サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

COVID-19

新型コロナ感染のサル、獲得免疫で再感染予防も ワクチン開発に朗報

1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/05/21(木) 02:46:56.20 ID:1ovL+wQm9

5/21(木) 2:15
ロイター

コロナ感染のサル、獲得免疫で再感染予防も ワクチン開発に朗報
新型コロナウイルスに感染したサルが回復後、獲得した免疫により再感染を免れ得ることが米研究チームの実験で分かった。カリフォルニア州サンディエゴで17日撮影(2020年 ロイター/BING GUAN)
[シカゴ 20日 ロイター] - 新型コロナウイルスに感染したサルが回復後、獲得した免疫により再感染を免れ得ることが米研究チームの実験で分かった。ワクチン開発に朗報とみられる。

ハーバード大学医学部附属病院(ボストン)のダン・バロウチ医師らの研究チームによると、サル9匹をウイルスに感染させた後、回復を待ってから再びウイルスに接触させたところ、発病はせず、自然免疫の働きが認められた。

さらにサル25匹に試験用ワクチンを投与し、その後対照群とともにウイルスに接触させたところ、対照群では高度の感染が見られたものの、ワクチン投与群では相当な予防効果が認められ、うち8匹は全く感染しなかった。

今回の研究はヒトが対象ではないものの、バロウチ医師は「満足のいく結果になった」と評価した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000011-reut-int



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1589996816/続きを読む

トランプ政権、コロナ治療薬米国内で大量生産へ 米社と3.5億ドル契約

1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/05/20(水) 02:15:45.51 ID:M2+eYqp79

5/20(水) 2:06
ロイター

トランプ政権、コロナ治療薬国内生産へ 米社と3.5億ドル契約
トランプ米政権は新型コロナウイルス感染症の治療薬などのほか、供給が不足している一部医薬品の国内生産に向け、米バージニア州に本社を置くフロウに4年間で3億5400万ドル支払う契約を締結した(2020年 ロイター/LEAH MILLIS)
[19日 ロイター] - トランプ米政権は新型コロナウイルス感染症の治療薬などのほか、供給が不足している一部医薬品の国内生産に向け、米バージニア州に本社を置くフロウ(Phlow Corp)に4年間で3億5400万ドル支払う契約を締結した。

フロウは新型ウイルス感染症(COVID-19)の治療に使われる20種類以上の医薬品のほか、医薬品の原料物質の生産をすでに開始。トランプ政権は医薬品の外国への依存度低下を進めているが、今回の契約はこうした動きの一環となる。

トランプ政権で通商政策を担当するナバロ大統領補佐官は声明で「最も重要な医薬品、および医薬品の有効成分について、米国は長きにわたり外国の製薬会社と供給網に依存してきた。これにより、米国の医療保健、安全、国家安全保障は深刻なリスクにさらされている」とした。

政府との契約により、フロウは新型ウイルス感染症患者の治療に利用される主要医薬品のジェネリック(後発薬)5種類について、160万回の処方分を直ちに国家戦略備蓄に供給できるようになった。

フロウはシビカRx、アムパック・ファイン・ケミカルズ、メディシンズ・フォー・オール・インスティチュートなどと提携して医薬品を製造。製造は全て国内で行う。

フロウはこのほか、重要医薬品の国内生産に向け、主要な有効成分の長期的な国内備蓄を構築していることも明らかにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-00000010-reut-asia



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1589908545/続きを読む

新型コロナ、世界の感染者500万人超に 5月21日は増加数過去最多

1: 夜のけいちゃん ★ 2020/05/21(木) 22:37:27.30 ID:4A/idH609

 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によると、新型コロナウイルスの世界の感染者が日本時間21日、累計500万人を超えた。

 世界保健機関(WHO)によると、過去24時間での増加数は10万人超と過去最多を記録。欧米で勢いが鈍化する中、中南米で深刻化している。

 4月初めに100万人に達した世界の感染者は、1カ月半余りで5倍に膨れ上がった。米国(約155万人)が最も多く、ロシア(約31万人)、ブラジル(約29万人)、英国(約25万人)と続く。スペイン、イタリアも20万人台に上る。

 世界の死者は32万8000人超。国別で米(約9万3000人)、英(約3万6000人)、イタリア(約3万2000人)の順に多い。


5/21(木) 11:16配信
ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/c52cea2a329b9e292afd420d978dcfaaa2d4f017



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590068247/続きを読む

米国民の25%、新型コロナワクチンに無関心 安全に懸念

1: 首都圏の虎 ★ 2020/05/22(金) 02:21:58.49 ID:/FeTo4829

調査は5月13─19日

[21日 ロイター] - ロイター/イプソスが21日に公表した調査によると、約4分の1の米国民が新型コロナウイルスのワクチン接種に興味を持っていない。かつてないほどの速さで開発が進んでいることで安全性が問われるとの不安の声もあった。

医療専門家が通常の生活に戻るためにはワクチンが必要と唱える中、調査はトランプ政権に対する不信感がある可能性を示唆する。トランプ政権は既に、新型ウイルスのパンデミック(世界的大流行)中の安全指導が矛盾することが多いとの批判を浴びている。

回答者の36%は、トランプ米大統領がワクチンが安全と述べた場合、「ワクチンを接種する気がなくなる」とした。「接種する気になる」との回答者は14%だった。調査は5月13─19日に実施し、米国の成人4428人が回答した。

大半の回答者は 米食品医薬品局(FDA)による指導や、ワクチンの安全性を示す大規模な科学的調査があれば考えが大きく影響されると述べた。

ワクチンに「非常に」もしくは「いくぶん」興味を持っているとの回答は3分の2を下回った。新型ウイルスの関心の高さや、米国だけで9万2000人超が死亡したことを踏まえると、興味を持っている人はもっと多いと予想していたと専門家は言う。

米バンダービルト大学医療センターのウィリアム・シャフナー教授(予防医学・感染症)は「新型ウイルスの注目度を踏まえると、予想より少し少ない」と述べる。「75%辺りとみていた」と語った。

14%がワクチン接種に「全く興味」がないと回答。10%は「あまり興味がない」とした。11%は「分からない」と答えた。

専門家は、ワクチン接種もしくは以前の感染により最低70%の米国民が免疫を持っていない限り、いわゆる「集団免疫」を獲得することはできないとしている。集団免疫は、ウイルスに対する抗体を持った人が増え感染が拡大しにくくなる状態を指す。

トランプ大統領は年末までにワクチンを開発すると公約している。ワクチンを開発し、安全性や効果を確かめるためには通常10年以上かかる。多くの専門家は完全に試験を終え政府が承認したワクチンが広く接種可能になるのは早くとも21年半ばとみている。

世界中で100以上のワクチン候補が開発段階にある。臨床試験を開始しているものもある。バイオ医薬大手の米モデルナ(MRNA.O)は今週初め、新型ウイルスワクチンが参加者8人という小規模な初期段階の治験で有望な結果を示したと発表した。

ワクチンにあまり興味がない、もしくは全く興味がないとした回答者のうち半分近くが、開発の速さを不安視していると述べた。40%超が、新型ウイルス感染症よりもワクチンの方がリスクが高いとの見方を示した。

トランプ政権はワクチンの開発を「ワープ・スピード(超高速)作戦」と名付けている。政権が開発の速さを重視していることで安全性が犠牲になっているとの不安が漂っている可能性があると専門家は指摘する。

調査からは、パンデミックの見解について国が二極化していることが浮き彫りとなった。ワクチンに興味がないと回答した共和党派は5分の1近くと、民主党派の2倍以上に上った。共和党のトランプ大統領は危機のさなか、矛盾するメッセージを発信してきた。パンデミックの深刻さを軽視し、自身の政権が出した外出自粛勧告に対する抗議活動をあおる局面もあった。

トップニュース2020年5月22日 / 02:07 / 13分前更新
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-vaccine-poll-idJPKBN22X2A2?il=0



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590081718/続きを読む

アビガン、新型コロナへの有効性示せず 月内承認への前のめり指摘

1: 蚤の市 ★ 2020/05/20(水) 06:19:27.60 ID:UKxLQmSy9

img.5ch.net/ico/nida.gif
5/19(火) 23:56
共同通信

治療薬アビガン、有効性示せず 月内承認への「前のめり」指摘
アビガンの錠剤(ロイター=共同)
 新型コロナ感染症の治療薬候補アビガンを巡り、国の承認審査にデータを活用できると期待された臨床研究で、明確な有効性が示されていないことが19日、分かった。複数の関係者が共同通信に明らかにした。感染した著名人がアビガンの投与後に回復したと公表し、首相は「5月中の承認を目指す」とするが、現時点で薬として十分な科学的根拠が得られていない状況だ。

 アビガンは催奇形性の問題などがあり、専門家からは「効果や安全性を十分確認せずに進むのは納得できない」「月内の承認方針は前のめりだ」との声が出ている。

 アビガンは富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザの治療薬。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-00000217-kyodonews-soci
★1 05/20(水) 00:22:06.69
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589901726/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1589923167/続きを読む

漢方薬の葛根湯が新型コロナに効くのか?統計的に解析へ

1: ガーディス ★ 2020/05/11(月) 07:16:30.14 ID:Gs06GyGj9

コロナ、症例解析へ―東洋医学会
2020年5月10日 15時5分
時事通信社

 日本東洋医学会は10日までに、新型コロナウイルス感染症やその疑いのある患者に対し、医師が処方した葛根湯などの漢方薬や、解熱鎮痛薬などの対症療法がその後の重症化の有無とどう関連があるか調べるため、医療機関に症例の報告を呼び掛けた。

 同学会は1000例規模を集め、統計的に解析する。

 症例募集は医療機関が対象で、同感染症(疑いを含む)患者に対し、熱やせきなどを抑えるための対症療法として投与した薬の内容、受診開始から14日目までの症状の推移と、重症化(酸素投与)の有無などの情報提供を求めている。

 研究事務局の東北大病院漢方内科の高山真・准教授は「感冒症状に処方する漢方薬には抗炎症・抗ウイルス効果、免疫調整作用などが報告されているものもあり、新型コロナウイルス感染症でも一定の効果が期待できる可能性がある」と説明。その上で、漢方薬を希望する際には医師や薬剤師と相談した上で内服するよう呼び掛けた。 

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18239454/



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1589148990/
続きを読む

ラマの血液から分離した抗体、新型コロナ治療の鍵握るか ベルギー

1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/05/11(月) 04:37:16.99 ID:A6osOwOF9

5/11(月) 3:58配信
AFP=時事

ラマ、コロナ治療の鍵握る ベルギー
新型コロナウイルスの治療法開発のため飼育されているラマのウインター。ベルギーのフランドル生物工学研究所提供(撮影日不明、2020年5月8日提供)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の抗ウイルス薬治療法をめぐり、世界の科学者らは一見独特な手法を取り入れて、先を争い開発に挑んでいる。 

 ベルギーの一流科学者らは、アンデス山脈に生息し荷役用の動物として知られるラマの体内で作られた抗体の分離に着手。この取り組みは確かな先例に基づくものだと強調する。

 ベルギー・ヘント(Ghent)にあるフランドル生物工学研究所(VIB)のグザビエ・サエレン(Xavier Saelens)教授は、ラマはこれまでにもわれわれを救っているとしてAFPに成功への抱負を語った。同氏によると、ラマの抗体由来の薬剤はすでに市場に出回っており、血液疾患の一つ、血栓性血小板減少性紫斑病(TTP) の治療薬「カプラシズマブ」を例に挙げた。 

 研究では、雌のラマ「ウインター」に新型コロナウイルスの表面に存在するタンパク質を注射し、体内に抗体を作らせた。この抗体は、担体を遮断しウイルスの脅威を無効にする役割を果たす可能性があるとみられている。VIB研究員のドリアン・デフリーヘル(Dorien De Vlieger)氏は、「これらの抗体を患者に直接投与する抗ウイルス治療法を生み出すことがわれわれの目標だ」と話す。ヒトでの初の臨床試験は「今年末までに」始まる見通しだという。

 サエレン氏とベルギー人の共同研究者ニコ・カルワルト(Nico Callewaert)氏は、米テキサス大学オースティン校(University of Texas at Austin)のジェイソン・マクレラン(Jason McLellan)教授率いるチームと協力して研究を行っている。VIBはこの分野で世界的に知られ、ヘント大学傘下の学術機関として、製薬業界から独立して運営されている。

 ウイルスとの闘いの救世主になるかもしれないウインターは現在、ベルギー国内のとある場所で飼育されている。デフリーヘル氏は、「動物愛護団体を懸念」し、「彼女のストレス水準を低く抑えるよう、われわれは最善を尽くすこともしなければならない」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News

※ソース内に画像あり
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200511-00000001-jij_afp-int



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1589139436/続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!