サイエンスニュースまとめは、 生まれたばかりのブログです。 応援して下さいね☆ お友達にもここを教えてあげて下さいね。

※取り上げて欲しいニュースやテーマを募集しています!コメント欄に書き込んで下さいね!!!

iPhone

Appleが有毒ガスや一酸化炭素を検出する特許を取得、新型iPhoneやApple Watchに搭載か

1: しじみ ★ 2019/01/25(金) 15:22:02.92 ID:CAP_USER

2019年1月24日、AppleはiPhone・iPad・Apple Watchといった製品で一酸化炭素などの有毒ガスを検出できるようにするための内蔵センサーに関する特許を取得しました。

One of Apple's Next Health Sensors for iDevices could save your Life by Detecting Invisible Deadly Gases - Patently Apple
https://www.patentlyapple.com/patently-apple/2019/01/one-of-apples-next-health-sensors-for-devices-could-save-your-life-by-detecting-invisible-deadly-gases.html

Apple gains patent for future iPhones and Apple Watches to act as poisonous gas and CO detectors - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2019/01/24/apple-co2-sensors-patent/

物理的なガスセンサーを端末に組み込むには、筐体部分に新しい開口部を設ける必要があります。この「筐体に新しい開口部を設ける」という行為は、イヤホンジャックまで廃止したiPhoneを製造するAppleおよびスマートフォン業界のトレンドとは明らかに反するものであり、そもそも防水性能を有するiPhoneやApple Watchといった端末にとっては障害になるものでしかありません。そのため、「iPhoneおよびApple Watchが有毒ガス検出機能を搭載しながら、IP68相当の防水性能を維持できるかどうかは非常に興味深いところ」とApple関連のニュースを報じる9to5Macは記しています。

Appleが特許を取得した有毒ガス検出センサーは、「オゾン(O3)・二酸化窒素(NO2)・一酸化窒素(NO)・一酸化炭素(CO)・二酸化硫黄(SO2)・メタン(CH4)・揮発性有機化合物(VOC)のうち少なくとも1つを含むガス」を検出できるとのこと。

特許によると、以下の図は「筐体内に収容された小型のガス検出装置」で、特許出願ではこのガス検出装置をApple Watchに内蔵した場合が想定されています。
no title


近年、空気をきれいにするための技術が注目を集めており、市場には多くの高性能空気清浄機が出回っています。また、電気自動車メーカーのテスラは、車両用の特殊なHEPAフィルターを発売し、生物兵器から身を守るための「Bioweapon Defense Mode」を発表しています。

iPhoneやApple Watchにガス検出器を搭載する際の問題点としては、やはり「いかに防水性能を実現するか」が挙げられており、防水のガス検出器は存在するものの一般的にサイズが大きくなりがちであることを9to5Macは指摘しています。iPhoneやApple Watchのようなスリムな端末にガス検出器を搭載するとなれば、「かなりのサイズ縮小が必要となるはず」とのことです。

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190125-apple-patent-poisonous-gas-detect/



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1548397322/続きを読む

新型iPhone、またまた画面が大きくなってしまう予定

1: みつを ★ 2018/08/28(火) 07:22:17.61 ID:CAP_USER9

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-27/PE3KP86K50XV01

アップル新型iPhone、新色と大画面採用でデザイン大幅変更

Mark Gurman、Debby Wu
2018年8月27日 22:00 JST
→3モデルのうち6.5インチと5.8インチは有機EL搭載-関係者
→最重要新機種は「8」後継の比較的安価な液晶6.1インチモデル

  米アップルは近く、昨年発売した主力製品である「iPhone(アイフォーン)X(テン)」と同じようにスクリーンが縁から縁まで広がるデザインを採用した3つの新製品を投入する計画だ。価格や機能、サイズの幅を広げて魅力を高めるという。事情に詳しい複数の関係者が未発表製品だとして匿名を条件に明らかにした。

  だが、どの機種も昨年のアイフォーンXや2014年の「アイフォーン6」のようにデザインを刷新するモデルにはならない。アップルは来年、より大幅な変更を計画していると関係者らは付け加えた。

  昨年11月に発売したアイフォーンXは、ウォール街のアナリストの事前予想ほどの大ヒットにはならなかったものの、売れ行きは引き続き好調で、スマートフォン市場でのアップルのシェア拡大に寄与している。

  新機種は9月に発表される予定で、アップルの戦略修正を鮮明にしそうだ。アイフォーンの新規ユーザーを取り込むよりもむしろ、平均価格を着実に高めつつ、アクセサリーやデジタルサービスの売り上げを支えるアクティブ端末の総台数を増やすことが同社の最近の目標だ。

  アップルのベテランアナリストで、ループ・ベンチャーズのマネジングパートナー、ジーン・マンスター氏は、「アイフォーンは年率0ー5%成長の局面に入りつつあり、今秋の同社の動きはその軌道に沿うものだろう」と予想。投資家にとって「本当の焦点」は引き続きアイフォーンであり、「アップル・ウオッチ」や「AirPods(エアポッド)」、「アップル・ミュージック」など同社の他の製品・サービスのほとんどのハブだからだと付け加えた。アップルの広報担当、トルーディー・ミュラー氏はコメントを控えた。

  関係者によると、新機種の中でハイエンドモデルは対角線で約6.5インチのディスプレーを採用。アイフォーンでは群を抜く大画面で、市販される主要スマートフォン製品でも最大級となる。背面は引き続きガラスで、ステンレス鋼のエッジを使い、背面にはデュアルレンズカメラも搭載する。ソフトウエア面で大きな違いになるのは、メールやカレンダーのようなアプリでコンテンツを並べて閲覧できる点だという。また、アップルのスマートフォンとしては2番目の有機EL(OLED)採用製品になる。

  マンスター氏は「より大きな画面の採用は需要に常にプラスだ」と述べ、アイフォーンの販売単価の押し上げに寄与すると予想した。販売単価の上昇はここ数四半期の売上高の伸びを支えており、直近の四半期のアイフォーンの平均販売単価は724ドル(約8万円)と、1年前に比べて19%上昇している。

  アップルはまた、現行アイフォーンX(5.8インチOLED搭載)のアップグレードも計画しているという。

  新機種で最も重要になるのは「アイフォーン8」の後継と位置付けられる比較的安価なモデルだ。外観はアイフォーンXに似ながらも、6.1インチ近い大画面を採用し、複数のカラーを投入。アイフォーンXのステンレス鋼ケースの代わりにアルミニウムの縁を使い、コスト抑制のためOLEDではなく安価な液晶ディスプレーを用いる。

  アイフォーン新機種以外にもアップルは今年、アップルウオッチや「iPad Pro(アイパッド・プロ)」の新機種開発に取り組んでいる。ウオッチは現行モデルと外観は似るが、スクリーンを縁から縁に広げたモデルになる。全体のサイズは変わらない。新型アイパッド・プロは約11インチと12.9インチの2サイズ展開で、枠はさらに薄くなるという。

原題:Apple to Embrace IPhone X Design With New Colors, Bigger Screens(抜粋)



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1535408537/続きを読む

Apple、古いiPhoneの動作を意図的に遅くしていた

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [MX] 2017/12/21(木) 18:27:27.29 ID:JTttKS2A0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
買ったときは最新だったiPhoneも、数年も使えばなんとなく動作が遅く感じられるようになるものです。
その原因はソフトウェアが新しく(重く)なることも考えられるものの、場合によってはソフトウェア"意図的にそうしている"可能性もある模様です。

RadditユーザーやGeekBenchによる報告を経て、アップルは(バッテリーが劣化した)古いiPhoneを意図的に遅い状態で動作させていることを認めました。
RedditユーザーTeckFireは、自身が所有するiPhone 6 Plusについてバッテリー交換を予定していましたが、その前後でCPUベンチマークをとってみることにしました。
すると、バッテリー交換後のiPhone 6 Plusのほうが処理性能が大幅に向上することを発見しました。

TechFireの発見はReddit上で議論となり、それを見たGeekbenchのJohn Poole氏は「iPhoneの性能とバッテリー寿命について」と題した調査記事を掲載しました。
そしてそこにはアップルの関与があることを示し、バッテリーの充電量が少ないときにiPhoneの性能を意図的に低下させるコードをiOSに仕込んでいるとPoole氏は指摘しています。

これらの議論と調査結果について、TechCrunchが米Appleに問い合わせたところAppleは昨年、iPhone 6 /6s(いずれもPlus含む)およびSEについて、意図しないシャットダウンに対する修正を加えたと返答しました。

意図しないシャットダウンとは、バッテリーが古くなって性能が低下していたり、低温であったり、
充電残量が非常に少なくなっている(つまり必要な電圧や電流値を供給できない)状態になっている場合に発生する突然のシャットダウン現象のこと。
これを回避するために、あえてCPU性能をさげていたということです。

アップルはiOS 11.2において、iPhone 7 7 Plusもこの対象に加え「将来的には他の製品(8やX?)も同様に追加していく」としています。

「電池劣化したiPhoneの速度低下は意図的」とアップル。不意のシャットダウン回避のため
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00080262-engadgetj-sci


最近、ワイのiPhoneも激遅に(´・ω・`)

IMG_3779


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin続きを読む
最新記事
_
記事検索
相互RSS
連絡先
おすすめ理系学問入門書
大学学部生レベルの物理化学の名著。学んだアトキンスが何版かでマウントを取り合う人たちもいます。


基礎から丁寧に説明している量子力学。


遺伝子とは?種とは?を探究した名著。


数学とこの世界の生命との不思議な関係性を解き明かしています。

その他おすすめ書籍
これを読んで英語論文を書きました…
(理系英語論文の構文を学ぶなら、同じ分野のきちんとした英語論文の文章を参考にするのが一番良いとは思いますが、日本語思考と英語記述との橋渡しになりました。)



現代の世界情勢を理解するために最低限の世界史の知識は必須!