サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

iPS細胞

「ブタ体内でヒト由来のすい臓作製」iPS研究を了承 国の専門家会議

1: みつを ★ 2019/12/24(火) 04:00:39.71 ID:5kyZTWeA9

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191223/k10012225361000.html


“ブタ体内でヒト由来のすい臓作製”研究 了承 国の専門家会議
2019年12月23日 13時12分

ヒトのiPS細胞を使って、ヒト由来のすい臓をブタの体内で作ることを目指す研究について、国の専門家会議が実施を了承しました。iPS細胞を使ってブタの体内で、移植用の臓器の作製を目指す研究が了承されたのは初めてです。

研究は、明治大学の長嶋比呂志教授らのグループが計画し、23日開かれた文部科学省の専門家会議で審議が行われました。

計画では、すい臓を作れないように遺伝子を操作したブタの受精卵にヒトのiPS細胞を数個から20個ほど注入します。

そして、受精卵をブタの子宮に戻すと、ブタの胎児の中にヒトの細胞を含むすい臓ができるとされ、およそ30日が経過した時点で、ヒトの細胞がどれほど含まれているか検証するとしています。

専門家会議では倫理的な問題が起きないよう、研究の進み具合を報告してもらいたいといった意見が出ましたが、審議の結果、実施が了承されました。

ヒトの細胞を入れた動物の受精卵を子宮に戻すことは禁止されていましたが、ことし3月に解禁され、東京大学のグループも国の了承を受け、iPS細胞を使ってネズミの体内ですい臓を作り出すことを目指す研究を進めています。

動物の体内で作られた臓器をヒトに移植することは禁止されていて、今回の計画はあくまで基礎的な研究ですが、ブタは臓器の大きさがヒトに近いとされ、将来、移植用の臓器をつくる技術につながるとして注目されています。

長嶋教授は「臓器を作るという目標に向け、初期の研究の入り口に立ったという段階だ。スピード感をもって研究を進めていきたい」と話しています。



引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1577127639/続きを読む

iPSハゲ治療法、ついに確立 毛髪を作る器官を皮膚下に埋め込み、発毛を促すことでマウスに髪を”無制限に”生やすことに成功

1: レバニラ炒め ★ 2019/07/02(火) 07:33:19.33 ID:imHIBvC79

◆ ハゲ治療法がついに確立か! マウスに髪を”無制限に”生やすことに成功!

米ロサンゼルスにて先月27日『国際幹細胞研究会議(ISSCR 2019)』が開催。
脱毛治療に関する新たな発見が報告されたとして、注目を集めています。

サンフォード・バーナム・プレビズ医学研究所が、自然な発毛を促進する幹細胞の開発に成功したと報告。
これは人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った技術で、毛髪を作る器官『毛包』を皮膚下に埋め込み、発毛を促すというものでした。

研究用マウスでの実験は既に成功しており、人体への被験に乗り出している企業もあるのだとか。
脱毛に悩む人々の助けになると期待されています。

iPS細胞を埋め込まれた無毛マウス
https://livedoor.blogimg.jp/yurukuyaru/imgs/9/7/97096499.jpg

これまでも脱毛治療に関する研究はされてきました。
しかし毛の長さや太さを上手くコントロールすることができず、どうしても自然な髪の毛に見えなかったのだそうです。
またiPS細胞は一度の採血で無限に細胞を増やすことが可能なため、他の脱毛治療とは一線を画しています。

「これは自然な頭髪を、安定した方法で、無限に生み出すという手法です。
育毛セラピーや再生医療の現場において、革命的な進歩となるでしょう」とアレクセイ・テルスキーク博士は自信をのぞかせています。

http://yurukuyaru.com/archives/80289431.html


続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!