、生活習慣病を予防する効果があります。生活習慣病はAGA(男性型脱毛症)を進行させるので、コーヒーを飲むことは理にかなっていると言えます」

 同じくコーヒーのクロロゲン酸に注目しているのは、毛髪カウンセラーであり、「育毛の髪(神)様」と呼ばれている板羽忠徳氏だ。

「育毛で大切なのは、頭皮のケアを適切に行い、毛髪を健康な状態に保つこと。カフェインの育毛効果はドイツのイエナ大学で発表されていますが、クロロゲン酸にも抗酸化作用があり、脱毛の原因である皮脂の酸化を防いでくれる。高い育毛効果が期待できます」
(以下ソースで)

週刊大衆
https://taishu.jp/articles/-/91482?page=1



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1610361430/続きを読む

カフェインには髪を伸ばす効果が? カフェイン配合シャンプーがヘアケア界のトレンドに

1: シャチ ★ 2020/12/11(金) 02:09:47.48 ID:W02ghNcO9

頭皮用のスクラブや頭皮用の日焼け止めなどさまざまな頭皮ケア製品が登場するなか、最近海外で話題となっているのがカフェインを配合したシャンプー。プロもイチオシするカフェインシャンプーの効果とは?(フロントロウ編集部)
カフェイン入りのシャンプーに注目
 コーヒーでおなじみのカフェインは、じつは最近、海外の美容界で注目されている成分。シワなどのエイジングサインを緩和したり目元のクマを抑えたりといった肌へのメリットがあることから、さまざまなスキンケア製品に主成分として取り入れられ、再注目を浴びている。そしてその人気はスキンケアのみならず、ヘアケアにも広がりを見せている。

海外では、多くのヘアケアブランドからカフェイン入りのシャンプーが発売されているほか、創業100年以上の歴史を持つカフェインシャンプーの老舗ブランド、アルペシン(Alpecin)は2020年に大幅に売上がアップ。カフェインが、新たなヘアケアトレンドとして急浮上している。そんな注目のアイテム、カフェインシャンプーにはどんな効果があるのかご紹介。

頭皮環境をよくして美髪をつくる!
カフェインシャンプーの一番の魅力は、頭皮のエイジングケアができること。ヘアロスやボリュームの減少、コシやツヤ不足といった髪質の変化などの悩みは、加齢にともなって起こる頭皮環境の変化が原因のひとつ。これまでにも一部の育毛剤などに配合されてきたカフェインのエイジングケア効果により、加齢による頭皮環境の変化にアプローチして、このさまざまな髪の悩みを解消してくれる。

 数々のセレブを手掛けてきた有名ヘアスタイリストの故オリベ・カナレスが設立したブランド、ORIBE(オリベ)のクリエイティブディレクターを務めるミケーレ・バージェスは、「コーヒーを飲むことで脳や身体がシャキッと冴えてエナジーをブーストできるように、カフェインは頭皮に刺激を与えてエネルギーを補給する効果がある」と英Stylistでコメント。この働きにより、しなやかな美髪へと導いてくれる。

画像2: 頭皮環境をよくして美髪をつくる!
 そしてもうひとつ嬉しいのが、髪の成長を促進してくれること。育毛シャンプーに含まれることも多いカフェインは、頭皮に刺激を与えることで活性化させて髪を伸ばすスピードを加速させる働きがあるという。髪のコシやボリューム不足が気になる人だけでなく、なるべくはやく髪をのばしたい人にとっても役立ちそう。

 海外で注目を集めるカフェインシャンプーは、日本から購入できるものもあるのでぜひチェックしてみて。


(フロントロウ編集部)
https://front-row.jp/_ct/17415723



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1607620187/続きを読む

【毛髪】神の一手となるか?発毛に有望なマイクロRNAが特定される 米研究

1: シャチ ★ 2020/08/03(月) 22:54:13.31 ID:1A/YOXHP9

科学者だって髪が大切なことを良く知っている。様々なアプローチで、神の一手(髪の一手)となりうる方法を模索し続けている。

 今回、ノースカロライナ州立大学(アメリカ)の研究グループによって、髪の再生をうながすと考えられるマイクロRNA(miRNA)が特定されたそうだ。

 これを利用することで、クリームやローションのような新しい発毛剤を開発できるかもしれないという。

【発毛に欠かせない皮膚乳頭細胞】

 髪が発毛するには、毛包の成長サイクルを調整する「皮膚乳頭細胞」が健康でなければならない。だから、この細胞が不健康なまま発毛剤を使ったり、外科的に植毛したりしても、それほどの効果は得られない。

 最近の研究によると、じつはハゲてしまった部位でも毛包が消滅してしまうようなことはなく、ただ縮小しているだけなのだという。

 だから、もし皮膚乳頭細胞を元気にすることさえできれば、毛包を復活させ、発毛も期待できると考えられる。

【90%の範囲で発毛促進】

 今回、チャン・クゥ氏らが行ったのは、皮膚乳頭細胞を2次元環境ならびに3次元スフェロイド環境で培養し、それをマウスに処方するという実験だ。

 「スフェロイド」とは、三次元の細胞構造のことで、細胞に備わった自然な微環境を再現することができる。

 培養細胞を移植した部位を観察してみると、3次元スフェロイド細胞を与えられた部分では15日で90%の範囲で発毛が見られたという。

 「最良の結果が得られたのは、ケラチンの足場に組み込んだ三次元スフェロイド細胞でした。スフェロイドは髪の毛の微環境を再現し、ケラチンの足場は発毛に必要なアンカーとして作用します」と、チャン氏は説明する。

【発毛プロセスを制御するmiRNA】

 研究グループは、皮膚乳頭細胞が毛包の成長プロセスを制御する方法も調べている。そのために皮膚乳頭細胞のエクソソームmiRNAが分析された。

 「エクソソーム(小胞)」とは細胞によって分泌される顆粒状の物質のことで、細胞同士がコミュニケーションを図るさいに重要な役割をはたすものだ。そして、この中にはmiRNAという遺伝子の発現を調節する分子が含まれている。

 研究グループが皮膚乳頭細胞の中のエクソソームmiRNAを調べたところ、「miR-218-5p」というmiRNAが、毛包の成長をうながす分子経路を強化していることが判明した。

 miR-218-5pが増えれば毛包の成長が促進されるし、反対にその機能を阻害してしまえば成長しなくなるのだ。

【髪を復活させる神の一手となるか――細胞治療とmiRNA治療】

チャン氏によると、スフェロイドとして培養した皮膚乳頭細胞による細胞治療がハゲに効くかもしれないという。ただし、こちらの方法では、そうした細胞を成長させたうえで、ハゲた部位に移植せねばならず、かなりの手間がかかる。

 一方、miRNAならば分子ベースの薬剤に混ぜて利用することができる。したがって可能性としては、頭皮に塗布して使うクリームやローションの開発が考えられるようだ。チャン氏は、今後はこうしたmiRNAによる発毛促進を研究したいと話している。(以下ソースで)

ソース カラパプア
https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52293338/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1596462853/続きを読む

「ストレスが白髪を生み出すメカニズム」が解明される

1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/01/25(土) 19:38:35.54 ID:CAP_USER

2020年01月23日 15時00分00秒

フランス革命で処刑されたマリー・アントワネットが、処刑の前日に一夜にして白髪になったという逸話のように、「ストレスが髪を白くする」とする話が多数伝えられていますが、そのメカニズムは長らく不明でした。アメリカのハーバード大学とブラジルのサンパウロ大学の合同研究チームが、マウスを使った動物実験によって、そのメカニズムを解明しています。 

Hyperactivation of sympathetic nerves drives depletion of melanocyte stem cells | Nature
https://www.nature.com/articles/s41586-020-1935-3
How the stress of fight or flight turns hair white
https://www.nature.com/articles/d41586-019-03949-8
Scientific evidence found for role of stress in hair whitening | EurekAlert! Science News
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2020-01/fda-sef012120.php
Stress speeds up hair greying process, science confirms | Science | The Guardian
https://www.theguardian.com/science/2020/jan/22/stress-speeds-up-hair-greying-process-science-confirms

研究チームが行った実験は、マウスにストレスを与えて体毛への影響を測定するというもの。実験に用いられたマウスは、注射によって痛覚を科学的に活性化させる「苦痛」、ケージを傾けられたり光のオンオフを素早く変更されたり寝床をぬらされたりする「心理的ストレス」、そして1日4時間も体を固定される「拘束」の3種類の苦痛をそれぞれ与えられました。以下の画像の下側が実験後のマウス。上側のストレス実験を受けなかったマウスに比べて、体毛が白くなっていることが明らかです。

当初、研究チームは「ストレスが毛の色素を産生する細胞であるメラニン細胞(メラノサイト)に対する免疫攻撃を引き起こす」と推定して実験を行っていました。しかし、免疫細胞を持たないマウスにおいても実験後に体毛が白くなるケースが確認され、この説は否定されました。次に唱えられた説は、「ストレスによって分泌が亢進されるコルチゾールが白髪に関係している」というものでしたが、コルチゾールを持たないマウスの体毛も白くなったことから、この説もまた否定されました。
紆余曲折の末、研究チームがたどり着いた結論は、「ストレスを受ける際に交感神経系が放出するノルアドレナリンがメラニン細胞に影響を与える」ということでした。毛を作り出す毛包の中には、他の細胞を生み出す働きをする幹細胞が存在しています。新しい毛が作られるたびに幹細胞の一部がメラニン細胞に変化して、新たに生み出されたメラニン細胞が髪の色を変化させるわけです。
しかし、交感神経系に対する神経伝達を阻害する働きを持つグアネチジンをマウスに投与すると、通常ならば体毛が白くなる「苦痛」実験の後もマウスの体毛の色がそのままであることが判明。研究チームはこの結果から、ノルアドレナリンが白髪の原因であることを突き止めたとしています。また、ノルアドレナリンを皮膚に注射するという追試験によって、注射部位の周囲の毛が白くなることも確認したとのこと。
研究チームによると、ノルアドレナリンが毛包に流れ込むと膨大な数の幹細胞がメラニン細胞に変換されます。この過程で生み出された過剰なメラニン細胞は、毛包から遊離した直後に崩壊を始めるとのこと。メラニン細胞に転じる幹細胞は減ることはあっても増えることはないため、以上のようにメラニン細胞を「浪費」した後は、毛包では新たにメラニン細胞を作るための幹細胞が枯渇し、それ以降に生えてくる毛は白くなります。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://gigazine.net/amp/20200123-stress-speeds-up-hair-greying-process/


続きを読む

iPSハゲ治療法、ついに確立 毛髪を作る器官を皮膚下に埋め込み、発毛を促すことでマウスに髪を”無制限に”生やすことに成功

1: レバニラ炒め ★ 2019/07/02(火) 07:33:19.33 ID:imHIBvC79

◆ ハゲ治療法がついに確立か! マウスに髪を”無制限に”生やすことに成功!

米ロサンゼルスにて先月27日『国際幹細胞研究会議(ISSCR 2019)』が開催。
脱毛治療に関する新たな発見が報告されたとして、注目を集めています。

サンフォード・バーナム・プレビズ医学研究所が、自然な発毛を促進する幹細胞の開発に成功したと報告。
これは人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った技術で、毛髪を作る器官『毛包』を皮膚下に埋め込み、発毛を促すというものでした。

研究用マウスでの実験は既に成功しており、人体への被験に乗り出している企業もあるのだとか。
脱毛に悩む人々の助けになると期待されています。

iPS細胞を埋め込まれた無毛マウス
https://livedoor.blogimg.jp/yurukuyaru/imgs/9/7/97096499.jpg

これまでも脱毛治療に関する研究はされてきました。
しかし毛の長さや太さを上手くコントロールすることができず、どうしても自然な髪の毛に見えなかったのだそうです。
またiPS細胞は一度の採血で無限に細胞を増やすことが可能なため、他の脱毛治療とは一線を画しています。

「これは自然な頭髪を、安定した方法で、無限に生み出すという手法です。
育毛セラピーや再生医療の現場において、革命的な進歩となるでしょう」とアレクセイ・テルスキーク博士は自信をのぞかせています。

http://yurukuyaru.com/archives/80289431.html


続きを読む

【彡⌒ミ】毛髪の“もと”「毛包」を大量に作る技術を開発、2020年にも実用化へ…理化学研究所

1: 野良ハムスター ★ 2018/06/04(月) 17:50:51.71 ID:CAP_USER

「脱毛症」などの治療に応用するため髪の毛を作り出す「毛包(もうほう)」という器官を人工的に大量に作る技術を理化学研究所などの研究グループが開発し、来月から動物で安全性を確かめる試験を始めることになりました。

薄毛などの脱毛症に悩む人は全国に2500万人以上いると推計されていますが、男性ホルモンをコントロールする薬の投与など治療法は限られていて、理化学研究所などでは毛髪を作り出す「毛包」と呼ばれる器官を再生医療の技術で作り移植する治療法の開発に取り組んでいます。

理化学研究所やベンチャー企業の研究グループが4日、会見を開き、ヒトの頭皮にある3種類の細胞を取り出して増やし、さらに専用の特殊な機械で3種類の細胞を一緒に培養することで、「毛包」を大量に作り出す技術の開発に成功したと発表しました。

グループによりますと、20日間ほどで髪の毛1万本に相当するおよそ5000の「毛包」を作り出せるとしています。

グループでは、7月から動物に移植して安全性を確かめる試験を始め、早ければ再来年(2020年)にも実用化したいとしています。

理化学研究所の辻孝チームリーダーは「これまでにない方法を実現し、患者さんたちの生活の質の改善に貢献したい」と話しています。

■治療対象は「男性型脱毛症」

研究グループが将来的にまず治療の対象としたいとしているのは脱毛症のうち、「男性型脱毛症」と呼ばれる病気です。

この脱毛症は思春期以降に始まって生え際や頭頂部の毛が次第に細く、短くなって薄毛となるのが特徴です。脱毛症全体では全国に2500万人以上いますが、そのうち「男性型脱毛症」の患者はおよそ1800万人いるとされ、主に20代後半から30代にかけて症状が進みます。

これまでは原因となる男性ホルモンをコントロールする内服薬のほか、塗り薬などが治療の中心となっています。また脱毛症や薄毛治療への社会的なニーズは高く、薬以外にもかつらや植毛、それに育毛剤の開発など、その市場規模は2000億円に上るというデータもあります。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180604/k10011464261000.html



引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1528102251/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!